岐阜の韓国人MFハム・ヨンジュンが母国復帰

2021.02.12 21:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
FC岐阜は12日、MFハム・ヨンジュン(23)が韓国のJinju Citizen FCへと完全移籍することを発表した。ハム・ヨンジュンは2019年に岐阜に加入。2019シーズンは明治安田J2で8試合に出場。2020シーズンは明治安田J3で2試合に出場していた。


しかし、12月18日に契約満了が発表。2シーズンで退団となっていた。
関連ニュース
thumb

岐阜退団のDF橋口拓哉が26歳で引退、柏や町田、宮崎でプレー

FC岐阜は4日、DF橋口拓哉(26)の現役引退を発表した。 橋口は宮崎県出身で、宮崎日本大学高校から流通経済大学を経て、2017年に柏レイソルへと入団した。 加入1年目はリーグカップで1試合に出場しデビューを果たすと、2年目の2018年はFC町田ゼルビアへ期限付き移籍。明治安田J2で1試合に出場していた。 3年目の2019シーズンは当時JFLのテゲバジャーロ宮崎へと期限付き移籍し、JFLで10試合に出場し2得点。2020シーズンから岐阜に完全移籍すると、明治安田J3で12試合に出場し1得点を記録していた。 2020シーズン限りで契約満了が発表されていた橋口だが、現役引退を決断。岐阜を通じてコメントしている。 「この度現役を引退することになりました!今後の進路が決まってからのリリースをお願いしていたので皆さんに報告が遅くなってしまい申し訳ありません」 「短いプロ生活ではありましたが、この4年間は自分にとって財産です。この経験を次の人生に活かしていけること、これからまた新しいチャレンジが出来ること、全てにワクワクしています」 「サッカーを通じて僕に出会ってくれたみんな大好きです!また会いましょう!ありがとうございました!」 2021.02.04 18:40 Thu
twitterfacebook
thumb

「お詫びと決意をお伝えしたい」仙台が岐阜と契約更新のDF長倉颯を完全移籍で獲得

ベガルタ仙台は16日、FC岐阜のDF長倉颯(24)が完全移籍で加入することを発表した。 長倉は横浜F・マリノスの下部組織出身で、ユースから法政大学へと進学。2019年に岐阜に入団していた。 岐阜では2シーズンを過ごし、プロ1年目の2019シーズンは明治安田J2で8試合、プロ2年目の2020シーズンは明治安田J3で3試合の出場に終わっていた。 長倉は8日に岐阜との契約を更新することが発表されていたが、仙台への電撃移籍となった。長倉はクラブを通じてコメントしている。 ◆ベガルタ仙台 「はじめまして。FC岐阜から加入することとなりました、長倉颯です。コロナ禍ではありますが、1日でも早くチームに貢献し、ユアスタで勝利の喜びをファン、サポーターのみなさまと分かち合えるよう、日々精進します。応援よろしくお願いいたします」 ◆FC岐阜 「FC岐阜の宮田社長をはじめ、チーム関係者、そして支えて下さっているファン・サポーターの皆様にお詫びと決意をお伝えしたいと思います」 「2021年シーズンを共に岐阜で闘うことを一度は決めて契約更新をさせて頂きましたが、今回ベガルタ仙台からお話しを頂き、そのステージで挑戦したいという思いが強く、今回誠に勝手ながらFC岐阜から離れる事を決断致しました。J2昇格に貢献出来なかった事に悔いが残っていますが、今後のFC岐阜の活躍を心より祈っております。2年間、応援本当に有難うございました」 2021.01.16 10:10 Sat
twitterfacebook
thumb

FC岐阜で2人目のコロナ感染者…症状はなし

FC岐阜は15日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルスに感染したことを報告した。 クラブによると、14日にコロナ感染症チェックを実施したところ、当該選手の感染が確認されたとのこと。過去1週間における体調の変化はなく、15日現在も体調不良や発熱などの症状は訴えていないという。 また、保健所による濃厚接触者特定に関して、当該者がいないことも確認済み。現在は当局指示の下、指定の宿泊先に隔離し、療養に努めているようだ。 なお、岐阜では今月10日にもトップチームの選手1名が新型コロナウイルスに感染したことを報告していた。 2021.01.15 15:59 Fri
twitterfacebook
thumb

岐阜、筑波大MF生地慶充の新加入を発表 「J2昇格のために全力で戦います」

FC岐阜は15日、筑波大学に所属するMF生地慶充(22)の加入内定を発表した。 東京都生まれの生地はFC東京U-18出身の身長177cm、体重70kgのMF。2016年に2種登録、2017年には特別指定選手としてFC東京のトップチームに登録された経験を持つ。加入内定を受け、クラブ公式サイトで意気込みを語っている。 「この度、FC岐阜に加入することになりました、筑波大学の生地慶充です。幼い頃からの夢であったプロサッカー選手になれたことを大変嬉しく思うと同時に、これまで支えて下さった方々、指導していただいた監督、コーチの方々、切磋琢磨しあった仲間への感謝の気持ちでいっぱいです」 「強い覚悟と責任を持って、必ず結果という形で恩返ししていきたいと思います。FC岐阜の目標であるJ2昇格のために全力で戦います。応援よろしくお願いします」 2021.01.15 11:20 Fri
twitterfacebook
thumb

元日本代表FW前田遼一が現役引退、J1歴代5位の通算154得点…古巣磐田のU-18コーチに就任

FC岐阜は14日、元日本代表FW前田遼一(39)が現役を引退することを発表した。 前田は暁星高校から2000年にジュビロ磐田へ入団。4シーズン目から出場機会を得ると、2009年は20得点、2010年は17得点を記録し、2年連続でJ1得点王に輝いていた。 2015年にFC東京へ完全移籍すると、2019年にFC岐阜へ完全移籍していた。 J1通算429試合出場154得点、J2通算71試合出場22得点、J3通算35試合4得点を記録。リーグカップでも75試合で21得点を記録していた。 タイトルとしては、J1でステージ優勝3回、天皇杯1回、ナビスコカップ1回で優勝を果たしていた。 また、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で14試合に出場し、4得点を記録していた。 日本代表にも2007年に招集。2013年までプレーし33試合に出場し10得点を記録。しかし、ワールドカップに出場することはなかった。 なお、前田は古巣である磐田のU-18コーチに就任する。前田はクラブを通じてコメントしている。 「僕にプレーする機会を与えてくれたジュビロ磐田、FC東京、FC岐阜に関わる全ての皆さん、そして21年間僕を支え、応援してくれた全てのファン、サポーターの皆さん。皆さんのおかげで本当に幸せなサッカー人生でした!本当にどうもありがとうございました!」 「この度ジュビロ磐田で指導者としてのスタートをきるチャンスをいただくことができました!ゼロからのスタートになりますが、指導者としてこれから頑張っていきたいと思いますので、これからもよろしくお願いします!」 2021.01.14 17:50 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly