【2020-21ブンデス前半戦総括】最優秀選手はレヴァンドフスキ!

2021.01.26 18:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
9連覇を目指すバイエルンが盤石ではないながらも2位ライプツィヒに4ポイント差を付けての首位で前半戦を終えた。優勝を争うライバルと目されたドルトムントはファブレ前監督の解任があった中、前半戦を終えて6敗を喫しバイエルンと10ポイント差の4位と振るわなかった。◆苦しい内容もレヴァンドフスキが相殺~バイエルン~
Getty Images

昨季途中に就任したフリック監督の下、欧州王者にも輝いたバイエルンが12勝3分け2敗の戦績で首位ターンを果たした。主軸のMFキミッヒやDFアルフォンソ・デイビスの負傷があり、成績以上に苦しい試合が多かった印象だが、それでもしっかりとこの成績を収めてくるあたりが王者たる所以。牽引したのはエースFWのレヴァンドフスキ。22ゴールを荒稼ぎして苦しいチームを救った。


◆智将ナーゲルスマン采配~ライプツィヒ~
Getty Images

昨季28ゴールを量産したFWヴェルナーの穴を埋めきれずにいるライプツィヒだが、そこは智将ナーゲルスマン監督がMFフォルスベリを最前線で起用するなどして工夫を凝らしながら得点パターンを生み出していった。とりわけ左サイドバックのDFアンヘリーニョの成長は著しく、多くの得点シーンに絡んでチームを活気付かせている。

◆快足ウインガーが躍動~レバークーゼン~
Getty Images

昨季はあと一歩のところでチャンピオンズリーグ出場を逃したレバークーゼンだったが、一時は首位に躍り出るなど充実の前半戦を送った。MFハヴァーツとFWフォラントの両攻撃の核が移籍した中、FWディアビとFWベイリーの両快足ウインガーを存分に生かしたショートカウンタースタイルで勝利を積み重ねた。

◆噛み合わない歯車~ドルトムント~
Getty Images

ヤングスターが嚙み合えばバイエルンをも食うだけの爆発力を持つと思われたドルトムントだったが、前半戦に関しては歯車が嚙み合わなかった。ファブレ前監督は3バックと4バックを併用しながら試行錯誤していたが、いずれも中途半端に終わり、フロントに見切りを付けられた。ただ、アシスタントコーチを務めていた後任のテルジッチ監督に関しても明確なスタイルは提示できておらず、後半戦に向けて浮上の兆しは見えにくい状況だ。

◆遠藤航が躍動、長谷部、鎌田、堂安は及第点、大迫と遠藤渓太は落第~6人の日本人~
Getty Images

6人が挑戦している今季のブンデスリーガではシュツットガルトを昇格に導き、1部初挑戦のMF遠藤航が出色のパフォーマンスを続けた。フルタイム出場を果たしてチームの心臓として機能している。

フランクフルトのMF長谷部とMF鎌田は及第点のパフォーマンスだった。37歳となった長谷部に関しては本職のボランチでもまだまだ健在であることを示し、鎌田に関しては前半戦だけで8アシストを記録とフランクフルトの攻撃の核になった。

昇格組のビーレフェルトにレンタルで加入した堂安も遠藤航同様に前半戦の全試合でスタメン出場と奮闘した。チーム力として劣るため、常に劣勢の中での試合となっているが、数少ないチャンスシーンを演出し、3ゴールを決めて見せた。

一方でブレーメンのFW大迫はノーゴールに終わり落第。ウニオンにレンタルで加入したMF遠藤渓太は好調なチームとは裏腹に、ブンデス初ゴールをマークした試合で負傷とツキにも見放された。

【最優秀選手&監督】
★最優秀選手
◆FWロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
Getty Images

17試合を終えた前半戦のみで圧巻の22ゴールをマーク。このペースでいくと今季は44ゴールを挙げる驚愕のスコアとなるが、後半戦もコンスタントに得点を重ねられるか。新戦力のFWサネがチームにフィットしていないことを考えると、MFミュラーと共にもうしばらく得点源として働く必要がありそうだ。

★最優秀監督
◆ウルス・フィッシャー(ウニオン・ベルリン)
Getty Images

昇格2年目の今季、ウニオンが躍進している。シーズン序盤はFWクルーゼの創造性を生かした攻撃で勝利を重ね、クルーゼが負傷して以降はFWアウォニーとFWベッカーの快速アタッカーを生かした戦いにシフトし、カウンターで白星を積み重ねた。

【期待以上】
★チーム
◆レバークーゼン
Getty Images

一時は首位に立ち、前半戦を終えて3位と好位置に付けるレバークーゼンを選出。過去2シーズン、若いながらも大黒柱の役割を担ってきたMFハヴァーツがチェルシーへ旅立った中、ディアビとベイリーの快速ウイングを生かしたダイナミックな戦いで白星を積み重ねた。

★選手
◆MF長谷部誠(フランクフルト)
Getty Images

12月には今季限りでの引退報道がヒュッター監督の口から洩れた長谷部。しかし、即座に引退を否定すると、本職のボランチでも高パフォーマンスを発揮。1月18日に37歳となった長谷部だが、未だに老け込むことなくトップレベルでのプレーを続けている。

【期待外れ】
★チーム
◆ヘルタ・ベルリン
Getty Images

ドルトムントと迷ったが、ヘルタ・ベルリンを選出。資本家の参入により大型補強を続けていたヘルタ。開幕前にはフランス人コンビのMFトゥサールとMFグエンドウジを迎え入れ、中盤に安定感が生まれるかに思われたが、不安定な戦いが続いている。また、昨冬に獲得したFWピョンテクが機能しないまま1年経ってしまった点も誤算。明確なスタイルが見えないラッバディア監督は、後半戦スタートとなったブレーメン戦での大敗を受け、解任となった。

★選手
◆MFマルコ・ロイス(ドルトムント)
Getty Images

バイエルン期待の新戦力でありながらチームにフィットしていないFWサネや、チームメートのMFサンチョと迷ったが、ロイスを選出。サンチョも今季ここまで2ゴールと思うような結果が出ていないが、アシストに関しては7つ記録しているため、ロイスを選出した。今季前半戦はケガでの離脱がなかった中、3ゴール3アシストと平凡なスタッツに終わってしまった。
関連ニュース
thumb

これぞワールドクラス!レヴァンドフスキが見せたアクロバティックな回転ハイキックボレー【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は、バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆回転ハイキックボレー!<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJPdGJjVTZKWCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ドルトムントでリーグ屈指のストライカーとして頭角を現したレヴァンドフスキは、2014年夏にバイエルンへ加入。ゴールを量産し、ワールドクラスのストライカーとして評価を上げている。 ドイツの絶対王者バイエルンのエースストライカーとして活躍を続けるレヴァンドフスキだが、2021年2月15日に行われたブンデスリーガ第21節のビーレフェルト戦では、アクロバティックなゴールを決めている。 格下のビーレフェルト相手に前半だけで2失点を許し、0-2で迎えた48分、相手陣内中央やや右でボールを持ったDFダビド・アラバが浮き球のボールをボックス内に上げる。 このパスをゴール前で抜け出して受けたレヴァンドフスキは、ゴールに背を向けた状態から、柔らかい胸トラップで空中にボールを上げると、振り返りながらハイキックでボレーシュート。至近距離からゴール左下にシュートを叩き込み、反撃の狼煙を上げるゴールを決めた。 その後1-3とリードを広げられたバイエルンだったが、反撃に成功し、3-3の引き分けに持ち込んでいる。 <span data-sg-movie-id="860" data-sg-movie-title="【これぞワールドクラス!】レヴァンドフスキが見せたアクロバティックな回転ハイキックボレー"></span> 2021.02.28 14:00 Sun
twitterfacebook
thumb

レヴィ&ニャブリの2Gなど5発快勝のバイエルンが3戦ぶり勝利で首位キープ《ブンデスリーガ》

バイエルンは27日、ブンデスリーガ第23節でケルンをホームに迎え、5-1で快勝した。 前節フランクフルトとの上位対決に敗れた首位バイエルン(勝ち点49)は、リーグ戦2試合勝利から見放され、2位ライプツィヒに2ポイント差とされた中、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ではラツィオ相手に敵地で4-1と圧勝して悪い流れを断ち切った。そのラツィオ戦のスタメンからコマンに代えてチュポ=モティングを起用。コロナ明けのミュラーと負傷明けのニャブリはベンチスタートとなった。 14位ケルン(勝ち点21)に対し、最前線にレヴァンドフスキ、2列目に右からサネ、ミュージアラ、チュポ=モティングと並べたバイエルンが5バックで構えるケルン相手に押し込む展開とする。 すると18分、ボックス右角付近からゴレツカがクロスを上げると、ファーサイドのチュポ=モティングのヘディングシュートが決まってバイエルンが押し切った。 先制したバイエルンは25分、ジューレの右クロスからレヴァンドフスキが際どいヘディングシュートを浴びせると、33分に加点。ゴレツカとのパス交換でボックス内に侵入したレヴァンドフスキがシュートを決めきった。 迎えた後半、開始4分にアラバとボアテングがルーズボールを見合った隙を突かれ、スクヒリにゴールを許して1点差とされたバイエルンは、64分にミュラーとニャブリを投入。 すると1分後、バイエルンが突き放す。ミュラーの縦パスをボックス中央で受けたレヴァンドフスキがシュートを蹴り込んだ。 終盤にかけては流し気味にプレーする中、82、86分と立て続けにニャブリがゴールを決めてバイエルンが5-1と圧勝。首位をキープしている。 2021.02.28 01:34 Sun
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! ラインを割る寸前で拾ったボールをそのままネットインする技ありの一発

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年2月27日にご紹介するのは、今から22年前に元ブラジル代表FWのエウベル氏が決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆ブンデス史に残るストライカーFWエウベルがコーナーフラッグ付近からサイドネットに決める!<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ0ZTBvcFFsNyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! ボールがゴールラインを割りそうなところで、体を入れる相手GKからボールを奪いきり、コーナーフラッグ付近の角度のない位置から目の前で決めるというアドレナリンが爆発しそうなゴールです。 ◆リーグ最優秀ゴール エウベル氏は、高さ、強さ、スピード、決定力を高いレベルで兼ね備える万能型ストライカー。選手層が厚かったブラジル代表では主力になれなかったものの、ブンデスリーガでは通算133ゴールを記録しました。 1999年2月27日に行われたブンデスリーガ第20節のハンザ・ロストック戦では、その年のリーグ最優秀ゴールにも選ばれる素晴らしいゴールを決めています。 0-0で迎えた69分、味方のFWカルステン・ヤンカーが右サイドで出したパスが少し大きくなり、相手GKマーティン・ピッケンハーゲンがボックスを出てゴールラインを割るまで待とうとします。 しかし次の瞬間、エウベルが隙を見て一気に詰めると、やや虚を突かれたピッケンハーゲンからボールをラインぎりぎりで奪い、右コーナーフラッグ付近から左足でそのままシュート。カーブのかかったボールは、無人のゴールの逆サイドネットへとゆっくり吸い込まれていきました。 このゴールで先制したバイエルンは一気に畳みかけ、後半だけで4得点を記録。エウベル自身も2ゴール1アシストと見事な活躍を見せています。 2021.02.27 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

バイエルン、ミュラーとニャブリが練習復帰

バイエルンの元ドイツ代表MFトーマス・ミュラーとドイツ代表FWセルジ・ニャブリの両選手が25日の練習に参加したようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。 ミュラーは18日に新型コロナウイルスの検査で陽性判定を受け、自主隔離に入っていたが、個別トレーニングを実施したとのことだ。 一方、ニャブリは11日に行われたクラブ・ワールドカップ2020決勝のティグレス戦で左太ももの筋繊維を断裂していた。 両選手を欠いたバイエルンは直近のチャンピオンズリーグではラツィオに4-1と快勝したものの、ブンデスリーガではフランクフルトに敗れるなど、ここ2試合1分け1敗と躓いていた。 2021.02.25 23:00 Thu
twitterfacebook
thumb

シンデレラボーイ・ミュージアラがドイツ代表を選択!「生まれた国が正しい選択だと感じた」

バイエルンに所属するMFジャマル・ミュージアラ(17)は、ドイツ代表で戦うことを決断したようだ。イギリス『アスレティック』が報じている。 先日のチャンピオンズリーグのラツィオ戦で、イングランド人として17歳363日という大会史上最年少ゴール記録を打ち立てて一躍時の人となったミュージアラ。同時に新たなシンデレラボーイには、どのA代表を選ぶかが注目されていた。 2003年2月に、ドイツ人の母とナイジェリア系イギリス人の父を持つミュージアラは、ドイツのシュツットガルトで生を受けたが、2010年夏にサウサンプトンの下部組織に入団し渡英。その1年後にチェルシーに移籍し、2019年夏にバイエルンに加入するまで9年間イングランドで過ごした。 そのためイングランド代表でプレーする権利も持っており、これまでアンダー世代の代表では、イングランド代表として呼ばれることが主だった。 しかし、『アスレティック』の独占インタビューでシニア代表はドイツを選んだことを発表。「簡単な決断ではなく、長い間考えていた。でも、自分が生まれたドイツが正しい選択だと思ったんだ」と理由を説明している。 なお、今月26日に18歳の誕生日を迎えるミュージアラは、バイエルンとプロ契約を結ぶと見込まれている。 2021.02.24 19:19 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly