高校サッカーで論争も起きた“ロングスロー”、イランで50m超えの大記録が誕生

2021.01.18 12:03 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
先日閉幕した第99回全国高校サッカー選手権大会でも話題となったロングスロー。あくまでルールで認められたプレーであり、その是非についてはここでは語らないが、イランにはその“ロングスロー”を極めた男がいる。その名はネーダー・モハマディ。イランの1部リーグであるペルシアン・ガルフ・プロリーグのペイカーンFCに所属するイラン人DFだ。モハマディの場合はただのロングスローではなく、ボールを持ったまま前転し、その反動を利用して遠くまで投げる“ハンドスプリングスロー”を採用している。


モハマディの“ハンドスプリングスロー”はペイカーンの武器となっており、2020年12月にはモハマディのスローインを相手GKがキャッチし損ね、そのままゴールネットを揺らすという場面もあった。

そして、15日に行われたペルシアン・ガルフ・プロリーグ第11節のセパハンFC戦でも再びその強肩が披露された。

ハーフウェイライン付近でスローインを得たペイカーンは、前線に選手を集め、モハマディが“ハンドスプリングスロー”で鋭いボールを投げ入れると、ボールはボックス内のゴールエリアまで伸びていった。その飛距離は推定50m。

このシーンでは、相手DFにクリアされたものの、試合では幾度にも渡ってロングスローが炸裂。味方のシュートに繋がる惜しい場面もあった。

なお、スローインの最長ギネス記録は、アメリカ人のマイケル・ルイス氏が記録した59.817mとなっている。

◆イランで生まれた50m超え“ロングスロー”
関連ニュース
thumb

やはり重傷…担架で運び出されたエジルは足首のじん帯損傷で約1カ月離脱へ

重傷ではないとされていたフェネルバフチェの元ドイツ代表MFメスト・エジルだが、思わぬ重傷だったことがわかった。 フェネルバフチェは4日、スュペル・リグ第28節でアンタルヤスポルと対戦。試合は1-1の引き分けに終わっていた。 この試合、[4-2-3-1]システムのトップ下として先発出場したエジル。フェネルバフチェ加入後はコンスタントに試合出場を重ねていたが、この試合の65分にアクシデントに見舞われることになる。 右サイドをドリブルで持ち上がっていたエジルだが、相手ボックス付近でフレディに後方から接触され転倒。そのまま立ち上がることなく苦悶の表情を浮かべていたエジルは、担架に乗せられピッチを後にしていた。 当初は足首の捻挫だと見られていたエジルだが、フェネルバフチェによるとMRI検査の結果、足首の内側と外側のじん帯に部分的な損傷があったとのこと。また、くるぶしの骨の内側と外側のあたりに浮腫があったとのことだ。なお、離脱期間は1カ月程度とみられている。 エジルは自身のインスタグラムでもケガについて報告。「足の内側と外側のじん帯が部分的に損傷しており、今後の試合でチームを助けることができず申し訳ありません」と離脱することを謝罪。「僕はできるだけフィールドに戻るために最善を尽くします。みんなのサポートとメッセージに感謝します」とコメントした。 <div id="cws_ad"><blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CMB9QaDrnLz/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CMB9QaDrnLz/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CMB9QaDrnLz/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Mesut Özil(@m10_official)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2021.03.05 19:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ハーフウェイラインから完璧なコースへ!驚異のキック精度から生まれた超絶ロングシュート/2020-21【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はメキシコのクラブ・アメリカに所属するパラグアイ代表MFリチャルド・サンチェスが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆驚愕の超ロングシュート<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJrejEydU10ayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 母国パラグアイのオリンピア・アスンシオンでプロデビューしたサンチェスは、2019年夏にメキシコの強豪クラブ・アメリカに加入。主力として定着している。 2018年6月の日本代表戦でパラグアイ代表デビューも果たしているサンチェスだが、2021年2月28日に行われたリーガMXクラウスーラ第8節のパチューカ戦では、圧巻のゴールを記録している。 0-0で迎えた28分、カウンターからチャンスを作ったクラブ・アメリカは、自陣でボールを持ったFWエンリ・マルティンがセンターサークル付近のサンチェスにパス。ドリブルでハーフウェイラインを越えたサンチェスは、相手GKの位置をとらえると、一気に超ロングシュート。ゴール右上のコースに飛んでいった正確無比なシュートは、GKの手を弾きながらゴールインした。 衝撃のロングシュートで先制したクラブ・アメリカ。前半に2点のリードを奪うとそのまま逃げ切り、2-0で勝利している。 <span data-sg-movie-id="895" data-sg-movie-title="【ハーフウェイラインからゴールへ!】驚異のキック精度から生まれた超絶ロングシュート"></span> 2021.03.05 14:00 Fri
twitterfacebook
thumb

プレー機会を得ていたエジルが担架で運び出される…足首捻挫か

フェネルバフチェでプレーする元ドイツ代表MFメスト・エジルが担架で運び出される一幕があった。 フェネルバフチェは4日、スュペル・リグ第28節でアンタルヤスポルと対戦。試合は1-1の引き分けに終わった。 この試合、[4-2-3-1]システムのトップ下として先発出場したエジル。フェネルバフチェ加入後はコンスタントに試合出場を重ねていたが、この試合の65分にアクシデントに見舞われた。 右サイドをドリブルで持ち上がっていたエジルだが、相手ボックス付近でフレディに後方から接触され転倒。そのまま立ち上がることなく苦悶の表情を浮かべていたエジルは、担架に乗せられピッチを後にしていた。 このシーンでは、フレディの右足がエジルの左足を捉え、大きく曲がっており、足首を捻挫した可能性が高いという。 フェネルバフチェのエロル・ブルト監督も試合後にエジルについてコメント。「足首をひねった。打撲の傷もあると聞いたが、骨折などはしていない」と語り、重傷ではない様子だ。 しかし、ファウルしたフレディについては「ケガした状況を見ると、ファウルしたフレディはイエローカードをすでにもらっていたので、2枚目のイエローカードをもらい、レッドカードになるべきだった」とコメント。特にカードが出なかったことに不満を語った。 エジルの全治などは現時点で明らかにされていないが、構想外となっていたアーセナルを離れやっとプレー機会を得られただけに、重傷でないことを願うばかりだ。 2021.03.05 13:45 Fri
twitterfacebook
thumb

監督がハーフタイム中に2枚のイエローカード、退席のジェラード監督が審判を酷評「明らかなPK。妨害者だ」

レンジャーズのスティーブン・ジェラード監督が、ハーフタイムにイエローカードを2枚受ける珍事が起きた。 レンジャーズは3日、スコティッシュ・プレミアシップで第30節でリヴィングストンと対戦。試合は、ゴールレスのまま続いたが、87分にアルフレッド・モレロスのゴールで0-1とレンジャーズが勝利を収めていた。 この試合で問題が起きたのは37分、スルーパスに抜け出したモレロスがボックス内で相手GKマックス・ストライジェクに倒されてしまう。PKが与えられるかと思われたが、主審のジョン・ビートン氏はモレロスのダイビングを取り、イエローカードを提示していた。 リプレイで見る限り、GKの手がモレロスの脛に当たっているのが確認できるが、判定は変わらないまま前半を終えた。 するとジェラード監督は主審の元へ近づき、PKのシーンについて抗議。すると、主審はジェラード監督にイエローカードを提示。不満を持ったジェラード監督は立ち去りながら抗議を続けると、2枚目のイエローカードが提示され退席処分となった。 試合後、ジェラード監督はこの件についてコメント。審判たちのミスについて激怒。クオリティの低さを糾弾した。 「明らかなPKだ。妨害者だ。誰もが審判たちを助けたいと思っている。我々は人間であり、間違いは犯すからだ」 「ただ、私がこのレベルで我慢ならないことは、3人が同じ過ちを犯していることだ。彼ら全員がそれをハッキリと見ていた。私もそれを見たが、最も遠くで見ていた」 「彼ら全員が一緒に間違えた。それは許されることではない。説明を求めたが、ビートンは私に話すことを拒否した。会話をする権利があると思うが、明らかにそうではなかった。トップレベルの審判の話をしているんだ」 「線審は何も邪魔がなく、しっかりと見ている。第4審も何も邪魔なくはっきりと見ている。私は彼の後ろにいたが、はっきり見えた」 「1人のミスならわかるが、3人は違う。正しくないし、フェアではない。妨害者だし、順番が違う」 <div id="cws_ad">◆これはダイブか?PKか?(1:20~)</div> <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><script>var video_id ="sfl2f9mMOn4";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script></div> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Steven Gerrard has been sent off at half-time!br><br> Watch Livingston v Rangers live on Sky Sports Football now <a href="https://t.co/9LUbbznRQZ">pic.twitter.com/9LUbbznRQZ</a></p>&mdash; Sky Sports Scotland (@ScotlandSky) <a href="https://twitter.com/ScotlandSky/status/1367187299251982343?ref_src=twsrc%5Etfw">March 3, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.03.04 12:52 Thu
twitterfacebook
thumb

移籍後初先発の香川真司が華麗なターンと落としで初アシストをマーク!チームはベスト4進出

PAOKテッサロニキに加入したMF香川真司が移籍後初先発フル出場を果たし、アシストを記録した。 PAOKは3日、キペロ・エラーダス(ギリシャ杯)準々決勝2ndレグでラミアと対戦。2-2のドローに終わった。 今冬に無所属状態からPAOKに加入した香川は、ここまで6試合に途中出場していたが、ラミア戦ではトップ下で初先発となった。 ホームでの1stレグで5-2と大勝していたPAOKは8分、カウンターのチャンスから香川のラストパスを受けたFWカロル・シフィデルスキがボックス左からシュートを放つも、相手GKの好守に阻まれる。 それでも13分には相手陣内で相手のミスパスを香川が拾うと、左サイドのDFババ・ラーマンへとパス。ババ・ラーマンはボックス内のFWクリストス・ツォリスと繋ぐと、ボックス左をえぐったツォリスがマイナスのパスを送る。 これを相手DFがカットに来たところをボックス内でターンしながら受けた香川は、フリーのMFニカ・ニヌアへ横パス。ニヌアがボックス外から狙いすました左足シュートをゴール左に決めた。 前半終了間際にはPKのチャンスを獲得しながらも決めきれなかったPAOKは、後半開始早々に追いつかれるもそのまま1-1でタイムアップ。2戦合計スコア6-3で制して、準決勝進出を果たしている。 ラミア 1-1PAOKテッサロニキ 【ラミア】 マンジュレイカー・ジェイムス(後7) 【PAOK】 ニカ・ニヌア(前14) <div id="cws_ad" >◆ラミアvsPAOK ハイライト</div> <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><script>var video_id = "yrNnkKxqAOM";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script></div> 2021.03.04 11:30 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly