B・フェルナンデスの圧巻FK弾でユナイテッドがリバプールとの打ち合い制す! ハマーズ待つ5回戦へ《FAカップ》

2021.01.25 04:05 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
FAカップ4回戦、マンチェスター・ユナイテッドvsリバプールが24日にオールド・トラフォードで行われ、3-2で勝利したユナイテッドが5回戦進出を決めた。

17日に行われたリーグ戦で激闘を演じた両雄が戦いの舞台をカップ戦に移して再び対峙した注目の一戦。


直近のリーグ戦でフルアムに競り勝ってプレミアリーグ首位を堅持したユナイテッドは、その一戦から先発5人を変更。GKをヘンダーソンに変更したほか、バイリーとフレッジ、ブルーノ・フェルナンデス、マルシャルに代えてリンデロフ、ファン・デ・ベーク、マクトミネイ、ラッシュフォードを起用した。

一方、リバプールはリーグ戦での前節、バーンリーに0-1で競り負けてアンフィールドで69戦ぶりの黒星を喫することになった。難敵相手にバウンスバックを図るこの一戦では先発5人を変更。マティプ、マネが先発から外れてリース・ウィリアムズ、カーティス・ジョーンズが代役を務めた一方、オリジ、シャキリ、オックスレイド=チェンバレンに代わってサラー、フィルミノ、ミルナーと主力クラスが復帰した。

前回対戦ではボールを持って押し込むリバプール、堅守速攻のユナイテッドと戦いの構図が明確だったが、今回の一戦では攻守が目まぐるしく入れ替わるオープンな試合展開となった。

開始10分にボックス右に抜け出したグリーンウッドが角度のないところから右足のシュートを放ってGKアリソンを脅かすと、ここからしばらくユナイテッドの時間が続く。

だが、相手の攻勢をきっちり撥ね返したリバプールは最初の決定機をゴールに結びつける。18分、ハーフウェイライン付近でボールを引き出したワイナルドゥムがそのまま持ち上がって中央でフリーのフィルミノの足元に繋ぐ。ここでフィルミノがボックス右のスペースを狙うサラーに絶妙なスルーパスを通すと、エジプト代表FWは飛び出したGKに対して利き足とは逆の右足を使った見事なチップキックでゴールネットを揺らした。

一瞬の隙を突かれて先制を許したユナイテッドだが、すぐさま反撃を開始。26分には自陣ボックス付近でのポグバの見事なボール奪取から得意のカウンターを発動。左に張っていたラッシュフォードにボールが繋がると、ラッシュフォードはワンステップから圧巻のミドルパスを逆サイドでフリーのグリーンウッドに通す。そして、そのままボックス内に持ち込んだグリーンウッドが冷静に右足のシュートをゴール左隅へ流し込んだ。

1-1のイーブンに戻った試合は追いついた勢いに乗るホームチームが惜し気味に試合を進めていく。ポグバを中心とする球際の勝負で優位に立ち、高い位置を取る相手サイドバックの背後を狙った鋭いカウンターで幾度も相手ゴールに迫る。とりわけ、アレクサンダー=アーノルド、リース・ウィリアムズが並ぶ相手右サイドを執拗に狙い、ラッシュフォード、ショー、ファン・デ・ベークの3人が良い絡みで優位性を保つ。その流れからポグバやマクトミネイに再三のシュートチャンスも、前半のうちにゴールをこじ開けることはできなかった。

それでも、良い流れで後半に入ったホームチームはいきなり逆転に成功する。48分、中盤での続けざまのルーズボールの競り合いを制してハーフウェイラインを越えた辺りでボールを回収したグリーンウッドが左サイドでハイラインの背後を狙うラッシュフォードを狙った斜めのパス。

これは手前にいたDFリース・ウィリアムズに引っかかるかに思われたが、ここでまさかの空振りとなると、背後でボールを引き取ったラッシュフォードがそのままボックス内に運んでコースを狙った右足のシュートを流し込んだ。

ミスから試合を引っくり返されたリバプールだが、前半のユナイテッドのようにこちらも反発力を見せる。58分、相手陣内でカバーニのやや不用意な落としをカットしたミルナーがボックス左のフィルミノに預けてゴール前に走り込む。そして、フィルミノからの折り返しを手前に走り込んだミルナーが巧みにスルーしたところを後方で待ち構えたサラーが左足で流し込んだ。

残り30分余りで再びイーブンに戻った中、両チームのベンチが動く。追いついたリバプールはワイナルドゥムに代えて切り札のマネを投入。この交代でカーティス・ジョーンズが左ウイングから本来のインサイドハーフにポジションを移す。

対するユナイテッドは65分にグリーンウッド、ファン・デ・ベークに代えてこちらも切り札のB・フェルナンデスとフレッジをピッチへ送り出し、ポグバをセントラルMFから前回対戦で務めた右ウイングに配置した。

この選手交代後も試合の主導権はリバプールが握り、サラーに2度のハットトリックのチャンスが訪れたが、GKヘンダーソンの好守に阻まれる。すると、一部でビッグマッチでの勝負弱さが指摘されるユナイテッドの絶対的司令塔が魅せる。

78分、ペナルティアーク付近でカバーニが倒されて得たFKの場面でキッカーを務めたB・フェルナンデスがメインの壁とは逆にポグバ、チアゴが並んでいた側を狙って右足を振り抜くと、これがゴール右下隅の完璧なコースを射抜いた。

再び追う展開になったリバプールは81分に2枚替えを敢行。チアゴとフィルミノを下げてシャキリ、オリジが投入され、南野にとっては現時点での序列を改めて認識される、ドイツ人指揮官の交代策に。

その後、リバプールはリスクを冒して攻撃に出るが、専守防衛の構えを見せるホームチームにことごとく撥ね返される。逆に、89分にはB・フェルナンデスの右クロスをゴール前フリーのカバーニに頭で合わされて痛恨の4失点目かに思われたが、ここは右ポストに救われた。

しかし、後半アディショナルタイムにサラーがボックス内で放ったシュートも枠を外れ、試合はこのままタイムアップ。

リーグ戦でも上位に位置するユナイテッドがホームでリバプールを退けてウェストハムが待つ5回戦進出を決めた。一方、敵地で敗れたリバプールは公式戦連敗となった。

関連ニュース
thumb

今週末にマンチェスター・ダービー! カンセロが語る勝利のカギとは…?

マンチェスター・シティのポルトガル代表DFジョアン・カンセロが今週末に迫るマンチェスター・ダービー勝利のカギを語った。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じている。 公式戦21連勝の圧倒的な歩みでプレミアリーグ2位のマンチェスター・ユナイテッドに14ポイント差をつけ、首位を独走するシティ。7日に本拠地で行われる第27節で直接対決に臨む。 最近のユナイテッドはやや失速気味だが、アウェイ戦21無敗を継続中。サイドバックながらチャンスメイカーとしても輝きを放ち、常勝に大きく貢献するカンセロは攻略法に言及した。 「最近の僕らをビデオでチェックしていると、誰かがボールを失ってから数秒のうちに多くの選手がボールのところにいるのがわかる。それがこのチームの調子が良い秘訣だと思う。僕らはすごくまとまりあるチームで、ピッチ上でも表現できている」 「ユナイテッドはカウンターアタックを売りとするチーム。非常に才能がある選手が揃い、スピードのある選手も前にいる。彼らの強みである攻撃を抑止するのがすごく大事になってくる。そうすることで勝利に近づくはず。この試合に限らずだけどね」 「そういうアプローチを続ければ、今季のホーム戦でもっと多くの成功を収められるはずだ。僕はそれこそ僕らが進むべき道だと信じている」 2021.03.05 13:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ラツィオ、A・ペレイラ買い取らずか…保有元ユナイテッドは新たに売却先探しへ

今季をラツィオで過ごすブラジル代表MFアンドレアス・ペレイラ(25)の将来は不透明な状況のようだ。 昨夏にマンチェスター・ユナイテッドからのシーズンローンでラツィオ入りしたペレイラ。2500万ユーロ(約32億2000万円)の買い取りオプションが付いてのレンタル移籍だが、輝き切れずにいるのが現状だ。 ここまで公式戦21試合に出場しているが、先発数はわずか4回。総プレータイムは548分間にとどまる上、得点関与数も1得点1アシストしかなく、確固たる地位を築くまでに至っていない。 イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によれば、買い取りオプションの行使有無はシーズンの終わりに決断される見通し。ただ、現状的にも行使される可能性は低いというのだ。 そうなると、今季終了後にレンタルバックとなるペレイラだが、保有元のユナイテッドは現金化を望んでおり、新たに売却先を探す模様だ。 2021.03.05 12:45 Fri
twitterfacebook
thumb

スールシャール、レッドリスト国の代表派遣に「選手が10日間も合流できないなら論外」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督がレッドリスト国の代表派遣に難色を示した。クラブ公式サイトが伝えている。 22日の週から2週間にわたる代表ウィークに入るが、イギリスは現在、新型コロナウイルス感染拡大予防策の一環として世界33カ国をレッドリスト国に指定。それらの国から再入国する際はホテルで10日間の自主隔離措置に努めてからとなる。 レッドリストに指定された国のなかにブラジル、ウルグアイ、ポルトガルも含まれており、ユナイテッドの選手ではDFアレックス・テレス、MFフレッジ、エディンソン・カバーニ、MFブルーノ・フェルナンデスに影響してくる可能性がある。 スールシャール監督は3日に敵地で行われたプレミアリーグ第29節のクリスタル・パレス戦後、その件に言及。明言こそ避けたが、レッドリスト国の代表派遣を見送る可能性を示唆した。 「まだきちんとした判断を下せていないが、選手が10日間もチームに合流できないなら論外だ」 「選手に給料を支払っているのは我々。FIFAは派遣しなくても良いルールを我々に与えており、それが今のルールだ。私が知る限りはね」 「だから、選手たちをレッドリスト国に送り出してプレーさせるかどうかは難しい判断になると思う」 2021.03.05 09:45 Fri
twitterfacebook
thumb

“個人的な事情”でパレス戦欠場のデ・ヘアは今後5試合欠場? 妊娠中のパートナーと共に母国一時帰国か

マンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表GKダビド・デ・ヘアが今後5試合を欠場する見込みだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 ユナイテッド在籍10年目の守護神は今シーズンもプレミアリーグ24試合に出場。だが、3日に行われた第29節のクリスタル・パレス戦(0-0)では遠征メンバーから外れていた。 守護神不在の理由に関してオーレ・グンナー・スールシャール監督は、パレス戦前後の会見の場で、ケガや体調不良ではなく「個人的な事情」とのみ説明していた。 そして、今回『デイリー・メール』が新たに伝える情報によると、デ・ヘアの“個人的な事情”とは、昨年11月に第一子妊娠を公表したパートナーのエドゥルネさんに関することのようだ。 エドゥルネさんの健康状態や出産時期などの詳細は不明も、デ・ヘアはクラブからの許可を得てエドゥルネさんと共に母国のスペインに一時帰国しているという。 また、スールシャール監督はデ・ヘアに対して、今月末のインターナショナルマッチウィークが終了するまでスペイン滞在を許可しているようだ。 仮に、今回の報道が事実である場合、デ・ヘアは次節のマンチェスター・シティとのダービーや、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16のミランとの2試合を含め今後の公式戦5試合を欠場することになる。 また、パレス戦を含めて6試合でプレー機会が与えられるイングランド代表GKディーン・ヘンダーソンにとっては、守護神奪取に向けた最大のアピールの場となる。 2021.03.05 00:00 Fri
twitterfacebook
thumb

フィル・チスナル氏が78歳で逝去…ユナイテッドからリバプールに移籍した最後の選手

かつてマンチェスター・ユナイテッド、リバプールなどでプレーしたイングランド人FWのフィル・チスナル氏(享年78)が4日に逝去した。ユナイテッドとリバプールがクラブOBの逝去に哀悼の意を表している。 ユナイテッドのアカデミー出身のチスナル氏は1959年にプロ契約を締結。当時の指揮官サー・マット・バスビーの下、ミュンヘンの悲劇から再建を図るユナイテッド期待の若手アタッカーとして1961年12月にトップチームデビュー。1964年までの在籍期間に公式戦47試合に出場し、10ゴールを挙げていた。 そして、1964年4月には当時の指揮官ビル・シャンクリーからの熱心な誘いを受け、ライバルチームのリバプールに移籍。だが、同クラブでは思うように出場機会を得られず、1967年にサウスエンド・ユナイテッドに完全移籍。その後、1972年にストックポート・カウンティで現役を引退した。 選手として大きな実績を残すことはできなかったが、ユナイテッドとリバプールというイングランド最大のライバル関係において“禁断の移籍”を果たした最後の選手として広く知られている存在だった。 2021.03.04 23:20 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly