みんな知ってるかい? 世界にも通じる開幕戦ってヤバいの話!? の巻/倉井史也のJリーグ

2021.02.26 13:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
なんかねぇ、ワールドカップって開幕戦に出たチームはなかなか優勝できないわけですよ。1930年:開幕戦 フランスvsメキシコ、アメリカvsベルギー / 優勝 ウルグアイ
1934年:開幕戦 全16チーム同時開催 / 優勝 イタリア
1938年:開幕戦 スイスvsドイツ / 優勝 イタリア
1950年:開幕戦 ブラジルvsメキシコ / 優勝 ウルグアイ
1954年:開幕戦 ブラジルvsメキシコ、ユーゴスラビアvsフランス、ウルグアイvsチェコスロバキア、オーストリアvsスコットランド / 優勝 西ドイツ
1958年:開幕戦 スウェーデンvsメキシコ / 優勝 ブラジル
1962年:開幕戦 チリvsスイス、アルゼンチンvsブルガリア、ウルグアイvsコロンビア、ブラジルvsメキシコ / 優勝 ブラジル
1966年:開幕戦 イングランドvsウルグアイ / 優勝 イングランド
1970年:開幕戦 メキシコvsソ連 / 優勝 ブラジル
1974年:開幕戦 ブラジルvsユーゴスラビア / 優勝 西ドイツ
1978年:開幕戦 西ドイツvsポーランド / 優勝 アルゼンチン
1982年:開幕戦 アルゼンチンvsベルギー / 優勝 イタリア
1986年:開幕戦 ブルガリアvsイタリア / 優勝 アルゼンチン
1990年:開幕戦 アルゼンチンvsカメルーン / 優勝 西ドイツ
1994年:開幕戦 西ドイツvsボリビア / 優勝 ブラジル
1998年:開幕戦 ブラジルvsスコットランド / 優勝 フランス
2002年:開幕戦 フランスvsセネガル / 優勝 ブラジル
2006年:開幕戦 ドイツvsコスタリカ / 優勝 イタリア
2010年:開幕戦 南アフリカvsメキシコ / 優勝 スペイン
2014年:開幕戦 ブラジルvsクロアチア / 優勝 ドイツ
2018年:開幕戦 ロシアvsサウジアラビア / 優勝 フランス


どうですか、21回の大会のうち、全チームが開幕戦を同時開催で戦った1934年を除くと、2回だけしか開幕戦に出たチームは優勝してないかんじ。

じゃあこれ、Jリーグではどうなの? ここは分単位で試合開始時間が分かるから、その最も早い試合で調べると、

1993年:開幕戦 V川崎vs横浜M / 優勝 V川崎
1994年:開幕戦 広島vs名古屋 / 優勝 V川崎
1995年:開幕戦 G大阪vs名古屋 / 優勝 横浜FM
1996年:開幕戦 V川崎vs京都 / 優勝 鹿島
1997年:開幕戦 横浜Fvs福岡 / 優勝 磐田
1998年:開幕戦 名古屋vs神戸 / 優勝 磐田
1999年:開幕戦 名古屋vs福岡 / 優勝 磐田
2000年:開幕戦 鹿島vs名古屋 / 優勝 鹿島
2001年:開幕戦 C大阪vs札幌 / 優勝 鹿島
2002年:開幕戦 FC東京vs鹿島 / 優勝 磐田
2003年:開幕戦 磐田vs横浜FM / 優勝 横浜FM
2004年:開幕戦 横浜FMvs浦和 / 優勝 横浜FM
2005年:開幕戦 浦和vs鹿島、名古屋vs千葉 / 優勝 G大阪
2006年:開幕戦 G大阪vs浦和 / 優勝 浦和
2007年:開幕戦 FC東京vs広島 / 優勝 鹿島
2008年:開幕戦 G大阪vs千葉 / 優勝 鹿島
2009年:開幕戦 FC東京vs新潟 / 優勝 鹿島
2010年:開幕戦 磐田vs仙台 / 優勝 名古屋
2011年:開幕戦 名古屋vs横浜FM、G大阪vsC大阪 / 優勝 柏
2012年:開幕戦 札幌vs磐田、仙台vs鹿島、名古屋vs清水、G大阪vs神戸 / 優勝 広島
2013年:開幕戦 横浜FMvs湘南、名古屋vs磐田、鳥栖vs鹿島 / 優勝 広島
2014年:開幕戦 C大阪vs広島、名古屋vs清水 / 優勝 G大阪
2015年:開幕戦 名古屋vs松本、G大阪vsFC東京、広島vs甲府 / 優勝 広島
2016年:開幕戦 磐田vs名古屋 / 優勝 鹿島
2017年:開幕戦 横浜FMvs浦和 / 優勝 川崎F
2018年:開幕戦 鳥栖vs神戸 / 優勝 川崎F
2019年:開幕戦 C大阪vs神戸 / 優勝 横浜FM
2020年:開幕戦 湘南vs浦和 / 優勝 川崎F

ってことで、開幕戦に登場して優勝したのは1993年V川崎、2000年鹿島、2003年と2004年横浜FM、2006年浦和、2015年広島。このうち1ステージ制で優勝したのは2004年横浜FMと2006年浦和のみ(2003年の横浜FMは両ステージを制して完全優勝したが、制度としては2ステージ制だった)。

とすると、もしかして今年の優勝は川崎や横浜FMじゃない可能性が……? でも川崎が大本命だと思うんですけどね。

【倉井史也】
試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。
関連ニュース
thumb

Jリーグジャッジリプレイで原副チェアマンはレッドに理解を示す/六川亨の日本サッカー見聞録

今週の「Jリーグジャッジリプレイ#6」で最初に取り上げられたプレーが、4月7日に開催されたJ1リーグ第8節のFC東京対札幌戦の後半10分のプレーだった。スコアは0-0。しかしFC東京は前半29分にFW小柏の独走を体当たりで阻止したCB渡辺剛が1発レッドで退場となっていた。 FC東京はCB岡崎がカバーに入れたかもしれないが、渡辺剛のアプローチはボールではなく明らかに体をぶつけに行っただけに、VARを採用するまでもなく主審は退場処分とした。 当の渡辺剛は15日のズーム会見で、「失点につながるプレーだったので、自分としては食い止めたい、ピンチになるのを止めたかったので体をぶつけに行った」と先週のプレーを冷静に振り返りつつ、「もったいないことをしたが、恥じてはいません。結果として(札幌に)勝てたが、次の試合(川崎F)が出場停止でチームに迷惑をかけてしまった」と揺れ動く心境を素直に話した。 問題のプレーは後半10分、自陣バイタルエリア付近でルーズボールを拾ったディエゴ・オリベイラがドリブル突破を試み、札幌のペナルティエリアに迫ろうとしたところでCBキム・ミンテに倒された。 主審は最初、キム・ミンテにイエローカードを出したが、VARが採用され、オンフィールドレビューの結果、レッドカードに変更。守備の要を失った札幌は、このFKからディエゴ・オリベイラに先制点を許した。 このイエローからレッドに変わったカードについて、「Jリーグジャッジリプレイ」でJリーグウォッチャーの平畠啓史氏は、VARの介入条件である「明白な」シーンだったかどうかに疑問を呈しつつ、「僕の印象ではイエローでいいのかなという気がする」と主審の最初の判断を支持した。 面白かったのはJリーグ副チェアマンの原博実氏の見解だった。 原氏は「難しいけど、この試合のシチュエーション(前半にFC東京の渡辺剛が退場していた)で言うと、やはりドグソ(決定的な得点機会の阻止)になってしまうんだろうなという気がした」とコメント。これは、選手・監督経験者ならではの発想である。 VARを始めとする様々なテクノロジーが導入される以前は、主審のジャッジが最終判断だった。そこで、Aというチームに退場者が出たら、試合の公平性を保つために主審は数的優位にあるBチームから退場者を出すケースが往々にしてあった。 これはルールブックに明記されているわけではないし、試合後の主審もコメントを出すことはない。いわば万国共通の「暗黙のルール」のようなものだった。 だから数的優位にあるBチームの選手は、経験や肌感覚から主審が退場者を出すのではないかと察し、「余計なファウルはするな!」とお互いに声がけして気をつけ合ったものである。それは記者席から見ていても「それをやったらダメでしょ。イエロー2枚で退場だよ」というシーンを何度か目撃した。 だからこそ原氏も「この試合のシチュエーションで言うと、やはり」と、自身の経験からレッドになっても仕方がないと思ったのではないだろうか。 最終的な結論としては、深野悦子審判インストラクターの、メインスタンドからのカメラではイエローカードと思ったものの、ゴール裏に近いカメラからの映像を見てレッドカードと思ったということに落ち着いた。 深野インストラクターいわく「ポイントとなるのがペナルティエリアの角です。割と幅に近いところ、いわゆる45度ぐらいでした。そうすると、シュートに持っていけると思える。最初の印象では、もうちょっとタッチラインに寄っているので、角度がないのではないかと思ったんですけど、十分にいい角度だった。そういう意味では違う映像を見てドグソに変わりました」と、VARの介入と主審の判断を妥当だったと認めた。 このシーンについては、主審もオンフィールドレビューを3分近く繰り返し見ていた。それだけジャッジが難しいプレーだったということだろう。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> <span class="paragraph-title">【動画】2選手が退場となったFC東京vs札幌ハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=bptf6kfoayk21f13nas15x2bb" async></script> 2021.04.15 22:01 Thu
twitterfacebook
thumb

ついに合流!徳島、開幕から10試合を消化しダニエル・ポヤトス監督がチームを指揮

徳島ヴォルティスは15日、ダニエル・ポヤトス監督、マルセルコーチ、FWクリスティアン・バトッキオのチーム合流を発表した。 浦和レッズの監督に就任したリカルド・ロドリゲス監督の後任として、今シーズンから徳島の監督に就任したポヤトス監督。しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で新規入国が禁止されていたこともあり、これまでチームの指揮を執れずにいた。 甲本偉嗣ヘッドコーチがキャンプ中から指揮を執り、7年ぶりとなったJ1の舞台でも指揮を執り続けていた中、チームは開幕から5試合勝利がない苦しい事態に。それでも第6節の横浜FC戦で初勝利を挙げると、そこから3連勝。さらに、14日に行われたセレッソ大阪戦でも0-1で勝利し、前回のJ1在籍時の3勝をすでに上回る成績を残していた。 チームを支えた甲本ヘッドコーチが指揮するラストマッチでも勝利した徳島。ついに監督が合流し、初めてチームを直接指揮することとなった。 また、マルセルコーチ、そしてU-21イタリア代表歴のあるFWバトッキオも合流。結果が出ているチームにどう入っていくかに注目だ。 なお、17日(土)の初陣となる鹿島アントラーズ戦は、就任間もない相馬直樹監督率いるチームと対戦。初陣同士の注目カードとなる。 <span class="paragraph-title">【写真】ついに直接選手を指導することとなった徳島のポヤトス監督</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%80%E3%83%8B%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%9D%E3%83%A4%E3%83%88%E3%82%B9?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ダニエルポヤトス</a> 監督、<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AD%E3%82%AA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#クリスティアンバトッキオ</a> 選手、<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%AB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#マルセル</a> コーチが今日からチームに合流<br><br>その他の写真は公式Instagramをご覧ください<a href="https://t.co/Sj6fPyq0SF">https://t.co/Sj6fPyq0SF</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%BE%B3%E5%B3%B6%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B9?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#徳島ヴォルティス</a><a href="https://twitter.com/hashtag/vortis?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#vortis</a> <a href="https://t.co/crbsUZae7U">pic.twitter.com/crbsUZae7U</a></p>&mdash; 徳島ヴォルティス 公式 (@vortis_pr) <a href="https://twitter.com/vortis_pr/status/1382512055094177793?ref_src=twsrc%5Etfw">April 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.15 17:35 Thu
twitterfacebook
thumb

「引退するつもりではないです」岐阜、徳島、愛媛でプレーしたMFシシーニョが日本でのプレー希望

昨シーズンまでJリーグでプレーしていたスペイン人MFシシーニョ(34)が、自身にまつわる報道を否定した。 シシーニョは、スペインのアルバセテ出身。アルバセテとバレンシアのユースで育つと、バレンシアでファーストチームに昇格。エルクレスやレアル・バジャドリー、レクレアティボ・ウエルバ、オサスナでプレー。2015年に韓国の水原FCへ移籍すると、レフ・ポズナン(ポーランド)、ヴェリア(ギリシャ)への移籍を経て、2017年にFC岐阜に加入する。 2018年には徳島ヴォルティスへ移籍すると、2020年には愛媛FCへと完全移籍。しかし、2020年12月に退団が発表され、その後は無所属状態が続いていた。 そのシシーニョはインタビューを受けたものの、記事を見た人が「引退する」と解釈できると感じたとのこと。自身のツイッターでその報道を否定し、現役を続ける意思を示すとともに、日本でプレーしたいという願望を明かした。 「言いたいことがあります。引退するつもりではないです」 「また日本に住む為にまた日本でサッカーする為に一所懸命頑張っています」 「日本で活躍することという夢が5年前叶いましたが十分じゃないです。今持ってる目的と夢は同じででピッチに戻ることです」 シシーニョはJ2でのプレーのみとなるが、通算78試合に出場し1得点を記録している。 <span class="paragraph-title">【SNS】シシーニョが自身のツイッターで引退を否定</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">言いたいことがあります。引退するつもりではないです。また日本に住む為にまた日本でサッカーする為に一所懸命頑張っています。日本で活躍することという夢が5年前叶いましたが十分じゃないです。今持ってる目的と夢は同じででピッチに戻ることです。</p>&mdash; Sisinio (@sisinio21) <a href="https://twitter.com/sisinio21/status/1382455587825446912?ref_src=twsrc%5Etfw">April 14, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.15 14:50 Thu
twitterfacebook
thumb

FC東京、9・10月の4試合のホームゲーム試合日程が決定

開催日が未定となっていたFC東京のホームゲーム4試合の日程が決定した。 FC東京は、明治安田生命J1リーグの第28節、第29節、第30節、第33節の日程が未定だったが、このうちの3試合の日程が確定。1試合は2日に絞られることとなった。 第28節の柏レイソル戦は9月12日(日)、第30節の浦和レッズ戦は9月25日(土)、第33節の鹿島アントラーズ戦は10月23日(土)に決定した。 また、第29節の横浜FC戦は、9月18日(土)、19日(日)、20日(月・祝)の可能性があったが、19日(日)には開催されないことが決定。18日と20日で調整されている。 2021.04.15 14:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ザーゴ監督解任決断は「札幌戦」、鹿島の鈴木満FDが危惧していた開幕戦での逆転負け「ベースを崩壊させた」

鹿島アントラーズの鈴木満フットボールダイレクター(FD)が、監督交代についての経緯を明かした。 14日、鹿島はアントニオ・カルロス・ザーゴ監督の解任を発表。後任にコーチを務めていたクラブOBの相馬直樹氏の就任を発表した。 昨シーズンは開幕4連敗からスタートしたザーゴ体制。しかし、シーズン途中から調子を取り戻すと、7連勝を飾るなど順位を上げて5位でフィニッシュしていた。 その中で迎えた今シーズンは再び開幕から不調。8試合を終えて2勝2分け4敗で15位に低迷しており、ザーゴ監督の解任に至った。 監督交代を決めたタイミングについては「色々、毎試合考えるので、色々考えてきました。最終的には、この前の札幌戦です」とコメント。アウェイでの試合で前半に2ゴールを奪いリードしながらも、2-2と追いつかれて勝ち切れなかったことで決断したと明かした。 選手たちのプレーに自信が感じられず、ピッチ上でのミスも多い鹿島。鈴木FDは「理由は色々あると思いますが、やっぱりベースがあって、方向性がみんなが共有できていなかったというか、迷いがやっぱりあって、そういう状況でプレーすると自信もないですし、ミスも多くなる。そういう状況だったのかなと」と語り、チームとしてのベースが失われていたと語った。 今シーズンの鹿島は、札幌戦に似たケースが何度もある。例えば開幕戦の清水エスパルス戦。拮抗した展開でゴールレスのまま試合が終盤に差し掛かると、75分に荒木遼太郎のゴールで先制。従来の鹿島であれば、この1点を守り切って勝利を収めるところだが、78分にチアゴ・サンタナに同点ゴールを許すと、後藤優介、そしてオウンゴールと立て続けに3失点を喫して敗れた。 鈴木FDはこの試合に触れ、「開幕戦の清水戦でそれなりにゲームをコントロールしている中で、後半あと15分ぐらいで1点を取りましたが、そのあとはしっかりと守り切らないといけなかった」とコメント。「あそこから3点取られて負けたことで、チームの自信というか、ベースがガタガタっと崩れたというか。それがずっと尾を引いたという感じがしています」とし、シーズンスタートでつまづいたことが影響していると語った。 また「本来ああいった展開でなかなか点が取れなくて、0-0で終わったり、無理して点を取りにいって逆に1点取られて負けたりっていうような試合はあると思うんです。ただ、あの展開になって勝ち切れずに3点取られて負けた。これはチームのリズムを狂わせた、ベースを崩壊させた要因になった試合だったかなと思います」とし、開幕戦でのプレーぶりが全てだったと振り返った。 さらに、2-1で敗れた浦和レッズ戦についても言及。スコアは1点差だったが、内容では完敗だった試合だが、「特に今年で言えば、あの浦和戦は、内容も良くなかったです。ちょっと、これではな、と思いを強くした試合でもありました。鹿島の良さというところを、もう一度思い直す、思いを強くしてやっていかなければいけないと感じました。そこは相馬監督とも話しましたし、きっと立て直してくれると思います」と振り返った。 2シーズン続けて開幕からつまづいたザーゴ体制。鈴木FDは今シーズンに期待していたことも明かした。 「去年監督も代わり、選手もかなりの人数が代わって、スタートはちょっと苦労するかなという思いはあって、その通りになりましたが、後半盛り返して、戦術的にも前からプレシングというベースもできましたし、それをベースに今年はさらにそこに積み上げていく、上乗せして戦っていって、優勝を目指すという狙いがありましたが、なかなか上手くいかなかったということです」 昨シーズンの積み上げが今シーズン発揮できなかった鹿島。例えば、補強したMFディエゴ・ピトゥカ、MFアルトゥール・カイキが新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で入国できず、チームへの合流が遅れたこともあるだろう。 その中でも上手くいかなかったと感じる点については「去年のベースの上に上乗せするというスタートがなかなか切れずに、ベースを少し崩してしまった中で、ベースに戻すような作業、状況のスタートになってしまった。なかなか噛み合わなかったという感じです」と語り、やはり開幕戦でのつまづきが大きかったと分析しているようだ。 その中で後任を託されたのが相馬監督。「できるだけ長くやって欲しいという思いでのオファーです」と語り、監督として結果を残して欲しいとコメント。そのため、タイトルという目標も変更せず、「目標はタイトルを目指して戦う、タイトルを獲るということは変わりません。そのために目の前の試合、1試合1試合を勝っていく、全ての試合で勝ちたいという目標でやっているので、それは変わりません」とし、クラブとして目指すところがぶれていないことを強調した。 首位の川崎フロンターレが勝ち点を大きく積み上げている中で、盛り返すことは非常に難しい状況となる。その中で指揮を執る相馬監督に期待することについては「相馬はウチ以外でも監督経験がありますし、OBでもあって、将来的には監督をやって欲しいという思いがあった」とし、コーチ就任時から、いずれは監督を任せたいと考えていたとのこと。その中でも「相馬は意外ときめ細やかで神経質なところもあって、一回外国人監督の下で外国人の良さを学んで、もう少し自分が大きくなってくれて、良い指導者に成長してくれたらなと思っていました」とし、ザーゴ監督の下で、指導者としてのさらなる成長に期待していたと語った。しかし、解任により急遽監督就任に。「将来的にはどこかで監督等をやってくれればという思いはありましたが、それがちょっと早まったという感じです」とし、期待を寄せていた。 また、ザーゴ体制時の問題点についても修正できる力があると期待を寄せている状況。「前から行かなきゃいけない、前からディフェンスするという意識だけで、FW、MF、DFのラインで、ちょっと意識の共有ができていない状況で、無理に行ってカウンターを食らって失点する。無失点の試合が非常に少ないという中で、相馬に期待しているのは、彼はディフェンスをしっかり組織化するというか、そういうのが得意な監督でもあるので、守りのベースをもう一回整理しようかなという思いもあり、そこが一番期待していることです」とし、守備の立て直し、リードを守り切るところを期待していると語った。 鹿島は17日に予定されている徳島ヴォルティス戦からカップ戦を含めて13連戦。チームと立て直す時間は取れない中で試合がやってくるが、しっかりとベースを作り直すことができるかに注目だ。 2021.04.15 12:45 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly