シンデレラボーイ・ミュージアラがドイツ代表を選択!「生まれた国が正しい選択だと感じた」

2021.02.24 19:19 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バイエルンに所属するMFジャマル・ミュージアラ(17)は、ドイツ代表で戦うことを決断したようだ。イギリス『アスレティック』が報じている。先日のチャンピオンズリーグのラツィオ戦で、イングランド人として17歳363日という大会史上最年少ゴール記録を打ち立てて一躍時の人となったミュージアラ。同時に新たなシンデレラボーイには、どのA代表を選ぶかが注目されていた。


2003年2月に、ドイツ人の母とナイジェリア系イギリス人の父を持つミュージアラは、ドイツのシュツットガルトで生を受けたが、2010年夏にサウサンプトンの下部組織に入団し渡英。その1年後にチェルシーに移籍し、2019年夏にバイエルンに加入するまで9年間イングランドで過ごした。

そのためイングランド代表でプレーする権利も持っており、これまでアンダー世代の代表では、イングランド代表として呼ばれることが主だった。

しかし、『アスレティック』の独占インタビューでシニア代表はドイツを選んだことを発表。「簡単な決断ではなく、長い間考えていた。でも、自分が生まれたドイツが正しい選択だと思ったんだ」と理由を説明している。

なお、今月26日に18歳の誕生日を迎えるミュージアラは、バイエルンとプロ契約を結ぶと見込まれている。
関連ニュース
thumb

フリック監督をドイツ代表の次期指揮官に推すキミッヒ「引き継いでくれることを願っている」

バイエルンに所属するドイツ代表MFヨシュア・キミッヒがハンジ・フリック監督をドイツ代表の次期指揮官に推した。ドイツ『キッカー』が伝えている。 昨シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)を制するなど、チームに“3冠”をもたらしたフリック監督だが、17日に今シーズン限りでの退団意向を表明。今夏に開催されるユーロ2020を最後に退任が決定済みのヨアヒム・レーブ監督の後任として、ドイツ代表指揮官に就任するという噂も流れている。 キミッヒもこの発表には「驚いた」と反応。そうした上で、「今はもちろん、もし夏にそうなったら、その後のドイツ代表を彼が引き継いでくれることを願っているよ」とフリック監督を次のドイツ代表指揮官に推した。 また、同じくバイエルン所属のドイツ代表MFレオン・ゴレツカは「この1年半の間に見せてきたフットボールを最後の試合でも披露しようというのがハンジを含めた全体のモチベーションになっている。この時間を価値あるものにしたいと思っているよ」とコメント。フリック監督の花道を飾りたいと意気込んだ。 2021.04.23 17:10 Fri
twitterfacebook
thumb

チュポ=モティング、バイエルンとの契約を1年延長へ!

バイエルンの元カメルーン代表FWエリック・マキシム・チュポ=モティング(32)が新契約を結ぶようだ。 チュポ=モティングは昨季限りでパリ・サンジェルマン(PSG)に別れを告げ、昨年10月にバイエルンに1年契約で加入。ドイツ『ビルト』によると、両者の話し合いは進み、新たに1年契約が結ばれるという。その他の詳細は明らかになっていないが、契約延長の見通しとみられる。 チュポ=モティングはポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキのバックアッパーとしての役割ながら、ここまで公式戦30試合の出場で9得点1アシスト。レヴァンドフスキの欠場が続くここ公式戦5試合は4ゴールの活躍を披露している。 なお、チュポ=モティングがドレッシングルーム内でも良い影響をチームに与えている様子。プロ意識が高く、コーチングスタッフからも高く評価されているようだ。 2021.04.23 16:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ブンデスリーガが5月の残り3節で全クラブに隔離措置を決定、ユーロを考慮し日程遵守が目的

ドイツサッカーリーグ機構(DFL)は22日、ブンデスリーガ、ブンデスリーガ2(ドイツ2部)に関して、今シーズンの残り3試合で隔離措置をとることを発表した。 DFLによると、残り3節に関しては2段階の隔離措置を採用することに決定。ティム・マイヤー教授が率いる「スポーツ医学/特別試合運営タスクフォース」が「サッカー委員会」と連携して行った勧告に従ったものとのことだ。 今回の隔離措置は2つのステップが計画されており、まずは定期的なPCR検査プログラムに含まれる、プロのチーム、コーチングチーム、チーム関係者からなるグループが、5月3日(月)以降、自宅またはトレーニング施設やスタジアム内のみに隔離されるというものだ。 これは、接触を減らし、感染リスクを最小限に抑えることを目的としており、昨シーズンの最終盤でも同様の措置を行って成功したとしている。 また、2番目のステップとして、5月12日(水)からは全36クラブ(1部と2部の前クラブ)の該当者が、24時間以内にPCR検査を受け、陰性となった後に「隔離合宿」に入るというものだ。 「隔離合宿」は、第34節(5月22日、23日)の各クラブの最終節が終了するまで義務付けられるもの。従って、ブンデスリーガとブンデスリーガ2の最終節は、この期間に行われるということになる。 「隔離合宿」の目的は、レギュラーシーズンの後に行われるユーロ2020による時間的なプレッシャーを考慮し、試合の開催にさらなる安全策を講じるというもの。日程を後ろ倒せないという状況に対応するということだ。 なお、クラブの責任下において、選手、監督、トレーニングスタッフが接触しないことが求められる。なお、チームドクターなどが、特定の職業上の任務のために例外的に「隔離合宿」を離れる場合は、直前の抗原検査が陰性である必要など、感染予防対策はより強められるという。 ドイツでは、各クラブで新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者が出ている状況。ヘルタ・ベルリンはクラスターにより試合が中止に追い込まれるなどしていた。 2021.04.22 19:15 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルン退団表明のアラバ、近くレアル・マドリーとサインか

オーストリア代表DFダビド・アラバ(28)のレアル・マドリー移籍決定が差し迫っているようだ。 バイエルンと続いた今季最終年の契約を巡る延長交渉が破談に終わり、今年2月の会見で今夏の退団を表明したアラバ。その意思を公にして以降もブンデスリーガ9連覇にまい進するチームの主力として活躍を続けるが、豊富な実績だけでなく、複数ポジションを高いレベルでこなせる実力者とだけあって、行き先に熱い視線が注がれている。 そんなアラバはスペイン行きを目指しているとされるなか、バルセロナのほかにチェルシーとパリ・サンジェルマン(PSG)も行き先候補に挙がっている状況だが、以前に口頭合意も指摘されたレアル・マドリーが新たな活躍先になる模様。ドイツ『スカイ』によれば、近日中にもレアル・マドリーと2026年までの5年契約を結ぶという。 今夏のレアル・マドリーは今季契約切れのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが去就不透明で、フランス代表DFラファエル・ヴァランも移籍の憶測が浮上中。ブラジル代表DFマルセロの去就も定かでなく、そうしたポジションをカバーできるアラバを打ってつけの存在として獲得を狙っているものとみられる。 2021.04.21 16:45 Wed
twitterfacebook
thumb

9連覇王手のバイエルン、指揮官も「土曜日に優勝を決める」と意気込む

バイエルンのハンジ・フリック監督が、チームのパフォーマンスに満足感を示した。クラブ公式サイトが伝えている。 バイエルンは20日に行われたブンデスリーガ第30節で、レバークーゼンと対戦。今週に入り、フリック監督が今季限りでの退任希望を表明するなどクラブ内は混乱しているが、ピッチ上では盤石さをアピール。完全に主導権を握り先制点を奪うと、最後まで相手にペースを掴ませず2-0で勝利した。 この結果、2位RBライプツィヒとの勝ち点差は10ポイントまで広がっており、次節のマインツ戦で勝利を収めれば9連覇が決定する状況となっている。フリック監督は試合を振り返り、チームの卓越したパフォーマンスを称賛した。 「チームが今日の前半のようなプレーを見せてくれたときは楽しくなる。後半はクリーンシートを維持したいと思って臨んだ。そしてそれが達成できたことに対して、満足している」 「我々は非常に冷静だったと思う。試合前、今日は正しい方向に向かって大きな一歩を踏み出すことができるとチームに話したんだ。そして、その通りになった」 「今、我々は2位に10ポイント差をつけてリードを保っている。だからこそ、土曜日は決着をつけられるチャンスだ。そして、そこで決めたいと思っている」 2021.04.21 11:11 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly