バイエルンが連勝で前半戦最終戦を飾る! 相手のPK失敗に救われる苦しい内容も勝負強さ発揮《ブンデスリーガ》

2021.01.21 06:29 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブンデスリーガ第17節、アウグスブルクvsバイエルンが20日に行われ、アウェイのバイエルンが0-1で勝利した。


前節、フライブルクに2-1で辛勝し公式戦の連敗をストップしたバイエルン。2位のRBライプツィヒの取りこぼしにより、ヘルプストマイスターを決めた絶対王者は前半戦最終戦で連勝を狙った。


前節からアルフォンソ・デイビスに代えてリュカを起用した以外、同じメンバーを継続したバイエルンは立ち上がりから相手を押し込んでいく。すると、13分にはリュカがボックス内でケディラに倒されてPKを獲得。これをキッカーのレヴァンドフスキが冷静に決めて幸先よく先制に成功した。

その後もがっちりと主導権を握って相手を押し込むアウェイチームは22分にニャブリが強烈なミドルシュートで相手ゴールを脅かす。さらに、コマンとニャブリの両ウイングの仕掛けを突破口に再三の決定機を創出。だが、相手GKの好守に阻まれる。

前半終了間際の43分にはニャブリの右からの鋭いクロスに反応したファーサイドのレヴァンドフスキがワンタッチで合わすが、これは惜しくも左ポストを叩いた。

1点リードで試合を折り返したバイエルンはなかなか追加点を奪えないものの、ほとんど相手に決定機を与えることなく危なげない試合運びを続ける。

67分にはレヴァンドフスキとニャブリを下げてサネとトリソを投入。この交代でミュラーを最前線に上げた。やや守備的な采配で逃げ切りを意識したバイエルンだったが、この直後に最大のピンチを招く。

76分、DFパヴァールのボックス内での不用意なハンドでPKを献上。しかし、キッカーのフィンボガソンが左を狙って蹴ったシュートは左ポストを叩き相手のミスによって同点のピンチを逃れた。

これで気を引き締めたいバイエルンだが、以降も攻撃では決定機まで持ち込めず、守備でも相手の攻勢に晒される苦しい状況が続く。それでも、試合最終盤にはミュラーに代えてハビ・マルティネスを投入する割り切った采配で虎の子の1点を守り切った。

フライブルク戦に続く苦しい内容も持ち味の勝負強さを発揮して勝ちきったバイエルンが前半戦最終戦を白星で飾り2連勝を達成した。

関連ニュース
thumb

【ブンデス第24節プレビュー】デア・クラシカーに鎌田&長谷部vs遠藤航の日本人対決

前節は首位バイエルンがケルンに圧勝し、2位ライプツィヒがボルシアMGに劇的な逆転勝利を飾ったことで、両チームの2ポイント差に変動はなかった。そしてシュツットガルトのMF遠藤航が嬉しいブンデス初ゴール含む2得点を挙げ、チームの勝利に貢献している。迎える第24節、バイエルンvsドルトムントのデア・クラシカーが行われる。 バイエルンは前節、MFミュラーがコロナから、MFニャブリが負傷から復帰した中、ケルン相手にFWレヴァンドフスキとニャブリのドッペルパックで5-1と圧勝。チャンピオンズリーグ(CL)のラツィオ戦圧勝の勢いを持ち込む形で、リーグ戦3試合ぶりの勝利を挙げた。DFBポカールから敗退していたことから1週間の調整期間を得られた中、万全の状態でドルトムントを迎え撃つ。 一方、ボルシアMGのローゼ監督の来季指揮官就任が発表されて以降、公式戦4連勝と好調の5位ドルトムント。火曜に行われたポカールではそのローゼ監督率いるボルシアMG相手に勝利し、ベスト4進出を決めた。MFサンチョが好調時のパフォーマンスを取り戻し、MFロイスも復調気配にある中、バイエルンを撃破してCLセビージャ戦に臨めるか。 今節は日本人対決が2試合組まれている。まずは土曜開催のMF鎌田&MF長谷部のフランクフルトvs MF遠藤航のシュツットガルト。4位フランクフルト(勝ち点42)は前節、ブレーメン相手にまさかの逆転負け。長谷部が久々にリベロで先発した中、ディフェンスラインぎりぎりを突かれる形で2失点を喫してしまった。鎌田も目立った活躍を見せられずに悔しい試合となったが、勝利を取り戻してCL圏死守となるか。 対する10位シュツットガルト(勝ち点32)は前節、最下位に沈むシャルケ相手に遠藤が2ゴールを奪取。いずれもCKからの得点となったが、チームの2連勝に大きく貢献する格好となった。今節は鎌田とのマッチアップが想定されるが、リーグ屈指のデュエル勝率を自信に鎌田を封じにかかる。 そして日曜にはMF堂安&MF奥川ビーレフェルトvsMF遠藤渓太ウニオン・ベルリンが開催される。16位ビーレフェルト(勝ち点18)は前節、ドルトムントに完敗。堂安は何度か相手ボックス内へ仕掛けるプレーを見せたが、75分で交代となった。代わって奥川が投入されたが、見せ場は作れなかった。そしてここ5戦で4敗を喫したチームはノイハウス監督の解任を決断。降格圏の17位マインツが1ポイント差に迫る中、堂安、奥川としては勝ち点3獲得に貢献したい。 一方、遠藤は前節ホッフェンハイム戦では声がかからず出場機会に恵まれなかった。ただ、チームはエースFWクルーゼの復帰があった中、7位と好調を維持しており、ここは必勝としてヨーロッパカップ戦出場権争いに踏み止まりたい。 そしてバイエルンを追う2位ライプツィヒ(勝ち点50)はデア・クラシカー前に登場し、8位フライブルク(勝ち点34)とのアウェイ戦に臨む。前節、ボルシアMG相手に2点のビハインドをひっくり返す劇的な試合を演じたライプツィヒ。バイエルンとの2ポイント差をキープできた中、今節は勝利してバイエルンにプレッシャーをかけたい。 最後に前節フランクフルト戦で出番のなかったブレーメンFW大迫は古巣ケルンとのアウェイ戦に臨むが、出場のチャンスは訪れるか。 ◆ブンデスリーガ第24節 ▽3/5(金) 《28:30》 シャルケvsマインツ ▽3/6(土) 《23:30》 ボルシアMGvsレバークーゼン ホッフェンハイムvsヴォルフスブルク フライブルクvsライプツィヒ ヘルタ・ベルリンvsアウグスブルク フランクフルトvsシュツットガルト 《26:30》 バイエルンvsドルトムント ▽3/7(日) 《23:30》 ケルンvsブレーメン 《26:00》 ビーレフェルトvsウニオン・ベルリン 2021.03.05 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

コロナ感染のバイエルンDFパヴァールがトレーニングを再開

バイエルンのフランス代表DFバンジャマン・パヴァールがトレーニングに復帰した。 パヴァールは2月18日、新型コロナウイルス(COVID-19)検査で陽性反応。自宅で隔離されており、無症状だとされていた。 クラブ・ワールドカップを戦った直後に感染が発覚したパヴァール。チームは直後に行われたフランクフルトとの一戦で敗れるなどしたが、その後はチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグのラツィオ戦、ブンデスリーガ第23節のケルン戦で快勝を収めていた。 そのパヴァールは、2週間の隔離期間を終えて3日にトレーニングに復帰。最終検査でも陰性が確認され、個別のランニングをスタートさせたとのことだ。 パヴァールは今シーズンのブンデスリーガで15試合に出場。チャンピオンズリーグで4試合に出場するなどチームの主軸を担っていた。なお、バイエルンは6日にドルトムントとの一戦を控えている。 2021.03.04 18:22 Thu
twitterfacebook
thumb

“ノイアー二世”ニューベルが移籍を検討か…今季バイエルンに加入もノイアーの陰に埋もれる

バイエルンのドイツ人GKアレクサンダー・ニューベルが移籍を検討しているようだ。ドイツ『キッカー』が伝えている。 昨シーズン限りでシャルケを契約満了で退団し、今シーズンからバイエルンへステップアップしたニューベル。5年過ごしたシャルケではドイツ屈指の若手GKとして名を挙げ、その経歴から、現在バイエルンやドイツ代表で正GKを務めるマヌエル・ノイアーの後継者とうたわれてきた。 しかしながら、そのノイアーが守護神に君臨するバイエルンでは全く出場機会を得られず、ここまでの出場はチャンピオンズリーグとDFBポカールの2試合のみ。移籍が内定した昨年1月には、クラブOBなどから「早すぎる移籍」だと懐疑的な目が向けられていたが、予想通りの結果となってしまっている。 契約が2025年までとなっているニューベルは、やはりこの状況に不満を抱いており、アドバイザーのステファン・バックス氏は「この状況は不十分だ。夏のローンについて考える必要がある」と移籍を示唆している。 『キッカー』によると、そんなニューベルの移籍先候補としてモナコが挙がっている模様。現在でリーグ・アンで4位につけており、来季のヨーロッパリーグ内氏はチャンピオンズリーグ出場に手をかけている状況だ。また、率いるのがかつてバイエルンやフランクフルトなどブンデスリーガでの指揮歴も持つニコ・コバチ監督で、ドイツ語も話せるため、ニューベルにとって可能性のある選択肢と言えるだろう。 2021.03.04 15:57 Thu
twitterfacebook
thumb

ハーランドはチェルシー行きをすでに除外! 新天地候補は6クラブのみ?

今夏の移籍市場において去就に注目が集まるドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランド(20)の新天地候補は6クラブに限られているようだ。ドイツ『シュポルト・ビルト』が報じている。 ドルトムント加入以降、公式戦45試合に出場し43ゴール11アシストと驚異的なスタッツを叩き出しているハーランド。ただ、所属チームは今シーズンのブンデスリーガにおいてチャンピオンズリーグ出場圏外の5位に甘んじており、来季以降のタイトル獲得の可能性などを考慮すれば、今夏に新天地を求める可能性が濃厚と思われている。 その怪物ストライカーの去就に関して代理人を務めるミーノ・ライオラ氏は先日、プレミアリーグの4クラブを含むヨーロッパの10クラブのみが獲得可能であることを示唆していた。 さらに、今回『シュポルト・ビルト』はハーランドの新天地候補が6クラブに限られていると報じている。 その中で有力な新天地候補として挙がっていたチェルシーは、オーナーのロマン・アブラモビッチ氏がトーマス・トゥヘル監督に対して補強資金のバックアップを約束しており、ドイツ人指揮官が獲得を望む新エースストライカーとしてハーランドの動向を注視していた。 だが、“絶対的なトップクラブ”へのステップアップを望む20歳FWは、チェルシーを真のトップクラブとみなしておらず、すでに新天地候補から除外したという。 また、もう一つの候補クラブであるバイエルンに関しては、現時点で世界最高のセンターフォワードと評価されるポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが健在ということもあり、ポジション争いを嫌ってチェルシー同様に新天地候補から除外しているという。 そして、新天地候補となる6クラブは、マンチェスター・シティ、リバプール、マンチェスター・ユナイテッドのプレミアリーグ3クラブと、レアル・マドリーとバルセロナのスペイン2強、ユベントスだという。 その中で資金力やメインストライカー不在という部分でシティ、予てより移籍先候補に挙がるマドリー辺りが本命視されている。 2021.03.03 23:30 Wed
twitterfacebook
thumb

“皇帝”リベリが吠える!バイエルン時代に決めた豪快なバイシクルゴール/2015-16【スーパーゴール図鑑/バイエルン編】

【得点者プロフィール】 フランク・リベリ(当時26歳) 国籍:フランス 所属:バイエルン ポジション:FW 身長:170cm 貧しい出自ながら、圧倒的なフットボールの才能でトップまでのし上がったリベリは、マルセイユでブレイクを果たすと、2007年にバイエルンへ加入。圧倒的な突破力と決定力を武器にバイエルン両ウィングの一角を長きに渡り担った。 【試合詳細】 日程:2016年4月2日 大会:ブンデスリーガ第28節 対戦相手:フランクフルト 時間:前半20分(0-0) <div id="cws_ad">◆皇帝の豪快バイシクル<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI4bkI0QktZZCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 0-0で迎えた20分、相手陣内中央で味方のボールを受けたMFマリオ・ゲッツェが、ドリブルに入ると一気に加速し、ボックス手前で相手DFが足を滑らせた隙にできたスペースからシュート。 低い弾道のシュートは、GKにブロックされるものの、高く跳ね上がったボールに反応したリベリが、ゴール正面のボックス際から豪快なバイシクルキック。完璧にミートした強烈なシュートは、GKの頭上を抜き、ゴールネットに突き刺さった。 リベリのゴールで先制したバイエルン。これが試合を通して唯一のゴールとなり、1-0でバイエルンが勝利している。 <span data-sg-movie-id="879" data-sg-movie-title="【“皇帝”リベリが吠える!】バイエルン時代に決めた豪快なバイシクルゴール"></span> 2021.03.03 20:00 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly