レーティング: ユベントス 3-1 ラツィオ《セリエA》

2021.03.07 06:40 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第26節、ユベントスvsラツィオが6日に行われ、3-1でユベントスが逆転勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。
※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。 ▽ユベントス採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 シュチェスニー 6.0
劣勢の前半序盤をうまく凌いだ


DF
16 クアドラード 5.5
公式戦5試合ぶり復帰。及第点の出来

(→アルトゥール -)

28 デミラル 6.0
ソリッドな守備を続けてディフェンスを締める

12 アレックス・サンドロ 6.0
センターバック起用。そつなくこなした

33 ベルナルデスキ 6.0
左サイドバック起用。前節のアシストで気を良くしているようなパフォーマンス

MF
44 クルゼフスキ 4.5
致命的なバックパスミスで1失点目を献上。立て直しが効かなかった

(→ディ・パルド -)

13 ダニーロ 6.0
ボランチ起用。ユーティリティ性の高さを示すように無難にこなした

8 ラムジー 6.0
トップ下の位置でボールに頻繁に関与。PK獲得

(→マッケニー -)

25 ラビオ 6.0
うまくゲームに入れていなかったが、貴重な同点弾を決めた

22 キエーザ 6.5
とりわけ後半に入って躍動。カウンターの起点となった

(→ボヌッチ -)

FW
9 モラタ 6.5
ドッピエッタでチームを勝利に導く

(→C・ロナウド -)

監督
ピルロ 6.0
ダニーロやベルナルデスキら、本職でないポジションでの起用を敢行し活性化を図る

▽ラツィオ採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
25 レイナ 5.0
特に責任はないが、好守もなかった

DF
77 マルシッチ 5.5
センターバック起用。キエーザのスピードを封じた

(→アンドレアス・ペレイラ -)

14 ホード 5.0
モラタのスピードに対応しきれず

33 アチェルビ 5.5
彼自身に大きなミスはなかった

MF
19 ルリッチ 5.5
キエーザをうまく抑えていた

(→パトリック 5.0)
守備を締めきれず

21 ミリンコビッチ=サビッチ 5.0
バー直撃のヘディングシュートがあったが、PK献上

6 ルーカス・レイバ 5.5
彼の交代後に2失点

(→エスカランテ 5.0)
2失点目につながった対応は軽かった

10 L・アルベルト 5.5
バイタルエリアでアクセントを付けていた

(→カイセド -)

96 ファレス 5.0
攻守に凡庸だった

FW
11 コレア 6.0
相手のミスを突いて先制点。ドリブルでアクセントを付ける

17 インモービレ 5.0
前線で孤立。ミドルシュート1本のみに終わった

(→ムリキ -)

監督
S・インザーギ 5.5
入りは良かったが、先制後、消極的になってしまった

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
キエーザ(ユベントス)
ドッピエッタのモラタと共にチームを勝利に導いた。走力を武器にラツィオ守備陣を切り裂いた。

ユベントス 3-1 ラツィオ
【ユベントス】
ラビオ(前39)
モラタ(後12)
モラタ(後15)【PK】
【ラツィオ】
コレア(前14)
関連ニュース
thumb

上位対決落として4位後退のユーベ、悔やむピルロ監督「少なくとも勝ち点1は…」

ユベントスのアンドレア・ピルロ監督がアタランタ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 セリエAで3位に位置するユベントスは18日、第31節で4位アタランタと対戦。終盤までは両チーム無得点の展開が続いたが、87分に相手MFマリノフスキーにゴールを決められると、0-1で敗れた。 ユベントスはこの敗戦によって、アタランタと入れ替わる形で3位から4位に後退。ピルロ監督は試合後、アウェイでの上位対決を振り返り、終盤での失点を悔やんだ。 「強豪を相手に、自分たちのやるべきことをしっかりとやれたし、気を配りながらアグレッシブにプレーして、良い試合ができたと思う」 「しかし、最後にゴールを決められたことで試合は彼らのものになってしまった。少なくとも、勝ち点1は持ち帰ることができたはずだから残念でならない」 また、退団が噂される中、この試合では先発出場し、58分までプレーしたFWパウロ・ディバラについても言及。「フル出場とはいかなかったが、ピッチに立っている限り、彼はよくやってくれたと思う」とパフォーマンスを称えた。 チャンピオンズリーグ(CL)の出場権争いについては「今は自分たち自身と向き合い、できるだけ多くの試合に勝たなければならない。しかし、今日のようなメンタリティでプレーすれば、今後のリーグ戦は問題ないと考えている」と語ったピルロ監督。今節終了時点で、5位ナポリとは勝ち点差「2」と、危うい状況ながらも自信を見せた。 2021.04.19 10:45 Mon
twitterfacebook
thumb

欧州スーパーリーグ構想明るみに! 12クラブの参戦同意リークもUEFAは徹底抗戦の構え

これまでまことしやかにささやかれ続けてきたヨーロッパのビッグクラブによるヨーロッパ・スーパーリーグ構想が現実味を帯びてきたことが判明した。『ESPN』が『ロイター通信』のレポートを基に伝えている。 『ESPN』が伝えるところによれば、現在ヨーロッパの15のビッグクラブが2023-24シーズンのヨーロッパ・スーパーリーグ設立に向けた協議を行っているという。 この緊急事態を受け、欧州サッカー連盟(UEFA)は現行のチャンピオンズリーグ(CL)の存在意義を脅かしかねない新リーグ設立を阻止するために各国協会と共に動きを見せている。今後に向けては有力クラブの脱退を食い止める意味でも36チームに拡大したCLの新フォーマットの発表を予定している。 各国メディアの情報をまとめると、現時点でヨーロッパ・スーパーリーグへの参加に同意しているのは、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、リバプール、アーセナル、チェルシー、トッテナムのイングランドのビッグ6と、バルセロナ、レアル・マドリー、アトレティコ・マドリーのスペイン3クラブ、ユベントス、インテル、ミランのイタリア3クラブの計12クラブだという。 そして、新リーグのフォーマットに関しては20チーム制を構想しており、前述の中心クラブを含め15クラブが降格のない常任クラブに入り、残りの5クラブは各国リーグの成績に応じて入れ替え制での参戦が見込まれているようだ。 また、ニューヨークの投資銀行『JPモルガン』が今回のプロジェクトに関わっており、60億ドル(約6530億円)の融資を請け負う模様。そしてこの資金は各クラブに分配されるという。 こういった具体的な情報が表に出てきたことを受け、UEFAは19日のCL新フォーマットの発表を控える中、ヨーロッパ・スーパーリーグ構想を非難する公式声明を発表している。 「UEFA、イングランドサッカー協会(FA)とプレミアリーグ、王立スペインサッカー連盟(RFEF)とラ・リーガ、そしてイタリアサッカー連盟(FIGC)とレガ・セリエAは、イングランド、スペイン、イタリアの一部のクラブが、閉鎖的な、いわゆるスーパーリーグの創設を発表しようとしている可能性があることを認知している」 「仮にこのような事態が発生した場合、UEFA、FA、RFEF、FIGC、プレミアリーグ、ラ・リーガ、レガ・セリエA、そしてFIFAとすべての加盟団体は、社会がかつてないほど連帯を必要としている時期に、少数のクラブの私利私欲に基づいたこの皮肉なプロジェクトを阻止するために、一致団結して努力していくことを繰り返し伝えていく」 「我々はこのような事態を防ぐために、司法とスポーツの両面から、あらゆるレベルで利用可能なあらゆる手段を検討する。フットボールは開かれた競争とスポーツの実力に基づいており、それ以外の方法ではあり得ない」 「すでにFIFAと6つの連盟が発表しているように、当該クラブは国内、ヨーロッパ、世界のあらゆる大会への出場が禁止され、所属プレーヤーは代表チームへの出場機会を失う可能性もある」 「我々は他国のクラブ、特にフランスとドイツのクラブがこれに署名することを拒否したことに感謝している。我々はフットボールを愛するすべての人々、サポーター、政治家に呼びかけ、このようなプロジェクトが発表された場合には、我々と共に反対運動を展開する。このような少数者の執拗な利己主義は、あまりにも長い間続いている。もういい加減にしてほしいと考えている」 なお、ヨーロッパ・スーパーリーグ設立阻止を目的に変更が見込まれる2024年に向けたCL新フォーマットでは、36チームが従来のグループステージ6試合制から10試合制に変更。マッチデー収入、放映権料を増やすと共に、ビッグクラブへの分配率を上げることを念頭に置いているという。 2021.04.19 06:00 Mon
twitterfacebook
thumb

終盤のマリノフスキー弾でアタランタがユベントスとの上位対決を制し3位浮上《セリエA》

セリエA第31節、アタランタvsユベントスが18日に行われ、1-0でアタランタが勝利した。 前節フィオレンティーナとの打ち合いを制して4位を死守したアタランタ(勝ち点61)は、勝利すれば3位浮上となる中、[3-5-2]で臨み、D・サパタとムリエルが2トップを形成した。 一方、前節ジェノアに快勝とし、ナポリ戦に続き2連勝とした3位ユベントス(勝ち点62)は、C・ロナウドが負傷欠場となった中、フラットな[4-4-2]で臨み、ディバラとモラタが2トップを形成した。 強度の高い入りとなった中、ユベントスが圧力をかける展開で立ち上がっていくも、鋭いカウンターでけん制していたアタランタが24分に最初の決定機。ムリエルのパスを受けたボックス右のペッシーナが決定的なシュートを放ったが、枠の右に外れた。 対するユベントスは34分にチャンス。メーレの中途半端なプレーからボックス左のモラタがボールを奪ってフィニッシュに持ち込むも、シュートは枠を捉えきれなかった。 迎えた後半、アタランタはペッシーナに代えてパシャリッチを投入。前半同様に球際の激しい攻防が続く中、ユベントスにアクシデント。58分、スプリントしたキエーザが左足を痛めてダニーロとの交代を強いられた。 その後、膠着状態に陥っていた中、アタランタはムリエルに代えてイリチッチを、ユベントスはディバラに代えてクルゼフスキを投入。 すると70分、アタランタに決定機。右サイドからイリチッチが右足で入れたクロスにサパタがヘディングで合わせたシュートがわずかに枠の左に外れた。 対するユベントスは76分、クルゼフスキのフィードをボックス左のモラタがボレーで狙うもGKゴッリーニの好守に阻まれた。 このまま引き分け濃厚かと思われた終盤の87分、アタランタに値千金の決勝弾が生まれる。ショートコーナーの流れからボックス手前右でパスを受けたマリノフスキーが強烈なシュートを放つと、DFにディフレクトしてネットを揺らした。 追う展開となったユベントスは必死に同点ゴールを目指すもアタランタが1-0で勝利。ユベントスをかわして3位に浮上している。 2021.04.19 00:04 Mon
twitterfacebook
thumb

大一番のアタランタ戦迎えるユベントス、ピルロ監督がC・ロナウドの欠場を明言

ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、アタランタ戦を欠場することが確定した。 ユベントスは18日、セリエA第31節でアウェイでアタランタと対戦する。 現在セリエAで3位につけるユベントスは、勝ち点差「1」で追いかけてくる4位のアタランタと対戦。5位のナポリとは勝ち点差「3」となっており、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いのなかで大事な一戦となる。 しかし、その大事な一戦にセリエAで25ゴールを決め、得点ランキングトップに立つC・ロナウドの姿はないことが決まった。 アンドレア・ピルロ監督は試合に向けた記者会見に出席。その中で、欠場者に触れ、C・ロナウドの名前を挙げた。 「我々には重要な欠場者がいる。クリスティアーノは屈筋に問題があり、試合には出場しない。彼をベルガモに連れて行くのは危険すぎる」 「彼が水曜日には回復していることを願っている」 「クリスティアーノの問題は、前回の試合後に起きた。彼は今週のトレーニングで、思うように「プッシュ」できなかったので、リスクを冒すことは避けたい。代表活動の影響もあり、最近はたさんプレーしていた」 これにより、ユベントスはスペイン代表FWアルバロ・モラタとアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが起用可能となるが、ピルロ監督は「ディバラは、明日はスタートから出るだろう」とコメント。先発はディバラになると語った。 <span class="paragraph-title">【動画】C・ロナウドのユベントスでのベストゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJUSUt2YndtNCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.04.17 20:29 Sat
twitterfacebook
thumb

「批判する奴らは努力を知らない」 ユーベで将来揺れるC・ロナウドに元僚友が見解

ユベントスでの将来に注目が集まるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに対して、かつての僚友がコメントした。 2018年夏にレアル・マドリーからユベントスに活躍の場を移したC・ロナウド。新天地イタリアでもスターぶりを発揮するが、チャンピオンズリーグ(CL)の優勝請負人としての期待に応えられておらず、今季もベスト16敗退という結果に終わった。 セリエAでも首位インテルに12ポイント差をつけられ、10連覇が絶望的なチーム状況も受けて批判の的となり、今季限りでの移籍が取り沙汰されるC・ロナウドだが、レアル・マドリーや代表チームで苦楽をともにしたポルトのDFペペは擁護した。 母国メディア『Novo』のインタビューで将来的なC・ロナウドのポルトガル凱旋を願ったペペだが、盟友に対する批判に反論しつつ、契約をあと1年残すユベントスでプレーを続けるとの見解を示した。 「彼はトリノで満足しているんじゃないかな。イタリアリーグのトップスコアラーだ。彼を批判する奴らは毎シーズンのように30ゴール以上も決めるために必要な努力を知らないのさ。彼は凄いことをやっているんだ。少なくともあと1年をユーベで過ごして、スポーツファンに喜びを与えながら、ポルトガルを代表する選手として活躍を続けてほしいね」 2021.04.17 12:45 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly