ユナイテッドとの頂上決戦へ! テストと位置付けるマネ「リーグを制覇するには…」

2021.01.17 14:20 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールのセネガル代表FWサディオ・マネが、17日に控える首位マンチェスター・ユナイテッドとの頂上決戦に向けてコメントを残している。

ディフェンディングチャンピオンのリバプールは、17試合を消化した時点で暫定2位に位置。リーグ戦ここ3試合は未勝利で、4日に行われた2021年初戦となった前節のサウサンプトン戦はアウェイで1-0で敗れ、第4節以来2敗目を喫した。


その後、8日のFAカップ3回戦ではアストン・ビラに4得点快勝を収め、ネガティブな雰囲気を一旦断ち切ったリバプール。その試合で負傷した恐れがあったものの万全の状態で臨めると明かしたマネは、ここ数週間は苦しんでいたことを認めつつ、首位チームとの試合を楽しみにしていると語った。

「僕たちにとってこの数週間は難しいものだった。ドレッシングルームでは皆複雑な心境だった。だけど、僕たちがいつも言っているように、これがフットボールというものだ。上手く対処し、再び勝利街道に戻れるよう努力しなければならない。それは僕たちにとって当たり前のことなんだ」

「僕たちは毎週の試合で一貫性を維持するため、日々のトレーニングから戦っている。今は試合が楽しみに思えているよ。タフな一戦になるだろうけど、皆それを楽しみにしている。勝つためにできることは全てするよ」

マネはまた、今季のユナイテッドの印象について「非常に優れたチーム」と称賛した上で、今回の首位攻防戦をテストであると位置付けた。

「彼らは非常に良いチーム。僕たちに何ができるかを確認するテストとなるはずだ。リーグを制覇したいなら最高のチームを倒さなければならない。マンチェスター・ユナイテッドはそのひとつだ。エキサイティングな試合になるだろう。誰もがこの一戦に興奮していると思う。僕たちと同じようにね。この種の試合を本当に楽しにしているんだ」

リーグ戦ではここまで6ゴールのマネ。18ゴールを記録した昨季と比べるとペースは落ちているものの、本人はチームの勝利が重要だと主張している。

「ストライカーとしてはもっと多くのゴールを求めるものだと思う。でも重要なのはチームの勝利だから、ゴールは僕にとって大したことではないんだ。しかし僕個人としては、チームを助け、大きな目標であるリーグ優勝を目指して昨シーズンよりも多くのゴールを目指して頑張っていくよ」

関連ニュース
thumb

もはや王者の面影なし…低調リバプールがフルアムに完敗でホーム6連敗…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第27節、リバプールvsフルアムが7日にアンフィールドで行われ、アウェイのフルアムが0-1で勝利した。   リバプール(勝ち点43)は前節、チェルシーに競り負けてクラブ史上初のリーグ戦ホーム5連敗を喫した。この屈辱の敗戦によって順位を7位まで落とした昨季王者はホームでの連敗ストップを目指し、降格圏に沈む18位のフルアム(勝ち点23)と対峙。   ただ、来週ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)のRBライプツィヒ戦を控える中、クロップ監督はロバートソン、ワイナルドゥム、サラーを除くフィールドプレーヤー7人を入れ替えるターンオーバーを敢行。負傷のフィルミノやオザン・カバクに代わってジョタ、リース・ウィリアムズが起用されたほか、ネコ・ウィリアムズ、シャキリ、ナビ・ケイタらに出番が訪れた。   サラーを最前線に置きシャキリを右、ジョタを左に配置した[4-3-3]で試合に臨んだリバプールは、立ち上がりこそサラーが相手陣内の深い位置でボールを受けて可能性のある仕掛けを見せたが、時間の経過と共に攻撃が手詰まりに陥る。   強度の高いフルアムの守備に対して主力不在のビルドアップがなかなか機能せず、中盤でのボールロストが目立つ。さらに、焦れてジョタやシャキリが低い位置まで下りる場面が多く、最前線のサラーが完全に孤立。   逆に、ロバートソンを除き経験不足が否めない最終ラインが積極的に背後を狙う相手2トップに引っくり返され、ルックマンやマジャにボックス内でシュートまで持ち込まれる。35分には相手のロングカウンターを浴びてボックス左に抜け出したルックマンに決定的なシュートを許すが、ここはDFネコ・ウィリアムズが何とかブロックし事なきを得た。   だが、以降もアウェイチームに圧倒される昨季王者は0-0でハーフタイム突入かに思われた前半終了間際に痛恨の失点を喫する。45分、フルアムのFKの場面でジョタのクリアボールを自陣ボックス左で収めようとしたサラーがレミナに身体をぶつけられてボールロスト。そのまま右足を振り抜かれると、グラウンダーの強烈なシュートがゴール左下隅の完璧なコースに決まった。   エースのミス絡みの失点により1点ビハインドで試合を折り返したリバプールは勢いを持って後半に入る。48分には右サイド深くでネコ・ウィリアムズが入れたマイナスのクロスをジョタが抑えの利いた左足のボレーシュートを枠に飛ばすが、ここはGKアレオラの驚異的な反応に阻まれる。   以降もしばらく押し込む形を作り出すが、決定機には至らず。すると、前がかるチームは後半も相手のシンプルなカウンターに手を焼きカバレイロやマジャに自陣深くまで攻め込まれる場面が目立つ。   何とか流れを変えたいクロップ監督は62分、ワイナルドゥムを下げて切り札のマネを投入。この交代でミルナーがアンカー、シャキリがインサイドハーフにポジションを落とし、3トップは右からサラー、ジョタ、マネが並ぶ形に。70分にはケイタの右クロスに反応したマネがヘディングで合わすが、浮き球のシュートは枠の右上角を叩いてゴールとはならず。   その後、75分過ぎにミルナー、ネコ・ウィリアムズを下げてファビーニョ、アレクサンダー=アーノルドを投入し、交代カードすべてを使い切ったリバプールは、ここから相手を完全に押し込んで攻め立てる。   しかし、中央をきっちり締める相手の集中した守備を前に単調な攻撃はことごとく撥ね返される。試合最終盤にはセットプレーやサイドの揺さぶりを使った攻めで同点ゴールを目指したが、試合はこのままタイムアップ。   大幅なターンオーバー敢行も攻守両面で低調なパフォーマンスに終始したリバプールは格下フルアムに敗れ、クラブワーストを更新するリーグ戦ホーム6連敗と共にリーグ戦でも連敗となった。 2021.03.08 00:57 Mon
twitterfacebook
thumb

クロップ、来季CL出場の難しさ認めるも…「クラブの将来を心配する必要はない」

リバプールのユルゲン・クロップ監督がチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃す可能性について言及している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 今季大不振に陥っているリバプールは4日に行われたプレミアリーグ第29節のチェルシー戦でも敗れ、クラブ史上初となるリーグ戦ホーム5連敗を記録。順位は7位まで下降しており、4位との勝ち点差も開き始めていることから、来シーズンのCL出場権を逃す可能性は高まっている。 7日に行われるプレミアリーグ第27節のフルアム戦に向けての会見に出席したクロップ監督も来季CLに参加できない可能性について言及。難しいシーズンだと認める一方で、たとえCLに出場できなかったとしてもクラブの将来に不安はないと強調している。 「このクラブはCLの常連になれないかもしれない。今年は難しい状況になっていると、誰もが知っている。しかし、CL出場の可能性とクラブの持つ力は全くの別物だ。私は10年前のこのチームを知らないが、現在の我々はこの時代の戦いに向けて準備はできている。今、チームには良い選手が揃っているんだ」 「シーズンには勢いというものがあり、今シーズンはそれを得るのが本当に難しかった。しかし、このクラブは本当に良い立ち位置にいる。今は明らかに厳しい時期だが、他のクラブよりも良い立ち位置にいると言えるだろう」 「私は過去にこのクラブに起こったことを考えてはいなかった。私が言えるのは、誰もがクラブの将来について心配する必要はないということだ」 また、クロップ監督はCLに出られなくなったとしても、選手の去就には影響しないとコメント。また、CLの有無で移籍の決断をする選手は求めていないと語っている。 「我々は選手に忠誠心があると知っている。チームに所属する選手が『CLがないなら出ていく』と言うような状況ではない。そんなことは起こらないだろう。私は彼らを十分に知っているからね」 「クラブはかつてと別の状況にあり、新しい選手が来ても問題にはならない。何年も前から言ってきたが、もし選手が来季のCLがないからと加入したがらないなら、そもそも私はそうした選手に来てほしくはないよ」 2021.03.06 12:39 Sat
twitterfacebook
thumb

悩めるリバプール、カバクも故障者リスト入りか…フルアム戦欠場へ

リバプールのトルコ代表DFオザン・カバクが離脱するようだ。クラブ公式サイトが伝えている。 今季を通じて相次ぐ故障者に悩まされ、特にDFヴィルヒル・ファン・ダイクやDFジョー・ゴメスらの離脱が続くセンターバックの台所事情が苦しいリバプール。先日、センターバックもこなせるブラジル代表MFファビーニョが戦列復帰を果たしたが、今度は今冬加入のカバクも故障者リスト入りする恐れがあるという。 チェルシーとのプレミアリーグ前節も敗れ、ここ6試合で5敗と不振から抜け出せずにいるなか、7日に行われる第27節でフルアムをホームに迎え撃つリバプール。ユルゲン・クロップ監督はカバクの負傷欠場を示唆した。 「この前の試合が終わってから、オザンはちょっとした問題を抱えている。今、多くの試合に出場しているが、フルアム戦にも出られるかどうかはこれから見極めていく必要がある。現状、そうならないように見えるから、解決先を探っておかなければならない」 一方で、ドイツ人指揮官はDFナサニエル・フィリップス、DFベン・デイビスの起用可能を明らかにしている。 「ナットに関してはベンとともに間に合うだろう。ベンからすれば、簡単な状況じゃない。彼を連れてきて、順応が必要だからね。本当に良い選手だ」 「1人目、2人目と新しい選手を連れてきたら、すべてが変わる。だから、どんな決断をすべきか見極めが必要だ」 「この試合の試合が終わってからの情報を得るのみだが、オザンにとって次の試合は早すぎる。ナットとベンに関しては準備が整っているはずだ」 2021.03.06 10:50 Sat
twitterfacebook
thumb

カンテの“疑惑シーン”にリバプールサポーターも紛糾「どうしてこれがハンドじゃない!?」

リバプールのサポーターがチェルシー戦の判定に疑問を呈している。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。 リバプールは4日に行われたプレミアリーグ第29節でチェルシーとホームで対戦。現在4連敗中のアンフィールドで0-1で敗れ、クラブ史上初となるホーム5連敗を喫した。 攻撃陣が冴えない試合だったが、48分には疑惑のシーンもあった。ボックス右にFWロベルト・フィルミノが侵入すると、深さを取って右足でクロス。ボールはマークしていたチェルシーMFエンゴロ・カンテの右手にしっかりと当たったように見えた。 <div id="cws_ad">カンテの右手に当たったシーンは3:28~<script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=113zskewni3et1s3vh7lxg5fos" async></script></div> リバプールの選手がハンドをアピールするも、マーティン・アトキンソン主審は聞き入れず、VARが介入することもなかった。 『リバプール・エコー』は「どうしてこれがハンドじゃない!?」「ハンドが何なのかもうわからない」「レミナのがハンドでなぜカンテはハンドじゃないんだ」といったサポーターからの声を紹介している。 同日に行われたフルアムvsトッテナムの一戦で、フルアムのMFマリオ・レミナが腕を使ってブロックしたとの微妙な判定により、ゴールは取り消しとなっていたこともあり、判定の一貫性のなさに対しての不満が多く出ている。 <div id="cws_ad">◆ハンドが取られたレミナのシーンと比較<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="no" dir="ltr">Lemina = handball<br>Kante = no handball<br><br><a href="https://t.co/XXgTmuAIzU">pic.twitter.com/XXgTmuAIzU</a></p>&mdash; Goal (@goal) <a href="https://twitter.com/goal/status/1367587079266263044?ref_src=twsrc%5Etfw">March 4, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.03.06 10:30 Sat
twitterfacebook
thumb

倒れた頭部に相手がボールを蹴る…一瞬怒りも冷静さ失わなかったマネに称賛集まる「名誉ある行動」

リバプールのセネガル代表FWサディオ・マネの立ち居振る舞いに称賛が集まっている。イギリス『GIVE ME SPORT』が伝えている。 マネは、4日に行われたプレミアリーグ第29節のチェルシー戦に先発出場。28分にはモハメド・サラーの浮き球の斜めのパスに完璧に抜け出し、GKとの一対一のビッグチャンスを迎えるも、ファーストタッチがうまくいかずにシュートまで持ち込めないなど、沈黙した。 さらにチェルシーの1点リードで迎えた試合終了間際の88分、右サイドでボールを持ったマネがチェルシーのDFアントニオ・リュディガーに倒されファウルを獲得すると、マーティン・アトキンソン主審の笛が鳴った後に、転がっていたボールを近くにいたチェルシーMFマテオ・コバチッチが蹴り、そのボールがマネの頭を直撃した。 故意かは分からないものの、コバチッチの不必要なプレーにマネは怒り、一触即発となった。コバチッチは謝罪をしながらも笑みを浮かべるなど、悪態をついていたが、ビハインドのチーム状況を思い出したのか、マネは冷静さを取り戻しそれ以上の騒動に発展することはなかった。 結局、どちらにもカードが提示されることはなかったが、『GIVE ME SPORT』はマネの行動を「名誉ある行動」として称賛。サポーターからも「素晴らしい自制心」「マネは本当に素晴らしい」といった声が上がっている。 <div id="cws_ad">◆マネが一瞬怒りを見せるもこの後すぐに冷静さを取り戻す<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Not even a yellow card for Kovacic but that’s ok, he doesn’t play for Liverpool <a href="https://t.co/vrdpsOJeKG">pic.twitter.com/vrdpsOJeKG</a></p>&mdash; (@alexis_xh) <a href="https://twitter.com/alexis_xh/status/1367601674798452743?ref_src=twsrc%5Etfw">March 4, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.03.05 20:58 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly