FC東京を退団したFWジャエルが母国のセアラーへ加入

2021.02.18 11:55 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
昨シーズンまでFC東京でプレーしたブラジル人FWジャエル(32)が、母国のセアラーに加入することとなった、クラブが発表した。ジャエルは、フルミネンセの下部組織からクリシューマに移籍しキャリアをスタート。その後は、アトレチコ・ミネイロやクルゼイロ、ゴイアス、バイーアなどでプレー。スウェーデンのカルマルでもプレーした。


そのほかにも韓国の城南FCや中国の重慶力帆でプレーすると、2019年2月にグレミオからFC東京へと完全移籍で加入した。

FC東京では明治安田J1で15試合に出場し1得点を記録。2020シーズンは松本山雅FCへと期限付き移籍し、明治安田J2で14試合に出場し1得点を記録していたが、そのまま退団していた。

ジャエルは2022年末までセアラーと契約を結んだとのこと。カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAでは71試合で12ゴール7アシストを記録しているが、母国で再び輝けるだろうか。
関連ニュース
thumb

森重真人が2試合連続の土壇場ゴール!大久保嘉人が開幕3連発のC大阪を下しFC東京が逆転勝利【明治安田J1第2節】

6日、明治安田生命J1リーグ第2節のFC東京vsセレッソ大阪が味の素スタジアムで行われ、3-2でFC東京が勝利した。 開幕戦では浦和レッズとアウェイで対戦し、1-1の引き分けに終わったFC東京。一方で、開幕戦はホームで柏レイソルに勝利したものの、ミッドウィークに行われた前倒し開催の第11節で川崎フロンターレに逆転負けを喫したC大阪の一戦となった。 FC東京は開幕戦から1名を変更。渡邊凌磨に代えてYBCルヴァンカップでゴールを決めた田川亨介を先発起用した。 対するC大阪は開幕戦の柏戦と同じ11名をピッチに送り、2戦連発中のFW大久保嘉人は3試合連続での先発となった。 立ち上がりからリズムを掴んだのはFC東京。セカンドボールの回収から、C大阪陣内でのプレー回数が増えていく。 すると9分、FC東京はFKからレアンドロがクロスこれを森重がボックス内でヘディングで合わせるも、わずかに枠の上を越えていく。 中盤での攻防が続く中、C大阪は一瞬の隙を突いてゴールを奪う。14分、クリアボールを拾った坂元が右サイドから左足でクロス。上手く抜け出した大久保がダイビングヘッドで合わせゴール。大久保の3試合連続ゴール、2試合連続で古巣相手のゴールでC大阪が先制した。 ペースを握りながらも先制を許したFC東京。21分にはやや遠目の位置からのFKをレアンドロが直接狙うが、このシュートは枠を捉えられない。 35分にもレアンドロが見せる。ボックス手前でディエゴ・オリヴェイラ、田川と細かくパスをつなぎ、拾ったレアンドロが窮屈な姿勢からシュート。しかし、これは枠を越えていく。 C大阪も右の坂元を中心に攻撃を仕掛けるが、なかなか追加点を奪えない。ピッチがスリッピーなせいもあり、ミスも散見されてしまう。 C大阪の1点リードで迎えた後半、FC東京はMFアルトゥール・シルバを下げてDFジョアン・オマリを投入。森重を1つ上げてアンカーで起用する。 それでも最初の決定機はC大阪。49分に自陣からパスを繋ぐと、清武がドリブルで持ち上がり、最後はボックス内から左足シュート。しかし、これはサイドネットを揺らす。 FC東京は52分、ボックス内右で囲まれるも粘ってマイナスのパス。これを受けた田川が引きつけて横パスを出すと、レアンドロもシュートが打てず横へ。これを小川が左足で狙うも瀬古がブロックする。 それでもFC東京は54分にスコアを動かす。森重からのスルーパスに田川が反応。これは通らないものの、DFのバックパスがGKキム・ジンヒョンへ。田川が追いかけると、キム・ジンヒョンはヒールでコントロールしようとするも失敗。その後パスを出そうとしたが、スピードに乗った田川が一気に間合いを詰めて押し込み、FC東京が同点に追いつく。 それでも58分、右サイドで坂元がボールを持つと、スルーパスに抜け出た大久保がボックス右からマイナスのパス。これを清武がスルーすると、後方から走りこんだ原川が右足一閃。これが決まり、追いつかれたC大阪がすぐさま勝ち越しに成功する。 勝ち越されたFC東京は攻勢を強めると、69分にボックス手前で安部が倒されてFKを獲得する。これをレアンドロがキッカーを務めると、GKキム・ジンヒョンの裏をかいて壁のないコースに蹴り込み、FC東京が同点に追いつく。 そのFC東京は勢いを見せると、77分にはドリブルで中央を持ち上がった三田がボックス手前から左足シュート。しかし、これはブロックされる。 さらにFC東京は83分、ドリブルで持ち上がったアダイウトンがボックス左からクロス。これをファーサイドで永井がヘッド。しかしGK波多野がワンハンドセーブ。こぼれ球を永井が拾い、最後はレアンドロがボックス内からシュートも、西尾が顔面ブロックを見せて得点を許さない。 互いに勝ち越しゴールを目指すがなかなかスコアが動かず。引き分けかと思われた後半アディショナルタイム3分、ボックス左でFKを得ると、レアンドロがクロス。柔らかいボールをニアサイドで森重がヘディング。これが決まり、土壇場で勝ち越しに成功。そのまま試合は終了し、3-2でFC東京が勝利した。 FC東京 3-2 セレッソ大阪 【FC東京】 田川亨介(後9) レアンドロ(後26) 森重真人(後48) 【C大阪】 大久保嘉人(前14) 原川力(後13) 2021.03.06 15:58 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第2節:FC東京vsC大阪】初勝利欲しいFC東京、大久保嘉人は3戦連発なるか

【明治安田生命J1リーグ第2節】 2021年3月6日(土) 14:00キックオフ FC東京(1pt/8位) vs セレッソ大阪(3pt/4位) [味の素スタジアム] ホーム開幕戦となるFC東京が、2試合を終えて1勝1敗のセレッソ大阪を迎える一戦。タイトル獲得を目指す両者が2節で激突する。 ◆攻撃の改善はできたか【FC東京】 開幕戦はアウェイでの浦和レッズ戦で1-1のドローに終わったFC東京。チーム状態という点では、浦和の方に分があったように見えたが、低調なパフォーマンスながら勝ち点1を持ち帰ったことは大きい。 決定打に欠けた試合となった要因は、やはり選手のコンディションの部分と言えるだろう。昨シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)で負ったケガから復活も万全の状態ではなかったディエゴ・オリヴェイラを始め、どこかキレのない選手が散見された。 そんな中、迎えたミッドウィークのYBCルヴァンカップでは、浦和戦の11人を全て変更して戦い、昇格組の徳島ヴォルティスに勝利した。若い力が光った結果である一方で、長谷川健太監督としてはメンバー選びが難しくなる一戦だったとも言える。 今節の相手は昨シーズン4位でリーグ戦を終えたC大阪。復帰したFW大久保嘉人が爆発中であり、攻撃的なサッカーをこの2試合は披露している。しっかりと守らなければいけない相手であり、難敵であることは間違いない。 いかにボールを奪ってから正確な攻撃を仕掛けられるか。浦和戦では見られなかった前線でのタメをどう作るのか注目が集まる。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:波多野豪 DF:中村帆高、渡辺剛、森重真人、小川諒也 MF:東慶悟、アルトゥール・シルバ、安部柊斗 FW:渡邊凌磨、永井謙佑、レアンドロ 監督:長谷川健太 ◆攻撃面は◎、そのまま押し切るか【セレッソ大阪】 開幕戦では柏レイソル相手にホームで快勝、前倒しで行われたミッドウィークの第11節の川崎フロンターレ戦ではリードしながらも逆転を許して敗れたC大阪。3戦目のFC東京相手には、再び勝利を目指す。 この2試合、復帰した大ベテランのFW大久保嘉人が躍動。古巣の川崎F戦では2ゴールを記録し、チームを勝利に導くかと思われたが、逆転を許して敗れてしまった。 レヴィー・クルピ監督を迎えてかつての攻撃サッカーを取り戻したC大阪は、攻撃の迫力こそ増したものの、やはりマテイ・ヨニッチが抜けた守備には若干不安定さが見て取れる。 さらに、中盤の強度も昨シーズンに比べて弱まった印象。ボールを奪えてからいかに効率的に攻撃を行うかがポイントだけに、プレスを回避されてしまった後のカバーリングが課題となりそうだ。 FC東京も攻撃力に長けた選手が揃っているだけに、ミスは命取りになる。川崎F戦の二の舞にならないように、攻撃でも守備でも強度を見せてしっかりと戦えるかがカギとなる。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、西尾隆矢、瀬古歩夢、丸橋祐介 MF:藤田直之、原川力 MF:坂元達裕、清武弘嗣、高木俊幸 FW:大久保嘉人 監督:レヴィー・クルピ 2021.03.06 11:35 Sat
twitterfacebook
thumb

前回王者FC東京が徳島下し白星発進! 準優勝の柏は横浜FCに敗れる《ルヴァンカップ》

3日、YBCルヴァンカップ第1節の6試合が各地で行われた。 昨季は新型コロナウイルス禍による特別レギュレーションの下、FC東京が11年ぶり3度目の優勝を果たした。今大会は従来のレギュレーションに戻し、4チーム4グループのグループステージを戦ったあと、各グループ上位2チームで行われるプレーオフステージで4チームまで絞り、AFCチャンピオンズリーグに出場する川崎フロンターレ、ガンバ大阪、名古屋グランパス、セレッソ大阪を加えた計8チームでプライムステージを行う。 すでに2日に2試合を消化しており、Bグループではヴィッセル神戸が大分トリニータに1-3で逆転勝利。Cグループでは湘南ベルマーレvs浦和レッズがゴールレスドローに終わっている。 開幕節2日目は、Bグループでは王者・FC東京が徳島ヴォルティスと対戦。8分に味方とのワンツーでボックス右に抜け出した田川が相手DFのスライディングタックルを受けて倒される決定的なシーンが訪れたが、主審はCKを指示。DFの足はボールに触れておらず、田川はPKを強く主張したが、そのままプレーは流された。 その後は中盤で一進一退の攻防に。互いになかなかチャンスが作れない中、FC東京が35分のセットプレーでゴールに迫る。敵陣左サイド中央から上がったクロスを手前で後ろに逸らし、最後は青木がヘディングシュート。枠を捉えたが、GK長谷川の好セーブに阻まれた。 後半から2人入れ替えた徳島は48分、左サイドを突破した川上の折り返しを河田が合わせる。徳島にとっては初の決定機だったが、GK児玉のファインセーブに遭い、先制ならず。 肝を冷やしたFC東京だったが59分にネットを揺らす。永井が右からクロスを上げると、相手DFがクリアミス。これをボックス中央にいた田川が左足で蹴り込み、試合を動かした。 FC東京は最後までこのゴールを守り切り、ホームで1-0で勝利。7年ぶりのリーグカップ出場となった徳島を破り、前回王者が白星スタートを切った。 Cグループでは、前回ファイナリストの柏レイソルと横浜FCが激突。両者の対戦成績は4勝4分け4敗と全くの互角だが、この試合もその様相を見せる。開始1分で瀬川のシュートに繋げた柏は、8分にはその瀬川がオーバーヘッドシュートでゴールに迫る。対する横浜FCも12分に杉本のボックス手前から放ったシュートが GKを強襲。さらに、19分にはカウンターから松尾、杉本と繋いでシュートに持ち込むが、ここもGKキム・スンギュに止められた。 その後、柏はショートカウンターから決定機を演出。まずは37分、敵陣中央でボールを奪い、椎橋がボックス手前右からシュートへ。45分には、今度は敵陣右サイドでボールを奪い、素早くボックス中央の瀬川へボールを展開。瀬川はキックフェイントでDFを一人躱してシュートに持ち込んだが、力み過ぎたのかクロスバーを越えてしまった。 試合が動いたのは後半に突入した51分。横浜FCが左サイドからアーリークロスを入れたところ、伊藤が胸トラップした直後に遅れて入った上島に倒されてPKを獲得。これを自ら伊藤が決めて均衡を破った。 柏は同点ゴールを目指して攻勢を強めるが、再三のチャンスを生かせない。89分に途中出場のイッペイ・シノヅカのパスから江坂がボックス右に抜け出すが、シュートは惜しくも枠を捉えられず試合終了。0-1でアウェイの横浜FCが勝利を収めた。 Dグループでは、昨季ベスト4の横浜F・マリノスがベガルタ仙台を1-0で下している。16分に右サイドから水沼が上げたクロスに、オナイウ阿道がジャンプしながら合わせて先制。 仙台はなかなかシュートまで運べない時間が続いたが、39分に自陣からのカウンターでチャンス到来。左サイドに展開し、最後はクロスを受けた中原が右足で狙ったが、惜しくも左に外れた。その直後には横浜FMも前田のシュートで決定機を迎えるが、GK小畑のセーブに遭う。 後半はカウンターからフィニッシュに持ち込む仙台に対し、横浜FMはカウンターを恐れず攻勢を強めるが、互いにゴールは奪えず試合終了。ホームの横浜FMが逃げ切り、開幕白星を挙げた。 同グループのもう一試合、サンフレッチェ広島vs清水エスパルスはゴールレスドローに終わっている。守備から入る清水に対し、広島は後半の序盤に立て続けに2度の決定機を迎える。右サイドのクロスから鮎川のヘディングシュート、さらにはエゼキエウのミドルシュートが枠に収まるが、どちらもGK永井に防がれてしまう。 86分には途中出場の浅野が右からカットインする得意の形でフィニッシュまで持ち込んだが、ここもGK永井に止められ万事休す。0-0のまま、試合終了のホイッスルが鳴った。 Aグループでは、最多6回の優勝を誇る鹿島アントラーズがサガン鳥栖をホームに迎えた。試合は早々に動く。10分、味方のスルーパスで右サイドの深い位置に抜け出した荒木のクロスを、エヴェラウドが打点の高いヘディングで合わせてゴール。 その後は互いにシュートを打ちながらも得点は生まれず迎えた後半、64分に鹿島が突き放す。左サイドでボールを持った和泉がドリブルでゆっくりとボックスへ侵入。左角辺りでDF2人の間からコントロールシュートを放つと、これが右ポストに当たってゴールに吸い込まれた。 さらに鹿島は71分、途中出場の染野のチェックでボックス手前でボールを奪うと、こぼれ球を拾った白崎から、ボックス左へ走り込む染野へスルーパス。染野はこれを丁寧にゴール右に流し込んで、プロ入り後2点目を決めた。 これで試合を決定づけた鹿島は、その後もゴールに迫りながら試合を支配。結局、3-0で快勝を収めた。 グループAのもう一方の試合は、アビスパ福岡vs北海道コンサドーレ札幌。前半だけで2ゴールをマークしたドウグラス・オリヴェイラの活躍で1-3とリードした札幌が、後半の失点を1点に抑え、最終的に2-3で勝利。J1開幕から2連勝を収めた。 ◆YBCルヴァンカップ第1節 【Aグループ】 アビスパ福岡 2-3 北海道コンサドーレ札幌 鹿島アントラーズ 3-0 サガン鳥栖 【Bグループ】 大分トリニータ 1-3 ヴィッセル神戸 FC東京 1-0 徳島ヴォルティス 【Cグループ】 湘南ベルマーレ 0-0 浦和レッズ 柏レイソル 0-1 横浜FC 【Dグループ】 横浜F・マリノス 1-0 ベガルタ仙台 サンフレッチェ広島 0-0 清水エスパルス 2021.03.03 20:58 Wed
twitterfacebook
thumb

いきなりVAR発動! 杉本弾取り消しの新生・浦和が終始ペース握るもFC東京が追いつきドロー【明治安田J1第1節】

27日、2021明治安田生命J1リーグ開幕節の浦和レッズvsFC東京が埼玉スタジアム2002で行われ、1-1の引き分けに終わった。 新シーズンの開幕戦。緊急事態宣言下での試合となったため5000人に制限され、FC東京のサポーターは観戦できない状況で開幕を迎えた。 ホームの浦和は、徳島ヴォルティスを昨シーズンの明治安田J2優勝に導いたリカルド・ロドリゲス監督を招へい。[4-4-2]をベースに可変システムを採用している。 開幕戦の先発には、GKに西川周作、最終ラインは右からDF宇賀神友弥、DF岩波拓也、DF槙野智章、DF山中亮輔が入り、ボランチには新加入のMF伊藤敦樹とキャプテンのMF阿部勇樹、右サイドに新加入のMF明本考浩、左サイドにMF汰木康也、トップ下気味にMF小泉佳穂が入り、トップにFW杉本健勇が起用された。 対するFC東京は、昨シーズンはYBCルヴァンカップを制し、悲願のリーグ制覇に臨む。長谷川健太監督の下、昨シーズンから継続する[4-3-3]を採用。GKは波多野豪、守備ラインは右からDF中村帆高、DF渡辺剛、DF森重真人、DF小川諒也が並び、アンカーにMFアルトゥール・シルバ、インサイドハーフにMF東慶悟とMF安部柊斗を起用。3トップは右に新加入のMF渡邊凌磨、左にFWレアンドロ、中央にFWディエゴ・オリヴェイラを起用した。 昨シーズンはFC東京が2勝したカード。目まぐるしくポジションを入れ替えるリカルドイズムが表れている浦和が最初にチャンスを作る。 5分、山中のパスを受けた小泉が丁寧にスルーパス。これを受けた杉本がボックス内左から落ち着いて流し込みネットを揺らした。 幸先よく浦和が先制したかと思われたが、このゴールに対して今シーズンはJ1の全試合で導入されるVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)のチェックが入り、杉本のポジションがオフサイドだったとして得点が取り消されている。 FC東京はJ1デビューとなった右サイドの渡邊の突破からの組み立てを目指すが、なかなかゴールに迫れない。 浦和は集中した守備と、トランジションの早さでFC東京の攻撃の芽を敵陣で詰みペースを握る。FC東京はディエゴ・オリヴェイラやレアンドロを使うも、なかなか崩すまでは至らない。 30分にも浦和が決定機。岩波からの縦パスを受けた明本が森重を背負いながら体を入れ替えて抜け出すと、ボックス内でかわして折り返し。しかし、杉本はシュートをミートできず。こぼれ球を小泉が拾うがシュートは打てない。 押し込み続ける裏は38分、汰木からの浮き球のパスに対して飛び出した明本がヘッド。しかし、GK波多野が飛び出してパンチングで対応した。 浦和は前半アディショナルタイムにボックス手前、24mの位置でFKを獲得。これを山中が豪快に左足で狙うと、壁に入っていた汰木の背中に当たってディフレクト。シュートは枠に飛んだが、GK波多野がしっかりとキャッチし前半が終了する。 FC東京は後半スタートからディエゴ・オリヴェイラに代えてアダイウトンを起用する。すると後半立ち上がりの47分、森重の浮き球のパスに抜け出した東がボックス中央でトラップ。浦和守備陣の一瞬の隙を突いたが、これはシュートまではいけない。 後半もペースを掴んだのは浦和。パスをつなぎつつ、サイドを起点にFC東京ゴールに迫る。 出足の早い守備は変わらず、細かいパスを繋いでいた前半からサイドからのクロスが増えている後半。しかし、高さのあるFC東京はしっかりと対応して得点を許さない。 それでも迎えた74分、ついに浦和が均衡を破る。右CKを獲得すると小泉のクロスをニアで明本がフリックするとボックス内で槙野がシュート。これをGK波多野がなんとか触り、東がクリア。しかし、これを阿部がダイレクトで蹴り込むと、コースが変わりネットを揺らし、浦和がついに先制する。 先制を許したFC東京は、アルトゥール・シルバと東に代えて、新加入の青木拓矢と三田啓貴を投入。浦和は攻守で良いパフォーマンスを見せていた小泉を下げ、新加入の田中達也を入れた。 そのうらは79分にもビッグチャンス。ボックス左から山中がクロスを入れると、杉本がニアでヘッド。しかし、GK波多野が左手一本でナイスセーブを見せ、追加点を許さない。 ここまでチャンスを作れていなかったFC東京だが、セットプレーから86分についに仕留める。岩波のファウルでFKを得たFC東京は、三田が精度の高いボールをボックス内に入れると、中央で森重がドンピシャヘッド。これが決まり、FC東京が同点に追いつく。 試合終盤で追いついたFC東京に対し、浦和は最後まで攻勢を強めるがゴールは奪えず。そのまま試合は終了し、1-1の引き分けに終わった。 浦和レッズ 1-1 FC東京 【浦和】 阿部勇樹(後29) 【FC東京】 森重真人(後41) 2021.02.27 15:58 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1開幕直前ガイド|FC東京】カップタイトルを手に、積み上げて狙うは初のリーグタイトル!

2021シーズンの明治安田生命J1リーグは2月26日に開幕。昨シーズンは降格がなくなったため、今シーズンは史上初となる20チームでのJ1リーグとなる。 昨シーズンに引き続きコロナ禍でのリーグ戦開催となる中、各クラブが積極的な補強や、チームの改革を行っている。 そこで、開幕を前に超ワールドサッカー編集部が、チームのノルマや補強達成度、イチオシ新戦力、そしてJリーグの開幕キャチコピーとして発表された「#2021のヒーローになれ」にあやかり、今シーズンのヒーローになるべき選手をピックアップした。 第15弾は、昨シーズンの明治安田J1で6位のFC東京を紹介する。 <div id="cws_ad">◆基本布陣(予想)[4-3-3]</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jl2021fctokyo_1_tw.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©CWSBrains,LTD.<hr></div> ◆補強動向《B》※最低E~最高S 【IN】 GK阿部伸行(36)←AC長野パルセイロ/完全移籍 DFブルーノ・ウヴィニ(29)←アル・イテハド(サウジアラビア)/完全移籍 DF大森理生(18)←FC東京ユース/昇格 DF蓮川壮大(22)←明治大学/新加入 MF青木拓矢(31)←浦和レッズ/完全移籍 MF渡邊凌磨(24)←モンテディオ山形/完全移籍 MFレアンドロ(27)←鹿島アントラーズ/期限付き移籍→完全移籍 【OUT】 GK志村滉(24)→ジュビロ磐田/期限付き移籍終了 GK廣末陸(22)→ラインメール青森/完全移籍 DF丹羽大輝(35)→未定 DF木村誠二(19)→京都サンガF.C./期限付き移籍 DF柳貴博(23)→北海道コンサドーレ札幌/完全移籍 DF山田将之(26)→大宮アルディージャ/期限付き移籍延長 MF平川怜(20)→松本山雅FC/期限付き移籍 MF宮崎幾笑(23)→ファジアーノ岡山/期限付き移籍 MFナ・サンホ(24)→FCソウル(観光)/完全移籍 MF鈴木喜丈(22)→水戸ホーリーホック/期限付き移籍延長 FW矢島輝一(25)→大宮アルディージャ/完全移籍 FW原大智(21)→NKイストラ(クロアチア)/完全移籍 FWジャエル(32)→セアラー(ブラジル) <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=ucigii4klsbr1b92y2ogkpkl2" async></script> </div> 人数としてはそれほど多くの補強をしなかったものの、チームとして層が薄い部分を埋めに行った形となった。 浦和レッズでボランチとして主軸を務めていたMF青木拓矢の補強は非常に大きく、チームとしては昨シーズンMF髙萩洋次郎とMF安部柊斗がメインに。シーズン途中からはMFアルトゥール・シルバも務めていた。 [4-3-3]中で、ダブルボランチやアンカーとどちらも試したが、アンカーとしての適任者が見つかったとはいえず。そういった点で、浦和時代にもアンカーを務めていた青木の獲得は非常に大きなプラス材料となるだろう。 また、アタッカーとしての活躍が認められ自身初のJ1挑戦となるMF渡邊凌磨(←モンテディオ山形)も貴重な存在だ。FWレアンドロが完全移籍となったために、ブラジル人トリオは健在だが、攻撃面で違うアクセントを与えてくれる渡邊の加入もプラスとなる。 一方で退団した選手は出場機会が限られていた選手がほとんど。昨シーズンの戦力になっていたのはFW原大智(→NKイストラ)ぐらいで、海外挑戦となれば勝手が変わってくる。 チームとしては、昨シーズンからのさらなる積み上げが期待されるところ。国内大会に照準を当てられるだけに、しっかりと新戦力をフィットさせ、チーム力を上げていきたい。 ◆目標:優勝争い <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jl2021fctokyo_2_tw.jpg" style="max-width:100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨シーズンはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の影響もあり、超過密日程を戦わなくてはいけなかったFC東京。さらに、シーズン途中にはMF橋本拳人、DF室屋成と主力が一気に2人も抜けたことで、バランスは崩れてしまった。 加えて、シーズン途中にケガ人が相次ぎ、フルスカッドが組めたことはほとんどない状態。一方で、若手の台頭も目立ち、降格がないシーズンを生かして、しっかりとチームの底上げを図れたことは大きなプラスだったといって良いだろう。 長谷川健太監督としては就任4年目。2019シーズンは優勝に手が届きそうなところで惜しくもタイトルを逃したが、2020シーズンはYBCルヴァンカップを獲得。もちろん狙うのは、リーグタイトルだろう。 チームとしてのベースが既にできあがっているだけに、今シーズンやるべきはどこまで精度を上げ、ブラッシュアップできるか。長谷川監督としてもスタイルを継続する中で、チームとしてのポテンシャルを最大限まで引き上げたい。 ◆超WS編集部イチオシ新戦力 MF青木拓矢(31) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jl2021fctokyo_3_tw.jpg" style="max-width:100%;"></div> 編集部がイチオシしたい新戦力は、浦和レッズから加入したMF青木拓矢だ。 ボランチのポジションでは、プロ入りした大宮アルディージャ、そして浦和とどちらのチームでもレギュラーとしてプレー。チームの屋台骨になってきた存在だ。 特にポジショニングの能力に長け、危機察知能力も高く、守備面で貢献が期待されるところ。一方で、非凡なパスセンスや試合を読む力も持っており、攻撃面でもチームの力になれる存在だ。 青木は「バランスを取ってというのが第一で、他に付加価値として縦パスやロングフィードというのができると思います」と自身のストロングポイントを語っていた。 中盤でボールを刈り取る守備力に加え、フィジカルに優れ、スピードもある前線を生かすパスも期待できる青木の存在には注目だ。 ◆2021年期待のヒーロー MF安部柊斗(23) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jl2021fctokyo_4_tw.jpg" style="max-width:100%;"></div> 今シーズン期待するヒーローは、2年目を迎えるMF安部柊斗だ。 昨シーズンはルーキーイヤーながら明治安田J1で27試合に出場し2得点を記録。長谷川監督が求める[4-3-3]のシステムにうまくフィットしていた。 シーズン途中には[4-2-3-1]のボランチにも入り、チームを支えた安部。豊富な運動量で中盤のどこにでも顔を出すところに加え、タイトなマーク、激しいプレスとショートカウンターの起点にもなれる存在だ。 上背はないが、デュエルできる部分もチームとしては助かる存在であり、中盤に厚みをもたらすことができる存在とも言える。 青木が加入し、渡邊も入ったことで、ポジション争いには変化が出てくるシーズンとなる。しかし、FC東京のサッカーを体現するには欠かせない存在。2年目のジンクスを感じさせない働きが安部には求められることになる。 2021.02.24 21:58 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly