鳥栖MF高橋義希に第三子が誕生「どんな時でも諦めない姿を見せていけるよう」

2021.01.17 14:35 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
サガン鳥栖は17日、MF高橋義希に第三子が誕生したことを発表した。クラブの発表によると、高橋の第三子は14日に誕生。2人目の男の子とのことだ。


高橋はクラブを通じてコメントしている。

「コロナ禍の中、ご尽力いただいている医療従事者の皆様に改めて感謝申し上げます。
先日第三子が誕生いたしました」

「元気に生まれてきてくれた息子、頑張ってくれた妻、家族みんなでこれからも支え合い、どんな時でも諦めない姿を見せていけるよう、日々の練習から努力していきます」

「大変な状況の中ですが、サポーターの皆さまのご健康をお祈りしています。そして今年もサガン鳥栖をどうぞよろしくお願いします」

松商学園高校から2004年に鳥栖へ入団した高橋は2009年まで鳥栖でプレー。2010年にベガルタ仙台へ完全移籍すると、2012年に期限付き移籍で鳥栖に復帰。2013年には完全移籍で復帰していた。

2020シーズンの明治安田J1で4試合、YBCルヴァンカップで1試合に出場。7日にクラブと契約を更新していた。
関連ニュース
thumb

林大地のPK弾を守り切った鳥栖、アウェイで湘南に勝利し白星発進!【明治安田J1第1節】

2021シーズンの明治安田生命J1リーグ開幕節、湘南ベルマーレvsサガン鳥栖が27日にレモンガススタジアム平塚で行われ、0-1でアウェイの湘南が勝利した。 昨季は最下位ながらも、コロナ禍の特別レギュレーションにより降格を免れた湘南。その反動から今季は4チームが降格という厳しい1年となる中で、当面の目標は残留となる。今オフでも大幅に戦力が入れ替わり、中でも齊藤未月と鈴木冬一の海外挑戦は大きな戦力ダウンに。開幕節のスタメンには、中村駿や高橋諒ら新戦力が3人並んだ。 対する鳥栖も戦力の変化は大きく、主力であった原川力や原輝綺の退団は大きな痛手に。それでも、金明輝監督の育てた若手の残留や、今回の一戦でもスタメンに起用されている仙頭啓矢やファン・ソッコという頼れる選手の加入もあり、昨季の13位を上回る結果を残せる戦力が整った。 3分にファーストシュートを記録した湘南は4分、大橋がドリブルから放ったシュートがクロスバー直撃。鳥栖も7分に高い位置でのボール奪取から、新戦力の仙頭がシュートへ。これは相手に当たって枠を外れた。 仙頭はチャンスメイクでも存在感を放つ。16分にボックス手前右から左足でクロスを送ると、ボックス左に走り込んだ酒井がダイレクトボレー。良い形だったが、シュートはサイドネットを叩いた。 その後は互いに攻めあぐねる時間帯が続く中、36分には右サイドを崩した湘南が石原のシュートでゴールに迫る。すると39分、右から入ったクロスを山田がシュート。GK朴一圭が弾いたこぼれ球を岡本が詰めてネットを揺らしたが、セカンドボールが山田の肘に当たっており、ゴールは認められなかった。 後半もなかなか決定的なシーンが訪れないものの、両チームともやや間延びしてきた分、ボールは回るようになる。その中で徐々に保持率を上げてきた鳥栖は、51分に仙頭が枠内シュートを記録。59分には林がドリブルからシュートに持ち込むなどゴールに迫る。 74分にゴール前の混戦の中で林が胸トラップから放ったシュートがGK谷のファインセーブに遭ったシーンの直後に、主審は笛を吹いて試合をストップする。この時、両チームに倒れ込む選手が続出したため一時中断となったが、その後のVARの結果、林のシュートシーンの直前に、ボックス右でクロスを上げようとした飯野が高橋からファウルを受けていたとして、鳥栖にPKが与えられた。 これを林が決めて鳥栖が先制。湘南はその直後に一度に4人入れ替え、この交代で入った根本がGKと一対一を迎えるも、シュートは枠の右に外れてしまった。 結局、最後にGK谷も参加した湘南の攻撃を防ぎ切った鳥栖が、虎の子の一点を守り切り、アウェイで勝利を収めた。 湘南ベルマーレ 0-1 サガン鳥栖 【鳥栖】 林大地(後35) 2021.02.27 17:08 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1開幕直前ガイド|サガン鳥栖】上位進出か残留争いか、スタイルと若手の成熟がカギ

2021シーズンの明治安田生命J1リーグは2月26日に開幕。昨シーズンは降格がなくなったため、今シーズンは史上初となる20チームでのJ1リーグとなる。 昨シーズンに引き続きコロナ禍でのリーグ戦開催となる中、各クラブが積極的な補強や、チームの改革を行っている。 そこで、開幕を前に超ワールドサッカー編集部が、チームのノルマや補強達成度、イチオシ新戦力、そしてJリーグの開幕キャチコピーとして発表された「#2021のヒーローになれ」にあやかり、今シーズンのヒーローになるべき選手をピックアップした。 第8弾は、昨シーズンの明治安田J1で13位に終わったサガン鳥栖を紹介する。 <div id="cws_ad">◆基本布陣(予想)[4-4-2]</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jl2021sagan_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©CWS Brains,LTD.<hr></div> ◆補強動向《C》※最低E~最高S 【IN】 GK朴一圭(31)←横浜F・マリノス/期限付き移籍→完全移籍 DFファン・ソッコ(31)←清水エスパルス/完全移籍 DF田代雅也(27)←栃木SC/完全移籍 DF松本大輔(22)←中央大学/新加入 DF今掛航貴(22)←中央大学/新加入 MF酒井宣福(28)←大宮アルディージャ/完全移籍 MF島川俊郎(30)←大分トリニータ/完全移籍 MF仙頭啓矢(26)←横浜F・マリノス/完全移籍 MF飯野七聖(24)←ザスパクサツ群馬/完全移籍 MF相良竜之介(18)←サガン鳥栖ユース/昇格 FW和田凌(25)←鹿児島ユナイテッドFC/完全移籍 FW山下敬大(24)←ジェフユナイテッド千葉/完全移籍 FWチコ・オフォエドゥ(28)←マッカビ・テルアビブ(イスラエル)/完全移籍 FWイスマエル・ドゥンガ(27)←FKヴラズニア(アルバニア)/完全移籍 FW兒玉澪王斗(18)←サガン鳥栖ユース/昇格 【OUT】 DF小林祐三(35)→クリアソン新宿/完全移籍 DF岩下敬輔(34)→現役引退 DF森下龍矢(23)→名古屋グランパス/完全移籍 DF宮大樹(24)→アビスパ福岡/完全移籍 DFワン・ヂャイナン(27)→未定 DFパク・ジョンス(26)→柏レイソル/期限付き移籍終了 DF安在和樹(26)→東京ヴェルディ/期限付き移籍 MF高橋秀人(33)→横浜FC/完全移籍 MF原川力(27)→セレッソ大阪/完全移籍 MF安庸佑(29)→未定 MF原輝綺(22)→清水エスパルス/完全移籍 MF石川啓人(22)→レノファ山口FC/完全移籍 FW趙東建(34)→未定 FWチアゴ・アウベス(28)→ガンバ大阪/完全移籍 FW金森健志(26)→アビスパ福岡/完全移籍 FWレンゾ・ロペス(26)→プラサ・コロニア(ウルグアイ)/期限付き移籍終了 FW金崎夢生(32)→名古屋グランパス/期限付き移籍→完全移籍 大きく戦力を入れ替えることとなった鳥栖。主軸であった選手たちが抜けた一方で、若手の飛躍と新戦力に懸ける形となりそうだ。 まず、主力であったMF原川力(→セレッソ大阪)、MF原輝綺(→清水エスパルス)の退団は非常に大きいだろう。チームとしての戦力ダウンは否めず。また、ルーキーながら右サイドバックに定着したDF森下龍矢(→名古屋グランパス)が1年で去ったことも大きな穴となる。 また、攻撃陣もFW趙東建、FWチアゴ・アウベス(→ガンバ大阪)、FWレンゾ・ロペス、MF安庸佑と4人の外国人を手放した上、契約を更新したFW金森健志が古巣のアビスパ福岡へ電撃移籍。昨シーズンのFW金崎夢生に続く開幕直前での移籍となったことは大きい。 それでも、金明輝監督が育て、昨季躍動した若手の大半が残留したことはプラス材料。そこに、経験のある選手たちが加わった。 注目されるのは、MF仙頭啓矢(←横浜F・マリノス)だろう。昨シーズンチームに加わったMF小屋松知哉とは、京都橘高校時代に選手権で話題になったコンビ。このコンビ復活となれば、大きな話題とともに戦力となる。 さらに、DFファン・ソッコ(←清水エスパルス)、MF島川俊郎(←大分トリニータ)と昨シーズンのJ1を戦った戦力も補強。大幅な選手ダウンはなんとか止めている状況だけに、彼らがフィットして戦えるかが重要になる。 ◆目標:一桁順位 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jl2021sagan_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©J.LEAGUE<hr></div> 昨シーズンはチーム内でクラスターが発生するなど、調整にも大きく苦しむこととなった鳥栖。13位という結果に終わったが、現時点では上位にも降格圏にもどちらにも行く可能性がある状況だ。 金明輝監督の下で、昨シーズンはアグレッシブなプレー、特にハイプレスと後方からのビルドアップをチームのスタイルとして確立させた。試合を通して主導権を握れる時間がある中で、ミスから簡単に失点するという脆さも見せた結果が13位という順位に終わった。 その中で、アカデミー出身の選手や新入団のルーキーらが躍動。残念ながら右サイドのレギュラーであった森下のみがチームを去ってしまったが、そのベースはチームに残っている。彼らにはさらに飛躍する一方で、精度の高いプレーを今シーズンは求めたい。 簡単なミスパスからの失点、そしてビルドアップからの決定機でのミスと、プレー精度が上がらなくては、上位に行くことはできないだろう。 一方で、主軸だった選手が抜けた穴をしっかりと埋める動きは見せた。ただし、その選手たちがチームにどこまでフィットできるのか。そして、J2から加入した実力者たちがJ1の舞台で能力を発揮できるかも未知数なところ。金明輝監督の手腕が問われるところだ。 ベースがあるところに肉付けができるのか、それともできないのか。そこが成績を大きく分けるポイントとなりそうだ。 ◆超WS編集部イチオシ新戦力 MF仙頭啓矢(26) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jl2021sagan_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©J.LEAGUE<hr></div> 編集部がイチオシしたい新戦力は、横浜F・マリノスから加入したMF仙頭啓矢だ。 前述の通り、京都橘高校時代は、1つ下の小屋松とともに全国高校サッカー選手権大会で大暴れ。準優勝に終わったが、2人並んで大会得点王に輝いた。 その後、東洋大学を経て京都サンガF.C.へと入団。ボランチやサイドでプレーし、経験を積むと、2020シーズンから横浜FMへと加入した。 しかし、横浜FMでは自身の持ち味を発揮できずに出番が得られないでいると、古巣の京都へと期限付き移籍。京都では19試合で6得点を記録し輝きを取り戻すも、横浜FMは退団。鳥栖へとやってきた。 サイドで攻撃を組み立てる動きだけでなく、ボランチのポジションでもゲームメイクができる仙頭。小屋松のようなアタッカーとしてのプレーよりはゲームメーカーとしての働きが求められる。 高校時代、そして京都時代に組んだコンビが復活となるが、両サイドからのコンビネーションでチームを躍進させられるかに注目だ。 ◆2021年期待のヒーロー FW林大地(23) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/jl2021sagan_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©J.LEAGUE<hr></div> 今シーズン期待するヒーローは、2年目を迎えるFW林大地だ。 2019シーズンは特別指定選手として1試合に途中出場すると、いきなりJ1初ゴールを記録した林。ルーキーとして臨んだ2020シーズンは、途中出場をメインにリーグ戦31試合に出場。9得点を記録していた。 林の特徴は、なかなか最近お目にかかれない泥臭くゴールに猛然と向かっていくスタイルだろう。途中からピッチに立つ場合、試合に入るのが難しいとよく言われるが、林はそのパワフルさでむしろ試合の流れを変える力を持っている。 昨シーズンも劣勢の状況が多かった鳥栖だが、林が入った途端に空気が変わり、前線から猛然をかけるプレスや、ルーズボールを必死で追いかける姿にチームメイトも引っ張られることが多かった。 一方で、そのパワフルさとは裏腹にシュートの巧さを持ち合わせ、ボックス内で落ち着いて決め切るからより魅力が増す。 若手が主体となるチームにおいて、プレーで空気を変えられる選手は多くない。林に牽引される鳥栖がどこまで羽ばたくことができるのか注目だ。 2021.02.20 22:15 Sat
twitterfacebook
thumb

「生まれ育った福岡の街で」鳥栖FW金森健志がJ1復帰の福岡に5年ぶり電撃復帰

アビスパ福岡は18日、サガン鳥栖のFW金森健志(26)が完全移籍で加入することを発表した。 2016年以来5年ぶりの復帰となる金森は、背番号「37」をつける。 金森は福岡県出身で、筑陽学園高校から2013年に福岡へ入団。ルーキーイヤーから出場機会を得るとJ2で37試合に出場し6得点を記録。2016年までの4シーズンを過ごすと、2017年から鹿島アントラーズへと完全移籍を果たす。 鹿島ではなかなか出場機会が得られず。2019年途中に鳥栖へ期限付き移籍を果たすと、2020シーズンは完全移籍に切り替え。明治安田J1で26試合に出場し2得点を記録していた。 J1通算99試合8得点、J2通算99試合21得点を記録している金森は、自身が在籍していた2016年以来のJ1復帰を果たした福岡での意気込みを語った。 ◆アビスパ福岡 「アビスパ福岡のファンサポーターの皆様。5年ぶりに復帰となりました。生まれ育った福岡の街でまたプレーできる事をとてもとても嬉しく思います!」 「ピッチで結果を出して皆さんに気持ちよく、ただいまと言いたいです。コロナを吹っ飛ばすくらい福岡の街を熱く盛り上げましょう!」 ◆サガン鳥栖 「サガン鳥栖ファン、サポーターの皆様、1年半ありがとうございました。鳥栖のファン、サポーターの皆様の優しさと温かさは、この先忘れる事はありません。鳥栖のユニフォームを着て戦えた事を誇りに思います。本当にありがとうございました」 2021.02.18 10:03 Thu
twitterfacebook
thumb

鳥栖が昨季J1で14試合出場のユースDF中野伸哉を今季も2種登録

サガン鳥栖は17日、ユースに所属するDF中野伸哉(17)を2種登録したことを発表した。 U-15から鳥栖でプレーする中野は、2019年のU-17ワールドカップに出場。その後U-18に昇格すると、2020シーズンはトップチームに2種登録。8月1日の明治安田生命J1リーグ第8節のFC東京戦でデビュー。クラブ史上最年少出場記録を更新する16歳11カ月15日でのデビューとなった。 その後も出場機会を得た中野は、明治安田J1で14試合に出場。YBCルヴァンカップでも1試合に出場していた。 中野は昨シーズンに続いて2種登録され、背番号は「47」を着ける。中野はクラブを通じてコメントしている。 「この度、2種登録されて大変嬉しく光栄に思います!常に感謝の気持ちを忘れずにプレーし、満足することなく高みを目指して頑張ります!応援よろしくお願いします!」 2021.02.17 11:47 Wed
twitterfacebook
thumb

財政危機の鳥栖で社長交代、竹原稔社長が退任し後任は福岡淳二郎氏

サガン鳥栖は5日、クラブを運営する株式会社サガン・ドリームスの竹原稔 代表取締役の退任が決定。新たに執行役員の福岡淳二郎氏が代表取締役に就任することを発表した。 竹原氏は、2011年5月に代表取締役に就任。尹晶煥監督(現ジェフユナイテッド千葉)が率いたシーズンでJ2で2位となりJ1に昇格していた。 チームはその後J1に定着した一方で、2016年にはドイツ人指揮官のフェリックス・マガト氏の招へいに動くも破談。2018年にはワールドカップでの優勝経験もある元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスを獲得するなど、大きな話題を集めていた。 一方で、昨シーズンは財政危機に陥り「サガン鳥栖の未来を護るために、私の辞任を含めて検討しております。それがサガン鳥栖の生き延びる道だからです」とし、「約10億円の赤字の見通しで、約10億円の債務超過として決算を報告する事になります。サガン・ドリームスにとっても、J1昇格以来、初めて負債総額が資産総額を上回る状態となります」と債務超過に陥ることが発表されていた。 新任の福岡氏は、佐賀県サッカー協会で技術委員長を務めたほか、九州サッカー協会でも技術委員長を務め、2020年からは佐賀県サッカー協会の会長を務めていた。 両氏はクラブを通じてコメントしている。 ◆福岡淳二郎代表取締役 「本日開催された臨時株主総会、臨時取締役会をもちまして、株式会社サガン・ドリームスの代表取締役を拝命いたしました。J1のステージで10シーズン目となる節目でありながら、厳しい財政状況が続くなかに新型コロナウィルス感染拡大の影響が重なるタイミングでバトンを受け取り、責任の重さに身の引き締まる思いでございます」 「いつもサガン鳥栖を応援していただいているファン・サポーターの皆様をはじめ、スポンサー企業、株主の皆様、そしてホームタウンである鳥栖市をはじめ地元行政の皆様などクラブを支えていただいている全ての方々と一緒に、しっかりと足下を見つめなおしながら一歩一歩、確実に前に進みたいと考えています」 「今年はクラブスローガンに「Full Power」と掲げ、チーム、フロント、そして皆様とともに“砂岩”となり全力で「クラブワーク」を発揮し、ホームタウンである鳥栖市をはじめとする佐賀県内の全市町とこれまで以上に連携を深めるなど、クラブを取り巻く全てのステークホルダーの皆様と共に、持続可能な地方クラブのモデルを目指していきます。サガン鳥栖が、より皆様に愛され、地域の誇りとして未来まで輝けるよう私自身も全力で努力して参ります。引き続きサガン鳥栖へのご支援と、より一層の熱いご声援をよろしくお願いいたします」 ◆竹原稔前代表取締役 「この度、株式会社サガン・ドリームスの代表取締役を退任することとなりました」 「2011年に就任してから約10年間、サポーターの皆様、スポンサーの皆様、地域の皆様をはじめサガン鳥栖に関わるすべての皆様に支えていただきましたことを、心より御礼申し上げます」 「私はスポーツの力を限りなく信じておりますし、この街にこのクラブがあることも誇りに思っております。皆様に育てられ、愛されたこのクラブが、今後も未来に向かってこの地に根をはり続けられるよう、より一層のご支援をよろしくお願いします」 2021.02.05 18:20 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly