「個別のファンサービスはできない」と村井チェアマンが改めて明言、キャンプでは週1回の検査など最大限の感染予防を実施

2021.01.25 13:27 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
Jリーグと日本野球機構(NPB)は25日、「第24回 新型コロナウイルス対策連絡会議」を実施した。コロナ禍における2020年のシーズンを無事に終え、新たなシーズン開幕に向けて準備を進めているJリーグとプロ野球。互いにシーズン開幕前のキャンプが予定されている中、コロナ禍で迎える初の事態となる。


宮崎県や沖縄県を中心に、普段とは違う環境で行われるキャンプ。地方自治体との連携が重要視され、医療体制が逼迫する中での実施となる。

最大限の感染予防対策を行う中、キャンプが行われるが、選手や関係者の感染、特にクラスター発生が最も懸念されることだ。

専門家チームの賀来満夫氏(東北医科薬科大学医学部・感染症学教室特任教授)は、「無症状から伝播していることがわかってきた。症状が出てからうつるのは40%ぐらいで、症状がない時からうつることに気をつけなければならない」と見解を語り、昨今増えている無症状での陽性反応者をいかに見つけるかが重要だとした。

また、「基本的な感染対策はもちろんだが、無症状であってもうつるので、常に感染している可能性を考えなければいけない」とし、「食事での注意などは、プロ野球、Jリーグとガイドラインを含めてしっかりと注意していると聞いている。検査も1週間に1回行うとのことで、会話の注意やマスクの着用など総合的に対策を行うことが重要になると思う」とし、検査を頻繁に行うことで無症状の感染者を早期に見つけ出すことが、感染拡大につながらない1つの策だと語った。

三鴨廣繁氏(愛知医科大学大学院医学研究科臨床感染症学教授)は「無症状から伝播するので、検査を行おうという話になっている」とし、検査体制を整えることが重要だと指摘。「どこでもらうか、誰にうつすかわからないという状況になっている。キャンプでは普段いないところで行うわけなので、地元に迷惑をかけない、医療体制が逼迫している状況。プロ野球もJリーグもしっかりと対応されていると思う」と、地元医療機関へ負担をかけないためにも、感染対策をしっかりと行う必要があるとした。

また、「パルスオキシメーターを各チームで準備することに加えて、日頃の体調チェックシートをしっかりする。少しでも悪くなればすぐに医師に相談できる状況を作っていくことが大事」とし、「マスクは皆さんするようになっている。最近は、飛沫感染よりも接触感染が考えられるが、マニュアルには記載されているので、しっかり遵守してもらうことが大事」とし、接触感染も十分に注意を払って行動することが大事だとした。

通常であれば、キャンプ地では地元住民やファン・サポーターが駆けつけて選手とのファン・サービスを楽しむシーンがよく見られるが、今年は全面的に禁止にしている。

村井満チェアマンも「選手は全てのキャンプ地で事前スクリーニング検査を行った上で行きますし、その後も週1回の検査を行う」とし、「個別のファンサービスはできないことを明言しています」とコメント。また選手たちにも「キャンプ終了後、地域での外食や会食など不要不急の外出制限も申し入れている」と、外出を控えるように呼び掛けているとした。

シーズン開幕前のチームをチェックしたい方も多くいるだろうが、新シーズン開幕をしっかりと迎えるためにも、今年のキャンプはチームからの発信を頼りにすることが求められそうだ。
関連ニュース
thumb

Jリーグ百年構想クラブにクリアソン新宿、鈴鹿ポイントゲッターズ、ヴェルスパ大分が認定

Jリーグは25日、Jリーグ百年構想クラブの審査結果を発表した。 25日の理事会でクリアソン新宿、鈴鹿ポイントゲッターズ、ヴェルスパ大分を「Jリーグ百年構想クラブ」として認定したと発表した。 クリアソン新宿は関東サッカーリーグ1部に所属。鈴鹿ポイントゲッターズとヴェルスパ大分はJFLに所属している。 クリアソン新宿は、今オフにサガン鳥栖のDF小林祐三や、栃木SCのDF瀬川和樹など元Jリーガーが大量に加入していた。 Jリーグ百年構想クラブは現在、ラインメール青森(JFL)、いわきFC(JFL)、栃木シティフットボールクラブ(関東リーグ1部)、VONDS市原(関東リーグ1部)、南葛SC(関東リーグ2部)、ヴィアティン三重(JFL)、F.C.大阪(JFL)、奈良クラブ(JFL)の8クラブが認定されている。 2021.02.25 20:55 Thu
twitterfacebook
thumb

広島、流通経済大から仙波大志&満田誠が来季加入内定! ともにユース育ち

サンフレッチェ広島は25日、流通経済大学に在学するMF仙波大志(21)、FW満田誠(21)の来季加入内定を発表した。 広島県生まれの仙波は広島の下部組織育ち。熊本県生まれの満田も広島ユース在籍歴を持ち、両選手ともに高校卒業後、流通経済大学に進学した。 育った広島への凱旋となる両選手はクラブを通じて、それぞれ意気込みを語っている。 ◆仙波大志 「このたび、サンフレッチェ広島に加入することになりました流通経済大学の仙波大志です。幼い頃から育てていただいたこのクラブで、また紫のユニフォームに袖を通して戦えることを大変嬉しく思います! 今まで支えてくださった方々に感謝し、サンフレッチェ広島に結果という形で恩返ししていきたいと思います。サンフレッチェファミリーの皆さま、よろしくお願いします!!」 ◆満田誠 「来季からサンフレッチェ広島に加入することになりました満田誠です。小さい頃からの目標であったプロサッカー選手としてのキャリアをユース時代にお世話になったサンフレッチェ広島という素晴らしいクラブでスタートできることを嬉しく思います。これまでお世話になった方々へ恩返しができるように全力でプレーし、チームの勝利に少しでも貢献できるよう頑張ります。サンフレッチェ広島に関わるすべての皆さま、応援よろしくお願いします」 2021.02.25 18:30 Thu
twitterfacebook
thumb

川崎F、法政大MF松井蓮之の来季加入内定を発表! 今季の特別指定選手にも登録

川崎フロンターレは25日、法政大学に在学するMF松井蓮之(20)の来季加入内定を発表した。 福島県生まれの松井は矢板中央高校出身の大学3年生。身長178cm、体重73kgのボランチだ。加入内定を受け、クラブを通じて意気込みを語っている。 「来シーズン、法政大学より加入することが内定した松井蓮之です。川崎フロンターレという素晴らしいクラブでプロのキャリアをスタートできることを嬉しく思います。自分の強みである運動量やボール奪取という部分を生かし、1試合でも早く試合に絡んでチームの勝利に貢献できるよう頑張ります。またこうしてプロになれたのは、育ててくれた両親や今まで教えてくださった監督やコーチのおかげだと思っています。その方々に恩返しできるような活躍をしていきたいと思います。応援よろしくお願いします」 なお、正式加入は来季からだが、今季からJFA・Jリーグ特別指定選手としてプレー。背番号は「31」を着用する。 2021.02.25 17:15 Thu
twitterfacebook
thumb

横浜FMの仲川輝人が見る後輩MF三笘薫は「非常に厄介」、開幕戦勝利目指す「勝ちにこだわる」

26日に2021シーズンの開幕を控える明治安田生命J1リーグ。その開幕を前に、全20チームの監督と代表選手がオンラインでのメディア取材に応じた。 例年であれば、選手や監督が一堂に会して開幕前に「Jリーグキックオフカンファレンス」が行われる中、今シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響も踏まえてオンラインで実施。開幕カードごとに監督、選手が登場して取材に応対した。 横浜F・マリノスのFW仲川輝人は開幕戦の川崎フロンターレ戦に向けて「開幕戦ですし、ダービーですし、激しい戦いになると思います」とコメント。「スタートダッシュすることが僕たちには必要だと思っています。勝ちにこだわりながら、僕たちのサッカーを表現することをしていきたいと思います」と語り、王者相手での開幕戦勝利を誓った。 今回の合同会見では昨シーズンはルーキーながら13得点を記録し、ベストイレブンにも選ばれたMF三笘薫とともに出席。その三笘は、川崎フロンターレの下部組織時代の後輩にあたる。 仲川は三笘について「緩急のつけ方がうまいので、人数をかけて味方を使うこともできますし、うちとしてはホームとアウェイで点を取られているので、非常に厄介な選手」と警戒。「止めに来ると思いますり、それを三笘くんにも楽しんでもらって、サッカーできればと思います」と、対決を楽しみにしていると語った。 その仲川は2019シーズンに得点王と最優秀選手賞を獲得し、チムのJ1優勝に貢献。しかし、2020シーズンはケガの影響もあり、出場機会が限られていた。 今シーズンに向けては「去年は怪我をしていて半分以上試合に出ていなかったので、今年はそういったところを改善していって、フルシーズン試合に絡めるようにする」と目標を語ると、「数字では23点を目標にしているので、1試合1点を目標にしてなるべく近づけるように頑張っていければと思います」と背番号と同じ得点数を目指すと語った。 その仲川だが、今シーズンに向けての課題は「去年と同様、マークは激しくなると思います。チームとしても相手に研究されるということもあるので、自分にボールが入った時に個人で1人、2人はかわす力がないとチームの攻撃力も上がらないと思います」とコメント。個の力で打開していきたいと語った。 今シーズンについては「自分たちのサッカーをやることだけを目指してキャンプからスタートしているので、非常に楽しみですし、見ている皆さんが楽しめるサッカーをお互いできればと思います。最後は自分たちが勝てればと思っています」と語り、王者との開幕戦で勝利し、シーズン制覇も目指すと意気込んだ。 2021.02.25 16:55 Thu
twitterfacebook
thumb

浦和加入の田中達也に第一子となる女児誕生 「より一層責任感を持ってサッカーに」

浦和レッズは25日、MF田中達也(28)の第一子誕生をクラブ公式ツイッターを通じて報告した。 9日に女の子を授かった田中はクラブを介して「コロナ禍で立ち会いもできない中、がんばって出産してくれた妻と、元気に産まれてきてくれた娘、そしてサポートしてくれた病院のスタッフの方々には感謝しかありません。家族も増え、これからはより一層責任感を持ってサッカーに打ち込んでいきたいと思います」と決意を新たにした。 浦和のレジェンドであるFW田中達也(現・アルビレックス新潟)と同姓同名の選手として話題を呼び、背番号も同選手と同じ「11」を背負う田中は今季、大分トリニータから完全移籍加入。ドリブラーとしてはもちろん、大分時代に磨きをかけた得点力の面でも活躍が期待される。 2021.02.25 16:50 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly