これぞ“神”対応? 通行止めに巻き込まれたイブラヒモビッチがヒッチハイク! ミラニスタのバイクに2人乗り

2021.03.05 14:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
やはり自身を“神”と称する男は、ピッチ外でも次元が違うようだ。ミランに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチだが、想定外のピンチを思わぬ方法で切り抜けた。

イブラヒモビッチは、イタリアのサンレモで行われているポピュラー音楽の音楽祭である「サンレモ音楽祭2021」で、ゲスト出演していた。


この音楽祭は1955年よりイタリア『Rai 1』で全国的に放送されている人気のイベント。1週間にわたって行われる。

しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響もあり試合が過密日程になっていることから、イブラヒモビッチはイベント期間中に試合が組まれており、3日のウディネーゼ戦に参加するために一度イベントを離れていた。

ウディネーゼ戦ではメンバー外となったイブラヒモビッチだが、翌日にはチームメイトとトレーニングを実施。その後、サンレモに向けて車で出発していた。

しかし、イブラヒモビッチの前に立ちはだかったのは交通事故による道路の封鎖だった。

これでは音楽祭に間に合わない状況となったイブラヒモビッチだが、無事に会場に到着。その際に明かした移動手段が流石だった。

「車の中で3時間座っていたが、俺は運転手に降りなければならないと言った。俺は通りすがりのバイカーを止めて、サンレモに連れて行ってくれないかと尋ねたんだ」

「幸いなことに、彼はミラニスタだった。彼は俺をバイクで60km運んでくれ、俺は到着した。本当に寒かったよ。高速道路に降り立ったのは初めてだった」

イブラヒモビッチはヘルメットをかぶった姿でバイクの後部に乗り、トンネルを走り抜ける動画を共有。機転を利かせたこともさすがだが、そうまでしてイベントに間に合おうとしたところが“神”対応と言えるだろう。

関連ニュース
thumb

ライバルクラブには移籍するつもりの無いレアルMFバスケス、ミランへの移籍が濃厚

レアル・マドリーのスペイン代表MFルーカス・バスケス(29)が、ミラン移籍に近づいているようだ。スペイン『アス』が報じた。 下部組織時代からマドリーで育ったバスケスは、今季の公式戦34試合に出場しており、2ゴール8アシストを記録。本来はウィンガーの選手だが、最近ではチーム事情からサイドバックでもプレーするなど、ユーティリティ性を見せている。 ファーストチームに昇格する前にエスパニョールへ移籍していたバスケスだが、2015年7月に復帰。契約の延長が無ければ6年目となる今季で退団となる。 そのバスケスには、ライバルクラブであるアトレティコ・マドリーが興味を持っていると度々報道。しかし、幼少期からサポートしてきたクラブのライバルである、アトレティコへの移籍をバスケス本人は望んでいないとのこと。一方でマドリーは、年俸350万ユーロ(約4億5850万円)で契約延長のオファーを提案しているものの、これを拒むならば、移籍先はミランになると見られている。 また、イタリア『カルチョメルカート』は、バスケスが年俸500万ユーロ(約6億5500万円)をミランに要求していると報道。しかし、クラブ側はその金額を支払う気が無く、両者はまだ合意に至っていないようだ。 バスケスはミランへの移籍を望んでおり、元チームメイトであるフランス人DFテオ・エルナンデスと再びチームにメイトになれるが、移籍は実現するだろうか。 2021.05.04 21:15 Tue
twitterfacebook
thumb

古巣の上位争いに言及するアンチェロッティ監督、非難されている教え子・ピルロ監督については語らず

エバートンを指揮するカルロ・アンチェロッティ監督が、今季のセリエAについて語った。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えた。 アンチェロッティ監督は、現役時代にはパルマ、ローマ、ミランでプレー。引退後は、パルマ、ユベントス、ミラン、で指揮をしたのち、チェルシーやパリ・サンジェルマン、レアル・マドリー、バイエルン、そしてナポリを指揮し、2019年12月からエバートンの監督を務めている。 今シーズンのセリエAでは、10連覇を目指したユベントスが早々に脱落。インテルが優勝に王手をかけた状態となっている。 一方で、トップ4争いが熾烈な状態となっており、古巣であるミランとユベントスが争っている状況。次節は直接対決を迎えることとなる。 アンチェロッティ監督は、今シーズンのセリエAについて「ここイギリスでも行われているように、素晴らしい競争だと思う」と語り、例年になく熾烈な上位争いが起きていることを好意的に受け止めている。 一方で、古巣の両クラブがトップ4を争っている中で、自身が2度のチャンピオンズリーグやセリエAを制したミランを推しているようだ。 「最高のチームが上位で終わることを願っている。そして、最高のチームがミランになることを願っている」 対して、自身がミラン指揮時代にチームの中心としてプレーしたアンドレア・ピルロ監督についても言及。「私は彼を愛している。あえて、彼を裁く様なことはしない」とし、方々から非難されている教え子を擁護。判断はしないと語った。 2021.05.02 22:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ミラン守護神が涙? ウルトラスが最後通告「試合に出たければ契約延長しろ」

ミランの守護神であるイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマが、サポーターと衝突していたことが発覚した。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 ミランは現在セリエAで2位に位置。来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場に向けて、熾烈なトップ4争い中だ。 首位のインテルが優勝に王手をかけている中、3つの枠を5チームで争っている状況。ミランは消化が1試合多い状況で2位となっており、5位のナポリとは「4」ポイント、6位のラツィオまでは「5」ポイント差。ギリギリで4位以内をキープできている状況だ。 そんな中、ミランは次節で現在4位のユベントスと対戦する。 ミランは1日のベネヴェント戦でも勝利を収めていたが、その試合前にミランのトレーニング施設にウルトラスが押しかけ、ドンナルンマに話をしたとのこと。契約問題について苦言を呈したことが報じられている。 報道によると、ミランのウルトラスは、今季限りで契約が満了を迎え、未だに延長交渉に応じていないドンナルンマに対して文句を言ったとのこと。「週末のユベントス戦に出たいなら、今週中に契約を延長しろ」と言ったとされている。 ドンナルンマは、長いことミランと契約延長について話をしているものの、一向に結論が出ない状況。今シーズンが終了すれば、フリーとなってしまう。 さらに、そのドンナルンマに対してユベントスが関心を示していると報じられている状況。来シーズンのCL出場権を争うライバルとの大事な一戦に向けて、チームに残る気がないなら出場するなと訴えたようだ。 『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、ドンナルンマはミランのウルトラスに対して「ここに残りたい。自分の将来を決める。ユベントスとは何もない」と語ったとのこと。さらには涙を流してその場を去ったとも報じられている。 ウルトラスは、前節のラツィオ戦の3-0での敗戦後、ドンナルンマが笑顔を見せていたとして大きく非難。さらに、直接のライバルであるユベントス戦でもふざけたパフォーマンスをするなという釘を刺しに来たのだろう。 なお、ミランのテクニカル・ディレクターを務めるパオロ・マルディーニ氏は、シーズン終了まで選手と契約に関する話はしないとしており、現段階で契約延長が発表されないのは仕方ないこと。ドンナルンマがウルトラスに認めて欲しければ、結果で見せるしか無くなってしまったようだ。 2021.05.02 22:15 Sun
twitterfacebook
thumb

イブラ復帰のミラン、チャルハノール&テオ弾で暫定ながらCL圏内再浮上《セリエA》

ミランは1日、セリエA第34節でベネヴェントをホームに迎え、2-0で勝利した。 前節ラツィオに0-3と完敗して2位からチャンピオンズリーグ(CL)出場圏外の5位に転落したミラン(勝ち点66)は、出場停止と負傷により欠場が続いていたイブラヒモビッチが4試合ぶりに復帰を果たした。 降格圏に沈む18位ベネヴェント(勝ち点31)に対し、最前線にイブラヒモビッチ、2列目に右からサーレマーケルズ、チャルハノール、レオンと並べたミランが6分に先制する。ボックス手前右のサーレマーケルズのパスをゴール前に走り込んだケシエがスルー。後方のチャルハノールがボックス中央からダイレクトでゴール右へ蹴り込んだ。 先制したミランは続く16分、ロングカウンターからレオンがGK強襲のシュートを浴びせると、前半終盤に追加点のチャンス。 まずは37分、ボックス左からテオ・エルナンデスのミドルシュートが枠の右を捉えたが、GKの好守に阻まれた。さらに追加タイム3分、ケシエのパスを受けたボックス右のイブラヒモビッチがGK強襲のシュートを浴びせたが、追加点は奪えずに前半を終えた。 迎えた後半もミランが追加点に迫るも、GKモンティポの好守に阻まれてしまう。それでも60分、ミランが突き放した。ボックス左からイブラヒモビッチの放ったシュートがGKモンティポを強襲すると、ルーズボールをテオ・エルナンデスが詰めた。 75分にレオン、サーレマーケルズ、テオ・エルナンデスを下げたミランは終盤にかけて、ベネヴェントの反撃を許さずに時間を消化。3試合ぶりの勝利とし、暫定ながらCL圏内へ再浮上している。 次節はCL出場権を争うユベントスと激突する。 2021.05.02 05:49 Sun
twitterfacebook
thumb

VARとの戦いが見たかった“駆け引き”に生きた生粋のゴールハンター、フィリッポ・インザーギ

ストライカーにとって最も大切なものは、やはりゴールを奪う能力と言えるだろう。チームの最前線に立ち、現代サッカーでは多くの役割を求められるポジションでもあるが、それでもやはりゴールの数が求められるポジションだ。 パワー、スピード、テクニック、ポジショニングとそれぞれのストライカーには特徴があり、それぞれが自身の武器で相手のDFと勝負をする。その先に目指すものは、やはりゴールだろう。 ゴールの多さで言えば、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシやユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが圧倒的な数字を残している一方で、パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペやドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドなど、新世代のストライカーも出てきている。 そんな中、1つのポイントにこだわりを持ち、常にゴールを貪欲に狙い続けた愛されたストライカーがいる。それが、フィリッポ・インザーギだ。 <span class="paragraph-title">◆順風満帆ではないキャリア</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/sega20210430inzaghi_2_tw.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> セリエBピアチェンツァの下部組織でキャリアをスタートさせたインザーギは、1991年に昇格。翌年からはレンタル移籍を経験し、チームの力にはあまり慣れなかった。 一方で、U-21イタリア代表としてU-21欧州選手権に出場。ユベントスで後にコンビを組む、アレッサンドロ・デル・ピエロやクリスティアン・ビエリとプレーした。 そのインザーギは1994-95シーズンのピアチェンツァで37試合15ゴールの活躍を見せてチームはセリエA昇格。そのままインザーギはパルマへと移籍するが、厚い壁に阻まれ、翌年にはアタランタへと移籍。すると、24ゴールの活躍を見せてセリエAの得点王に輝いた。 その活躍もあり1997-98シーズンにユベントスへと完全移籍。ここでデル・ピエロとコンビを組むと、セリエAで18ゴールを記録。ジネディーヌ・ジダンなど魅力溢れる攻撃ユニットでセリエA連覇に貢献した。 しかし、ユベントスでもケガの影響などで徐々にパフォーマンスを落とすと、2000年に加入したダビド・トレゼゲの台頭によりチームを後に。2001年にミランへと完全移籍した。 ユベントス時代にセリエA連覇を経験したインザーギだが、ミランではさらなる栄光が待っていた。2度のスクデットに加え、2度のチャンピオンズリーグ優勝、そしてコッパ・イタリア優勝も経験。通算成績は300試合で126ゴール34アシスト。ユベントスでも165試合で89ゴール7アシストを記録していた。 <span class="paragraph-title">◆オフサイドと戦い続けた男</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/sega20210430inzaghi_3_tw.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 多くのゴールを量産してきたインザーギだが、この男を語る上で欠かせないのは、やはり“オフサイド”との関係だろう。 インザーギの最大の魅力は、試合を通してディフェンスラインとの駆け引きを続けること。何度オフサイドを取られても、その動き出しの一瞬のために全てを捧げていると言っても過言ではない。 上背があるわけでもなければ、優れたジャンプ力があるわけでもない。高いテクニックがある選手というわけでもなく、類稀なパワーを持ち合わせていた訳でもない。当時のストライカーとしては、どちらかと言えば足りていない要素が多い選手だった。 しかし、相手DFとの駆け引きを制し、ポジショニングで勝利をして、ゴールを決めるというスタイルを確立。これは、多くのディフェンダーにとって悩ましい武器となった。 一瞬のスピードで抜け出す動いだけでなく、その前のDFとの駆け引きも秀逸。インザーギはDFと同時に、副審との戦いもあった。 もしかしたら、テクノロジーが進化しVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が導入された現代サッカーでは、多くのゴールが取り消されたかもしれない。または、オフサイドと判定された多くは、肉眼では判別できないほど微妙なポジショニングで、オフサイドではなかったかもしれない。 <span class="paragraph-title">◆全てはゴールのために</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/sega20210430inzaghi_4_tw.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> そのインザーギのDFとの駆け引きは、ボールを追いかけずにそこだけを見ていても価値があると言えるほどのものと言える。ボールがないところでの駆け引きで人を惹きつけられる選手はなかなかいない。 日本人で言えば、鹿島アントラーズや日本代表で活躍したFW柳沢敦だろう。見逃せばオフサイドポジションにいたかと思われるほど綺麗に抜け出す姿は、十分見る価値のあるプレーだった。 そして、その全ての駆け引きは、ゴールを奪うために行うもの。多くの役割を求められる現代サッカーではもはや生まれない選手の部類かもしれない。しかし、そのプレーには多くのものを惹きつけるものがあり、インザーギがいればなんとかなりそうな気さえしたものだ。 インザーギに対しては、多くの選手や監督が称賛を込めた皮肉を口にしている。マンチェスター・ユナイテッドで長年指揮を執ったサー・アレックス・ファーガソン氏は「オフサイドポジションで生まれた男」と称するほど。“唯一無二”と言って良い、駆け引きに全てを捧げた名ストライカーのと言える。 <hr><div id="cws_ad">ミランやユベントス、イタリア代表として多くのゴールを奪い、最終ラインとの駆け引きで魅了を続けたフィリッポ・インザーギが大人気スポーツ育成シミュレーションゲーム『プロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワールド』(サカつくRTW)に登場!<br/><br/>名コンビを組んだアレッサンドロ・デル・ピエロらも同時に登場しており、当時のコンビネーションを実現させるのも楽しめるポイントだ。『サカつくRTW』で“スーペル・ピッポ”のゴールを観たい方は是非一度チェックしよう。</div> <a href="https://ryan.onelink.me/C7cD/4c7a9075" target="_blank"><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/900/img/2021/sega20210428.jpg" style="max-width:100%;"></div></a> <span class="paragraph-title">【動画】ジダン2アシスト、インザーギの魅力が詰まったハットトリック!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI3Ymk4cXNJTiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> ミランやユベントス、イタリア代表として多くのゴールを奪い、最終ラインとの駆け引きで魅了を続けたフィリッポ・インザーギが大人気スポーツ育成シミュレーションゲーム『プロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワールド』(サカつくRTW)に登場!<br/><br/>名コンビを組んだアレッサンドロ・デル・ピエロらも同時に登場しており、当時のコンビネーションを実現させるのも楽しめるポイントだ。『サカつくRTW』で“スーペル・ピッポ”のゴールを観たい方は是非一度チェックしよう <a href="https://ryan.onelink.me/C7cD/4c7a9075" target="_blank"><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/900/img/2021/sega20210428.jpg" style="max-width:100%;"></div></a> 2021.05.01 16:40 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly