ユーベがアルトゥールの初ゴールなどでボローニャ撃破! 冨安はCB&SBで奮闘《セリエA》

2021.01.24 22:32 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第19節、ユベントスvsボローニャが24日にユベントス・スタジアムで行われ、ホームのユベントスが2-0で勝利した。なお、ボローニャのDF冨安健洋はフル出場した。前節、インテルとのデルビーディ・イタリアに完敗した6位のユベントス(勝ち点33)だが、20日に行われたスーペル・コッパではナポリに競り勝ちピルロ体制での初のタイトルを獲得。その勢いにのって勝利を目指す前半戦ラストゲームではキエーザに代えてベルナルデスキを起用した以外、同じメンバーを継続した。


一方、12位のボローニャ(勝ち点20)は前節ヴェローナ戦をウノゼロの勝利で9戦ぶりの白星とした。絶対王者相手に連勝を狙う一戦では冨安が引き続きセンターバックでスタメンを飾った。

立ち上がりからホームのユベントスが押し込む入りを見せ、ボックス内に侵入したクアドラードが相手と交錯して倒れ込むが、ここはノーファウルの判定で早々のPK獲得とはならず。

その後はボローニャもオルソリーニ、バロウの個人技を生かして反撃に転じ、フィニッシュの形を作り出す。14分にはソリアーノがボックス左に抜け出してシュートチャンスも、ここはシュートを逡巡して味方に繋いだ結果、相手守備に対応される。

すると、この流れからカウンターに転じたユベントスはボックス手前でクリスティアーノ・ロナウドからパスを受けたアルトゥールが右足を振り抜く。すると、グラウンダーのシュートが相手DFにディフレクトして大きくコースが変わってゴール右隅に決まった。

アルトゥールのやや幸運な形でのセリエA初ゴールで均衡が破れた試合はここからよりオープンな展開に。互いに鋭いカウンターから決定機を作り合う。28分にはマッケニーのパスに抜け出したC・ロナウド、ベルナルデスキとボックス内で続けて決定的なシュートを放つが、ここはGKスコルプスキの圧巻の反応に阻まれる。さらに、32分にはクアドラードが豪快な中央突破からそのままボックス内に持ち込んで右足を振り抜くが、これは大きく精度を欠いた。

一方、惜しい形まで持っていくものの、フィニッシュまで持ち込めない状況が続いたボローニャだが、40分にはボックス内でオルソリーニが潰れたこぼれ球をソリアーノが狙いすました右足のミドルシュートで狙うが、これは枠の右に。さらに、オルソリーニが潰された場面に関してVARのレビューが入るも、ここはノーファウルの判定となった。

1点ビハインドで試合を折り返したボローニャはハーフタイム明けに2枚替えを敢行。デ・シルベストリとヴィニャートを下げてスマオロとサンソーネを投入。この交代により、スマオロが左センターバックに入り、冨安は右サイドバックにポジションを移した。

この交代とハーフタイムの指揮官からの激しい檄もあってアグレッシブな入りを見せ、いきなり相手ゴールに迫る。48分、右サイドから入れたクロスに対して自ゴール方向を向いて対応したDFクアドラードのヘディングのクリアがドンピシャのシュートの形となるが、GKシュチェスニーが驚異的な反応で何とかはじき出す。

さらに、直後の49分にもバロウが鋭い仕掛けからボックス左に持ち込んでニア下を狙ったシュートを放つが、これはGKシュチェスニーの好守に遭う。その後も中盤でのデュエルをことごとく制して攻勢を続けるアウェイチームはオルソリーニ、サンソーネとボックス付近で際どいシュートを浴びせかけるが、同点ゴールまであと一歩という状況が続く。

一方、後半に入って完全に守勢に回ったユベントスだが、61分にはロングカウンターから右サイドのスペースに飛び出したクアドラードがそのままボックス内まで持ち込んでニアを狙った強烈なシュートでGKスコルプスキのセーブを強いる。すると、このカウンターをキッカケに徐々に試合を落ち着けることに成功した。

その後、69分にベルナルデスキを下げてモラタを投入し、クルゼフスキを中盤に下げて、モラタを2トップの一角に配置したユベントスはセットプレーからゴールをこじ開ける。71分、クアドラードの右CKをニアに走り込んだマッケニーが頭で合わせた。

苦しみながらも2点目を奪い切ったユベントスは直後の74分にもボックス左でC・ロナウドが上げたクロスをゴール前でフリーのマッケニーがボレーで合わすが、これは相手GKの好守に遭う。3点目を奪って試合を殺し切れなかった中、78分にはボヌッチ、アルトゥール、クルゼフスキを下げてデ・リフト、ラビオ、ラムジーを投入し、試合を締めにかかった。

その後、試合の主導権を完全に取り戻したホームチームはC・ロナウドが2度の決定機をGKスコルプスキのファインセーブで防がれたものの、このまま2点差を最後まで維持して2-0の勝利。善戦ボローニャを相手に勝負強い戦いぶりで勝ち切ってデルビー惨敗のショックを完全に払しょくした。
関連ニュース
thumb

「批判する奴らは努力を知らない」 ユーベで将来揺れるC・ロナウドに元僚友が見解

ユベントスでの将来に注目が集まるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに対して、かつての僚友がコメントした。 2018年夏にレアル・マドリーからユベントスに活躍の場を移したC・ロナウド。新天地イタリアでもスターぶりを発揮するが、チャンピオンズリーグ(CL)の優勝請負人としての期待に応えられておらず、今季もベスト16敗退という結果に終わった。 セリエAでも首位インテルに12ポイント差をつけられ、10連覇が絶望的なチーム状況も受けて批判の的となり、今季限りでの移籍が取り沙汰されるC・ロナウドだが、レアル・マドリーや代表チームで苦楽をともにしたポルトのDFペペは擁護した。 母国メディア『Novo』のインタビューで将来的なC・ロナウドのポルトガル凱旋を願ったペペだが、盟友に対する批判に反論しつつ、契約をあと1年残すユベントスでプレーを続けるとの見解を示した。 「彼はトリノで満足しているんじゃないかな。イタリアリーグのトップスコアラーだ。彼を批判する奴らは毎シーズンのように30ゴール以上も決めるために必要な努力を知らないのさ。彼は凄いことをやっているんだ。少なくともあと1年をユーベで過ごして、スポーツファンに喜びを与えながら、ポルトガルを代表する選手として活躍を続けてほしいね」 2021.04.17 12:45 Sat
twitterfacebook
thumb

契約交渉進まぬディバラをユベントスOBが批判 「彼がチームでリーダーだったことはない」

かつてユベントスでプレーした元イタリア代表FWルカ・トニ氏が古巣のアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラを批判している。『フットボール・イタリア』が伝えた。 ディバラは2015年夏にパレルモからユベントスへ移籍すると、これまで公式戦246試合出場99ゴール40アシストを記録。しかし、今シーズンは負傷もあり、不調に陥っており、公式戦18試合の出場で4ゴール2アシストの成績にとどまっている。 また、3月には新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を防止するために敷かれた外出禁止令を破り、チームメイトとホームパーティーを開催。強い批判を浴びたことで謝罪するなど、ピッチ内外で問題を抱えている。 そんなディバラとユベントスの契約は2022年6月30日までとなっており、両者の間で契約延長交渉が進められていたが、年俸面で折り合いがつかず。一部メディアの報道では、ユベントスが契約延長オファーを撤回したとも報じられている。 こうした状況に対して、イタリア『Tuttosport』のインタビューに応じたトニ氏は現在のディバラの成績で高額年棒を要求することを批判。同時に、チームに加入してから今まででアルゼンチン代表FWがリーダーとして振舞ったこともないと語っている。 「ディバラとの契約交渉停滞が、今のユベントスにとって主な問題となっているのは明らかだろう。しかし、もし彼が現在のような状況で、本当に年俸として1400万ユーロや1500万ユーロを要求してきていたらと考えるとね」 「ディバラは大きなポテンシャルを秘めた選手だろう。しかし、彼はこれまでユベントスのリーダーだと示したことはなかったと思う。それが、チームに(クリスティアーノ・)ロナウドがいるからなのかはわからない」 2021.04.16 16:32 Fri
twitterfacebook
thumb

ビッグクラブ注目のロカテッリが今夏のステップアップ示唆!

サッスオーロに所属するイタリア代表MFマヌエル・ロカテッリ(23)が今夏のステップアップを示唆している。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ミランのプリマヴェーラ出身のロカテッリは、2016年にトップチームデビュー。同年にはユベントス相手に鮮烈なゴールを挙げて一気に注目を集めるも、2018年にサッスオーロへ買い取り義務付きのレンタルで加わることになった。 そのサッスオーロではポゼッションスタイルを志向するロベルト・デ・ゼルビ監督の下、中盤の底を主戦場に卓越した戦術眼とキック精度、テクニックを武器にセリエA屈指のレジスタに成長。昨年にデビューを飾ったイタリア代表においても主力として起用されており、更なる飛躍が期待されている。 そのロカテッリに対してはユベントスを中心にセリエAの強豪クラブ、マンチェスター・シティといった国外の強豪クラブからの関心も伝えられており、今夏のタイミングでの移籍が有力視されている。 そして、ロカテッリも自身の成長を実感しており、ビッグクラブでプレーする準備が整っていると感じているようだ。 「今シーズンがここでの最後の年になるのか、自分の将来がどうなるのかは現時点ではわからないよ」 「そのチャンスが訪れた場合、僕らは一緒に状況を評価することになるだろうね」 また、新天地に関しては国外リーグ挑戦を含めてすべての可能性を除外するつもりはないという。 「海外でプレーすることは僕にとって選択肢の一つであり、今のところ何も除外していないよ」 「(多くのクラブからの関心は)僕の仕事の一部であり、自分のレベルが上がったことを意味していると思う」 「そういった評価やビッグクラブからの関心は、僕のモチベーションを高め、自分が正しい道を歩んでいることを理解させてくれるものなんだ」 2021.04.16 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

「感心しない」ユベントスOBの元イタリア代表FWがC・ロナウドの振る舞いに苦言「私はピッチに残った」

かつてユベントスでもプレーした元イタリア代表FWルカ・トニがポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに苦言を呈した。イタリア『トゥットスポルト』が伝えた。 トニ氏は、パレルモやフィオレンティーナ、ローマ、ジェノア、エラス・ヴェローナなどイタリア国内のクラブでプレー。またバイエルンでもプレーするなど、ゴールスコアラーとして活躍した。 セリエAでは344試合に出場し157ゴール32アシストを記録。ユベントスでは公式戦15試合で2ゴール2アシストに終わったが、イタリアを代表するストライカーとして活躍した。 そのトニ氏だが、この頃よく話題に上がるC・ロナウドの振る舞いについて言及。あまり好ましいものではないと苦言を呈した。 「彼はユベントスにとって、とても重要だ。彼はトップのゴールスコアラーだし、多くのゴールを決めている」 「ただ、私はグループに対する彼のいくつかの態度には感心しない。プレーしていた頃を思い出す」 「私はとても利己的で、ゴールしなかったとしても、とにかく祝うためにピッチに留まった。悔しさに耐えていた」 C・ロナウドはポルトガル代表として臨んだカタール・ワールドカップ欧州予選のセルビア代表戦では、自身のゴールが認められなかったことでキャプテンマークを叩きつけ、ピッチを去ったことが大きな問題となっていた。 <span class="paragraph-title">【動画】ノーゴールの判定にC・ロナウドはキャプテンマークを捨ててピッチを去る</span><span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1sqabq5lq8ly81tbr30iyaqzvv" async></script> 2021.04.15 20:25 Thu
twitterfacebook
thumb

「彼への批判は笑い話だ」解任の噂もあるピルロ監督をテュラム氏が徹底擁護

かつてユベントスで活躍した元フランス代表DFリリアン・テュラム氏が、古巣で指揮をとるアンドレア・ピルロ監督を擁護している。イタリア『スカイ』が伝えた。 ピルロ監督は昨夏、マウリツィオ・サッリ前監督の後任としてユベントスの指揮官に就任。 しかし、指導者経験のないまま挑んだ今シーズン、セリエAでは首位インテルに残り8試合で12ポイント差をつけられており、9シーズン連続で維持してきたリーグ王座の防衛は絶望的となっている。 また、チャンピオンズリーグ(CL)ではグループステージ首位で決勝トーナメントに進出したものの、ラウンド16でポルトに屈しまさかの敗退。こうした不甲斐ない戦績によってピルロ監督への批判は強まっており、一部メディアからは解任の可能性も囁かれている。 しかし、テュラム氏は『スカイ』のインタビューに応じた際、ピルロ監督を擁護。どんな監督であっても、結果を出すには時間が必要だと強調している。 「ピルロへの批判は本当に笑い話だと思うよ。私は彼が偉大な選手であったように、偉大な監督になれると信じているからね。彼には時間が必要だ」 「プロデビューしてすぐに偉大な選手になることはできないだろう。もちろん、偉大なシェフやジャーナリストになることもね。すべてには時間が必要さ。だから、ピルロに初シーズンで偉大な監督になる期待をしてはいけない。10年、15年と経験を積んだ監督と同じ結果を出せというのは無茶な話だ」 「忘れてはならないのが、ジネディーヌ・ジダンはレアル・マドリーの監督に就任した際、彼にとって初めてのマネジメント経験ではなかったということだ。彼はユースチームで働いた経験があり、カルロ・アンチェロッティやジョゼ・モウリーニョのアシスタントも務めていた」 「だからこそ、ピルロが批判されるのを見ていると笑ってしまうね。申し訳ないが、物事には『経験を積む』という段階がある。ピルロは今経験を積んでいる最中であり、彼がすでにすべてを知っていると期待してはいけないだろう」 2021.04.14 16:20 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly