ポグバの圧巻ミドルでユナイテッドがフルアムに逆転勝利! 得意アウェイ戦制して首位キープ《プレミアリーグ》

2021.01.21 07:23 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第18節、フルアムvsマンチェスター・ユナイテッドが20日にクレイブン・コテージで行われ、アウェイのユナイテッドが1-2で逆転勝利した。

前節、リバプールとの敵地での首位攻防戦を0-0のドローで終えて首位キープに成功したユナイテッド。ただ、前日に行われた試合でレスター・シティが勝利したことで、暫定ながら首位の座を明け渡している。


首位奪還に向けて勝ち点3が求められる一戦では降格圏の18位に低迷も、上位陣相手に奮闘を見せる曲者フルアムと得意のアウェイゲームで対峙した。なお、スールシャール監督はリバプール戦から先発3人を変更。リンデロフ、マクトミネイ、ラッシュフォードに代えてバイリー、グリーンウッド、カバーニを起用した。

ユナイテッドが押し込む展開が予想された中、試合は意外な形でスタートする。開始5分、ザンボ・アンギサのスルーパスに抜け出したルックマンがGKデ・ヘアとの一対一を制して右足のシュートを流し込んだ。ユナイテッド陣営はオフサイドをアピールもVARのレビューでもゴールが支持され、ホームチームがいきなり先制点を奪った。

緩い入りからビハインドを追うことになっユナイテッドはすぐさま気持ちを切り替えて反撃を開始。時間の経過と共に相手を押し込んでいく。

21分にはボックス手前でボールを受けたブルーノ・フェルナンデスが決定的なミドルシュートを放つが、これは惜しくも右ポストを叩く。しかし、直後には左サイドに抜け出したB・フェルナンデスの何でもないグラウンダーのクロスをGKアレオラが前にこぼすと、抜け目なく反応したカバーニがすかさず左足で蹴り込んだ。

相手のミスを突いて試合を振り出しに戻したユナイテッドは直後の23分にもB・フェルナンデスの強烈なミドルシュートで逆転に迫るが、ここはGKアレオラの汚名返上のビッグセーブに遭う。さらに、前半終盤にかけてはセットプレーからマグワイアのヘディングシュート、マルシャルやグリーンウッドの個人技で相手ゴールに迫ったが、前半のうちに追い付くことはできなかった。

1-1のスコアで迎えた後半は立ち上がりからこう着状態が続く。前半同様にボールを保持しながらも相手の守備を崩し切れないユナイテッドだったが、好調のポグバが個の力でゴールをこじ開ける。

65分、右サイドに流れてボールを受けたポグバは相手の寄せが一瞬甘くなったところを見逃さずに左足を一閃。鋭い低弾道のシュートがゴール左隅の完璧なコースに決まった。さらに、畳みかけるユナイテッドは直後の66分にもB・フェルナンデスの正確な右クロスに反応したカバーニに3点目のチャンスも、渾身のヘディングシュートはGKアレオラの驚異的な反応にはじき出された。

守護神のビッグセーブで何とか最少得点差を維持したフルアムはここから反撃。75分にはカマラのスルーパスに抜け出したロフタス=チークがボックス右で右足を振るが、このシュートはGKデ・ヘアの好守に遭う。さらに、83分にはロングカウンターからボックス中央フリーで相手の短いクリアボールに反応したロフタス=チークにシュートチャンスも、今度は大きくふかしてしまった。

その後、長身FWミトロビッチをターゲットにしたフルアムのパワープレーに手を焼くユナイテッドは試合終盤にグリーンウッド、マルシャル、B・フェルナンデスと前線の選手を下げてラッシュフォードと共に守備的MFのマクトミネイ、マティッチを続けて投入。93分にはボックス内のミトロビッチに決定的な場面を作られるが、ゴール至近距離からのヘディングシュートは枠の左に外れた。

下位に低迷するフルアムに苦戦を強いられたものの、得意のアウェイで逆転勝利を飾ったユナイテッドが首位キープに成功した。

関連ニュース
thumb

攻撃停滞のユナイテッドがパレスとゴールレス…14pt差で次節シティとのダービーへ《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第29節、クリスタル・パレスvsマンチェスター・ユナイテッドが3日にセルハースト・パークで行われ、0-0のドローに終わった。 現在、2位のユナイテッド(勝ち点50)は前節、チェルシーとの上位対決を0-0のドローで終え、首位のマンチェスター・シティとのポイント差が「12」に広がった。今週末にそのシティとの重要なダービーを控える中、ミッドウィーク開催となった今節は開幕戦で敗れた13位のクリスタル・パレス(勝ち点33)を相手にリベンジを狙った。 チェルシー戦からは先発4人を変更。個人的な事情で遠征メンバーを外れたデ・ヘアに代えてヘンダーソン、リンデロフとマクトミネイ、ダニエル・ジェームズに代えてバイリー、マティッチ、負傷明けのカバーニを起用した。 立ち上がりはホームチームが押し気味に入ったものの、10分を過ぎた辺りから地力で勝るユナイテッドが押し返していく。そして、13分には右サイドを起点とした分厚い攻めから、最後はボックス手前でブルーノ・フェルナンデスの短い落としに反応したマティッチが左足を一閃。DFにディフレクトしたボールがゴール右隅へ向かうが、これはGKグアイタのビッグセーブに遭う。 さらに、17分には味方とのパス交換で左サイドの深い位置まで侵攻したショーがペナルティアーク付近にポジションを取ったラッシュフォードに絶妙な横パスを通す。ここでラッシュフォードがすかさず右足を振るが、このシュートはわずかに枠の左へ外れる。 その後も相手に攻撃の機会を与えずに押し込み続けたユナイテッドだが、ワン=ビサカの際どいクロスがカバーニの手前でDFの好クリアに阻まれるなど、相手の堅固な守備ブロックをこじ開けるまであと一歩という状況が続き、0-0のスコアで前半を終えることになった。 後半に入って攻撃のギアを上げたいユナイテッドだったが、逆にパレスに押し込まれてベンテケやタウンゼントに際どいシュートを浴びる。 後半半ば過ぎてもまともにシュートまで持ち込めない体たらくが続く中、70分過ぎにフレッジとカバーニを下げてマクトミネイとダニエル・ジェームズを続けてピッチに送り出す。 すると、この交代をキッカケにようやく攻撃のリズムを掴み始める。そして、81分にはボックス手前で足元にボールを受けたグリーンウッドが反転から鋭い左足のシュートを放つが、これは惜しくもクロスバーの上を越えた。 何とかゴールをこじ開けたいユナイテッドはその後もリスクを冒して攻勢を続けるが、グリーンウッドの決定機以降はなかなかチャンスまで持ち込めない。逆に、90分にはボックス左へ抜け出したファン・アーンホルトに絶好機を与えるが、ここはGKヘンダーソンの勇敢な飛び出しで何とか凌いだ。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、格下パレス相手に痛恨の勝ち点逸となったユナイテッドは公式戦3試合連続無得点のドロー。シティとの勝ち点差が14ポイントに広がった状況で次節ダービーに臨むことになった。 2021.03.04 07:27 Thu
twitterfacebook
thumb

クリスタル・パレス戦を前に、ホーム敗戦のリベンジ誓うフレッジ「挽回して勝ち点3を得る」

マンチェスター・ユナイテッドの元ブラジル代表MFフレッジが、クリスタル・パレスへのリベンジを誓った。クラブ公式サイトが伝えている。 ユナイテッドは3日、プレミアリーグ第29節でクリスタル・パレスと対戦する。公式戦9試合負けなしと波に乗るユナイテッドとしては、今季のホーム初戦で敗れたクリスタル・パレス相手に、アウェイで勝利を挙げたいところだ。 1-3で敗れた前回対戦時にはベンチ入りするも、出場機会の無かったフレッジは、クリスタル・パレスを「トリッキーなチームだ」と警戒。難しい試合になると予想しつつも、リベンジを誓った。 「オールド・トラフォードで敗れたホーム開幕戦のリベンジをしたい。次の試合では勝利を得られるように、今は彼らをひとつでも上回りたいね」 「ホームでの初戦は負けてしまった。彼らがタフなチームであることは分かっている。あの勝ち点を落とすべきではなかったけど、挽回して勝ち点3を得るために全力を尽くすよ」 「僕らは常に勝つために試合に臨まなければならないし、タイトル挑戦を維持したいのであればなおさらだ」 また、プレミアではここまで負けなしと、調子の良いアウェイでの試合についても言及。自信を見せると同時に、ホーム戦での成績を上げたいと意気込んだ。 「アウェイでは非常に良いプレーをしていると思うよ。僕らはコンパクトにまとまり、チームとして良いパフォーマンスを見せている」 「ホームの試合で何が起こっているのかは分からないけど、落としてはいけないポイントをいくつか落としてしまっているね」 「僕らはこれに対して一生懸命取り組んでいるし、ホームでより良いプレーができるように、そしてこれ以上ポイントを落とさないように、精神的にも全力を尽くしたいと思っているよ」 2021.03.03 18:13 Wed
twitterfacebook
thumb

離脱続くポグバが今月の代表ウィーク前に復帰?

マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバが代表ウィーク前にチームに戻ってくるかもしれない。クラブ公式サイトが伝えている。 昨年末から新年にかけて徐々に調子を上げ、今年1月のクラブ最優秀選手に輝いたポグバだが、先月6日に本拠地で行われたプレミアリーグ第23節のエバートン戦で右太ももを痛めて戦線離脱。直近の公式戦6試合を欠場している。 今月に入っても依然として全体練習に合流できていないポグバだが、オーレ・グンナー・スールシャール監督は3日に敵地で予定するプレミアリーグ第29節のクリスタル・パレス戦に先駆けた会見で今月の代表ウィーク前に復帰する可能性を示唆した。 「(代表ウィーク前に予定する公式戦6試合のいずれかで復帰? )間違いなくそうなるのを願っている」 「彼は非常にポジティブだ。懸命に努力している。復帰した際に2、3試合もフォームを取り戻すのに充てられるほど余裕がないのを心得ているからだ」 「ポールのようなクオリティを持つ選手はフットネスが大事。そして、メンタルもね。あとはマンチェスターに日が差せば、何も文句のつけようがないよ」 C・パレス戦後のユナイテッドは代表ウィークまでにマンチェスター・シティやウェストハムとリーグ戦で対戦。そのほか、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16のミラン戦やFAカップ準々決勝のレスター・シティ戦も控えている。 2021.03.03 17:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドOBスコールズがB・フェルナンデスの課題を指摘「ビッグマッチでは…」

ンチェスター・ユナイテッドのOBであるポール・スコールズ氏が、ポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスの課題を指摘した。オーストラリア『オプタス・スポーツ』が伝えている。 昨年1月に加入し、一躍ユナイテッドのエースに上り詰めたB・フェルナンデスは、今シーズンに入っても好調をキープ。プレミアリーグ26試合を消化した現時点で、15ゴール11アシストと得点、チャンスメイクの両方で素晴らしい結果を残している。 ユナイテッドのレジェンドであるスコールズ氏は、そんなB・フェルナンデスについて「彼はユナイテッドに特別なものをもたらした」と称賛。そのうえでビッグマッチではあまり結果を残せていないという課題を指摘した。 「彼はチャンスを作り、得点も出来る。多くの試合で結果を残しているが、ビッグマッチではそれができていない」 「最終的には、ユナイテッドでビッグマッチに勝ち、タイトルを手にするために、ここにいるのだから、彼は今以上に大きな影響力を持たなければならない」 スコールズ氏の指摘の通り、ビッグ6相手には、ここまで流れからの得点が無いB・フェルナンデス。しかし、スコールズ氏はユナイテッドの中盤に、守備的な仕事が多いことも原因の一つだと分析している。 「彼はちょっとした言い訳をしてもいいかもしれないね。私にとって、ユナイテッドの中盤の選手たちはあまりにも守備的な役割が大きい。相手に良いフォワードがいるビッグマッチならなおさらだ」 2021.03.03 15:43 Wed
twitterfacebook
thumb

カバーニがクリスタル・パレス戦で復帰か

マンチェスター・ユナイテッドを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督が、次節のクリスタル・パレス戦でウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニに復帰の可能性があることを示唆した。クラブの公式サイトがノルウェー人指揮官のコメントを伝えている。 カバーニは、筋肉系のケガで直近の公式戦4試合を欠場中。3日にプレミアリーグ第29節のクリスタル・パレス戦を控えるスールシャール監督は前日会見で、カバーニの状況について以下のようにコメントしている。 「カバーニは今朝のトレーニングにも参加した。軽めのメニューだったが、その影響が出ないことを願っている」 「彼は試合に出ることに意欲的でハングリーさを持っている。ベンチからでもいいから参加したいと思っているね。明日、彼がコンディションに問題ないと言ってくれることを期待しているよ」 2021.03.03 00:20 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly