マウント鮮烈弾でチェルシーが苦手アンフィールド攻略! リバプールはクラブ史上初のリーグ戦ホーム5連敗の屈辱…《プレミアリーグ》

2021.03.05 07:13 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第29節、リバプールvsチェルシーが4日にアンフィールドで行われ、アウェイのチェルシーが0-1で勝利した。現在、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内と2ポイント差の6位に位置するリバプール(勝ち点43)。アウェイで行われた前節のシェフィールド・ユナイテッド戦では、最下位相手に2-0の快勝。リーグ戦の連敗を「4」でストップすると共に、5戦ぶりの白星を挙げた。リーグ戦4連敗中のアンフィールドに難敵を迎えた今回の一戦ではブレイズ戦から先発2人を変更。GKアドリアン、フィリップスに代わって守護神アリソン、ファビーニョが復帰し、長期離脱明けのジョタがベンチに戻ってきた。


一方、そのリバプールと1ポイント差で5位に位置するチェルシー(勝ち点44)は前節、マンチェスター・ユナイテッドとの接戦を0-0のドローで終えた。この結果、トゥヘル新体制移行後の無敗を9試合に伸ばすも、リーグ戦では2試合連続ドローと足踏みが続く。昨季王者のホームに乗り込んだ一戦ではユナイテッド戦から先発3人を変更。ハドソン=オドイ、コバチッチ、ジルーに代えてリース・ジェームズ、ジョルジーニョ、ヴェルナーを起用した。

共に並びや戦い方に変化を加えることなく真っ向勝負で臨んだ重要なシックスポインターは、いずれも前からある程度圧力をかけて相手のビルドアップをけん制。さらに、局面を変える背後への長いボールを意識的に使うなど、比較的似たアプローチでゴールを目指していく。開始6分にはロングボールに抜け出したロバートソンが起点となり、サラーからのリターンパスを受けてボックス手前からファーストシュートを放つが、これは枠の左に外れる。

対するチェルシーも10分、左サイドのハーフウェイライン付近でボールを持ったチルウェルからの斜めの浮き球パスに反応したヴェルナーがペナルティアーク付近でうまく収めて右足を振り抜くが、これは惜しくも枠の右に外れた。さらに、16分にはアスピリクエタが無理な体勢でゴール前に入れた浮き球のパスにオフサイドラインぎりぎりで飛び出したヴェルナーにGKと一対一のビッグチャンスが訪れるが、ここはGKアリソンにうまく詰められて浮き球のシュートはセーブされた。

15分を過ぎて以降はチェルシーがボールの主導権を握った中、24分にはリバプールゴールに迫る。自陣中央でジョルジーニョが出した浮き球のフィードに完璧なタイミングで抜け出したヴェルナーがボックス外に飛び出したGKアリソンを浮き球でかわして無人のゴールへシュートを流し込む。だが、VARのレビューの結果、わずかながらオフサイドラインを越えていたとの判定でゴールは認められず。

一方、一瞬の隙を見せてピンチを招いたもののVARに救われる格好となったリバプールは、このプレーをキッカケに気持ちを引き締めて押し返していく。28分にはサラーの浮き球の斜めのパスに完璧に抜け出したマネがGKとの一対一のビッグチャンスも、ここはファーストタッチがうまくいかずにシュートまで持ち込めない。

その後、互いに遅攻では相手の強度の高い守備を上回れず、中盤での潰し合いが目立ち、立ち上がりからの狙いである背後へのボールから散発的にチャンスを作りかける拮抗した状況が続く。しかし、その均衡をチェルシー生え抜きの若手MFが個人技で破る。

42分、自陣でのアスピリクエタのヘディングのクリアを拾ったカンテが左サイドのスペースを狙うマウントへ正確なフィードを送り届ける。そして、ボックス左角で内に切り込んだマウントがDFファビーニョを振り切って鋭い右足のシュートをゴール右下隅の完璧なコースに突き刺し、アウェイチームが最高の時間帯に先制点を奪った。

1点ビハインドで試合を折り返したリバプールはよりアグレッシブな後半の入りを見せる。48分にはボックス右でフィルミノが浮き球で出したパスがカンテの上げた腕に当たるが、ここはボールとの距離の問題か、ノーファウルの判定に。直後の50分には右CKの場面でアレクサンダー=アーノルドのクロスをゴール前のファビーニョが頭で合わすが、これはわずかに枠の左に外れる。

一方、立ち上がりの劣勢を凌いだチェルシーは54分に後半最初の決定機を作り出す。相手を押し込んでの二次攻撃からボックス左でフリーとなったチルウェルがシュート。GKアリソンに弾かれたボールを中央で回収したツィエクがすかさず左足でシュートするが、アリソンの脇を抜けたボールはDFロバートソンの決死のゴールカバーにはじき出された。

ロバートソンのビッグプレーで2失点目を免れるも、徐々に攻撃が手詰まりとなったホームチームは62分、サラーとカーティス・ジョーンズを下げてオックスレイド=チェンバレンと、昨年12月初旬以来の戦列復帰となる切り札のジョタを同時に投入。この交代でマネが右サイドに移り、ジョタが左サイドに入った。

選手交代で流れを引き寄せたいリバプールだったが、チェルシーの分厚い守備を前になかなか危険なところにボールを入れられず、決定機はおろか後半半ばを過ぎても枠内シュートすら放てない苦境が続く。

一方、ツィエクに代えてプリシッチを最初のカードとして切って堅守速攻の色合いを強めるチェルシーは77分、マウントからのスルーパスに抜け出したヴェルナーに2点目のチャンスが訪れるが、ボックス左で放ったシュートはGKアリソンの絶妙な飛び出しに阻まれ、試合を殺すことができない。

その後、両チームは80分に同時に選手交代を敢行。リバプールはチアゴを下げてミルナーを、チェルシーは殊勲のマウントに代えてコバチッチと、互いに中盤にバイタリティをもたらすプレーヤーをピッチへ送り出す。

85分にはリバプールの左CKの流れからボックス左で見事な仕掛けを見せたフィルミノの際どいクロスからゴール前のこぼれにオザン・カバクが詰めるも、押し込めない。さらに、こぼれ球をアレクサンダー=アーノルドが折り返してワイナルドゥムがヘディングで合わすが、ようやく放った最初の枠内シュートはGKメンディに難なくキャッチされた。

その後、決死の猛攻を見せたリバプールだったが、最後まで集中力を切らさないチェルシーの守備をこじ開けることはできず。そして、5戦未勝利の苦手アンフィールドで勝ち切ったチェルシーがトゥヘル体制での公式戦無敗記録を2桁にのせると共に、3試合ぶりの白星で暫定4位に浮上した。

一方、敗れたリバプールはクラブ史上初となるアンフィールドでのプレミアリーグ5連敗という屈辱と共に、7位に転落することになった。
関連ニュース
thumb

リバプールのオーナーグループとファンの関係は修復不能と語るOB「FSGにクラブでの未来はない」

リバプールのレジェンドであるジェイミー・キャラガー氏が、古巣のオーナーであるフェンウェイ・スポーツ・グループ(FSG)を痛烈に批判した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 リバプールは18日、欧州のビッグクラブにより構成される予定であるヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)への参加を正式表明。これにより、UEFAやイングランドサッカー協会(FA)、プレミアリーグと対立しただけでなく、一方的な決定に対してはファンから猛烈な批判が浴びせられた。 また、ユルゲン・クロップ監督がヨーロッパ・スーパーリーグに対して否定的な姿勢を示したほか、キャプテンのジョーダン・ヘンダーソンをはじめとする所属選手たちがSNSで一斉に抗議の投稿を行うなど、明確な姿勢を示した。 こうした反応を受け、リバプールは20日にESL構想からの撤退を発表。しかし、今回の首謀者とされるFSGのジョン・ヘンリー氏は最後まで公の場で何も語らなかったこともあり、ファンからの支持は急激に低下している。 こうした状況を受け、キャラガー氏は『スカイ・スポーツ』のなかで、FSGが今後もリバプールでオーナーを続けることは難しいだろうと語った。 「リバプールのオーナーの状況を見てみると、彼らが今後どうやって今の地位を保ち続けられるか分からない。彼らがクラブを去ることはないだろう。明らかに、今のリバプールにはビジネス的に大きな価値があるからね。しかし、今回の件があった以上、リバプールにおいてFSGに未来があるとは思えない」 キャラガー氏は、リバプールがESLへの参加を表明してから、アンフィールドの外で「恥を知れ」などのバナーが掲げられたことに言及。FSGとファンとの関係は修復不能に陥ったとコメントしている。 「今回のFSGの行動を、ファンは決して忘れないだろう。だから、彼らにとって最善の方法はリバプールの新しい買い手を見つけることだと思う。今後、彼らがリバプールのサポーターやクラブと何らかの関係を持つことは非常に難しい」 2021.04.21 13:03 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプールもESL構想から撤退「貴重な意見に感謝いたします」

リバプールは20日、ヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)の構想から撤退することを発表した。クラブ公式サイトが伝えた。 欧州サッカー連盟(UEFA)のチャンピオンズリーグ(CL)やヨーロッパリーグ(EL)に対抗するものとして、計画されたESL。18日に参戦合意の12クラブが明らかになり、今後も新たに3クラブが常任クラブに加わった上で、成績に応じて5クラブを追加した20チーム制の大会になるとされていた。 しかし、UEFAをはじめ、国際サッカー連盟(FIFA)や各クラブの監督、選手、そしてファン・サポーターから想像以上の反発が出ることに。各クラブのサポーターは、「チームが死んだ」としてスタジアムにバナーを掲げるなど、悲しみに溢れた2日間となった。 参加を表明していたリバプールだったが、今回の計画に関与することを止めると声明を発表している。 「リバプール・フットボール・クラブは、ヨーロッパ・スーパーリーグの設立計画への関与を中止しました」 「ここ数日、クラブは社内外の両方で様々な主要なステークホルダーから意見をいただいており、みなさんの貴重な意見に感謝いたします」 2021.04.21 09:30 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプールが今冬に逸材CBカルモ獲得に迫っていた! ブラガ会長が認める

リバプールが今冬の移籍市場でブラガのポルトガル人DFダビド・カルモ(21)の獲得に迫っていたようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 ブラガの下部組織出身でU-20ポルトガル代表歴もあるカルモは、196cmの左利きの大型センターバック。昨シーズンからトップチームに定着すると、今シーズンはレギュラーとして公式戦21試合に出場している。 屈強なフィジカルを生かした対人の強さに加えて、一定水準のスピードも兼備。さらに、守備的MFでもプレー可能な足元の技術を生かしたフィードにも定評がある。 その逸材DFに関しては今冬の移籍市場でセンターバックの補強に動いていたリバプールが、2000万ユーロ(約26億円)の買い取りオプションを付けた400万ユーロ(約5億2000万円)の有償レンタルをオファーも、ブラガが2500万ユーロ(約32億5000万円)を要求したことで、交渉が破談に終わったとの報道が出ていた。 そして、今回ブラガのアントニオ・サルヴァドール会長は『マルカ』の取材に対して、カルモがマージーサイド行き寸前だったことを認めている。 「我々は可能な限りプレーヤーを維持しようとしてきたが、毎年、売らなければならない」 「例えば今年の1月には、ダビド・カルモがリバプール加入寸前のところまで行っていたが、結局彼を残留させた」 「彼は現在、ケガをしているにも関わらず、スペイン国内にも幾つか興味を持つクラブがいるプレーヤーだ。我々がバランスのとれた予算を組むためには、年間1250万ユーロから1500万ユーロの移籍金を受け取る必要がある」 なお、リバプール行きが実現しなかったカルモだが、レアル・マドリーやマンチェスターの両雄などが獲得に興味を示す逸材であり、近いうちのステップアップが見込まれている。 2021.04.21 06:30 Wed
twitterfacebook
thumb

「スーパーリーグは好きではない」クラブとの考えの違いを明らかにするミルナー

リバプールの元イングランド代表MFジェームズ・ミルナーが、ヨーロッパ・スーパーリーグに対して否定的な意見を述べた。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。 リバプールは18日、欧州のビッグクラブにより構成される予定であるヨーロッパ・スーパーリーグへの参加を正式表明。UEFAやイングランドサッカー協会(FA)、プレミアリーグと対立しただけでなく、一方的な決定にはファンからも強い批判が浴びせられている。 こうした状況に対して、19日に行われたプレミアリーグ第32節のリーズ・ユナイテッド戦に先発出場したミルナーは、クラブが参加表明をしているにもかかわらず、ヨーロッパ・スーパーリーグに否定的なコメントを残した。 「他の人と同じように、昨日ニュースになった時に初めて話を聞いた。そして皆と同様、たくさんの疑問がある。僕の個人的な意見として、スーパーリーグは好きではなく、実現しないことを願っているよ」 「その理由はおそらく、他の人たちが昨日から話しているのと同じだと思う。明らかに、僕らにとって試合に向けて準備するのは難しいことだった。スーパーリーグについて言われていることを今は想像するしかないが、僕もそのほとんどに同意する」 また、この日はリバプールのヨーロッパ・スーパーリーグ参加に抗議するリーズの意向で、スタジアムに批判的なバナーが掲げられたほか、選手たちが試合前に「フットボールはファンのため」と書かれたシャツを着用していた。このことについて、ミルナーはプロデビューを飾った古巣に対して苦言を呈している。 「選手たちは(ヨーロッパ・スーパーリーグ参加について)何も言えない。だから、今夜のグラウンドでの歓迎は明らかに少し不当だったね。僕らはフットボールをするためここにいるのであり、クラブをコントロールすることはできない。僕たちはピッチに出て、シーズンをしっかり終える必要があるんだ」 2021.04.20 12:35 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプールは参加表明も…欧州スーパーリーグに否定的なクロップ「私の意見は変わらない」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、ヨーロッパ・スーパーリーグに対しての見解を述べた。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 リバプールは18日、ヨーロッパの15のビッグクラブにより構成される予定である、ヨーロッパ・スーパーリーグへの参加を正式に表明。これによりUEFAとの対立が明確となっただけでなく、イングランドサッカー協会(FA)やプレミアリーグからの非難も受けており、現在参加しているあらゆるコンペティションから追放される可能性がある。 混乱の中、19日に行われたプレミアリーグ第32節のリーズ・ユナイテッド戦では、1-1のドロー。しかし、試合の前後に行われたクロップ監督へのインタビューでは、試合についてではなくヨーロッパ・スーパーリーグへの質問が集中した。 クロップ監督は2019年に「スーパーリーグが起こらないことを願っている。10年連続でレアル・マドリー戦を見たい人などいないだろう」と話しており、ヨーロッパ・スーパーリーグに否定的な姿勢を見せていたが、今回もその立場は変わっていないと語っている。 「(ヨーロッパ・スーパーリーグに対して)私の意見は変わらない。昨日、初めてその話を聞いたんだ。リーズとの非常に難しい試合の準備している最中で、これまでにいくつかの情報を得てはいるが、多くは知らない」 「難しい問題だ。人々はこの件について満足していないし、それは理解できる。ただ、私はこれ以上多くを語ることはできない。なぜなら、我々はどのプロセスにも関与しておらず、選手も私もこの件について知らなかった。今は今後の展開を見守るしかない」 「クロップが辞任するという話も聞いた。だが、これからさらに厳しい時代になるのであれば、ここに残ることにこだわるよ。チーム、クラブ、ファンとの関係に責任を感じている。彼らにとって非常に厳しい時期であることは間違いないが、解決の助けになりたい」 「私はクラブに来て6年になるが、オーナーについてはよく知っている。合理的で、真面目で、我々を気にかけてくれる人たちだ。ただ、我々に対して今回の決定の説明はなかった」 また、クロップ監督はクラブの決定に対してサポーターが失望を隠さず、アンフィールドの横断幕撤去を決定したり、スタジアム外に「恥を知れ」というバナーが掲げられたりしたことにも言及。心情には理解を示しつつ、選手たちには何の責任もないと訴えた。 「フットボールで最も重要なのは、チームとサポーターだ。その間には何も挟まないようにしなければならない。アンフィールドで(非難の)バナーが張られたと聞いたが、選手たちは何も悪いことをしていないだろう。だからそれは理解できない」 「彼らの怒りについては理解している。ただ、バナーはチームのために設置されているもののはずだ。だからこそ、(これまで掲げられてきた)横断幕はそのままにしておきたい」 「この6年間、サポーターとは素晴らしい関係を築くことができた。彼らが怒りを行動で示したいのは分かるが、チームは何の関係もないことを忘れないで欲しい。この瞬間、彼らはそのチームからサポートを奪っているのだ」 2021.04.20 10:37 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly