「彼らに人生を借りることになる」フルアムの32歳MFが腎臓移植手術へ、兄や親友が臓器提供

2021.03.03 20:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フルアムの元スコットランド代表MFケビン・マクドナルドが、来月にも腎臓移植を行うことを告白した。32歳のマクドナルドは、慢性腎臓病を患っており、その状態が12年間も続いていた。しかし、現在では状態が悪化。キャリアを早急に終わらせてしまう可能性があると感じているようだ。


マクドナルドはフルアムの公式サイトのインタビューで「サッカーは素晴らしかった。しかし、これは引き継いでいかなければならない」とコメント。病気とはずっと付き合っていく必要があるとした。

「僕は今それを行いたいと思っている。全てが正しいということを確認し、そこから戻り、再び通常の生活を送りたい」

マクドナルドは、スコットランドのダンディーFCでキャリアをスタート。その後イングランドへと渡り、バーンリーやスカンソープ・ユナイテッド、ノッツ・カウンティ、シェフィールド・ユナイテッド、ウォルバーハンプトンでプレー。2016年7月からフルアムでプレーしている。

また、2018年にはスコットランド代表としてUEFAネーションズリーグなど5試合に出場したこともある。

フルアムでは公式戦128試合に出場し6ゴール5アシストを記録。昨シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)で16試合に出場し、チームの昇格に貢献していたが、今シーズンはコンディションの問題もありプレミアリーグに登録されず、プレーしていない状況だ。

そのマクドナルドだが、手術を行い、その後およそ3カ月に渡るリハビリを終えた後も、プロとしてプレーし続けることを期待している。

「僕は32歳で、おそらくは35歳になるまではプレーできただろう。プレミアリーグは僕にとってスピーディすぎるけど、自分がキャリアのどの位置にいるかは理解している」

「サッカーをしたいか?僕は肉体的にも精神的にも準備できているか?それとも指導者の道を歩むか?手術を終えて自分がどう感じるかを見るまでは分からないね」

本来であれば2月に手術を行う予定だったが、これも新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響で遅れることに。4月には行われることを期待しており、マクドナルドの兄弟と親友の1人が腎臓を提供する準備ができているという。

「移植が最終目標であることを知り、僕は自分のキャリア全体で準備してきた。サッカーをやりきった後に行いたかったけど、最近の検査の結果により予定より早くなるだろう」

「僕はキャリアを終えるため、週に4度の透析を続けることもできた。でも、特別なことをしなければいけない時が来た」

「僕が生きているドナーを持つことにはとても多くの利点があり、僕は彼らに人生を借りることになるんだ」

まずは手術が成功することを願いながら、再びピッチに立つ姿が見られることを期待したい。
関連ニュース
thumb

残留に向け勝ち点2を落としたフルアム、パーカー監督はVARの判定に不満「プレーしようとしなかったかどうかは関係ない」

フルアムのスコット・パーカー監督が、アーセナル戦について振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 チャンピオンシップ(イングランド2部)から昇格したフルアムは、今シーズンのここまで32試合を戦い、勝ち点「26」で降格圏に沈んでいる。 残留ラインを目指す上で勝利が必要な中、アーセナル戦では守備に重点を置いて戦うと、VARの助けもありゴールレスで後半に向かう。 するとPKを獲得して先制すると、そのまま終盤へ。最後はアーセナルに押し込まれることになると粘り続けるも、アディショナルタイム7分にエディ・エンケティアにゴールを許し、1-1の引き分けに終わった。 パーカー監督は試合後のインタビューで、アーセナルの同点ゴールについて言及。VARのチェックが入った中でゴールが認められる展開に。このシーンでは、DFロブ・ホールディングが完全にオフサイドポジションにいたが、プレーに関与されていないと認めれたが、そんなことはないと見解を語った。 「クレイグ(・ポーソン主審)は気付いていなかったと思う」 「ピッチ上の彼にとってはあっという間の出来事だった。ラインズマンがオフサイドポジションにいる選手がいると話したのは知っている」 「私が混乱しているのは、ホールディングが我々のGKから2ヤード、ゴールラインから3ヤード離れたところにおり、その位置関係が我々のGKに影響を与えているということだ」 「我々には、ボックス内をコントロールするという点では、最高のGKがいる。彼はホールディングがオフサイドポジションにいることに気がついていないので、それに反応しなければならなかった」 「今、何が言われるかを知っている。彼はボールにプレーしようとしなかっただろうと。彼がプレーしようとしなかったかどうかは関係ない。彼はゴールから2ヤード離れており、選手はミリ秒単位で反応する。それが私の焦点だ」 「多分ルールによって、出てくる声明によって、それは正しい決定だが、我々全員がサッカーに深く関わってきた。私は長い間サッカーをしてきた。だから、そうではないと思う」 これにより勝ち点1の積み上げに終わったフルアム。残留ラインのバーンリーは1試合消化が少ない中で勝ち点差「6」となっている状況だ。 残り5試合になった中で、残留争いに向けて非常に厳しい状況となっているが、残り試合に向かって準備を進めていくとした。 「チャンスはない。ただ、希望を失ったことは絶対にない。今日の違いは、私が納得できなかった最後のゴールだった。最後のキックだ」 「3ポイントを獲得できたとしたら、ストーリーは違っていた。このチームは、シーズンを通して、試合に勝つこと、ビッグクラブを相手に結果を出せることを示してきた」 「もちろん、信念はある。差は6ポイントだ。なぜ信念がないと言われるか。もちろん、我々は落胆しているし、私も落胆している。この2週間は、本当に辛かった」 「我々は明日の朝、目を覚まし、グローブを付け直し、もう一度戦い続け、勝ち点を稼ぎたいと思う」 2021.04.19 16:30 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナルが格下フルアムに劇的ドローも主砲ラカゼットがハムストリング負傷…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第32節、アーセナルvsフルアムが18日にエミレーツ・スタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。 前節、シェフィールド・ユナイテッドに3-0で快勝した9位のアーセナル(勝ち点45)が降格圏の18位フルアム(勝ち点26)をホームで迎え撃ったロンドン・ダービー。 直近のヨーロッパリーグ(EL)でスラビア・プラハに4-0の快勝を収め、EL準決勝進出を果たした好調のチームは、その一戦から先発5人を変更。守護神レノに休養を与えGKライアンを加入後2度目の先発で起用したほか、ペペ、パブロ・マリ、トーマス、ペペに代えてベジェリン、ガブリエウ、エルネニー、マルティネッリを起用した。 立ち上がりにマルティネッリが2度のフィニッシュシーンを作り出すなど、ホームチームが押し込む入りを見せる。だが、時間の経過と共に守り慣れたフルアムの守備が整備されたことで、以降はボールを握りながらも攻め切れない状況が続く。 一方、逆転での残留に向けて勝ち点3がほしいフルアムはスピードとアジリティに長けた前線4枚を起点に虎視眈々とカウンターから一発を狙う。21分にはボックス中央で一瞬浮いたデコルドバ=リードが右足を振り抜くが、DFにディフレクトしたボールはわずかに枠の左に外れ、絶好のチャンスで仕留めきれない。 以降は睨み合いが続き互いにフィニッシュの数が増えていかないクローズな展開に。それでも、前半終盤にかけて攻勢を強めたアーセナルは40分にゴールネットを揺らす。 左サイドで仕掛けたマルティネッリからのクロスをラカゼットが頭でフリック。これを中央で拾ったサカの短い落としをベジェリンがワンタッチで上げると、ゴール左のセバージョスが頭で流し込んだ。しかし、VARのレビューの結果、ラカゼットからサカにボールが繋がったタイミングで非常に微妙ながらもオフサイドを取られてゴールは取り消しに。その後、前半ラストプレーでもラカゼットのクロスが相手オウンゴールを誘発も、ここも直前のスミス・ロウの抜け出しがオフサイドとなった。 微妙なVAR判定の影響もあって0-0での折り返しとなった試合は、後半も立ち上がりにラカゼットのシュート、サカの右ポスト直撃のシュートなどでゴールに迫るアーセナルペースとなる。 しかし、早い時間帯に先制点を挙げることができなかったアーセナルは再び微妙な判定に遭う。 56分、ボックス内に侵入してきたレミナの対応にあたったDFガブリエウが足を一度引っ込めるも微妙に接触してしまうと、このプレーでフルアムにPKが与えられる。その後、直前のアイナの抜け出しに関してオフサイドかどうかの確認が入るも、これもオンサイドとなって正式にPKが認められる。これをキッカーのマジャが豪快に上隅に決め、劣勢のアウェイチームが先制に成功した。 2度の微妙な判定でビハインドを背負うことになったアーセナルはすぐさま反撃を開始。67分にはマルティネッリからの正確なクロスをベジェリンが頭で合わすが、これを枠に飛ばせない。 早い時間帯に追いつき、逆転と持ち込みたい中でアルテタ監督はベジェリンとエルネニーを下げて切り札のペペとトーマスを同時投入。だが、この直後にはスプリントした際に左ハムストリングを痛めたラカゼットがプレー続行不可能となり、急遽エンケティアの投入を余儀なくされる。71分にはボックス右でのマルティネッリの粘りからゴール前のペペに絶好機も、枠を捉えたヘディングシュートはGKアレオラのビッグセーブに阻まれた。 その後、前線の攻撃的なタレントを続けて下げて中盤に守備強度をもたらす守備的な交代策で逃げ切りを図るアウェイチームに対して、アーセナルが決死の猛攻を見せる。 7分が与えられた後半アディショナルタイムではサカ、マルティネッリ、エンケティアと続けての決定機が相手の好守に阻まれて万事休すかに思われた。だが、ホームで29戦無敗(24勝5分け)と圧倒的な戦績を残すお得意様相手に最後の最後に追いつく。 97分、左CKの場面でキッカーのサカが上げたボールを攻撃参加していたGKライアンがニアで頭で合せると、ファーに流れたボールをセバージョスが右足のダイレクトシュート。これはGKアレオラに弾かれるが、詰めたエンケティアが押し込んだ。オフサイドラインにいたホールディングのプレー関与の可能性もあり、VARのレビューが入ったものの今度は判定が優位に働き劇的ゴールが認められた。 この結果、格下相手の敗戦こそ免れたアーセナルだが、逆転でのトップ4フィニッシュが絶望的となると共に重要なEL準決勝のビジャレアル戦を控える中、好調のラカゼットの負傷離脱という懸念材料が新たに出てきた。 2021.04.18 23:37 Sun
twitterfacebook
thumb

アグエロの復活を喜ぶペップ「彼からすれば、ゴールがすべて」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロを称賛した。クラブ公式サイトが伝えている。 2季ぶりのプレミアリーグ優勝にまい進するシティは13日に行われた第28節でフルアムとアウェイで対戦。ゴールレスで試合を折り返したが、後半に3ゴールを奪い切り、3-0で快勝した。 公式戦21連勝ストップの黒星を喫した前節のマンチェスター・ユナイテッド戦から見事にバウンスバックのグアルディオラ監督。試合後、「大きく、素晴らしい勝利だ」と満足感を示した。 「タフで厳しいスタジアムで全体的に良い試合ができたね。彼らはアンフィールドで勝利して、最高の形でここに戻ってきた。我々はそんな彼らをうまくコントロールできた」 そんな一戦のトピックはアグエロだ。長らくケガに苦しんだが、このフルハム戦に洗髪すると、60分に獲得したPKのチャンスからリーグ戦で実に約1年2カ月ぶりのゴールを記録した。 さらに、今季初のフル出場も達成。グアルディオラ監督もシティ歴代最多得点記録者の活躍に賛辞を送っている。 「もちろん、重要だ。彼からしてみれば、ゴールがすべて。ガブリエウ(・ジェズス)もそうさ。誰もがバスに飛び乗りたがっている。彼がそういう状況なのは大歓迎だ! 彼のゴールは非常に大きかった。久々のフル出場でもあったしね」 2021.03.14 10:45 Sun
twitterfacebook
thumb

主力温存のシティがフルアムに後半3発で快勝! PK弾のアグエロが約1年2カ月ぶりのリーグ戦ゴール!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第28節、フルアムvsマンチェスター・シティが13日にクレイブン・コテージで行われ、アウェイのシティが0-3で勝利した。 前節、マンチェスター・ユナイテッドとのダービーに完敗し、公式戦連勝が21試合でストップしたシティ(勝ち点68)。それでも、ミッドウィークに前倒しでの開催となった第33節ではサウサンプトン相手に5-2の圧勝を飾り、きっちりバウンスバックを果たした。 来週にボルシアMGとのチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16の2ndレグを控えるグアルディオラ率いるチームは、敵地で18位のフルアム(勝ち点26)と対戦。サウサンプトン戦からはGKエデルソン、ルベン・ジアス、ラポルテ、ベルナルド・シウバを除く先発7人を変更。ガブリエウ・ジェズス、アグエロ、フェラン・トーレスを3トップに配した[3-4-3]の布陣を採用した。 マンツーマンでビルドアップに強いけん制をかけるホームのフルアムが良い入りを見せる。立ち上がりにはオフサイドになったものの、うまく背後を取ったルックマンがシュートまで持ち込む場面も作った。 一方、時間の経過と共に相手のプレスをいなして相手陣内深くまで侵攻する場面を作るシティは18分、右サイドのカンセロからの斜めのスルーパスに抜け出したフェラン・トーレスが決定的なシュートを放つが、これはGKアレオラの足を使ったビッグセーブに阻まれる。 以降は相手に攻撃の機会を与えずにハーフコートゲームを展開していく。だが、中央をきっちり締めて人も掴む堅守に手を焼き、比較的浮くことが多いメンディからの可能性の低いクロスで攻撃を終える場面が目立った。 結局、ゴールレスで試合を折り返したシティだったが、後半立ち上がりにいきなりゴールをこじ開ける。47分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でキッカーのカンセロがGKとディフェンスラインの間に落とした絶妙なクロスに反応したストーンズが右足で合わせ、ゴール左へ流し込んだ。 流れの中での攻撃で苦戦しながらもセットプレーで先制に成功したシティは、直後の53分にもベルナルド・シウバが相手DF2枚の間をすり抜ける見事なドリブル突破でボックス右に侵入。丁寧なマイナスのパスを入れると、これをロドリが右足ダイレクトでシュートするがGK正面を突く。 さらに、56分にはカバレイロとアンデルソンの連携ミスによって幸運な形でボックス内にこぼれたボールに抜け目なく反応したジェズスが冷静にGKをドリブルでかわして無人のゴールへ右足のシュートを突き刺し、一気にリードを2点に広げた。 この連続失点によって明らかに気落ちが見えるホームチームの隙を見逃さない首位チームは60分、最終ラインでボールを持った古巣対戦のDFアダラバイヨにプレッシャーをかけてボールを奪ったフェラン・トーレスがボックス内で倒されてPKを獲得。これをキッカーのアグエロがきっちり決めて、2020年1月のシェフィールド・ユナイテッド戦以来、約1年2カ月ぶりとなるリーグ戦のゴールを挙げた。 この連続ゴールで勝利を確実なモノとしたシティは67分にベルナルド・シウバ、75分にルベン・ジアスを下げてフェナンジーニョ、エリック・ガルシアをピッチに送り出し、ボルシアMG戦を睨んだ戦い方にシフトしていく。 その後、一矢報いたいフルアムの反撃をGKエデルソンの好守などできっちり凌ぎ切ったシティが公式戦5試合ぶりのクリーンシートで試合を締めくくり、3-0の快勝。主力を温存しながらも後半に地力の差を見せつけてリーグ連勝でボルシアMG戦に臨むことになった。 2021.03.14 06:58 Sun
twitterfacebook
thumb

フルアムvsスパーズで警備の問題発生! 不審者が忍び込みTV中継ブースの音声を盗聴か

先日行われたフルアムvsトッテナムで警備上の問題が発生していたことがわかった。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 今回の問題が発生したのは、今月4日にクレイブン・コテージで開催されたプレミアリーグ第33節、フルアムvsトッテナムのロンドン・ダービー。同試合ではトッテナムが相手のオウンゴールで得た1点を守り抜き、敵地で1-0の勝利を収めていた。 フルアムの同点ゴールが微妙なハンドによって取り消されたことが話題となった一戦だったが、その裏では警備上の問題も発覚。 『デイリー・メール』によると、同試合では試合会場のクレイブン・コテージにスーツ姿の2人の不審者が無断で侵入していたという。さらに、試合前にはこの一戦を中継していた『BT sports』の中継ブースのメインデスクの下にスマートフォンを設置し、盗聴を行っていたことが明らかになったようだ。 現時点で犯人の動機は不明だが、『BT sports』で中継を担当していたリオ・ファーディナンド、スティーブ・シドウェルの解説者2名、司会のジェイク・ハンフリーを含む、中継スタッフのオフレコの発言を記録し、何らかの問題発言が行われた場合、恐喝や脅迫のネタにしようとしていた可能性。あるいは、識者しか知り得ない内部情報を得ることで、ギャンブルなどの不正材料にしようとしていた可能性も推測されているようだ。 ただ、新型コロナウイルスの感染防止対策の徹底により、スタジアムに入場できる関係者が限られている上、厳戒な警備態勢が敷かれている中で、犯人2名がいとも容易くチェックをすり抜けたことを受け、組織的な犯罪組織の関与を疑う声も挙がっている。 なお、今回の一件はすでに地元警察が捜査を開始しているが、「逮捕者は出ておらず、捜査は続いている」と、現時点で捜査状況に進捗はないようだ。 また、この一件を受け、フルアムとトッテナムを含む、多くのプレミアリーグのクラブがこれまで以上にマッチデイに関する警備対策を強化していくようだ。 2021.03.09 23:45 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly