ミラノ・ダービー控えるミラン、主力温存で10人のツルヴェナ・ズヴェズダにドロー《EL》

2021.02.19 05:11 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランは18日、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・1stレグでツルヴェナ・ズヴェズダとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。

リールやスパルタ・プラハ、セルティックが同居したグループを首位で通過したミランは、3日後にインテルとのミラノ・ダービーを控える中、イブラヒモビッチやチャルハノール、ケシエら主力を温存。控え選手中心のメンバーで臨んだ。

ホッフェンハイムやスロバン・リベレツ、ヘントが同居したグループを2位で通過したツルヴェナに対し、ミランは移籍後初先発のマンジュキッチが最前線に構え、2列目は右からカスティジェホ、クルニッチ、レビッチと並べた。

立ち上がりから押し込んだのはミラン。12分には右サイドからのカルルのクロスにマンジュキッチがヘッドで合わせにかかり、ルーズボールをテオ・エルナンデスが押し込んだが、VARの末にテオにハンドがあったとしてノーゴールとなった。

さらに19分、クルニッチのミドルシュートがGKを強襲したミランだったが、20分にイバニッチのミドルシュートでGKドンナルンマを強襲される。

ここから互角の攻防に持ち込まれ、39分にはベナセルが負傷交代した中、42分にミランが均衡を破った。ボックス右からカスティジェホが入れたクロスがパンコフのオウンゴールを誘った。

迎えた後半、劣勢の入りとなったミランは51分にPKを献上する。ファルチネッリのシュートがボックス内のロマニョーリの手に当たった。このPKをカンガに決められ試合を振り出しに戻された。

ツルヴェナの攻勢を受けていたミランだったが、59分にPKを獲得し返す。テオ・エルナンデスがボックス左に侵入したところでパンコフに倒された。

このPKをテオ・エルナンデス自ら決めてミランが勝ち越しに成功した中、77分にはロディッチに2枚目のイエローカードが提示され、ミランは数的優位となった。

このまま逃げ切るかと思われたが、試合終了間際に右CKからパンコフのヘディングシュートが決まり、2-2でタイムアップ。それでもアウェイゴール2つを獲得し、来週行われる2ndレグに向けてアドバンテージを得ている。


関連ニュース
thumb

離脱が長引くイブラヒモビッチ、アトレティコとのCLも欠場へ…復帰は10月中頃か

ミランのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチの復帰はまだ先になるようだ。 10月に40歳を迎えるイブラヒモビッチ。これまで数々のビッグクラブでプレーし、ゴールを量産してきた。 そのイブラヒモビッチは、ヒザを負傷した結果、今夏のユーロ2020を欠場。さらにシーズン開幕まで離脱が長引くこととなった。 今シーズンは12日に行われたセリエA第3節のラツィオ戦で途中出場するといきなりゴール。しかし、その試合以外は全て欠場している。 現在はアキレス腱に違和感があるとし、チームのトレーニングにもまだ合流していない状況だ。 先日は自身のコンディションについて「1日1日を大切にしているが、腱にわずかな問題がある。リスクを冒したくないし、ピッチに戻ったり離れたりをして、昨年のように多くの試合を欠場したくない」と語り、「失敗をしたくないから、自分をスーパーマンだと思わずに、自分の体に耳を傾ける」と、珍しく弱気ともとれる発言をしていた。 そのイブラヒモビッチだが、28日に予定されているチャンピオンズリーグ(CL)第2節のアトレティコ・マドリー戦も欠場することになるようだ。イタリア『ガゼッタ・デrロ・スポルト』が伝えた。 イブラヒモビッチは10月のインターナショナルマッチウィークも休養に当て、その先の戦いに万全の状態で臨むように備えるとのこと。10月19日のポルト戦、またはその前の16日に行われるエラス・ヴェローナとの試合を目指すという。 2021.09.27 18:25 Mon
twitterfacebook
thumb

祖父、父に続いたダニエル・マルディーニ「まだ気持ちの整理必要」

ミランのU-20イタリア代表MFダニエル・マルディーニが夢心地の心境を語った。 祖父チェーザレ、父パオロと同じくミランでプロキャリアを歩み、2020年2月にトップチームデビューのD・マルディーニ。25日に行われたセリエA第6節のスペツィア戦でプロ入り後のリーグ初先発を果たした。 トップ下に入ると、0-0の48分にU-21フランス代表DFピエール・カルルの右クロスに頭で合わせ、先制弾をマーク。プロ初の一発がチームにとっても暫定首位に繋がる大きなゴールとなり、2-1の勝利に貢献した。 ミランのテクニカルディレクター(TD)を務める父パオロもスタンドから見守るなか、親子三代でゴールという歴史的一発をマークしたD・マルディーニだが、試合後の『DAZN』で興奮冷めやらぬ様子で振り返った。 「すごく嬉しい。こんなにも強く感動するなんてね。幸いにも3ポイントを持ち帰れたわけだけど、まだ気持ちを整理する必要がある」 そんなD・マルディーニは「昨日、先発を告げられたんだ」と前日にスペツィア戦での先発を知らされたという。「緊張したが、チームメイトが助けてくれた」と続け、周囲からの手厚いサポートを明かした。 また、「(ステファノ・)ピオリは鼓舞してくれ、アドバイスもくれたよ」と述べると、「父もそう。彼からの要求は厳しいが、僕にとって何よりもまず父なんだ」と息子の活躍を見届けた父パオロにも感謝した。 2021.09.26 16:15 Sun
twitterfacebook
thumb

D・マルディーニにプロ初弾のミラン、ディアス弾でスペツィアに競り勝つ《セリエA》

ミランは25日、セリエA第6節でスペツィアとのアウェイ戦に臨み、2-1で競り勝った。 ミランは前節ヴェネツィアに2-0で勝利し、4勝1分けと好スタートを切った。3日後にチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリー戦を控える中、ヴェネツィア戦のスタメンから6選手を変更。D・マルディーニがセリエA初スタメンを飾り、負傷明けのジルーがスタメンに戻った。 前節ユベントスと接戦を演じた1勝1分け3敗スタートのスペツィアに対し、ジルーを最前線に、2列目に右からサーレマーケルス、D・マルディーニ、レビッチと並べたミランがボールを握る展開となったものの、最初にゴールに迫ったのはスペツィア。20分、エヌゾラの強烈なミドルシュートがGKメニャンを強襲した。 前半半ば以降は膠着状態に陥り、互いにゴールに迫ることはできず、前半はゴールレスで終了。 枠内シュート0に終わった前半を受け、ミランは後半からジルーとレビッチに代えてレオンとペッレグリを投入。 すると後半開始3分、D・マルディーニにセリエA初ゴールが生まれる。右サイドからのカルルのクロスをヘディングで押し込んだ。 59分にはピンチを迎えるも、ゴール至近距離からのマッジョーレのヘディングシュートは枠を外れて助かった。 その後はレオンが追加点に迫っていたミランだったが、80分に落とし穴。ボックス右で仕掛けたヴェルデにカットインシュートを決められた。 それでも、失点を受けてブラヒム・ディアスを投入したミランは終盤の88分に勝ち越す。決めたのはディアス。ボックス左でサーレマーケルスがDFを引き付けてクロス。フリーのディアスが蹴り込んだ。 これが決勝点となってミランが勝利。5勝目を挙げている。 2021.09.26 00:04 Sun
twitterfacebook
thumb

「あのときは全てが足りなかったが…」昨季黒星のスペツィアにリベンジ目指すミラン指揮官

ミランのステファノ・ピオリ監督が、スペツィア戦でのリベンジを誓った。クラブ公式サイトが伝えている。 25日に行われるセリエA第6節でスペツィアと対戦するミラン。開幕5試合で4勝1分と、上々のスタートを切った中で、昨シーズンのアウェイゲームでは0-2と敗れた“難敵”を相手に、勝ち点「3」獲得を目指す。 試合を前に、ピオリ監督は対戦相手であるスペツィアへの警戒を強めつつ、昨季と同じアウェイの地でのリベンジを誓った。 「昨シーズンの試合のことを考えながらこの試合に臨むことはない。あのときはすべてが足りなかったが、今回は最初から最後までチームとして真剣勝負をしなければならない」 「小さなピッチで激しい試合をすることになるが、戦術的な明快さとゲームのスピード感を持って、可能な限り最善の方法でスペースを支配しければならないだろう」 また、今季ここまでの国内リーグを振り返り、第5節終了時点で首位に立つナポリを称賛した。 「私もナポリは上手くいくと思っていた。彼らはほとんど昨季からチームが変わっていないし、リーグでもトップクラスの実力を持っている」 「彼らは他の多くのチームと同様に、スクデットや上位を目指して戦う。 上位陣の争いは熾烈を極めるだろう」 2021.09.25 17:57 Sat
twitterfacebook
thumb

一瞬で瓦解したスーパーリーグ構想、ロナウド氏は理解を示す「マドリーvsインテルは誰もが見たい」

元ブラジル代表のロナウド氏が、ヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)構想に一定の理解を示した。『フットメルカート』がコメントを伝えている。 今年4月、世界中のフットボール界を騒がせたESL構想。レアル・マドリーやユベントスの会長らが主導となり、プレミアリーグの“ビッグ6”やセリエAのインテルやミラン、ラ・リーガからはバルセロナやアトレティコ・マドリーといった、ビッグクラブのみを集めた新たなリーグの設立を目論んでいた。 ところが、選手を含む関係各所、ファンによる大反発を受け、構想発表からわずか2日後にプレミアリーグのクラブが次々と不参加を表明すると、ミラノ勢やアトレティコもそれに続いて辞退を決定。 そして、程なくしてESL構想は立ち消えとなり、実現に至ることはなかった。だが、ロナウド氏は全面的に反対意見というわけではないようだ。選手時代の古巣マドリーの会長で友人でもあるフロレンティーノ・ペレスとの関係性も考慮しての発言かもしれないが、魅力は確かにあったと語った。 「ファンは最高の試合を見たいと思うものだ。私のようなサッカーフリークは、レアル・マドリーがミランやインテル、マンチェスター・シティやパリ・サンジェルマンと対戦するところを見てみたいのだ。準々決勝や準決勝を待つことなくね」 「イギリスではスーパーリーグに対して抗議行動が行われたことがあったが、これはきちんとした説明がなされていなかったり、適切に設定されていなかったりしたためだ。このプロジェクトには可能性があると思うし、近い将来にクラブやファンのためにイノベーションが起こるだろう」 そしてサッカー界のレジェンドは「計画を改善し、より良い条件と最高の試合を提供するために、ヨーロッパのチームと責任ある機関との間で、オープンな対話が必要不可欠だ」と呼びかけている。 2021.09.24 16:40 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly