アスリートのワクチン接種について専門家「必須のアイテム」、タイミングは「試合前日は避けたほうが」

2021.01.25 15:05 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
Jリーグと日本野球機構(NPB)は25日、「第24回 新型コロナウイルス対策連絡会議」を実施した。

コロナ禍における2020年のシーズンを無事に終え、新たなシーズン開幕に向けて準備を進めているJリーグとプロ野球。互いにシーズン開幕前のキャンプが予定されている中、コロナ禍で迎える初の事態となる。

宮崎県や沖縄県を中心に、普段とは違う環境で行われるキャンプ。地方自治体との連携が重要視され、医療体制が逼迫する中での実施となるが、週1回のPCR検査を実施するなど、万全の感染対策を敷いて臨む事となる。
一方で話題となっているのがワクチンの摂取だ。医療従事者、そして高齢者から優先的にワクチンの接種が進められることになるが、選手や関係者への影響はどの程度あるのか。専門家チームからの見解が示された。

賀来満夫氏(東北医科薬科大学医学部・感染症学教室特任教授)は「ワクチンは強制ではなくて、個人個人がどう考えるかということ。選手それぞれの考えがあると思う」とし、接種は強要できないとしながらも、「この新型コロナウイルスは有効な薬剤がなく、感染防止は個人のケアと人流を下げていくしかない。その中では有効だと考えている」とし、ワクチンは感染拡大防止に有効だと見解を述べた。

効果としては「90%を超える有効性があるとされている。副作用がないわけではないが、中止せざるを得ない副作用ではない」とし、副作用が一定あるものの、有効だとコメント。「アスリートなので、体調には非常に注意しなければなりません。今日の会議前に議論が少しあり、どんな風に打っていけばいいのか」と、議題に上がったとコメント。「30分以内にアナフィラキシー反応が出る可能性がある。頭痛や局所の痛みなども出る可能性はある。試合についての間隔を考えなければならない」とし、試合前のどのタイミングでワクチンを打つのが良いのかを検討する必要があるとした。

また、三鴨廣繁氏(愛知医科大学大学院医学研究科臨床感染症学教授)は「ワクチンは期待されている通り。スポーツ界も興業として考えれば必須のアイテムになる」とし、接種が望ましいとコメント。「有効性と安全性は1、2カ月のものは出ている。ただ、当然中長期3~5年の有効性、安全性は出ていない」とコメント。「有効性は94、5%について出ている。安全性は局所の反応が10~20%出る。どのワクチンもアナフィラキシー的な反応は出るもので、全身の反応も10~20%で出る」と語った。

ワクチンを打つタイミングについては「3日ぐらいで無くなるものなので、試合前日にワクチンを接種するのは避けていただくことが望ましいと言わせていただいた」と見解をコメント。試合直前は避けた方が良いとの見解を述べた。

サッカーの場合は週に1試合、多くても週末とミッドウィークに2試合のため、ワクチンを接種するタイミングは取れそうだが、プロ野球は基本的に連戦となり3日試合が空くことはほとんどないため、選手のやりくりに大きく影響が出そうだ。


関連ニュース
thumb

鳥栖、今季仙台で2桁ゴールのFW富樫敬真を完全移籍で獲得!「サガン鳥栖で新たな歴史を作れるように」

サガン鳥栖は29日、ベガルタ仙台からFW富樫敬真(29)の完全移籍加入を発表した。 横浜F・マリノスの下部組織で育った富樫は、関東学院大学を経て2016年に同クラブでプロデビュー。その後はFC東京、FC町田ゼルビア、V・ファーレン長崎とわたり歩き、2021年8月に仙台へ移籍すると、昨季は主力として明治安田生命J1リーグで12試合出場3ゴール2アシストの成績を残したが、チームはJ2降格が決定した。 今シーズンも仙台に残留すると、明治安田生命J2リーグで37試合に出場して11ゴールを記録。目標としていたJ1復帰を逃したチームを、得点源の一人として支えた。 そんな仙台を離れ、1年半過ぶりにJ1へ戻ることになる富樫。両クラブを通じてコメントしている。 ◆サガン鳥栖 「この度、ベガルタ仙台から移籍し加入することとなりました富樫敬真です。サガン鳥栖という素晴らしいクラブに加入できること、とても嬉しい気持ちと同時に身が引き締まる思いです」 「すでに開幕が待ち遠しいですが、シーズンインまで心構えを今一度しっかり整えます。2023シーズン、サガン鳥栖で新たな歴史を作れるよう自分の全てを尽くします。よろしくお願い致します」 ◆ベガルタ仙台 「昨年の夏に加入後、いかなる時も支えてくれたファン、サポーター、選手、スタッフ、家族、友人、ベガルタ仙台に関わるすべての人へ心からの感謝を伝えさせてください。本当にありがとうございました。注いでいただいた愛と熱、エネルギーを、ピッチで返しきれてないかなという思いはあります。返しきれてないままではありますが、細胞に巡るみなさまから注がれたものを大切に、僕は新しいチャレンジを決めました。感謝の気持ちを込めて新天地でプレーします」 「コロナ禍後、初の声出しの日に目の前で浴びた「魂こがして」が忘れられません。僕の宝物です。個人チャントも本当にありがとうございました。チームの仲間にも恵まれました。気がきかない僕にも優しくしてくれる先輩、最初は様子伺いながらも最終的には全力でいじってくれる後輩、なんでも話をしてくれる93年組、家族ぐるみで仲良くしてくれるみんな、必要な時に必要な声をかけてくれるコーチングスタッフ、トレーナー、マネージャー、通訳、広報のみなさま。そして手倉森監督、原崎監督、伊藤監督。ありがとうございました」 「いまだに1年半だけの在籍だったとは感じられません。それだけ濃い時を過ごし、エネルギーをいただきました。またお会いできる日を楽しみに日々鍛錬していきます。魂こがして」 2022.11.29 17:35 Tue
twitterfacebook
thumb

清水、中央学院大学からGK阿部諒弥の来季加入内定を発表「決して驕る事なくチームの為に努力します」

清水エスパルスは29日、中央学院大学のGK阿部諒弥(21)の来季加入内定を発表した。 北海道出身の阿部は、帯北アンビシャス、帯広北高校サッカー部への所属を経て、中央学院大学に進学。193cmの高さを武器とするGKとして、高校時代にはU-18日本代表の候補にも選出された。 新シーズンからプロキャリアをスタートさせる阿部。クラブを通じてこれまでお世話になった人への感謝やプロへの意気込みを述べている。 「2023シーズンより清水エスパルスへ加入する事になりました、中央学院大学の阿部諒弥です。清水エスパルスという歴史あるチームの一員になれる事を大変嬉しく思います。これまでお世話になった指導者の方々や練習を共にしたチームメイト、そしてどんな時もサポートしてくれた家族には感謝の気持ちでいっぱいです」 「大学4年の春に怪我をし、清水エスパルスには本当に沢山のサポートをしていただきました。スカウトのお二人は何度も様子を見に来て下さり、様々な言葉をかけていただきました。その一つ一つが自分にとっての支えとなり怪我を完治する事が出来ました。この感謝の気持ちを次はプレーで返す番だと思っていますので、清水エスパルスの勝利の為に貪欲にプレーします。プロサッカー選手になった事がゴールではありません。これから沢山の事を吸収し、決して驕る事なくチームの為に努力しますので、応援よろしくお願いします」 2022.11.29 15:37 Tue
twitterfacebook
thumb

川崎F、湘南FW瀬川祐輔が完全移籍加入! 「タイトルを獲りに来ました」

川崎フロンターレは29日、湘南ベルマーレからFW瀬川祐輔(28)の完全移籍加入を発表した。 瀬川は2016年に明治大学からザスパクサツ群馬でプロの門を叩き、1年目からJ2リーグで13得点を記録。2017年から大宮アルディージャに移り、2018年から柏レイソルで4年間を過ごした。 そして、今年からは湘南に活躍の場を移し、J1リーグではチーム最多の32試合に出場。複数のポジションをこなせるアタッカーで、攻守のハードワークも生かしつつ、公式戦4ゴールを決めた。 来季から川崎FでプレーするJ1リーグ通算110試合18得点の28歳は川崎Fの公式ウェブサイトを通じて意気込みを語っている。 「湘南ベルマーレから加入することになりました瀬川祐輔です。小学生の頃から身近に感じていたクラブでプレーできることに喜びを感じています。タイトルを獲りに来ました。フロンターレがもっともっと強くなるように、自分の持っている力を全て出します。よろしくお願いします!!」 一方、湘南を通じてはわずか1年の在籍ながら、充実した日々だったと振り返り、移籍を決断した経緯とともに、感謝の言葉を綴った。 「自分のキャリアの中でも、とても充実したシーズンを過ごすことができ、サッカーの楽しさを改めて感じることができました。また、サッカー選手としての成長を大きく感じた一年でもありました。一年間、ありがとうございました」 「今年は、覚悟を持って湘南ベルマーレに移籍してきました。チームの目標には到達できませんでしたし、個人的な結果も残せなかったと思っています」 「しかし、オファーをいただき、自分の夢から逆算してたくさんのことを考え抜いた結果、今年以上の大きな覚悟と野心を持ってチャレンジしたい、もっともっと成長できると思い、この決断をしました。ホーム最終戦のあの雰囲気、一生忘れません! 本当にありがとうございました!」 2022.11.29 15:20 Tue
twitterfacebook
thumb

「お揃いかわいい」「家族写真ステキ」柿谷曜一朗ファミリーがお揃いのディズニーコーデで楽しむ「ナイスファミリー」

名古屋グランパスのFW柿谷曜一朗が家族と共にディズニーランドを訪れたようだ。 シーズンが終了し、オフに入っているJリーグ。柿谷は10月に左腓骨筋腱損傷で手術。シーズン終盤は欠場していた。 その柿谷だが、妻の丸高愛実さんがインスタグラムを更新。娘2人と共にディズニーランドを訪れたことを報告した。 「ディズニーランドデビュー。長女の方がベビーカーに乗る。二女沢山歩く。カチューシャ付けてたの一瞬」 柿谷と丸高さん、そして2人の娘は色違いながらもディズニーのスウェットを着用。柿谷はミッキー、丸高さんと2人の娘は色違いながらお揃いのミニーのスウェットを着ていた。 シンデレラ城の前でのファミリーショットなど楽しそうな写真が公開されたが「ナイスファミリー」、「ハッピーな気分」、「素敵な家族」、「みんなでディズニーコーデかわいい」、「家族写真ステキ」、「お揃いかわいい」と幸せそうな家族写真に多くのコメントが寄せられた。 <span class="paragraph-title">【写真】柿谷ファミリーがディズニーランドに登場</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Clh0gleSRKO/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Clh0gleSRKO/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Clh0gleSRKO/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">丸高愛実(@marutakamanami)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.11.29 14:15 Tue
twitterfacebook
thumb

札幌が福岡大DF岡田大和と仮契約、2024シーズンからの加入が内定「行動で、そして結果で恩返ししていきたい」

北海道コンサドーレ札幌は29日、福岡大学のDF岡田大和(21)との仮契約を発表した。2024シーズンから入団する。 岡田はサンフレッチェ広島と提携しているサンフレッチェくにびき、米子北高校を経て、福岡大学へと進学していた。 札幌は「左足の強力なシュートと正確なクロスで得点&アシストをする事ができる。攻守においてハードワークができ、強靭なフィジカルで1対1にも強い」とプレーの特徴を紹介している。 岡田はクラブを通じてコメント。意気込みを語った。 「この度、2024シーズンより北海道コンサドーレ札幌に加入することが内定しました、福岡大学の岡田大和です。プロサッカー選手としての人生を北海道コンサドーレ札幌というクラブで、そして北海道という魅力溢れる地で始められることを大変嬉しく思います」 「この日を迎えることができたのは、多くの方の支えがあったからです。これまでに出会った指導者の方々をはじめ、数えきれない程の人が私を支え、応援してくれました」 「特に、米子北高校の城市総監督、中村監督、福岡大学の乾監督、児玉コーチとの出会いが私の成長に大きく影響しました。米子北高校に進学していなければ、福岡大学に進学していなければ今の私はありません。本当に私は指導者に恵まれてきたのだと改めて感じています」 「そして、いつも多くの犠牲を払い、一番近くで支え続けてくれた家族には感謝してもしきれません。これからも、私を支えてくれる全ての方への感謝の思いを持ち、行動で、そして結果で恩返ししていきたいと思います。応援のほどよろしくお願いいたします」 <span class="paragraph-title">【写真】2024シーズンから札幌に加入する岡田大和</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">サッカー部(男子)の岡田大和選手が2024シーズンからJ1・北海道コンサドーレ札幌へ!<a href="https://twitter.com/hashtag/%E7%A6%8F%E5%B2%A1%E5%A4%A7%E5%AD%A6?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#福岡大学</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E7%A6%8F%E5%B2%A1%E5%A4%A7?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#福岡大</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#サッカー</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%AC%E6%9C%AD%E5%B9%8C?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#北海道コンサドーレ札幌</a><a href="https://t.co/uT2XBJNUj3">https://t.co/uT2XBJNUj3</a></p>&mdash; 福岡大学 (@Fukuoka_Univ_PR) <a href="https://twitter.com/Fukuoka_Univ_PR/status/1597441163098673152?ref_src=twsrc%5Etfw">November 29, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.29 13:45 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly