ELベスト16が決定! イングランド勢が最多3チーム突破もナポリ、レスターら強豪が敗退…

2021.02.26 07:16 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の2ndレグが25日に行われ、ラウンド16に進出する16チームが出揃った。グループステージを勝ち抜いた24チームと、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ3位敗退となった8チームを合わせた計32チームで争われたラウンド32。


今ラウンド最多4チームを送り込んだイングランド勢では優勝候補筆頭に挙がるマンチェスター・ユナイテッドが、今大会で強さを見せるスペイン勢のレアル・ソシエダを順当に撃破。

アウェイ扱いとなったトリノでの初戦をブルーノ・フェルナンデスの2ゴールの活躍などで4-0の圧勝を飾り、2ndレグを待たずしてほぼ突破を確実なモノとした。ホームでの2ndレグでは積極的にメンバーを入れ替えた中、相手のPK失敗などもあって0-0のドローで終え、2戦合計4-0で突破を決めた。

オーストリアのヴォルフスベルガーと対戦したトッテナムは初戦をベイルの1ゴール1アシストの活躍で4-1、第2戦ではデレ・アリの1ゴール2アシストの活躍により4-0と控え中心の布陣で圧倒し、2戦合計8-1で余裕の突破を決めた。

また、強豪ベンフィカと対戦したアーセナルは敵地での初戦を1-1のドローで終えてアドバンテージを得たが、ホーム扱いとなったギリシャ開催の2ndレグでは一時逆転を許して敗退の危機を迎えたが、いずれもサカのアシストからオーバメヤンが決めた2ゴールによって最終的に3-2で競り勝って、2戦合計4-3のスコアで突破を決めた。

一方、イングランド勢で唯一の敗退となったのが、スラビア・プラハと対戦したレスター・シティ。今季プレミアリーグ3位チームは敵地での初戦を0-0のドローで終えると、一部主力を温存して臨んだ2ndレグではホームでまさかの0-2の敗戦を喫し、今ラウンドで無念の敗退となった。

イングランド勢と共に優勝候補に挙がるイタリア勢も明暗分かれることに。
フォンセカ監督の古巣ブラガと対戦したローマは、ジェコとマジョラルの2試合連続ゴールの活躍によって2戦合計5-1の大差を付けて順当に突破を決めた。

さらに、インテルOBのスタンコビッチ監督率いるツルヴェナ・ズヴェズダと対戦したミランは、2試合共に一部主力を温存した中で大苦戦を強いられた。それでも、2試合共に相手が退場者を出したこともあり、敵地での初戦を2-2、ホームでの第2戦を1-1のドローで終えて今ラウンド唯一となるアウェイゴール数のアドバンテージを生かして辛くもラウンド16に駒を進めた。

一方、今大会初出場のグラナダと対戦したナポリは、ここ最近の不振を引きずる形で無念の敗退に。攻守に精彩を欠いた敵地での初戦を0-2で終えると、システム変更を施して臨んだホームでの2ndレグではジエリンスキ、ファビアン・ルイスにゴールが生まれるも、モントロにゴールを決められたことで、2戦合計2-3での敗退となった。

その他ではセビージャ時代にEL3連覇を達成したエメリ監督率いるビジャレアル、CLの常連であるシャフタール、アヤックス、オリンピアコスらがベスト16進出。一方、昨季8強のレバークーゼンとホッフェンハイムのドイツ勢2チームが敗退している。

今ラウンドに日本人選手として唯一参戦したアントワープのMF三好康児は、スコットランド王者レンジャーズと対戦。2戦ともに打ち合いの展開となった中、ホームでの初戦を3-4で落とすと、敵地での第2戦は2-5で打ち負けて2戦合計5-9で無念の敗退となった。なお、三好は2試合共に後半終盤からの途中出場に終わった。

なお、ラウンド16の組み合わせ抽選会は26日に行われ、1stレグは3月11日、2ndレグは同18日に開催予定だ。

◆ELラウンド32 2ndレグ結果
▽2/24(水)
トッテナム 4-0(AGG:8-1) ヴォルフスベルガー

▽2/25(木)
アヤックス 2-1(AGG:4-2) リール
アーセナル 3-2(AGG:4-3) ベンフィカ
ナポリ 2-1(AGG:2-3) グラナダ
レンジャーズ 5-2(AGG:9-5) アントワープ
シャフタール・ドネツク 1-0(AGG:3-0) マッカビ・テルアビブ
ホッフェンハイム 0-2(AGG:3-5) モルデ
ビジャレアル 2-1(AGG:4-1) ザルツブルク

ローマ 3-1(AGG:5-1) ブラガ
※ミラン 1-1(AGG:3-3) ツルヴェナ・ズヴェズタ
レバークーゼン 0-2(AGG:3-6) ヤング・ボーイズ
レスター・シティ 0-2(AGG:0-2) スラビア・プラハ
ディナモ・ザグレブ 1-0(AGG:4-2) FCクラスノダール
クラブ・ブルージュ 0-1(AGG:1-2) ディナモ・キエフ
マンチェスター・ユナイテッド 0-0(AGG:4-0) レアル・ソシエダ
PSV 2-1(AGG:4-5) オリンピアコス

※アウェイゴール数で上回っての突破
関連ニュース
thumb

ESL反対を表明した監督・選手をネビル氏が称賛「クロップたちは本当に勇気ある発言をしてくれた」

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるギャリー・ネビル氏が、ヨーロッパ・スーパーリーグへの参加を画策した古巣を批判すると共に、反対の意思を表明した監督や選手を称えている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ユナイテッドは18日、欧州12のビッグクラブで構成されたヨーロッパ・スーパーリーグへの参加を公式表明。しかし、この一方的な決定はファンからの猛烈な反発を呼び、チームのFWマーカス・ラッシュフォード、MFブルーノ・フェルナンデス、DFルーク・ショー、DFハリー・マグワイアも反対の姿勢を示していた。 各方面からの反発を受け、ユナイテッドは20日にヨーロッパ・スーパーリーグ構想からの撤退を発表。同時に、参加を主導していたとされる副会長兼最高経営責任者(CEO)のエド・ウッドワード氏が、2021年末を持って退任すると発表された。 こうした状況に対して、ネビル氏はユナイテッドのオーナーであるグレイザー・ファミリーを批判。チームから去るべきだと語りつつ、二度と同じようなオーナーが現れないための制度作りが必要だと強調した。 「ジェイミー・キャラガーは、FSG(リバプールのオーナーグループ)はリバプールに居場所がないと話していた。そしてグレイザーも、マンチェスターにはもう居場所がないと思う」 「我々は、この国のオーナーシップのルールを変更して、このようなことが二度と起こらないシステム構築を行う必要がある。政府の介入、独立した規制機関、ファンによるクラブ所有のルール作成など何でもいいが、変化のきっかけにしていかなければならない」 「火曜日に集まったチェルシーのファン、月曜日のリーズやリバプールのファン、ソーシャルメディアの存在が大きかった。そしてこの国の6組のオーナーやヨーロッパの他のオーナーは、状況をひどく見誤っていたと思う。パンデミックの最中にあり、我々が落ち込んでいる間に、彼らは王冠を持って逃げようとしたのだ」 また、ネビル氏はクラブと意見が食い違ったとしても、恐れずヨーロッパ・スーパーリーグに否定的なコメントを残した監督や選手たちを称賛。ひとまずは喧騒が収まることを喜んでいる。 「昨晩のジェームズ・ミルナーはよくやった。ユルゲン・クロップも本当に勇気ある発言をしてくれたと思う。ショー、ラッシュフォード、マグワイアも見事な振る舞いだった。パトリック・バンフォードやあの(スーパーリーグ反対を表明する)シャツを着たリーズの選手たちもよくやったよ。全国のファンの皆、本当にお疲れ様。こんなことは、もうたくさんだ」 2021.04.21 14:25 Wed
twitterfacebook
thumb

CEO退任決定のマンチェスター・ユナイテッドも撤退を発表「参加しません」

マンチェスター・ユナイテッドは20日、ヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)の構想から撤退することを発表した。クラブ公式サイトが伝えた。 欧州サッカー連盟(UEFA)のチャンピオンズリーグ(CL)やヨーロッパリーグ(EL)に対抗するものとして、計画されたESL。18日に参戦合意の12クラブが明らかになり、今後も新たに3クラブが常任クラブに加わった上で、成績に応じて5クラブを追加した20チーム制の大会になるとされていた。 しかし、UEFAをはじめ、国際サッカー連盟(FIFA)や各クラブの監督、選手、そしてファン・サポーターから想像以上の反発が出ることに。各クラブのサポーターは、「チームが死んだ」としてスタジアムにバナーを掲げるなど、悲しみに溢れた2日間となった。 参加を表明していたユナイテッドだったが、今回の計画に関与することを止めると声明を発表している。 「マンチェスター・ユナイテッドは、ヨーロッパ・スーパーリーグに参加しません」 「我々は、ファン、英国政府、その他の主要なステークホルダーからの反応に注意深く耳を傾けてきました」 「我々は、サッカー・コミュニティ全体の他のみなさんと協力し、直面している長期的な課題に対する持続可能な解決策を考え出すことに、引き続き取り組んでいきます」 なお、ユナイテッドは副会長兼最高経営責任者(CEO)を務めるエド・ウッドワード氏が2021年末に退任することも発表。今濃藍のESLに拘る理由で辞任を申し入れたとされている。 2021.04.21 09:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ウッドワードCEOの今年末での退任を発表

マンチェスター・ユナイテッドは20日、副会長兼最高経営責任者(CEO)を務めるエド・ウッドワード氏が2021年末に退任することを発表した。 なお、イギリス『Talksport』など複数メディアが伝えたところによれば、ウッドワード氏は18日の創設発表からわずか数日でプロジェクト消滅の危機を迎えているヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)に関連した事情により辞任を申し入れ、これをクラブが受け入れた形となったようだ。 一部ではESL参戦に関して選手間での緊急ミーティングを開いたキャプテンのDFハリー・マグワイアら主力選手との衝突も、今回の退任劇の引き金となったようだ。 ウッドワード氏は、2005年にアメリカの実業家グレイザー・ファミリーが歴史的なクラブ買収を行った際にアドバイザーを務めた関係でユナイテッドでのキャリアをスタート。2013年からはCEOに就任し、ここ数年では経営面に加えて、クラブの補強部門の実権も握っていた。 ウッドワード氏は今回の退任決定に際して以下のようなコメントを残している。 「ユナイテッドに仕えたことを非常に誇りに思っており、過去16年間、世界で最も偉大なフットボールクラブで働けたことを光栄に思っている。クラブは将来に向けて良好な状態にあり、今年末に退任するのは難しいことになる」 「ヨーロッパリーグ、FAカップ、EFLカップを制覇したオールド・トラフォードでの思い出を大切にしていく。同時にクラブの文化を再生し、マンチェスター・ユナイテッド流のプレースタイルを取り戻したことを誇りに思っている」 「とりわけ、この2年間、オーレ・グンナー・スールシャールとそのコーチングチームの優れたリーダーシップの下でプレーヤーたちが成長したことを嬉しく思う」 「ここ数年、ピッチ上やコーチ、スタッフに加えてきた変化により、この偉大なクラブが再びタイトルを獲得する日も近いと確信しており、その資格があると思っている」 「自分の在任期間中にクラブがプレミアリーグを制覇することを切に願っており、情熱的なファンのためにプレミアリーグを取り戻すための基盤が整っていると確信している」 「また、マーカス・ラッシュフォード、メイソン・グリーンウッド、アクセル・トゥアンゼベなどの才能あるプレーヤーがトップチームで活躍する姿を見ることができ、とても嬉しく思っている。今後も、このクラブの若い才能の生産ラインは、既存のトップチームプレーヤーを押しのけてポジションを確保していくだろう。この競争は、将来に向けて良い兆候だ」 「同時に我々はマンチェスター・ユナイテッド・ウィメンも設立したが、彼女たちの進歩は、この偉大なクラブでの成功が求められていることのさらなる証拠だ」 「この16カ月間は、非常に多くのユニークな課題をもたらした。また、新型コロナウイルスのパンデミックの際に、地域社会や世界中で行われたクラブの活動は英雄的なものだった」 「フットボールクラブへの財政的な影響は深刻ですが、ユナイテッドは、並外れた財政的圧力に直面しても、最も堅固で回復力のあるクラブのひとつだ」 「個人的には、良い時も悪い時も支えてくれたユナイテッドの情熱的なファンに感謝したいと思う。我々の歴史の中で困難な時期であったことは承知しているが、皆さんのチームに対するサポートに疑問を感じたことは一度もなかった」 「最後になったが、多くの素晴らしい才能を持った勤勉な人々と一緒に仕事ができたことを嬉しく思う」 一方、共同会長のジョエル・グレイザー氏はウッドワード氏への感謝の言葉を伝えている。 「エド・ウッドワードは、クラブに多大な貢献をしてくれた。ユナイテッドに関わる人たちを代表して、彼のたゆまぬ努力と献身に心からの感謝を述べたい」 「彼のクラブへの貢献は非常に大きく、彼はいつでもマンチェスター・ユナイテッド・ファミリーの一員としてオールド・トラフォードで歓迎されるはずだ」 2021.04.21 06:37 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ウッドワードCEOが辞任へ…ESL構想消滅危機でアニェッリ&ペレス両会長もドミノ式に?

マンチェスター・ユナイテッドで副会長兼最高経営責任者(CEO)を務めるエド・ウッドワード氏が辞任を申し入れたことが判明した。イギリス『Talksport』など複数メディアが報じている。 現時点でユナイテッドは各メディアからの問い合わせにノーコメントを貫いているが、18日の創設発表からわずか数日でプロジェクト消滅の危機を迎えているヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)に関連した事情による辞任となった模様だ。 一部ではESL参戦に関して選手間での緊急ミーティングを開いたキャプテンのDFハリー・マグワイアら主力選手との衝突も、辞任の一因となったと報じられている。 なお、ウッドワード氏は即時辞任ではなく2021年末までの任期を全うする予定だという。 ウッドワード氏は、2005年にアメリカの実業家グレイザー・ファミリーが歴史的なクラブ買収を行った際にアドバイザーを務めた関係でユナイテッドでのキャリアをスタート。2013年からはCEOに就任し、ここ数年では経営面に加えて、クラブの補強部門の実権も握っていた。 なお、欧州サッカー連盟(UEFA)のチャンピオンズリーグ(CL)やヨーロッパリーグ(EL)に対抗するものとして、計画されたESL。18日に参戦合意の12クラブが明らかになり、今後も新たに3クラブが常任クラブに加わった上で、成績に応じて5クラブを追加した20チーム制の大会になる構想も伝えられていた。 しかし、UEFAと国際サッカー連盟(FIFA)、各国のサッカー協会、各国リーグの反発に加え、世論や自クラブからの猛反発により、チェルシーやマンチェスター・シティ、バルセロナ、アトレティコ・マドリーなどのクラブが相次いで参戦撤回に翻意したと言われており、このままプロジェクト消滅が決定的となっている。 これを受けてウッドワード氏に続き、ESLの副会長を務めるユベントスのアンドレア・アニェッリ会長にもクラブ会長辞任の報道が出ており、今回のプロジェクトの首謀者の一人でもあるレアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長に関してもドミノ式に辞任に追い込まれる可能性が浮上している。 2021.04.21 04:51 Wed
twitterfacebook
thumb

サー・マット・バスビーの名言を引用! ラッシュフォードが自クラブ参戦同意のESLに反対姿勢

マンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードが、クラブの偉大なるレジェンドの名言を引用して自クラブが設立を主導するヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)に反対する姿勢を見せた。 欧州サッカー連盟(UEFA)のチャンピオンズリーグ(CL)やヨーロッパリーグ(EL)に対抗するものとして、計画されるESL。18日に参戦合意の12クラブが明らかになり、今後も新たに3クラブが常任クラブに加わった上で、成績に応じて5クラブを追加した20チーム制の大会になる見込みだ。 だが、批判が相次ぎ、本格稼働に向けて“大揉め”必至。UEFAと国際サッカー連盟(FIFA)はともに全面的に反対する声明を発表している。 そういった中、プレミアリーグのビッグ6の一角としてESL設立において中心的な役割を担うユナイテッドの中心選手であるラッシュフォードは、自身の公式ツイッターアカウントを通じて一枚の画像を投稿。クラブの財政的な利益のみを追求し、ファン・サポーターの気持ちを蔑ろにする自クラブの姿勢を暗に批判した。 ラッシュフォードが今回投稿した画像には、ユナイテッドの伝説的な指揮官であるサー・マット・バスビーの「Football is nothing without fans(フットボールはファンなしには存在しえない)」との名言が書かれたオールド・トラフォードのバナーが写されていた。 なお、今回の投稿はわずか2時間経過時点で33万以上の「いいね」が付くなど、多くの人々の賛同を得ている。 厳密にはレジェンドの名言も“一枚の絵は千の言葉に値する”とのことわざを体現したラッシュフォードの今回の投稿は、多くのフットボーラー、フットボールファンの思いを表しているはずだ。 2021.04.21 00:44 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly