G大阪の新型コロナ感染者発生でJ1第2節のG大阪vs鹿島が開催中止…

2021.03.04 22:22 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
Jリーグは4日、明治安田生命J1リーグ第2節、ガンバ大阪vs鹿島アントラーズの開催中止を発表した。今回の一戦は当初、3月6日(土)の16:00にパナソニックスタジアム吹田で開催予定となっていたが、G大坂においてトップチームの選手5名・スタッフ1名に新型コロナウイルス感染症の陽性判定が出たことを受け、同クラブが現時点で感染の影響範囲を確認できないため、開催中止を決定した。


G大阪では今月3日に実施された新型コロナウイルス感染症の検査で、選手4名・スタッフ1名に対する陽性判定、および選手1名・スタッフ1名のJリーグの基準による濃厚接触疑い者が発生。これにより、3日に開催予定だったJ1第11節の名古屋グランパス戦が開催中止となっていた。

さらに、4日に実施されたトップチーム選手・トップチームスタッフ・アカデミー選手・アカデミースタッフ・フロントスタッフ・アカデミー寮関係者・スタジアムに勤務する関係者の計225名を対象とした最新の検査では新たにトップチーム選手1名に陽性判定が出ていた。ただ、その他224名に関しては陰性が確認されている。

なお、代替日については決定次第改めて通知される予定だ。
関連ニュース
thumb

8月の札幌vs川崎Fの試合会場が変更、札幌ドーム開催に

Jリーグは23日、8月28日(土)に予定されている明治安田生命J1リーグ第27節の北海道コンサドーレ札幌vs川崎フロンターレの試合会場が変更になったことを発表した。 従来は、札幌厚別公園競技場での開催が予定されていたが、札幌ドームへと変更になったとのことだ。 なお、キックオフ時間は14時と変わらず、試合日程も変更はない。 札幌は川崎F戦の3日前に名古屋グランパスとホームで、川崎Fは3日前に、アウェイでアビスパ福岡と対戦する。 2021.04.23 17:35 Fri
twitterfacebook
thumb

まさか公式ポーズに? 渾身ガッツポーズの名古屋サポーターが話題! クラブはレジェンドとのコラボ動画を公開

名古屋グランパスの1人のサポーターが大きな話題となっている。 名古屋は22日、延期されていた明治安田生命J1リーグ第11節でガンバ大阪をホームに迎えた。 前節シーズン初黒星を喫していた名古屋は、連敗を避けた一戦で、FW山﨑凌吾とFW相馬勇紀のゴールで2-0と快勝していた。 その試合だが、山﨑のゴールシーン後に試合中継に映し出されたサポーターが大きな話題となっている。 29分、ランゲラックのスローから組み立てる名古屋。吉田豊からのパスを受けた相馬がドリブルを仕掛けると、ボックス左まで持ち込みクロス。これをボックス中央で山﨑が胸トラップから右足を振り抜き、先制ゴールを決めた。 それまでもチャンスがあった中で、待望の先制点を奪った名古屋。すると、そのゴールを喜ぶ1人の女性が映し出される。 すると、その女性は、クロスから山﨑の胸トラップ、そしてゴールを見届けると、右手を突き上げて渾身のガッツポーズ。声を出して応援できない中でも、先制ゴールをしっかりと噛みしめる姿が捉えられていた。 勝利から一夜明け、名古屋の公式ツイッターが山﨑のゴールシーンをアップ。「いつもは「勝利の翌朝はハイライト」ですが...今朝は番外編 何と言っても #あのポーズ ではないでしょうか」とコメントし、その女性が喜ぶ姿を共有。さらに、そのポーズが、かつて名古屋でプレーしたドラガン・ストイコビッチ氏のゴールパフォーマンスに似ていることから、コラボ動画を作ったのだ。 名古屋は、「私たちファミリーの全てを代弁してくれた #ガッツポーズ‍ で今日も一日がんばりましょう」と、力をもらえる反応を紹介した。 これには「現地で応援できないおれの代わりに素敵なガッツポーズありがとう!」や「次節からみんながこのガッツポーズをスタジアム中でやることになるでしょう。」、「これからみんながゴール後にやるでしょう 公式のポーズになりそうな…」といったコメントが寄せられ、この動画をキッカケに名古屋のゴールシーンでは声を出せないサポーターが一斉にガッツポーズする姿ら見られるかも?しれない。 <span class="paragraph-title">【動画】名古屋サポーターがレジェンド彷彿の渾身ガッツポーズ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">皆さん改めまして、昨晩はお疲れさまでした<br><br>いつもは「勝利の翌朝はハイライト」ですが...今朝は番外編何と言っても <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%81%82%E3%81%AE%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%BA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#あのポーズ</a> ではないでしょうか<br><br>私たちファミリーの全てを代弁してくれた <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%AC%E3%83%83%E3%83%84%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%BA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ガッツポーズ</a>で今日も一日がんばりましょう<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84%E3%81%A3%E3%81%A6%E6%9C%80%E9%AB%98%E3%81%A0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#スポーツって最高だ</a><a href="https://twitter.com/hashtag/NeverGiveUp?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#NeverGiveUp</a><a href="https://twitter.com/hashtag/grampus?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#grampus</a> <a href="https://t.co/N3bkUzp4JS">pic.twitter.com/N3bkUzp4JS</a></p>&mdash; 名古屋グランパス / Nagoya Grampus (@nge_official) <a href="https://twitter.com/nge_official/status/1385367309997551625?ref_src=twsrc%5Etfw">April 22, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.23 14:37 Fri
twitterfacebook
thumb

C大阪のクルピ監督が監督業復帰を母国メディアに語る「来ることを妨げるものは何もなかった」

セレッソ大阪のレヴィー・クルピ監督が、改めて監督業復帰について言及した。 インテルナシオナウやアトレチコ・ミネイロ、サンパウロなど数々の母国クラブを歴任してきたクルピ監督は、1997年に初めてC大阪の監督に就任した。 その後は2007年5月からの3年半と、2012年8月からの約1年半と通算3度率いることに。2度目の就任期間では、3年目にJ1昇格、翌年には昇格組にも関わらずJ1で3位に導き、2011年のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)では準々決勝進出という好成績を収めていた。 その後はブラジルで指揮をした他、2018シーズンにはガンバ大阪でも指揮。しかし、成績不振によりシーズン途中に解任。その後、ブラジルで監督業からの引退を発表していた。 古巣から4度目のオファーが届いたクルピ監督は、引退していた監督業に復帰。その点について、ブラジル『バンド・スポーツ』でのインタビューで明かし、ブラジルではもう監督をしないと明言した。 「私は『もうフットボールの監督にはなりたくない』という声明を出し、引退した。ブラジルではもう仕事をしたくなかった」 「そこで日本から電話がかかってきた。私が来ることを妨げるものは何もなかったよ。私は幸せだったし、友人とも再会できた。監督へのリスペクトも違う。全てが好意的だよ」 「これが最後の年になるだろう。そして、それは日本でだ」 今シーズンはACLにも出場するC大阪。ここまで4位につけており、川崎フロンターレが独走しているタイトル争いにも絡んでいけるかに注目だ。 2021.04.23 12:25 Fri
twitterfacebook
thumb

前節初黒星の名古屋がG大阪に2-0の快勝!川崎F戦へ弾み【明治安田生命J1第11節】

明治安田生命J1リーグ第11節、名古屋グランパスvsガンバ大阪が22日に豊田スタジアムで行われ、2-0で名古屋が勝利した。 前節のサガン鳥栖戦で開幕から続いた無敗が途絶えた名古屋。同時に9試合続いた連続クリーンシートにも終止符が打たれ、今節はある種、再スタートの意味合いも含んだ一戦となる。 対するG大阪は、14日に行われた鳥栖戦で今季初勝利。しかし、直近の清水エスパルス戦はゴールレスドローに終わっており、新型コロナウイルスのクラスター発生のため消化試合は少ないものの、そろそろギアを上げたいところ。 互いに中3日の一戦。まずはアウェイのG大阪が形を作る。5分、昌子がハーフウェイライン付近から前線へロングボールを送ると、ボックス右のパトリックがポストプレー。丁寧な落としを受けた小野瀬がシュートに持ち込んだが、枠を捉えることはできなかった。 名古屋は個の力でチャンスメイク。左サイドでボールを持った相馬がカットインからシュートへ。得意の形から枠を捉えたものの、GK東口がしっかりセーブ。東口はさらに、16分にマテウスの上げたクロスが昌子に当たってあわやオウンゴールというピンチを迎えるが、ここも素早い反応で掻き出した。 ここまで選手の強みを生かした攻撃が目立つ名古屋だが、29分にその流れからゴールを奪う。左サイドでボールを持った相馬がスピードに乗ってボックス左へ侵入。対峙するDFを緩急を使って縦に突破し左足でクロスを送ると、ゴール前でフリーとなっていた山崎が胸トラップから左足で押し込んだ。 1点リードで後半を迎えた名古屋はさらに突き放す。55分、吉田のハーフウェイライン付近からのスルーパスで相馬が一気に左サイドを突破。ボックス左に侵入すると、キックフェイントで三浦を躱し、右足でシュートを流し込んだ。 後半から井手口を下げてチュ・セジョンを投入していたG大阪は、今季初の2失点を受けて黒川やチアゴ・アウベス、矢島らを立て続けに送り出す。74分にチアゴ・アウベスのCKからチャンスを迎えるが、ここはゴールならず。 続く75分には、宇佐美の横パスをチアゴ・アウベスがスルーし、最後はレアンドロ・ペレイラがボックス手前左からフィニッシュへ。惜しい場面だったが、シュートを枠に飛ばすことができなかった。 81分にはパトリックを下げて一美を投入し、5枚の交代枠を使い切る。前半で劣っていたシュート本数で追いついたが、10本のうち枠内シュートはゼロ。ここまでわずか3失点の名古屋の壁は想像以上に高い。 結局、最後まで枠内シュートを許さなかった名古屋が2点リードを保ったまま試合をクローズ。前節の敗戦からバウンスバックし、次節の川崎フロンターレ戦へ弾みを付けた。一方のG大阪は初の連敗となった。 名古屋グランパス 2-0 ガンバ大阪 【名古屋】 山崎凌吾(前29) 相馬勇紀(後10) 2021.04.22 21:30 Thu
twitterfacebook
thumb

福岡がSNSに注意喚起、すでに削除も選手なりすましインスタの存在を報告

アビスパ福岡は22日、ファン・サポーターに向けてなりすましアカウントへの注意喚起を行った。 クラブの発表によると、FW城後寿を名乗ったなりすましアカウントがインスタグラム上に存在していたとのこと。現在は削除されているようだ。 このアカウントは城後とは全く関係ないものであり、福岡は注意を呼びかけている。 なお、城後はインスタグラムを含めてSNSを行っていないとのこと。福岡は「閲覧・フォロー等につきましては、ご注意いただけますようよろしくお願いします」と呼びかけた。 なりすましアカウントについては、先日はFC岐阜でも発生。川西翔太、中島賢星を名乗ったアカウントが存在していたとし、注意を呼びかけていた。 2021.04.22 18:35 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly