躍動インテルがユベントスに完勝、イタリア・ダービーを制す《セリエA》

2021.01.18 06:42 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第18節、インテルvsユベントスのイタリア・ダービーが17日に行われ、2-0でインテルが完勝した。前節ローマ戦を2-2の引き分けに持ち込まれた2位インテル(勝ち点37)は、4日前に行われたコッパ・イタリアのフィオレンティーナ戦では延長戦までもつれ込んでしまった中、ルカクの決勝弾で勝利した。ややコンディション面で不安がある中、フィオレンティーナ戦のスタメンから6選手を変更。ルカクやデ・フライ、ブロゾビッチら主力が先発に戻った。


一方、前節サッスオーロ戦を10人となった相手に大苦戦を強いられた中、後半終盤の2発で何とか勝利した4位ユベントス(勝ち点33/1試合未消化)は、同じくコッパ・イタリアではジェノア相手に延長戦までもつれ込んだ中、ラフィアのデビュー弾で勝ち上がった。そのジェノア戦のスタメンから8選手を変更。モラタ、キエッリーニ、ベンタンクールのみ引き続きスタメンとなった。

立ち上がりの主導権争いを経て11分、ユベントスに最初のチャンス。ラビオのミドルシュートがGKハンダノビッチを強襲した。しかし13分、インテルが最初のチャンスを生かして先制する。右サイドのバレッラが左足で上げたインスウィングのクロスにファーサイドのビダルがヘディングで叩き込んだ。

ビダルの恩返し弾で先手を取ったインテルが流れを引き寄せる中、23分に追加点のチャンス。カウンターからルカクがGK強襲のシュートを浴びせ、ルーズボールにラウタロが詰めるもシュートは枠を捉えきれなかった。

続く32分にはルカクの力強い突破を起点に再びラウタロがシュートに持ち込んだインテルがユベントスを牽制すると、38分にもビッグチャンス。バレッラが右サイドを持ち上がってクロスを送り、ルカクがオンターゲットのシュートを放った。

インテルペースで進んだ前半を終えて迎えた後半、52分に追加点が生まれる。バストーニのロングフィードに抜け出したバレッラがボックス右に侵入してそのままシュートを決めきった。

2点を追う展開となったユベントスは3枚替えを敢行。ラビオ、ラムジー、フラボッタに代えてマッケニー、クルゼフスキ、ベルナルデスキを投入した。

しかし、インテルが引き続きユベントスに何もさせずに時間を進めていく。そして87分のキエーザの決定的なシュートをGKハンダノビッチが好守で凌いだインテルが2-0で完勝。イタリア・ダービーを制し、明日試合を行う首位ミランに勝ち点で並んでいる。
関連ニュース
thumb

ラウタロがバルサとの交渉を明かす!「インテルと延長するつもりで断った」

インテルのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスが、昨夏にバルセロナと交渉していたことを明かした。 2018年夏に母国ラシン・クラブから加入したラウタロ。当時から多くのビッグクラブが関心を寄せる存在で、2シーズン目から頭角を現すと、今季はセリエAでここまで23試合13ゴール6アシストを記録。早くも昨季の14ゴール5アシストに並ぶ活躍を披露している。 そんなラウタロだが、昨夏にはバルセロナ移籍の噂が度々報じられていた。ロナルド・クーマン監督が戦力外としたFWルイス・スアレスの後釜としてラブコールしていたようで、一説では個人間合意したとも言われていた。 しかしながらラウタロは、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューで、交渉は事実としながらも、移籍するつもりは全くなかったとコメント。さらに、契約延長の発表が近いことも明らかにした。 「本当だよ。僕はバルセロナと交渉していた。でも(アントニオ・)コンテには『インテルのことしか頭にない。この交渉で僕が心変わりすることはないよ』とはっきり言っていたんだ。だけど全て過去のことだ。僕はインテルと契約延長するつもりさ」 「いつ正式な発表があるかはわからない。その間僕はプレーするだけさ。僕の未来はここにある。ミラノに長くいることを見据えているよ。この街の全てが好きなんだ。食べ物もファンもチームもね。ポジティブな感情しかないよ」 また、現在セリエAで首位に立つインテルに関して優勝候補かどうかと尋ねられると、「そういう言葉は好きではないんだ。でも、僕たちはこの順位にいるのは偶然ではないよ」と、慢心することなく自信を覗かせている。 2021.02.27 20:40 Sat
twitterfacebook
thumb

驚愕のジャンピングハイキックボレー!ラウタロが見せた圧倒的な身体能力!【スーパーゴール図鑑/インテル編】

【得点者プロフィール】 ラウタロ・マルティネス(当時21歳) 国籍:アルゼンチン 所属:インテル ポジション:FW 身長:174cm 母国アルゼンチンでのデビューを経て、2018年夏にインテルに引き抜かれたラウタロ・マルティネス。徐々に頭角を現し、今ではチームの若きエースとして活躍している。 【試合詳細】 日程:2018年8月12日 大会:インターナショナル・チャンピオンズカップ 対戦相手:アトレティコ・マドリー 時間:前半31分(0-0) <div id="cws_ad">◆ラウタロが決めた見事なジャンピングボレー<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI1aldRWnJhYyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 0-0で迎えた31分、自陣からドリブルで相手陣内中央左までボールを運んだMFクワドゥオ・アサモアが、ボックス内にクロスを上げる。このボールはやや流れたものの、ファーポストでラウタロ・マルティネスが合わせる。高い跳躍からの強烈なジャンピングボレーはGKのニアポストを抜き、見事なゴールが生まれた。 このゴールを守り切ったインテルが、1-0で勝利している。 <span data-sg-movie-id="855" data-sg-movie-title="【驚愕のジャンピングハイキックボレー!】ラウタロが見せた圧倒的な身体能力!"></span> 2021.02.27 20:00 Sat
twitterfacebook
thumb

強面MFの強烈ミドルシュートがゴールネットに突き刺さる【スーパーゴール図鑑/インテル編】

【得点者プロフィール】 ラジャ・ナインゴラン(当時30歳) 国籍:ベルギー 所属:インテル ポジション:MF 身長:176cm カリアリで頭角を現したナインゴランは、ローマでの活躍を経て、2018年夏にインテルへ加入している。豊富な運動量を誇る中盤の汗かき役としてチームを支えながら、パンチのあるミドルシュートで攻守に存在感を発揮する。 【試合詳細】 日程:2018年10月3日 大会:チャンピオンズリーグ グループステージ 対戦相手:PSV 時間:前半44分(0-1) <div id="cws_ad">◆ナインゴランがCLで決めた強烈な一撃<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJRcDRmdjNFWiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ホームのPSVに先制を許し、0-1とインテルがビハインドで迎えた44分、インテルに決定機が訪れる。右サイドからのクロスのこぼれ球を拾ったDFクワドゥオ・アサモアが中央からロングシュートを放つと、これは相手GKに弾かれるも、FWマウロ・イカルディがこぼれ球を拾い、ボックス内左からシュート。このシュートも相手DFのブロックにあうも、今度はペナルティーアーク付近からナインゴランがこぼれ球をシュート。ボックスの手前から放たれた豪快なシュートはゴールネットに突き刺さり、見事な同点ゴールとなった。 前半で追いつくことに成功したインテルは、後半に勝ち越しゴールを決め、見事2-1で逆転勝利を収めている。 <span data-sg-movie-id="854" data-sg-movie-title="【パワフルな一撃!】ナインゴランがCLで見せた豪快なミドルシュート"></span> 2021.02.27 12:00 Sat
twitterfacebook
thumb

インテル、マロッタCEOらクラブ首脳陣がコロナ陽性…

インテルは25日、最新の新型コロナウイルス検査の結果、クラブ首脳陣含むスタッフ5名に陽性判定が出たことを明らかにした。 今回の発表によると、感染が発覚したのは、スポーツ部門で最高経営者(CEO)を務めるジュゼッペ・マロッタ氏、コーポレート部門でCEOを務めるアレッサンドロ・アントネッロ氏、スポーツ・ディレクターのピエロ・アウジリオ氏、クラブの法律顧問のアンジェロ・カペッリーニ氏とテクニカルスタッフ1名の5名だという。 現時点で症状の有無は明かされていないが、すでに前述の5名は健康プロトコルを遵守し、隔離措置を取っている。 2021.02.25 22:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ダービー制して首位固めのインテル、コンテは「並外れたパフォーマンス」と称賛

インテルのアントニオ・コンテ監督が首位攻防戦を制したチームを称えた。クラブ公式サイトが伝えている。 セリエA首位インテルは21日に行われた第23節で2位ミランと対戦。首位攻防戦となったミラノ・ダービーで開始5分に先制すると、後半にも得点を重ねていき、3-0のスコアで完勝した。 ミランとの直接対決を制して勝ち点差を「4」に広げ、首位固めに成功したインテル。コンテ監督もこの状況を喜んでおり、大一番で力を発揮したチームを称えた。 「選手たちは並外れたパフォーマンスを見せてくれた。この試合のため良い準備ができていたが、それを完璧に実行してくれたと思う。チームの成長には大きな満足感があり、選手たちはこの結果に値すると思うから、私は満足だ」 「もっと良い勝利が続くことを願っている。今日は素晴らしい試合ができたし、久しぶりに上位に位置するライバル同士のダービーだったことも忘れてはならない。つまり、より多くのプレッシャーと責任があったんだ」 「選手たちは本当によくやってくれた。我々は自分たちの道を歩めていると思う。試合に向けしっかり準備を行い、それを最大限に生かすことに成功した。本当に強い相手に勝利を収めたが、ミランにも感謝する必要がある。この勝利はファンに捧げたい。スタジアム前での歓迎には鳥肌が立った」 また、コンテ監督は不遇の時期があったにもかかわらず、この試合で先発出場を飾ったMFクリスティアン・エリクセンとMFイバン・ペリシッチに言及。チームにフィットした2人の選手を称賛している。 「監督の仕事はチームのベストな要素をすべて見つけだし、プレースタイルを構築していくことだと思う。クリスティアン(・エリクセン)やイバン(・ペリシッチ)、そしてチーム全体の成長が見られて私は誇らしい」 「クリスティアンのときのように、我々はしばしば判断を急いでしまう。特に海外から選手が加入した際は忍耐が必要なときもある。ただ、クリスティアンはチームの重要なメンバーであり、排除しようと思ったことなどない。今年、大きな意欲を見せてくれたイバンにも同じことが言える。彼は全力を尽くし、今日も素晴らしいパフォーマンスだった」 2021.02.22 11:57 Mon
twitterfacebook