【セリエA注目プレビュー】2位インテルvs4位ユベントスのイタリア・ダービー

2021.01.17 18:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第18節、インテルvsユベントスが17日28:45にキックオフされる。首位ミランを3ポイント差で追う2位インテル(勝ち点37)と、4位ユベントス(勝ち点33/1試合未消化)によるイタリア・ダービーだ。

インテルは前節ローマとの上位対決を一時逆転に持ち込んだものの、終盤の被弾で2-2の引き分けに終わってしまった。怒涛の8連勝の後、1敗1分けと足踏みが続いているが、スクデットを争うことになるであろうユベントスを叩いて再び上昇気流に乗りたい。


一方、ピルロ新監督の下、徐々に内容の伴った試合が増えてきているユベントスは前節サッスオーロ戦では10人となった相手に苦戦を強いられた中で辛勝とした。ただ、復調気配にあったFWディバラが負傷離脱となったのは痛手。代わって復帰したFWモラタの活躍に期待が懸かる。

共に4日前に行われたコッパ・イタリアでは延長戦に持ち込まれたが、主力の起用が多かったインテルがややコンディション面では不利になることが予想される。また、ユベントスで師弟関係にあったコンテ監督とピルロ監督の初対決にも注目が集まる。

◆インテル◆
【3-5-2】

▽インテル予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.

GK:ハンダノビッチ
DF: シュクリニアル、デ・フライ、バストーニ
MF:ハキミ、バレッラ、ブロゾビッチ、ビダル、ヤング
FW:ルカク、L・マルティネス
負傷者: DFダンブロージオ、MFヴェシーノ
コロナ:なし
出場停止者:なし

インテルの主力に欠場者はいない。ベストメンバーでダービーに臨める状況だ。

◆ユベントス◆
【4-4-2】

▽ユベントス予想スタメン
(C)CWS Brains,LTD.

GK:シュチェスニー
DF:ダニーロ、ボヌッチ、デミラル、フラボッタ
MF:キエーザ、マッケニー、ベンタンクール、ラムジー
FW:モラタ、C・ロナウド
負傷者: FWディバラ
コロナ:DFデ・リフト、クアドラード、アレックス・サンドロ
出場停止者:なし

一方、ユベントスはコロナにより主力DF3人を引き続き欠く。中盤の人選が難しくアルトゥールやラビオの先発起用も考えられる。また、デミラルではなくキエッリーニを現地メディアは先発予想に挙げている。

★注目選手
◆インテル:FWロメル・ルカク
Getty Images

インテルの注目選手には今季ここまで12ゴール3アシストを記録してチームを牽引しているルカクを挙げたい。圧倒的なフィジカルを駆使して相手DFをものともしない巨漢FWは、得点源となっているのはもちろんのこと、チャンスメークの点でも秀逸のパフォーマンスを発揮している。ユベントス戦でも屈強なフィジカルを誇るDFデミラル相手に違いを生むことが期待される。

◆ユベントス:FWクリスティアーノ・ロナウド
Getty Images

対するユベントスの注目選手は今季ここまで15ゴールを挙げて得点ランクトップを走るC・ロナウドだ。ビッグマッチとなった前々節ミラン戦でこそ存在感のなかったC・ロナウドだが、出場13試合で15ゴールと圧巻の決定力は健在。インテル戦ではモラタとのコンビが確実だが、チームを勝利に導くゴールを決められるか。


関連ニュース
thumb

ダービー制して首位固めのインテル、コンテは「並外れたパフォーマンス」と称賛

インテルのアントニオ・コンテ監督が首位攻防戦を制したチームを称えた。クラブ公式サイトが伝えている。 セリエA首位インテルは21日に行われた第23節で2位ミランと対戦。首位攻防戦となったミラノ・ダービーで開始5分に先制すると、後半にも得点を重ねていき、3-0のスコアで完勝した。 ミランとの直接対決を制して勝ち点差を「4」に広げ、首位固めに成功したインテル。コンテ監督もこの状況を喜んでおり、大一番で力を発揮したチームを称えた。 「選手たちは並外れたパフォーマンスを見せてくれた。この試合のため良い準備ができていたが、それを完璧に実行してくれたと思う。チームの成長には大きな満足感があり、選手たちはこの結果に値すると思うから、私は満足だ」 「もっと良い勝利が続くことを願っている。今日は素晴らしい試合ができたし、久しぶりに上位に位置するライバル同士のダービーだったことも忘れてはならない。つまり、より多くのプレッシャーと責任があったんだ」 「選手たちは本当によくやってくれた。我々は自分たちの道を歩めていると思う。試合に向けしっかり準備を行い、それを最大限に生かすことに成功した。本当に強い相手に勝利を収めたが、ミランにも感謝する必要がある。この勝利はファンに捧げたい。スタジアム前での歓迎には鳥肌が立った」 また、コンテ監督は不遇の時期があったにもかかわらず、この試合で先発出場を飾ったMFクリスティアン・エリクセンとMFイバン・ペリシッチに言及。チームにフィットした2人の選手を称賛している。 「監督の仕事はチームのベストな要素をすべて見つけだし、プレースタイルを構築していくことだと思う。クリスティアン(・エリクセン)やイバン(・ペリシッチ)、そしてチーム全体の成長が見られて私は誇らしい」 「クリスティアンのときのように、我々はしばしば判断を急いでしまう。特に海外から選手が加入した際は忍耐が必要なときもある。ただ、クリスティアンはチームの重要なメンバーであり、排除しようと思ったことなどない。今年、大きな意欲を見せてくれたイバンにも同じことが言える。彼は全力を尽くし、今日も素晴らしいパフォーマンスだった」 2021.02.22 11:57 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:ミラン 0-3 インテル《セリエA》

セリエA第23節、ミランvsインテルのミラノ・ダービーが21日に行われ、0-3でインテルが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。 ※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし ▽ミラン採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210221_20_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 99 ドンナルンマ 5.0 特別好守はなく3失点 DF 2 カラブリア 5.0 1失点目の場面ではケアーへの声かけが欲しかった。ペリシッチの前に劣勢に 24 ケアー 5.0 ラウタロのクイックネスに苦戦 13 ロマニョーリ 4.5 ルカクとのマッチアップで完敗。1、3失点目に絡む 19 テオ・エルナンデス 5.5 大胆な攻め上がりで攻撃に厚みを出そうと奮闘 MF 56 サーレマーケルズ 5.0 攻守に顔を出せず (→レオン -) 79 ケシエ 6.0 守備のケアをしつつ、シンプルなプレーで攻撃にリズムを与えた 10 チャルハノール 5.0 復帰まもなくまだまだ本調子ではない様子 8 トナーリ 5.5 徐々にボールに絡めるようになっていった (→メイテ -) 12 レビッチ 5.0 とりわけ前半はボールに触れる機会が少なかった FW 11 イブラヒモビッチ 6.0 徹底マークに遭う中、枠内シュートを放っていったが、ハンダノビッチに止められた (→カスティジェホ -) 監督 ピオリ 5.0 前半終盤から後半頭は良い時間だったが、全体的には力負けした印象 ▽インテル採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210221_20_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 ハンダノビッチ 7.5 後半立ち上がりの3つのピンチをビッグセーブで凌いだ DF 37 シュクリニアル 6.5 空中戦の強さが際立っていた 6 デ・フライ 6.5 イブラヒモビッチに自由を与えず 95 バストーニ 6.0 終始、冷静にプレー。ミスが少ない MF 2 ハキミ 6.0 カウンターから2点目の起点に 23 バレッラ 6.0 ボールに頻繁に関わり、ルカクと良い距離感を保った (→ビダル -) 77 ブロゾビッチ 6.0 相変わらず攻守に効いていた 24 エリクセン 6.0 潤滑油的な役割でチームに馴染みつつある (→ガリアルディーニ -) 14 ペリシッチ 6.5 果敢に仕掛けるプレーでアクセントに。2点目をアシスト (→ダルミアン -) FW 9 ルカク 7.0 先制点をアシストし、ダメ押しの3点目を挙げる 10 L・マルティネス 7.0 ゴールを貪欲に狙い、2ゴールを奪取 (→サンチェス -) 監督 コンテ 6.5 ハンダノビッチに救われた面もあるが、勝利に相応しい内容だった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ハンダノビッチ(インテル) ゴールを決めたラウタロとルカクも素晴らしかったが、後半頭の立て続けのピンチを凌いだことが勝利に繋がったことからインテルの守護神を選出。 ミラン 0-3 インテル 【インテル】 L・マルティネス(前5) L・マルティネス(後12) ルカク(後21) 2021.02.22 00:56 Mon
twitterfacebook
thumb

守護神躍動のインテル、ラウタロ&ルカク弾でミランを退け首位キープ《セリエA》

セリエA第23節、ミランvsインテルのミラノ・ダービーが21日に行われ、0-3でインテルが勝利した。 前節ラツィオ戦ではルカクが全3ゴールに絡む活躍を見せて快勝とし、首位に浮上したインテル(勝ち点50)。1週間の調整期間があった中、ラツィオ戦と同様のスタメンで臨んだ。 一方、スペツィアに不覚を取って2位に後退したミラン(勝ち点49)は、3日前に行われたヨーロッパリーグではツルヴェナ・ズヴェズダ相手に主力を温存して臨んだ中、逃げ切りに失敗したものの敵地で2-2と引き分けた。そのミランはツルヴェナ戦のスタメンから7選手を変更。イブラヒモビッチやチャルハノール、カラブリアらがスタメンに戻った。 慎重に立ち上がった中、開始5分にインテルが先制する。ルカクがロマニョーリを振り切ったプレーを起点に、ボックス右角からルカクが上げたクロスをラウタロがヘッドで押し込んだ。 先制したインテルはルカクとラウタロにボールを収めて押し込む時間を増やしていく。そんな中、劣勢のミランは32分にチャンス。ボックス中央でルーズボールを拾ったテオ・エルナンデスが右足でシュートに持ち込み、わずかに枠を外れた。 ひやりとしたインテルは36分、ペリシッチがカットインからのシュートで牽制。ハーフタイムにかけてはミランがボールを持つ時間が増えたものの、インテルの1点リードで前半を終えた。 迎えた後半、開始2分にミランにビッグチャンス。左CKからイブラヒモビッチのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKハンダノビッチのビッグセーブに阻まれ、さらに波状攻撃から再びイブラヒモビッチがヘディングシュートを放ったが、ここもハンダノビッチに阻まれた。さらに48分にもトナーリが決定的なシュートを浴びせたが、三度ハンダノビッチの好守に阻止されてしまう。 すると57分、インテルに追加点が生まれる。カウンターの流れからハキミ、エリクセン、ペリシッチと繫ぎ、最後はラウタロが押し込んだ。 その後、63分にルカクがGK強襲のシュートを浴びせたインテルは66分に決定的な3点目を奪う。ロングボールを受けたルカクが独走。ボックス左に侵入して豪快にシュートを決めきった。 白旗ムードのミランはイブラヒモビッチを下げてカスティジェホを投入。対する勝勢のインテルはラウタロらを下げてサンチェスらを投入。 終盤にかけては自陣に引いたインテルが余裕を持ってミランをいなし、3-0で快勝。首位をキープし、ミランとの勝ち点差を4に広げている。 2021.02.22 00:55 Mon
twitterfacebook
thumb

コンテ監督がミラノ・ダービーに向け注意喚起「前回の騒動を忘れてはならない」

インテルのアントニオ・コンテ監督が、ミランとのミラノ・ダービーに向けてコメントしている。『フットボール・イタリア』が伝えた。 21日のセリエA第23節でミランとのダービーに臨むインテル。前節にミランが敗れたことにより、ラツィオを下したインテルが首位に浮上。今回は近年稀な、両チームがトップ2という状況で激突することになった。 リーグ戦では1ポイント差でしのぎを削る両チームだが、先月にコッパ・イタリア準々決勝でも対戦。結果的にインテルが2-1で勝利したのだが、この試合ではFWロメル・ルカクとFWズラタン・イブラヒモビッチが衝突。イブラヒモビッチがルカクに侮辱ワードを発したことがきっかけだった。 両選手にはその後、それぞれに1試合の出場停止処分が下される結果となったが、コンテ監督は前回対戦を踏まえた上で、スポーツ面において素晴らしい試合をしなければならないと話した。 「2つのチームが互いに相手を上回ろうとする試合になるだろう。素晴らしいレフェリーが試合を捌いてくれることになったね」 「我々はあの騒動を忘れてはいけない。たとえこのようなビッグマッチであったとしてもね。何よりもまずスポーツなのだ。しかし私も、あの雰囲気でテンションがどうなるか予想できないがね」 コッパ・イタリアでは勝利したものの、イブラヒモビッチに得点を許していたインテル。指揮官は相手のエースに対してチームで対抗する策を練っているようだ。 「チームとして働き、エラーを減らすことで脅威を無力化する。イブラヒモビッチはトッププレイヤーで、今季はすでに我々に対して得点を奪っている。だからといって彼がまた得点するとは限らないよ」 2021.02.21 17:43 Sun
twitterfacebook
thumb

熱戦必至のミラノ・ダービー!ピオリ監督は因縁の両エースに言及「衝突も起こりうる」

ミランのステファノ・ピオリ監督が、インテルとのミラノ・ダービーに向けて意気込みを語っている。『フットボール・イタリア』がコメントを伝えた。 21日に控えるミラノ・ダービー。前節にスペツィアに敗れ首位の座を明け渡したミランだが、早くも首位奪還のチャンスが訪れた。 セリエAにおいてミランとインテルがトップ2の状態でダービーを迎えるのは近年では珍しいことだが、この熱戦必至の頂上決戦にファンはスタジアム赴くことはできない。 そんな中で、およそ300人のサポーターが激励のためにミラネッロに終結。ピオリ監督はファン不在のサン・シーロの憂いながらも、見ごたえのある試合にすることを約束している。 「我々とインテルには明確なアイデンティティがある。ダービーというのは多くのゴールチャンスのある常にバランスの取れた試合だ。明日はコンパクトさを保ち、論理的でなければならない。レベルの高いプレーを見せたい」 「我々の準備は、いつも相手がどのように攻撃してくるか予想することに基づいている。それには明快で正確であることが求められるのだ」 「いずれ相手がスペースを空けてしまうタイミングが来る。その時、いかに我々が正しい選択をできるかにかかっている」 また、この試合ではFWズラタン・イブラヒモビッチとFWロメル・ルカクの両エースも一際注目されている。2人は1月26日に行われたコッパ・イタリア準々決勝で、イブラヒモビッチがルカクに対して侮辱ワードをぶつけたことをきっかけに衝突。後に互いに1試合の出場停止処分が科せられた。 今回も両選手が試合の中心になることは間違いないだろうが、ピオリ監督はダービーマッチだからこそ起こりうることだったとコメントし、リスペクトとプロの精神を持って試合に臨むことを主張した。 「起こらなければそれがベターだったが、明日は別の試合だ。激しい競り合いもあるだろうし衝突することもあるだろう。それだけ心が燃える戦いなのだ。だが、もちろんそこには多大なリスペクトとプロフェッショナリズムが存在する」 「ルカクのことはリスペクトしているが、好きなのはイブラだ」 2021.02.21 17:05 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly