レーティング:バイエルン 2-1(AGG:6-2) ラツィオ《CL》

2021.03.18 06:53 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグ、バイエルンvsラツィオが17日に行われ、この結果、2戦合計スコアを6-2としたバイエルンがベスト8進出を決めている。
この結果、2戦合計スコアを超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。
※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。


▽バイエルン採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
35 ニューベル 5.5
ノイアーの風邪を受けて先発。守備機会がほぼなかった中、1失点

DF
5 パヴァール 5.5
攻守にそつなし

17 J・ボアテング 5.5
最終ラインからの正確なフィードで攻撃の起点に。前半のみの出場

(→ジューレ 5.5)
センターバックでプレー。無難にこなした

27 アラバ 6.0
ゴレツカが下がった後はボランチでプレー。2点目をアシスト

21 リュカ 5.5
ラッツァーリに走り込むスペースを与えず

MF
10 サネ 6.0
ドリブルでの仕掛けでアクセントに

6 キミッヒ 6.0
余裕を持って試合をコントロールしていた

(→ハビ・マルティネス -)

25 ミュラー 6.0
勝負が決まっていた試合だったが、サボらずボールホルダーにプレスをかけ続けた

(→ミュージアラ -)

18 ゴレツカ 6.0
PK獲得。攻守の切り替えが鋭かった

(→アルフォンソ・デイビス 6.0)
アグレッシブなプレーで攻撃を加速させた

7 ニャブリ 5.5
さほど仕掛ける場面はなかった。終盤の決定機を逸する

FW
9 レヴァンドフスキ 6.0
PKで先制点。ポスト直撃のシュートも

(→チュポ=モティング 6.0)
投入直後に追加点を奪う

監督
フリック 6.0
1stレグの大量アドバンテージを生かした余裕の戦いぶりだった

▽ラツィオ採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
25 レイナ 5.5
防げるシュートは止めていた

DF
77 マルシッチ 5.5
1stレグに続きセンターバック起用。ニャブリの突破を制限

33 アチェルビ 6.0
流れの中ではレヴァンドフスキに自由を与えず。攻撃参加も見せた

26 ラドゥ 5.5
守備に重点のプレー

MF
29 ラッツァーリ 5.5
縦への仕掛けはさほど見られなかった

(→パローロ 6.0)
一矢報いるゴール

21 ミリンコビッチ=サビッチ 5.0
前半に1つ決定機があったが決めきれず

18 エスカランテ 5.5
不用意なロストは少なく奮闘していた

(→アキャプロ -)

10 L・アルベルト 5.0
もっとボールに絡みたかった

(→カタルディ -)

96 ファレス 5.0
攻守にインパクトなし

(→ルリッチ 5.5)
守備面で貢献

FW
94 ムリキ 4.5
インモービレに代わって先発もPK献上で終戦

(→アンドレアス・ペレイラ 5.5)
パローロのゴールをアシスト

11 コレア 5.0
ほとんどボールに絡めなかった

監督
S・インザーギ 5.5
大量失点での敗戦を避けた戦いぶりだった

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ゴレツカ(バイエルン)
1stレグの大量アドバンテージもあってテンションの高い試合にならなかったことから選出が難しいが、先制点となるPKを獲得したゴレツカを選出。

バイエルン 2-1 ラツィオ
【バイエルン】
レヴァンドフスキ(前33)【PK】
チュポ=モティング(後28)
【ラツィオ】
パローロ(後37)
※2戦合計スコア6-2でバイエルンがベスト8進出


関連ニュース
thumb

バイエルン会長、レヴァンドフスキ残留を確信 「より長く留めることを想像できる」

バイエルンのヘルベルト・ハイナー会長は、今シーズン限りでの退団が噂されるポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(32)の残留を確信しているようだ。 バイエルン在籍7年目で絶対的なエースに君臨するレヴァンドフスキ。今シーズンはクラブのレジェンドである、ゲルト・ミュラー氏が保持していた1シーズンのブンデスリーガ最多得点記録を更新する41ゴールを挙げる見事な活躍を披露。4年連続のリーグ得点王と共に、自身初のゴールデンシュー(欧州得点王)を獲得した。 しかし、そのエースに関しては、今夏の移籍市場でチェルシーやマンチェスター・シティといったプレミアリーグ勢を中心に国外のメガクラブ移籍の可能性が取り沙汰されている。 それでも、クラブ公式サイトのロングインタビューに答えたハイナー会長は、2023年まで契約を残すレヴァンドフスキの残留を確信。さらに、ゲルト・ミュラー氏が持つクラブ歴代最多得点記録(365点)の更新さえも期待しているようだ。 「ロベルトは世界最高のストライカーだ。彼はまだバイエルンと2年間の契約があり、より一層長く彼を留めることをしっかり想像できる」 「現在、レヴァンドフスキは277ゴールを決めている。仮に、彼が健康を保ち、我々と再び契約を延長したら(更新は)可能だろう。彼には全幅の信頼を寄せている。ロベルトは我々にとって絶対的な幸運だ」 また、バイエルンはここまでRBライプツィヒのフランス代表DFダヨ・ウパメカノ、レディングのイングランド人DFオマー・リチャーズの2選手を獲得しているが、ハイナー会長は今後の大型補強の可能性を否定している。 「例え我々が比較的良い形で経済面の困難を乗り越えたとしても、人々は単にコロナの影響を過小評価してはいけない。我々にも大きな痛みの跡が残るだろう。ダヨ・ウパメカノを除いて、今夏これ以上の大きな移籍は不可能だ。我々はオマー・リチャーズと契約し、加えてローン移籍していた7選手が戻って来る。目標はチームとしての幅を強化することだ。しかし質はとても高く、更なるビッグネーム獲得は必要としない。チーム内の配列は正しい」 2021.06.12 00:06 Sat
twitterfacebook
thumb

来季バイエルン加入のウパメカノに珍事? プレシーズンのスタートはライプツィヒで…

来シーズンからバイエルンでプレーするフランス代表DFダヨ・ウパメカノだが、プレシーズンは移籍元のRBライプツィヒでスタートすることになるようだ。ドイツ『ビルト』が伝えている。 ライプツィヒでブンデスリーガ屈指の若手センターバックに成長したウパメカノは、今年2月にバイエルンが4250万ユーロ(約56億7000万円)の契約解除金を支払ったことで、来シーズンからブンデスリーガ9連覇中の王者の一員になることが決定した。 当初は7月1日付けで保有権がライプツィヒからバイエルンに切り替わると発表されていたが、『ビルト』の最新のレポートによると、前述の契約解除条項が発動した場合、ライプツィヒとの契約は7月15日まで有効になるという。 そのため、バイエルンがプレシーズンの開始時点でウパメカノを合流させたい場合、同選手がライプツィヒで受け取る月給の半分にあたる20万ユーロ(約2670万円)を支払う必要があるが、現時点でバイエルンに支払いの意思はないようだ。 この結果、ウパメカノは7月5日スタートするライプツィヒのプレシーズントレーニングに参加し、1週間ほど過ごした後に新天地へ合流することになるようだ。 そして、ライプツィヒのコマーシャル・ディレクターを務めるフロリアン・ショルツ氏は、ドイツ『Bavarian Football Works』の取材に対してこの不可思議な状況を認めている。 「ダヨ・ウパメカノが夏季休暇明けに新天地で準備を始めることは、両クラブにとってより意味があるのは確かだ」 「しかし、現在の契約内容ではそうならないことは事実だ。そのため、我々は彼がRBライプツィヒでトレーニングを開始することを予期している」 3者の話し合いによって契約を変更したり、ウパメカノの休暇期間を延ばすなど、やり方次第でこの奇妙な状況は解決できるように思われるが、ウパメカノはプレシーズンを移籍元のライプツィヒでスタートすることになるのか…。 2021.06.10 07:30 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルンがハドソン=オドイ獲得に再挑戦! チェルシーも金額次第で売却に応じるか…

バイエルンがチェルシーに所属するイングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイ(20)の獲得に再挑戦するようだ。イギリス『タイムズ』が報じている。 バイエルンは2019年夏に4度のオファーを掲示するなど、以前から20歳の若武者にご執心だ。ただ、チェルシーサイドの再三に渡る抵抗もあり、移籍金の問題で折り合いが付かず、ここまで移籍は実現していない。 しかし、元ブラジル代表FWドグラス・コスタの退団などにより、ウイングの補強が必要なブンデスリーガ王者は今夏の移籍市場で再びハドソン=オドイの獲得に乗り出すようだ。 一方、これまではハドソン=オドイの売却に乗り気ではなかったチェルシーだが、トーマス・トゥヘル監督の下でシャドー、ウイングバックのバックアップに甘んじる生え抜きの若手を、今夏の大型補強に向けて換金対象とみなしており、相応のオファーが届いた場合、売却に応じる可能性が高まっている。 なお、2019年には3500万ポンド(約54億2000万円)前後のオファーを掲示していたが、コロナ禍における市場の下落の影響もあり、より安価な金額での獲得が可能だという。 2021.06.09 08:00 Wed
twitterfacebook
thumb

アラバ父がバイエルン現会長を非難「言ってることは事実無根」

オーストリア代表DFダビド・アラバの父親であるジョージ氏が、事実とは異なる発言をしたとして、バイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲ会長を非難している。 今夏でバイエルンとの契約が満了を迎え、5年契約でレアル・マドリーしたアラバ。下部組織から所属し、半年間のホッフェンハイムへのローンを除いて、公式戦431試合に出場して33ゴール55アシストを記録。2度のチャンピオンズリーグ優勝、10度のブンデスリーガ優勝、6度のDFBポカール優勝とバイエルンのタイトル獲得に大きく貢献してきた。 契約延長はしばらく続いていたようだが、両者の間で折り合いがつかず、結局13年過ごしたクラブを退団。キャリアの新たなステージを進む決断をした。 交渉が決裂した理由について、ルンメニゲ会長は以前ドイツ『キッカー』の取材で「すでに1500万ユーロの年俸を受け取っている選手が、この経済難の中で1950万ユーロでは満足できないことを理解できる人は限りなく少ないと思う」とコメント。アラバ側が大幅な給与アップを望んでいることを示唆する発言を残していた。 しかしながらジョージ氏は、今月末で退任する同会長の発言は事実無根だとして非難。息子とクラブによる賃金に関する話し合いはなかったと主張した。 「詳しくは言わないが、実際に何が起こったかは責任者が知っているだろう。私が言えるのは、時間の経過とともに非常に難しい立場に追い込まれ、お金の話は一切しなくなったということだけだ」 「だから結局、彼(ルンメニゲ)がお金の話をやめなかった理由は私にはわからなかった。交渉はコロナ禍の前から行われていたが、同じ時期に他の交渉がスムーズに進んでいたにもかかわらず、コロナを言い訳にされたことには失望したよ」 2021.06.05 16:45 Sat
twitterfacebook
thumb

サウールは今季限りでアトレティコ退団か…バイエルン&チェルシー関心?

アトレティコ・マドリーに所属するスペイン代表MFサウール・ニゲス(26)は今シーズン限りでクラブを離れることを真剣に検討しているようだ。 アトレティコのカンテラ出身のサウールは、ラージョ・バジェカーノでの1年間の武者修行を終えた2014年以降、サイドハーフ、ピボーテを中心にディアゴ・シメオネ率いるチームの絶対的な主力に君臨してきた。 しかし、今シーズンはMFトマ・レマルやMFヤニック・カラスコ、MFエクトル・エレーラとの中盤のポジション争いにおいて苦戦。公式戦41試合に出場したものの、攻守両面で精彩を欠き、チームのラ・リーガ制覇とは裏腹に苦しいシーズンを過ごした。 その不振が影響してか、ユーロ2020に臨むスペイン代表からも落選しており、今夏に新たな環境を求める可能性が伝えられている。 そういった中、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏は、サウールが今シーズン限りでクラブを離れる可能性があると主張。さらに、具体的な交渉は行われていないものの、バイエルンとチェルシーが獲得に関心を示しているという。 また、アトレティコはサウールの後釜としてウディネーゼに所属するアルゼンチン代表MFロドリゴ・デ・パウル(27)との交渉を進めているようだ。 なお、アトレティコとサウールの現行契約は2026年まで残っており、獲得には高額の移籍金が必要となる。 2021.06.05 01:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly