右足があらぬ方向に…足裏タックルを受けたベトナム代表の主力選手が脛骨と腓骨の骨折で全治約1年の大ケガ

2021.03.24 20:21 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選グループGで首位に立つベトナム代表だが主力選手を失うことになりそうだ。ベトナムのハノイFCに所属するMFド・フン・ドゥンは23日、Vリーグ1第4節のホーチミン・シティ戦に先発。しかし27分、相手陣内で中央セカンドボールを拾いドリブルを開始したところで、相手MFゴー・ホアン・ティンからタックルを受ける。


ド・フン・ドゥンがピッチに右足を置いたタイミングでゴー・ホアン・ティンの勢い余るタックルが右足のスネ辺りに入ると、ド・フン・ドゥンの足はあらぬ方向に曲がってしまい、近くにいた両軍の選手も思わず頭を抱えた。

直後に自分の足の状態を見たド・フン・ドゥンもあまりの衝撃に天を見上げ、そのままピッチに倒れ込んだ。このプレーでゴー・ホアン・ティンにはレッドカードが提示され、ド・フン・ドゥンはそのまま負傷交代となった。

試合はそのFKから先制点を奪ったハノイFCが後半にもゴールを重ね、3-0で勝利している。

ベトナム『LAODONG』によれば、ド・フン・ドゥンは右足の脛骨と腓骨を骨折し、24日に早速手術を受けるという。ケガからの回復には6カ月を擁し、そこから再び練習できるようになるにはさらに6カ月必が必要で全治は約1年とのことだ。

ド・フン・ドゥンは日本代表に敗れた2019年のアジアカップや直近のW杯アジア2次予選も全試合にフル出場していた。ベトナム代表は6月に残り3試合を行う予定だが、ド・フン・ドゥンは欠場になりそうだ。

1 2
関連ニュース
thumb

日本代表、3月のW杯予選のミャンマー代表戦が延期に

日本サッカー協会(JFA)は19日、3月25日に日産スタジアムで開催予定だったカタール・ワールドカップ アジア2次予選兼AFC アジアカップ中国2023予選のミャンマー代表戦が延期となったことを発表した。 JFAによると、ミャンマーサッカー連盟より、アジアサッカー連盟(AFC)に対して3月のインターナショナルマッチカレンダーで予定している試合の開催延期を求めるレターが提出。AFCがこれを承認したとのことだ。 ミャンマーは、2月に予定されていたオマーン代表とのフレンドリーマッチが中止となっており、3月には日本戦のほか、バーレーン代表とのフレンドリーマッチも予定されていた。 現時点で新たな日程は未定とのこと。決定次第発表されるという。 日本代表は、3月にミャンマーとモンゴル代表とワールドカップ予選を戦う予定。モンゴル代表戦はアウェイでの試合の予定だったが、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響を受け、日本国内で開催。3月30日にフクダ電子アリーナで行われる。 2021.02.19 17:52 Fri
twitterfacebook
thumb

【アンケート結果】格下に辛勝の日本代表…最高点は決勝弾の堂安に

超WS有料版で実施した24日に行われたAFCアジアカップ2019決勝トーナメント準々決勝のベトナム代表戦におけるユーザー採点アンケート結果を発表します。 現状のベストメンバーをベトナム代表にぶつけた森保ジャパンは、前半24分にDF吉田麻也がヘディングシュートでゴールラインを割るもVARの末ノーゴールの判定に。それでも日本代表は53分にMF堂安律がボックス内で倒されたプレーがVARの結果PKの判定となり、このチャンスを堂安が自らしっかりと決勝点を奪取。格下と思われたベトナムに辛勝し、ベスト4へ駒を進めました。 最高点は決勝ゴールの堂安が「6.1」。一方、FW大迫勇也に代わる1トップとして活躍が期待されたが見せ場を作れずに終わったFW北川航也が「3.6」と最低点となりました。また、北川だけでなく全体的に低い評価となっています。 ◆ベトナム戦のユーザー採点結果 GK 権田修一 4.8 DF 酒井宏樹 4.9 冨安健洋 5.5 吉田麻也 4.7 長友佑都 4.9 MF 遠藤航 5.7 柴崎岳 5.1 堂安律 6.1 南野拓実 4.9 →塩谷司 - 原口元気 4.9 →乾貴士 - FW 北川航也 3.6 →大迫勇也 5.3 監督 森保一 4.9 ◆皆様の声(一部) ・ここからが正念場! 全員でハードワークして勝利を! ・流れの中でのゴールを! ・勝ったとはいえ、PKの1点のみが得点とは情けない! ・点差以上に差のある試合だったけどやっぱり点を取って欲しい ・あの内容でPKの1点とは。前線でボールキープ出来ないのは致命的 2019.01.25 17:38 Fri
twitterfacebook
thumb

森保一監督「次に行けたのは良かった」《AFCアジアカップ2019》

日本代表は24日、AFCアジアカップUAE 2019準々決勝でベトナム代表と対戦し、1-0で辛勝してベスト4進出を果たした。日本代表を率いる森保一監督の試合後の会見は以下の通り。 「どんな形でも勝って次のステージに進むのが大切な中、選手たちがベトナムを無失点に抑えて次に行けたのは良かったと思います。また、チームとしても経験値が上がり、成長につながるとともに、次も成長につながるような戦いができることになったので、しっかりチャレンジしたいと思っています」 ――内容的には満足できなかったか 「1-0で相手を無失点に抑えたことは良かったと思いますが、決定機はたくさんありましたし、追加点を奪って勝つことできれば最後良かったと思います。ベトナムは粘り強く、ゴールこじ開けることはできませんでした。決定力は改善していければと思います。しかしながら集中力を切らさずに勝ち切れたことはチームの経験値が一つ上がったと思います」 ――先発をサウジアラビア戦から一人しか代えなかったことについて 「もっとたくさんの選手を代えて臨むことも考えましたが、トレーニングできない状況だったので、サウジアラビア戦での良い連係を持続することがベトナム戦に向けて最善だと思いました」 ――4人、イエローカードの累積で出場停止の可能性があったが 「ベトナム戦でイエローカードをもらうと累積警告で準決勝に出られないことは考えていいました。これまでも色々なアクシデントがあった中、まず最良と思うことをやって何か起こったら対処しようと思っていました。もし累積警告になったとしても代わりに良いプレーをする選手は控えているので、自然体で行こうと思いました」 ――大迫について 「今日の段階では90分できないということで、どのタイミングでプレーしてもらうかを考えながら、後半の時間帯になりました」 ――準決勝、決勝に向けてのアプローチについて 「基本的なアプローチを変えようとは思っていません。次の一戦に向けて最善の準備をするだけです」 ――ハーフタイムの指示について 「ベトナムが良い守備をしてカウンターを仕掛けてきていましたが、ノーリスクにボールを動かすだけでなく、縦パスとサイド攻撃、相手の背後を突く攻撃をバランス良く仕掛けるように指示はしました」 ――ベトナムについて 「ベトナムが辛抱強く戦えるチームとは分かっていました。こじ開けるのは難しいと思って試合に臨みました。しかしながら、ボールを動かしながら試合を通してチャンスを作ることはできたと思います。ベトナムは監督、コーチが素晴らしく急成長しているチームだと思います」 2019.01.25 02:25 Fri
twitterfacebook
thumb

レーティング:ベトナム 0-1 日本《AFCアジアカップ2019》

日本代表は24日、AFCアジアカップUAE 2019準々決勝でベトナム代表と対戦し、1-0で辛勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽日本採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190125_1_tw100.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>GK 12 権田修一 5.5 自らのパスも悪かったが、38分の大ピンチを凌ぐ DF 19 酒井宏樹 5.5 守備を重点にプレー 16 冨安健洋 6.0 決定的なヘディングシュートはGKの好守に阻まれた。守備面は危なげなし 22 吉田麻也 5.5 VARでゴールを取り消される。自陣ボックス内でのロストから大ピンチを招いた 5 長友佑都 5.5 後半に攻撃の回数を増やしたが、守備に比重を置いていた MF 21 堂安律 6.5 カットインからのシュートとスルーパスで好機演出。自らPKを獲得して決めた 6 遠藤航 6.5 的確なカバーリングを続け、ボール奪取で二次攻撃に繋げた 9 南野拓実 5.0 不調が続く。この試合でも乗れなかった (→塩谷司 -) 7 柴崎岳 6.0 セットプレーを中心に質の高いキックを見せ、ボールカットも目立った 8 原口元気 5.5 ボールに絡む回数は多かったが、攻撃面での質を欠き続けた (→乾貴士 -) FW 11 北川航也 5.0 相変らず起点になれない。ブレーキの要因に (→大迫勇也 6.0) さすがの存在感。巧みなポストワークで起点に 監督 森保一 5.5 引き続き内容は厳しいが、トーナメントでは勝ち上がることが全て ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! 堂安律(日本) 自らPKを獲得し決勝ゴールをマーク。大迫が投入されるまで低調な攻撃陣をけん引していた。 ベトナム 0-1 日本 【日本】 堂安律(後12[PK]) 2019.01.24 23:56 Thu
twitterfacebook
thumb

VAR判定のPK弾でベトナムに辛勝の日本がベスト4進出!《AFCアジアカップ2019》

日本代表は24日、AFCアジアカップUAE 2019準々決勝でベトナム代表と対戦し、1-0で辛勝した。 3日前に行われたラウンド16のサウジアラビア代表戦を1-0と辛勝して勝ち上がった日本は、サウジアラビア戦のスタメンから出場停止の武藤に代えて北川を起用した。 4日前のヨルダン代表戦をPK戦の末に勝ち上がったベトナム相手に、押し込まれる入りとなった日本は徐々にポゼッションを高めていったものの、前線で起点ができず攻撃の形を作れない状況が続く。 それでも24分、柴崎の左CKから吉田がヘディングで合わせたシュートがゴールに吸い込まれ、日本が最初のチャンスを生かして先制したかに思われた。しかし準々決勝から採用されたVARの末、吉田の手に当たってゴールになったとしてノーゴールの判定に覆った。 ゴールを取り消された日本は29分、再びCKからビッグチャンス。右CKのショートコーナーから柴崎の右クロスを冨安が頭で合わせたシュートが枠を捉えた。だが、GKダン・バン・ラムのファインセーブに阻まれてしまった。 すると37分、サイド攻撃から揺さぶられてファン・バン・ドゥックに枠内シュートを打たれると、続く38分には大ピンチ。GK権田のパスを自陣ボックス内で受けた吉田がプレッシャーを受けてまさかのボールロスト。グエン・クアン・ハイに決定的なシュートを許したが、GK権田がセーブして助かった。 45分には堂安のスルーパスに反応した南野がボックス右からシュートを放って枠を捉えるも、ここもGKダン・バン・ラムのビッグセーブに阻まれ、前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半、ボールを持つ入りとなった日本は52分に遠藤がミドルシュートでGKを強襲すると、53分に堂安がボックス内でB・T・ドゥンに倒されたプレーがVARの末にPK判定となった。このPKを堂安が決めて日本が先制した。 その後も日本がボールを持って時間を進めると、68分には原口がカットインシュートでGKを襲った。そして72分には北川に代えて大迫を投入。その大迫が起点となって攻撃の形を生み出すと、77分には堂安のボールカットからボックス右に侵入した南野がシュート。だが、GKの好守に阻まれた。 終盤にかけてベトナムの攻勢を受けた日本だったが、無失点で切り抜けて1-0で勝利。2大会ぶりのベスト4進出を果たしている。準決勝では中国代表vs イラン代表の勝者と対戦する。 2019.01.24 23:55 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly