レーティング: ユベントス 3-2(AG4-4) ポルト《CL》

2021.03.10 07:50 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグ、ユベントスvsポルトが9日に行われ、3-2でユベントスが勝利した。しかし2戦合計スコア4-4、アウェイゴール差でポルトがベスト8進出を決めている。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。
※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。

▽ユベントス採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 シュチェスニー 6.0
枠内シュートを的確にセーブ。最後の失点は壁の責任

DF
16 クアドラード 6.5
高精度クロスでキエーザのゴールをアシスト。攻撃の起点になり続けた。バー直撃のシュートが入っていれば…

28 デミラル 5.5
やや厳しい判定だったがPK献上。それでも持ち前の対人の強さは見せた

19 ボヌッチ 6.5
最後尾からの正確なロングフィードでポルトの守備を揺さぶる。1点目の起点に

(→デ・リフト 6.0)
負傷明け。パワープレーで終盤は脅威にも

12 アレックス・サンドロ 5.0
1stレグに続き、古巣相手に低調なプレーだった

MF
22 キエーザ 7.5
1stレグに続くゴール。ポルトから計3点を奪った。ディフェンスライン背後を突く動きが効果的だった

25 ラビオ 6.0
数的優位になって以降のパス出しが効いていた。2点目を決める

5 アルトゥール 6.5
さすがのゲームメーク力。キープ力がずば抜けて高く試合をコントロールしていた

(→クルゼフスキ 5.5)
仕掛ける姿勢を見せたが、及ばず

8 ラムジー 5.0
中寄りでプレーしていたが、機能していなかった

(→マッケニー 5.0)
ゴール前に飛び込む動きを期待されるも、さほど効果的ではなかった。2失点目のファウルを献上

FW
9 モラタ 5.5
前半は良い動きを見せていたが、決定機はことごとくマルチェシンの好守に阻まれた

7 C・ロナウド 5.0
1アシストも身体が終始重そうでボールが足に付いていなかった。最後の失点にも絡む

監督
ピルロ 5.5
この試合に向けてできるだけのことはした。10人となった相手に何とか勝ち上がりたいところだった

▽ポルト採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 マルチェシン 7.0
モラタとの一対一を2度、キエーザとの一対一を1度止める

DF
18 マナファ 6.0
キエーザの動きに苦戦もよく耐えていた

19 ムベンバ 7.0
ペペと共にゴール前で壁となる

3 ペペ 7.0
守備時に6バックとなるディフェンスラインを統率。38歳となった今なおトップレベルであることを証明

12 サヌシ 6.0
ラムジーに仕事をさせず。立ち上がり、好突破からチャンスメーク

(→ルイス・ディアス 5.5)
数的不利の中、単騎突破で時間を作った

MF
17 ヘスス・コロナ 6.0
最後までハードワークを続ける。延長戦には決定的なチャンスメークも

(→ママドゥ・ルム -)

27 セルジオ・オリベイラ 7.5
PKを決める。運動量が延長戦に入っても落ちず攻守によく絡んだ。1stレグに続き、ハイパフォーマンス

(→ジオゴ・レイテ -)

8 ウリベ 6.0
セカンドボールを拾い、スペースもきっちりと埋めた

(→グルイッチ 6.0)
数的不利の中、攻守に効いていた

25 オタビオ 6.0
攻撃面でボールの受け所となり、守備面でも奮闘

(→サール 6.0)
左サイドバックでプレー。そつの対応を続けた

FW
11 マレガ 6.0
PK獲得を演出。守備時には右サイドをカバー。数的不利の中、ゴールの可能性を感じさせた

(→トニ・マルティネ -)

9 タレミ 4.5
PK獲得も不用意なプレーで痛恨の退場

監督
セルジオ・コンセイソン 7.0
10人となった中、粘り強い守備で対応。勝ち上がりに相応しい内容を見せた

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
セルジオ・オリベイラ(ポルト)
ポルト守備陣も総じて素晴らしかったが、その前で運動量を落とさずに走り続けたセルジオ・オリベイラを選出。2ゴールを奪ってユベントスを敗退に追い込む。

ユベントス 3-2 ポルト
【ユベントス】
キエーザ(後4)
キエーザ(後18)
ラビオ(延後12)
【ポルト】
セルジオ・オリベイラ(前19)【PK】
セルジオ・オリベイラ(延後10)
※2戦合計スコア4-4、アウェイゴール差でポルトがベスト8進出

関連ニュース
thumb

ジェコはローマを早期退団? フリーでセリエAクラブへ移籍の可能性が報道

ローマのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコ(35)がセリエA内で移籍する可能性が高まっているようだ。 ジェコはこれまでローマで公式戦260試合に出場し119ゴール55アシストを記録。チームの攻撃を牽引してきた存在だ。 しかし、今シーズンはパウロ・フォンセカ監督との衝突が激しくなり、冬の移籍市場ではユベントスやパリ・サンジェルマン、レアル・マドリー、バルセロナ、ウェストハムなど、幾つかのクラブへの移籍の可能性が取りざたされた。 結局チームに残留したジェコだが、来年で切れる契約は延長しない見込み。さらに、ジョゼ・モウリーニョ監督が新たに就任することもあり、移籍が取り沙汰されている。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、ジェコは前倒しでクラブとの契約を解除したい意向を示しているとのこと。ローマとしては750万ユーロ(約9億8000万円)という給与を支払わなくて良いというプラス材料がある。 そのジェコだが、トルコのフェネルバフチェと交渉中ともされた中、ミランやユベントスなどセリエAクラブにフリーで加入することを希望しているという。 ミランはチェルシーのフランス代表FWオリヴィエ・ジルーが契約を延長したため、ターゲットを切り替えてジェコにすると見られている。 実績十分のジェコだが、来シーズンはどこのユニフォームを着ているだろうか。 2021.06.20 22:46 Sun
twitterfacebook
thumb

43歳ジャンルイジ・ブッフォン、パルマに20年ぶり復帰!

パルマは17日、元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(43)の加入を正式発表した。イタリア『スカイ』によれば、ブッフォンは2023年6月までの2年契約での加入。ユベントスとの契約が今月いっぱいのなか、26年前にプロキャリアをスタートさせたクラブに戻った格好だ。 43歳の今もトップレベルでプレーするブッフォンはパルマ下部組織育ちで、17歳の1995年にセリエAデビュー。公式戦220試合で210失点、85回のクリーンシートを成し遂げ、コッパ・イタリアやコッパ・イタリア、UEFAカップのタイトルに貢献した後、2001年に当時のGK史上最高額の移籍金でユベントスに活躍の場を移した。 それからもイタリアが誇る守護神の称号をほしいままにして、2018-19シーズンのパリ・サンジェルマン(PSG)時代を除けば、実に19年間もユベントスで稼働。チャンピオンズリーグ(CL)優勝こそ叶わなかったが、公式戦685試合の出場で539失点、322度の無失点を誇り、10度のスクデット獲得などに大きく寄与した。 そんなブッフォンはPSGから復帰後、セカンドGKとしての立ち回りが主になったが、公式戦14試合に出場した今季も試合数を下回る失点数(9失点)と6つのクリーンシートを記録。先月に『beIN Sports』のインタビューで退団を明言した上で、引退も示唆したが、プロとしての一歩を踏み出した地に凱旋する決断を下した。 なお、2015年に破産してセリエDからの再出発を強いられたパルマは2018-19シーズンからセリエAに復帰すると、2季連続の残留に成功したが、今季の最下位終戦でセリエB降格が決定。来季は20年ぶりにパルマのユニフォームを着るブッフォンとともに、1年でのセリエA昇格を目指す戦いになる。 <span class="paragraph-title">【動画】ピッチに侵入しゴールに埋まる宝箱を開けたのは…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">He is back where he belongs.<br>He is back home.<a href="https://twitter.com/hashtag/SupermanReturns?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SupermanReturns</a> <a href="https://twitter.com/gianluigibuffon?ref_src=twsrc%5Etfw">@gianluigibuffon</a> <a href="https://twitter.com/Kyle_J_Krause?ref_src=twsrc%5Etfw">@Kyle_J_Krause</a> <a href="https://twitter.com/ParmaCalcio_en?ref_src=twsrc%5Etfw">@ParmaCalcio_en</a> <a href="https://t.co/bh2FO6P8YX">pic.twitter.com/bh2FO6P8YX</a></p>&mdash; Parma Calcio 1913 (@1913parmacalcio) <a href="https://twitter.com/1913parmacalcio/status/1405462723975131138?ref_src=twsrc%5Etfw">June 17, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.06.17 19:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ユベントスがモラタのレンタル期間延長を発表! 今季は公式戦20ゴール

ユベントスは15日、アトレティコ・マドリーからレンタル移籍中のスペイン代表FWアルバロ・モラタ(28)のレンタル期間延長を発表した。これにより、モラタは2021-22シーズンもユベントスに残留することになった。 昨夏にアトレティコからのレンタルで6年ぶりにトリノへの帰還を果たしたモラタ。今シーズンは公式戦44試合に出場し20ゴール12アシストを記録するなど、スーペル・コッパ・イタリアーナ、コッパ・イタリアの2つのタイトル獲得に貢献した。 イタリア『トゥットスポルト』によると、1000万ユーロ(約13億3000万円)の有償レンタルで加入していたモラタに関しては今季終了後に4500万ユーロ(約60億円)で買い取れるオプションが付随していたという。 また、今夏に買い取りを見送る場合でも、再び1000万ユーロを支払いレンタル期間を延長し、2022年夏に3500万ユーロ(約46億7000万円)での買い取りが可能となる契約を結んでいた。 当初、新型コロナウイルスの影響による財政問題によってモラタをアトレティコに送り返すプランを持っていたユベントスだったが、マッシミリアーノ・アッレグリ新監督の要望によって、来季の残留が決定した。 2021.06.16 05:30 Wed
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド、移籍話封印でいざ連覇かかるユーロへ 「今大事なのは代表チーム」

ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(36)が15日にブダペストで行われるユーロ2021グループF第1節のハンガリー代表戦に先駆けた会見で自身の移籍話を一蹴した。 2018年夏にレアル・マドリーからユベントスに活躍の場を移して以降も公式戦通算133試合で101得点22アシストと傑出した数字を残すC・ロナウド。今季も公式戦44試合出場で36得点を挙げ、セリエAに限れば29得点で初の得点王にも輝いた。 その一方で、今季のユベントスはセリエAで10連覇を逃すなど振るわず、アンドレア・ピルロ新監督もわずか1年で監督の座を追われる始末。C・ロナウドもチームの不振も相まってバッシングの標的になり、今夏の移籍が取り沙汰されている。 だが、14日の会見に出席したC・ロナウドは古巣であるマンチェスター・ユナイテッド復帰やパリ・サンジェルマン(PSG)行きの憶測も取り巻く自らの去就をシャットアウト。連覇がかかるユーロ2020の戦いに完全集中するスタンスを強調した。 「何年も最高のレベルでプレーしていると、そういうことにも動じなくなるもの。僕が18、19歳ぐらいだったら、眠れない夜を過ごしたりしたかもしれないが、もう36歳だからね」 「どんなことが起きようとも、それは良いこと。残る、出て行くという話は今に関係なく、現時点で最も大事なものというわけでもない。大事なのは代表チームに集中することだ」 「こうした規模の大会は日常的に行われるわけじゃない。今回で5度目のユーロになるが、マインドはまだ初めてという感じだ。正しいスタートを切り、勝って、良いプレーがしたい。大会の最後まで前向きな思考でいたいんだ」 2021.06.15 14:55 Tue
twitterfacebook
thumb

ファビオ・パラティチがトッテナムのマネージング・ディレクターに就任!

トッテナムは12日、ファビオ・パラティチ氏(48)がマネージング・ディレクターに就任したことを発表した。スポーツ面及びインフラなどの管理と開発に努めるようだ。契約は7月1日から有効となる。 同氏は2004年の現役引退後、サンプドリアでチーフ・オブザーバー兼スカウティング部長に就任し、管理職をスタート。そこで当時同クラブのゼネラル・ディレクターを務めていたジュゼッペ・マロッタ氏に才能を見いだされ、2010年5月に共にユベントスへ移籍した。 ユベントスでは、同時期に会長に任命されたアンドレア・アニェッリ氏によってスポーツ・ディレクター(SD)に就任。実績として、2013年のカルロス・テベス、2015年のパウロ・ディバラ、そして2018年のクリスティアーノ・ロナウドなどの獲得オペレーションを成功させた経験を持つ。 その後、2020年10月にはスポーツ部門全体を統括するマネージング・ディレクターに昇進するも、今年5月に契約満了をもってユベントスを退団していた。 トッテナムでは新監督が未定のままだが、パラティチ氏は新たな国での挑戦を楽しみにしていると意気込みを語っている。 「この素晴らしい機会に感激しており、私を信頼してくれたクラブと会長に感謝している。トッテナムはイングランド及びヨーロッパのトップクラブのひとつであり、野心的な長期計画を持っている」 「私はこの新しいプロジェクトに全力を尽くし、経営陣と協力してクラブの歴史に新たな、そしてできれば成功の章を刻むことを楽しみにしている」 2021.06.13 14:40 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly