ボルシアMGが最下位シャルケに快勝で公式戦連敗を7でストップ《ブンデスリーガ》

2021.03.21 05:44 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボルシアMGは20日、ブンデスリーガ第26節でシャルケとのアウェイ戦に臨み、3-0で快勝した。ローゼ監督のドルトムント行きが発表されて以降、極度の不振に陥る公式戦7連敗中の10位ボルシアMG(勝ち点33)が、最下位シャルケ(勝ち点10)のホームに乗り込んだ一戦。

立ち上がりからボールを握ったボルシアMGが圧力をかける展開とすると、15分に順当に先制する。左サイドからテュラムが入れたクロスを起点に、最後はシュティンドルが蹴り込んだ。


先制後もボルシアMGの攻勢が続き追加点に迫っていったが、前半は1点のリードで終了した。

迎えた後半もボルシアMGのペースで試合が進むと、63分に加点する。ホフマンの右CKからニアサイドのライナーがヘッドで合わせた。

そして72分、前がかるシャルケに対してボルシアMGが決定的な3点目を挙げる。CKの流れからテュラムの右クロスをエルベディがヘッドで合わせると、GKは横っ飛びでキャッチにかかったが、落下した際にファンブルしてボールはゴールラインを割った。

このままボルシアMGが3-0で快勝。公式戦連敗を7で止めている。
関連ニュース
thumb

遠藤航が今季3点目をゲット!シュツットガルトがボルシアMGに逆転勝利!《ブンデスリーガ》

遠藤航の所属するシュツットガルトは15日、ブンデスリーガ第33節でボルシアMGと対戦し2-1で勝利した。遠藤はフル出場している。 前節のアウグスブルク戦で5試合ぶりに勝利した10位シュツットガルト(勝ち点42)が、8位ボルシアMG(勝ち点46)のホームに乗り込んだ一戦。遠藤は[3-4-2-1]のダブルボランチの一角で33試合連続スタメンとなった。 試合はホームのボルシアMGがやや押し込む展開で推移すると、24分にJ・ホフマンのロングパスに反応したプレアがチャンスを迎えたが、シュートはGKコベルのセーブに阻まれた。 ハーフタイムにかけては膠着状態が続いたが、前半終了間際のに試合が動く。45分、敵陣中盤でのボール奪取からカウンターを仕掛けると、ボックス右から侵入したプレアの折り返しのこぼれ球を拾った6がクロスを供給。最後はシュティンドルがボレーシュートで流し込み、ボルシアMGが1点のリードで前半を折り返した。 後半は立ち上がりから一進一退の展開が続く中、シュツットガルトは63分にE・トミーとソサを下げてカストロとチュルリノフを投入。すると72分、フェルスターのパスをペナルティーアーク手前で受けた遠藤が反転から右足一閃。強烈なミドルシュートがゴールネットに突き刺さった。 同点弾で勢いづくシュツットガルトは、77分にも左CKから二次攻撃を仕掛けるとカストロの左クロスをボックス手前で受けたシュテンツェルがミドルシュート。これをボックス内のカライジッチが右足に当てると、コースの変わったボールがゴール左隅に吸い込まれた。 結局、これが決勝点となり、シュツットガルトが2-1で勝利。遠藤の今季3点目などで逆転勝利したシュツットガルトが9位に浮上している。 2021.05.16 01:50 Sun
twitterfacebook
thumb

9連覇決定のバイエルン、レヴァンドフスキがハットで6発圧勝《ブンデスリーガ》

バイエルンは8日、ブンデスリーガ第32節でボルシアMGをホームに迎え、6-0で圧勝した。 前節マインツに不覚を取って9連覇がお預けとなったバイエルン(勝ち点71)だったが、直前の試合でライプツィヒがドルトムントに敗れたことで優勝が決まった。そのバイエルンはレヴァンドフスキやミュラーら主力を起用した。 ヨーロッパリーグ出場権を争っている7位ボルシアMG(勝ち点46)に対し、開始2分にバイエルンが先制する。左サイドからのアラバのクロスをファーサイドで受けたレヴァンドフスキが蹴り込んだ。 あっさり先制したバイエルンがその後も攻め立てると、23分にリードを広げた。カウンターに転じた流れから、ボックス左のミュージアラのラストパスをミュラーがダイレクトで蹴り込んだ。 さらに34分、ボックス手前右からのミュラーのフィードをレヴァンドフスキが豪快なボレーシュートで叩き込んで3点目。 止まらないバイエルンは44分、レヴァンドフスキのパスを受けたボックス右のコマンが決め、4-0として前半を終えた。 迎えた後半、60分にアラバ、コマン、ミュージアラをお役御免としたバイエルンは、64分にPKを獲得。CKの流れでハビ・マルティネスのヘディングシュートをノイハウスが腕で止めてしまった。 このPKをレヴァンドフスキが決めてリーグ戦40ゴールの大台にあと1点とした中、バイエルンは73分にクアシが一発退場となったものの、終盤にかけてもボルシアMGの反撃を許さず、85分にはサネも続いて6-0で圧勝。9連覇に華を添える大勝を飾っている。 2021.05.09 03:21 Sun
twitterfacebook
thumb

堂安&奥川先発のビーレフェルト、ボルシアMGに5失点大敗《ブンデスリーガ》

ビーレフェルトは25日、ブンデスリーガ第31節でボルシアMGとのアウェイ戦に臨み、0-5で大敗した。ビーレフェルトのMF堂安律はフル出場し、MF奥川雅也は前半のみの出場となっている。 前節シャルケとの残留争いを制した15位ビーレフェルト(勝ち点30)は、堂安と奥川が引き続き揃って先発となった。 ヨーロッパリーグ出場権を争う7位ボルシアMG(勝ち点43)に対し、[4-3-3]を継続したビーレフェルトは堂安が3トップの右、奥川が右インサイドMFでスタートとなった。 そのビーレフェルトは開始6分に先制される。右サイドを上がったライナーのクロスをエンボロにダイレクトで合わせられた。続く8分にもエンボロのヘディングシュートでGKオルテガが強襲されると、15分に加点される。左サイドからのヴォルフのクロスをテュラムに合わせられた。 さらに17分、ボックス内でのゲバウアーのハンドを取られてPKを献上。このPKをベンセバイニに決められ、あっという間に0-3とされてしまった 0-3で迎えた後半、奥川を下げたビーレフェルトは53分にマイアーのコントロールシュートでゴールに迫るも、GKゾンマーの好守に阻まれる。 しかし、劣勢が続いたビーレフェルトは69分に4失点目を喫する。ザカリアとのワンツーでボックス内への侵入を許したエンボロにドッペルパックを決められた。 結局、試合終盤にプレアにもゴールを許したビーレフェルトは0-5で大敗。残留プレーオフに回らなければならない16位ケルンとの勝ち点差が1に縮まっている。 2021.04.26 02:57 Mon
twitterfacebook
thumb

鎌田先発、長谷部途中出場のフランクフルト、ヒュッター監督来季就任のボルシアMGに完敗《ブンデスリーガ》

フランクフルトは17日、ブンデスリーガ第29節でボルシアMGとのアウェイ戦に臨み、0-4で完敗した。フランクフルトのMF鎌田大地は84分までプレーし、MF長谷部誠は65分から出場している。 前節ヴォルフスブルクとの上位対決を鎌田の1ゴール1アシストの活躍で制し、初のチャンピオンズリーグ出場が見えてきた4位フランクフルト(勝ち点53)は、ヒュッター監督が来季ボルシアMGの指揮官に就任することが発表された。その8位ボルシアMG(勝ち点40)といきなりの対戦となった中、鎌田が引き続き[3-5-2]のトップ下で先発となり、長谷部はベンチスタートとなった。 慎重な入りとなった中、フランクフルトは10分に先制される。右CKからニアサイドでフリーとなっていたギンターにヘディングシュートを決められた。 失点後、15分にヨビッチのヘディングシュートでゴールに迫ったフランクフルトは24分、鎌田の右CKからイルザンカーのヘディングシュートがバーに直撃した。 ハーフタイムにかけては互いにチャンスなく、フランクフルトは1点ビハインドで後半へ折り返した。 迎えた後半、フランクフルトが押し込む展開としていたが、60分に追加点を許す。CKの流れからボックス右のホフマンにボレーでGKトラップを破られた。 2点を追う展開となったフランクフルトは長谷部ら3選手を投入。長谷部は3バックの中央に入った。しかし2分後、致命的な3失点目を喫する。ホフマンの左CKからギンターのヘディングシュートはバーに直撃するも、ルーズボールをベンセバイニにヘッドで押し込まれた。 結局、試合終了間際にヴォルフにもゴールを許したフランクフルトは4失点惨敗。ヒュッター監督が来季就任するボルシアMGの前に成す術なく完敗となってしまった。 2021.04.18 00:29 Sun
twitterfacebook
thumb

ボルシアMGの新指揮官はフランクフルトのヒュッター監督に決定、3年契約を締結

ボルシアMGは13日、今シーズン限りでフランクフルトを退団するアディ・ヒュッター監督(51/写真右)が来シーズンから指揮官に就任することを発表した。 なお、契約期間は2021-22シーズンから3年間となる。 ボルシアMGのマックス・エーベル氏は「アディ・ヒュッターを迎えられてとても満足している」とコメント。「我々のチーム、クラブにとて、彼は夏から我々の目の前にある課題と目標にとって、最高の監督だ」と歓迎した。 ボルシアMGは今シーズンのチャンピオンズリーグに出場したものの、リーグ戦では振るわずに現在8位に位置。さらに、マルコ・ローゼ監督(写真左)が来シーズンからドルトムントの監督に就任することがすでに発表されており、後任を探している状況となっていた。 ヒュッター監督が最有力候補として浮上していた中、予想通りの結果に。来シーズンはどんなチームを作るのか注目を集めることとなる。 オーストリア人指揮官のヒュッター氏は、ザルツブルクやヤング・ボーイズで指揮を執ると2018年7月にフランクフルトの監督に就任。2018-19シーズンは7位で終えると、チームはヨーロッパリーグ(EL)に出場。2019-20シーズンは過密日程もありブンデスリーガでは9位に終わっていた。 それでも、今シーズンはここまで勝ち点53を積み上げて現在4位。来シーズンはCLに出場する可能性残している状況だ。 2021.04.13 18:05 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly