1分以内にビッグセーブ3連発!インテルの守護神がズラタンの猛攻をシャットアウト!/2020-21【アンビリーバブル・セーブス】

2021.03.06 08:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。

しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。

◆ハンダノビッチがミランの猛攻をシャットアウト!


今回は、インテルの元スロベニア代表GKサミル・ハンダノビッチが見せたスーパーセーブだ。

ウディネーゼでブレイクした2012年にインテルに加入して以来、絶対的守護神としてゴールマウスを守り続けているハンダノビッチ。長い手足と抜群の反射神経で、幾度となくチームのピンチを救っている。

2021年2月21日に行われたセリエA第23節、ミランとの“ミラノ・ダービー”では、相手のエースを抑える素晴らしいセーブをみせている。

1-0とインテルリードの47分、ミランが左サイドでコーナーキックのチャンスを得ると、ゴール左の位置からFWズラタン・イブラヒモビッチが強烈なヘディングシュート。素早い反応でハンダノビッチがボールを弾きだし、何とか右サイドからのスローインに逃げる。

すると、このスローインからミランが中央にクロスを上げ、ファーポストでイブラヒモビッチが再び強烈なヘディングシュート。しかしこれもハンダノビッチが絶妙なポジション取りで体をシュートに当ててブロックする。

最後はその直後、三度ミランがチャンスを作ると、シュートのこぼれ球に対し、MFサンドロ・トナーリが拾ってミドルシュート。ゴール左上への鋭いシュートだったが、ハンダノビッチが驚異的な反応で右手でシュートを枠外に弾き、事なきを得た。

ビッグセーブ3連発でリードを守ったハンダノビッチ。最初のセーブから3本目のセーブまでその間なんと52秒と、1分以内に立て続けにピンチを救っている。なお、試合はインテルが3-0でライバルに勝利している。



関連ニュース
thumb

片手一本で決定機阻止!守護神ロリスが見せたえげつない反応速度/2018-19【アンビリーバブル・セーブス】

たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。 しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。 <div id="cws_ad">◆ロリスの驚異的な反応速度<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ3ekhQRXlxaiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> </div> 今回は、トッテナムのフランス代表GKウーゴ・ロリスが見せたスーパーセーブだ。 ニースでプロキャリアをスタートさせたロリスは、2008年夏にリヨンに加入。守護神としてリーグ屈指のGKとしての評価を受け、2012年夏にトッテナムに移籍した。 トッテナムでも守護神としてここまで公式戦359試合に出場しているロリスだが、2019年1月20日に行われたプレミアリーグ第23節のフルアム戦では素晴らしいセーブを見せている。 0-0で迎えた11分、ロングボールから一気に相手FWライアン・バベルが抜け出すと、一気にゴール前に侵入。ゴール左の角度からバベルがシュートを放つと、ニアポストへのシュートに対し、ロリスが驚異的な反応で右手を伸ばしてコーナーキックに逃れた。 決定機を阻止したロリスだが、直後に失点。しかし後半に逆転に成功し、2-1で勝利している。 <span data-sg-movie-id="940" data-sg-movie-title="【一本で決定機阻止】守護神ロリスが見せたえげつない反応速度"></span> 2021.03.13 16:00 Sat
twitterfacebook
thumb

驚異の反応速度!メキシコの守護神オチョアが見せた神セーブ&神クリア/2020-21【アンビリーバブル・セーブス】

たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。 しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。 <div id="cws_ad">◆オチョアが見せた神セーブ&神クリア<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJaamg4TnZTayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 今回は、クラブ・アメリカのメキシコ代表GKギジェルモ・オチョアが見せたスーパーセーブだ。 2004年にメキシコの強豪クラブ・アメリカでプロデビューしたオチョアは、国内屈指のGKとして、アジャクシオやマラガ、スタンダール・リエージュなど、ヨーロッパのクラブでも活躍した。またメキシコ代表として出場した2014年ブラジル・ワールドカップでも好セーブを連発し、注目を集めた。 2019年夏からは古巣クラブ・アメリカに復帰したオチョアだが、2021年2月7日に行われたリーガMXクラウスーラ第5節のプエブラ戦では素晴らしいセーブを見せている。 クラブ・アメリカが1-0とリードして迎えた88分、FKからプエブラが左サイドからチャンスを作り、クロスを入れる。このボールにファーポストでFWギジェルモ・マルティネスが叩きつけるようなヘディングを合わせると、GKの目の前でバウンドする難しいシュートだったが、オチョアは抜群のポジション取りで体を当ててセーブ。さらに、こぼれ球に詰めようとする相手に対して、驚異の反応で倒れながら右足でボールをクリアし、チームのピンチを救ってみせた。 試合は1点のリードを守り切ったクラブ・アメリカが1-0で勝利している。 <span data-sg-movie-id="933" data-sg-movie-title="【驚異の反応速度】メキシコの守護神オチョアが見せた神セーブ&神クリア"></span> 2021.03.12 14:00 Fri
twitterfacebook
thumb

シュチェスニーがCLアヤックス戦で見せたスーパーセーブ2連発!【アンビリーバブル・セーブス】

たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。 しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。 <div id="cws_ad">◆シュチェスニーがアヤックス戦で見せたビッグセーブ2つ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJZZlVSTU13YSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今回は、ポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニーがユベントスで見せたスーパーセーブだ。 母国ポーランドの名門レギア・ワルシャワユース出身のシュチェスニーは、2009年若くしてアーセナルへ移籍。2015年にレンタル移籍で加入したローマを経て、2017年にイタリアの絶対王者ユベントスへ移籍している。 元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンの退団に伴い(現在はユベントスに復帰)、背番号「1」を継承しているシュチェスニーだが、2019年4月16日に行われた、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝、アヤックスとの2ndレグではファインセーブを見せている。 1stレグはアウェイで1-1のドローに終わっていたユベントス。2ndレグはホームで先制したものの、追いつかれて迎えた52分、アヤックスがユベントスボックス前でのハイテンポなパス回しから、MFハキム・ツィエクがボックス内でボールを受けると、すかさずニアポストにシュートを放つ。しかし、これをシュチェスニーが左手一本で防ぎ、チャンスを阻止する。 続く57分、ボックスの外でボールを持ったMFドニー・ファン・デ・ベークが、ミドルシュートを放つ。美しいカーブを描きながらボールがゴール右上に飛んでいくが、シュチェスニーはこれを見事なジャンピングセーブで弾き、このビッグチャンスも防いでみせた。 ビッグセーブでアヤックスのチャンスを阻止したシュチェスニーだったが、その後失点を許し、2-1で敗れ準々決勝で敗退している。 2020.12.15 16:00 Tue
twitterfacebook
thumb

文字通り試合の流れを変えたPKストップ!CLシティ戦でロリスが見せたスーパーセーブ【アンビリーバブル・セーブス】

たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。 しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。 <div id="cws_ad">◆ロリスが試合の流れを変えるPKストップ!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ6RkVoV29WdyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今回は、トッテナムのフランス代表GKウーゴ・ロリスが見せたスーパーセーブだ。 ニースでプロキャリアをスタートさせたロリスは、2008年夏にリヨンに加入。守護神としてリーグ屈指のGKとしての評価を受け、2012年夏にトッテナムに移籍した。 トッテナムでも守護神としてここまで公式戦325試合に出場し、キャプテンも務めるロリスだが、2019年4月9日に行われた、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝、マンチェスター・シティとの1stレグでは素晴らしいストップでチームを救っている。 プレミアリーグクラブ同士の対戦カードとなったこの試合は、国内で圧倒的な強さを見せるシティが優勢と言われていた。そして0-0で迎えた13分、そのシティがPKを獲得する。 これが決まり、シティが序盤からリードする展開となればシティの楽勝ムードになりかねなかった場面だったが、キッカーのFWセルヒオ・アグエロのシュートをロリスが完璧に読んでストップ。トッテナム不利に傾きかけた流れを一変させた。 このPKストップでスコアを0-0に保ったトッテナムは、後半の得点で1-0とホームでの1stレグに勝利。アウェイでの2ndレグでも土壇場でのVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)判定もあり、4-3で勝利し、準決勝に進出している。 2020.09.07 21:00 Mon
twitterfacebook
thumb

まさにバロテッリキラー!インテル守護神ハンダノビッチがシュートを止めまくる!【アンビリーバブル・セーブス】

たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。 しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。 <div id="cws_ad">◆ハンダノビッチがバロテッリ相手にスーパーセーブ連発!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI4U0c3eHozbyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今回は、インテルの元スロベニア代表GKサミル・ハンダノビッチが見せたスーパーセーブだ。 ウディネーゼでブレイクした2012年にインテルに加入して以来、絶対的守護神としてゴールマウスを守り続けているハンダノビッチ。長い手足と抜群の反射神経で、幾度となくチームのピンチを救っている。 2019年10月29日のセリエA第10節、ブレシア戦では、相手チームのエースを完全にシャットアウトし、チームの勝利に貢献している。 ブレシアのホームにインテルが乗り込んだこの試合では、古巣相手に奮起するFWマリオ・バロテッリをハンダノビッチが抑え込む。 まずは、1-0とインテルリードの48分、ゴール正面のボックス手前でボールを持ったバロテッリがミドルシュートを放つ。ゴール左下へ低く速いシュートが飛ぶが、これをハンダノビッチが素早い反応でセーブする。 続いて50分、インテルのコーナーキックからFWアルフレド・ドンナルンマがボックス内の混戦からシュートを放つ。これもハンダノビッチがセーブしたものの、こぼれ球にバロテッリが詰める。ハンダノビッチはこれにも対応し、咄嗟に足を伸ばしバロテッリがシュートを打つ前にブロックした。 極め付きは2-0とインテルがリードをひろげて迎えた73分、再びコーナーキックからチャンスを得たバロテッリは、ゴール前でヘディングシュートを放つ。叩きつけるようなバウンドのシュートは、ハンダノビッチの前で大きくバウンドし、セーブのタイミングが外れるが、それでもハンダノビッチは片手でボールを押し返す。バロテッリが再びこぼれ球に詰めるも、DFやハンダノビッチの気迫に負けたのか、シュートは枠外へ飛んでいった。 ハンダノビッチの再三のセーブでバロテッリのチャンスを阻止したインテル。その後ブレシアに反撃を許したものの、試合には2-1で勝利している。 2020.09.07 16:00 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly