【セリエA第18節プレビュー】イタリア&ローマ・ダービーの2大ビッグマッチ開催

2021.01.15 18:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
先週行われた前節では3位ローマと2位インテルが痛み分けに終わった一方、首位ミランが勝利した。この結果、ミランとインテルの勝ち点差は3に広がった。その他、ユベントス、アタランタ、ナポリ、ラツィオら上位陣が順当に勝利を収めている。迎える第19節はインテルvsユベントスのイタリア・ダービー、ラツィオvsローマのローマ・ダービーが行われる。

まずは日曜開催のインテルvsユベントス。インテル(勝ち点37)は前節ローマ戦では慎重な入りを見せた中、前半に失点。後半に入って反撃に転じ、DFシュクリニアルとMFハキミのゴールで一時逆転としたものの、守りに入った試合終盤に同点弾を浴びて痛み分けに終わってしまった。そして水曜に行われたコッパ・イタリアのフィオレンティーナ戦では延長戦までもつれ込んでしまった中、FWルカクの決勝弾で勝利した。疲労が気になるところだが、ダービーに向けてコンディションを整えられるだろうか。


一方、前節サッスオーロ戦を10人となった相手に大苦戦を強いられた中、後半終盤のMFラムジー弾で何とか勝利した4位ユベントス(勝ち点33/1試合未消化)。さらに復調していたFWディバラがヒザを痛めて15日間ほどの離脱となったのは痛いところ。入れ替わるように負傷から復帰を果たしたFWモラタの活躍に期待したい。こちらは水曜に行われたコッパ・イタリアではジェノア相手に主力を温存した中、延長戦にもつれ込まれたが、FWラフィアのデビュー弾で競り勝った。主力の疲労度でやや優位な中、ミランに続きインテルとの大一番を制すことができるか。

続いて金曜開催のローマ・ダービー。8位ラツィオ(勝ち点28)は前節パルマ戦を後半の2ゴールで勝ちきって見せた。監督交代によりモチベーションの高かった相手をしっかりと下した中、2連勝として上向きなチームはダービーを制して更なる勢いに乗れるか。

対する3位ローマ(勝ち点34)はインテル戦ではDFマンチーニ弾で追いつく形となったが、前半の戦いぶりを見れば勝ちたいところだった。後半の受けに回り過ぎて逆転を許した教訓をダービーに生かしたい。

前節トリノ戦でユベントス戦の敗戦を払拭する勝利を手にした首位ミラン(勝ち点40)は、月曜に16位カリアリ(勝ち点14)とのアウェイ戦に臨む。トリノ戦ではMFディアスの活躍で快勝とした中、大黒柱のFWイブラヒモビッチが終盤に登場し、復帰を果たした。そして火曜に行われたコッパ・イタリアでのトリノとの再戦ではイブラヒモビッチが先発した中、PK戦にまでもつれ込んでしまったが、何とか勝ち上がった。カリアリ戦までは中5日あるため、疲労面での心配は少ないかと思われるが、しっかりと勝ち切ることができるか。

MFイリチッチの躍動でベネヴェントを4-1と一蹴した5位アタランタ(勝ち点31/1試合未消化)は、17位ジェノア(勝ち点14)とのホーム戦に臨む。MFアレハンドロ・ゴメスとガスペリーニ監督の確執問題があるものの、チームはここ3試合で12ゴールと持ち前の爆発力を見せ付けている。アタランタとしては降格圏に飲み込まれそうなジェノアには必勝としたい。

そしてMFバカヨコの移籍後初弾でウディネーゼに辛勝とした6位ナポリ(勝ち点31/1試合未消化)は、12位フィオレンティーナ(勝ち点18)とのホーム戦に臨む。ウディネーゼ戦では相手のカウンターに苦しめられ、引き分けでもやむなしのような展開だったが、勝利して上位陣を追走することに成功した。大きな勝利を得た中、プランデッリ体制となって状態が上向きのフィオレンティーナを下せるか。

DF吉田が4試合ぶりにセンターバックに復帰した11位サンプドリア(勝ち点20)は、15位ウディネーゼ(勝ち点16/1試合未消化)とのホーム戦に臨む。前節スペツィア戦では受けに回り過ぎた末、1-2と敗れたサンプドリア。消極的な戦いぶりでインテル戦の金星を帳消しにしてしまった中、ナポリ相手に善戦していたウディネーゼ撃破となるか。吉田が引き続きセンターバックで起用されるかにも注目したい。

最後に2試合連続で右サイドバック起用となっているDF冨安の13位ボローニャ(勝ち点17)は、9位ヴェローナ(勝ち点27)とのホーム戦に臨む。前節ジェノア戦では押し込む展開としたものの決め手を欠いた末、0-2と敗れたボローニャ。これで8戦未勝利と白星に見放されている中、好調を維持するヴェローナに勝利することはできるか。

◆セリエA第18節
▽1/15(金)
《28:45》
ラツィオvsローマ

▽1/16(土)
《23:00》
ボローニャvsヴェローナ
《26:00》
トリノvsスペツィア
《28:45》
サンプドリアvsウディネーゼ

▽1/17(日)
《20:30》
ナポリvsフィオレンティーナ
《23:00》
クロトーネvsベネヴェント
サッスオーロvsパルマ
《26:00》
アタランタvsジェノア
《28:45》
インテルvsユベントス

▽1/18(月)
《28:45》
カリアリvsミラン


関連ニュース
thumb

文字通り流れるようなパス回し!インテルが華麗にミラン守備を切り崩す/2020-21【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はインテルのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆インテルが鮮やかなパス回しでミランを攻略<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJTTkVZTlhKdiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> </div> 2018年夏に母国アルゼンチンのラシン・クラブからインテルに加入したラウタロ・マルティネスは、若きエースとしてブレイク。ここまで公式戦118試合に出場し、45ゴールを決めている。 FWロメル・ルカクと強力2トップを形成するラウタロ・マルティネスだが、2021年2月21日に行われたセリエA第23節のミラン戦では、美しいパス回しからゴールを決めている。 1-0とインテルリードで迎えた57分、自陣ボックス内でインテルがボールを持つと、最終ラインでボールを繋ぎ、前線へパス。ボールを受けたMFニコロ・バレッラが素早く前を向き、前線のルカクにパスする。 体を張ってボールを収めたルカクが、DFアクラフ・ハキミの上がりを待ってボールを渡すと、ドリブルで相手陣内深くまで侵入したハキミが中央のMFクリスティアン・エリクセンにパス。ボックス内までボールを運ぶと、左サイドでフリーだったMFイバン・ペリシッチにパスした。最後はペリシッチが素早くゴール前に出したリターンパスにマルティネスが走り込んで合わせ、最終ラインからの流れるようなパスから追加点を奪ってみせた。 リードを広げたインテルは、その後も試合を優勢に進め、3-0でライバル相手に完勝している。 <span data-sg-movie-id="921" data-sg-movie-title="【文字通り流れるようなパス回し!】インテルが華麗にミラン守備を切り崩す"></span> 2021.03.08 22:00 Mon
twitterfacebook
thumb

アタランタ戦のインテル指揮官コンテ「チームの目標はいつだって勝利を掴むこと」

インテルのアントニオ・コンテ監督が、アタランタ戦に向けて、意気込みを語った。 インテルは8日にホームで予定するセリエA第26節でアタランタと対戦。6連勝中の首位インテルとしては本拠地で4位アタランタを下し、さらに波に乗りたいところだ。 コンテ監督は試合に先駆けた会見で、攻守のバランスを保つことの重要性を強調。その上で、攻撃面を際立たせた方が勝つと予想した。 「どのチームも守備と攻撃の良いバランスが必要だと思う。守備の選手も、攻撃の選手も、全員にそれぞれの重要性を理解してもらい、素晴らしい結果を持ち帰りたい。とはいっても、明日の試合はどちらがより良い攻撃をするかが勝敗の分かれ目になるだろう」 また、対戦相手となるアタランタについては「チャンピオンズリーグ(CL)でも、セリエAでも、強豪相手に最も多くの勝利を収めているチーム」とコメント。FWルイス・ムリエルの名を挙げ、警戒を強めた。 「難しい試合になるのは間違いない。彼らは自分たちの能力を十分に理解しているし、スターティングメンバーであれ、交代選手であれ、難しい試合で大きなインパクトを与えるムリエルのような強力な選手がいるのは明らかだ」 「(ジャン・ピエロ・)ガスペリーニは素晴らしい仕事をしている。チームも彼を支持しているし、彼とアタランタのことを私も喜んでいる。私も短い間だったものの、アタランタで監督をやっていたことがあるからね」 クラブが現在、首位に立っていることから優勝候補の本命に挙げられていることについても言及。前評判など関係なく、勝ちを積み上げていくことに集中していると語った 。 「優勝候補だろうが、アンダードッグと思われようが、私のチームは常に勝つためにプレーする。過去にアンダードッグとしてスタートしたときでさえ、私は何があっても隠れたことはない。チームの目標はいつだって勝利を掴むことだ。我々が優勝候補かそうでないかはあまり関係ない」 2021.03.08 18:08 Mon
twitterfacebook
thumb

若き“マジシャン”の一撃!19歳のコウチーニョがインテル時代に決めたミドル/2011-12【スーパーゴール図鑑/インテル編】

【得点者プロフィール】 フィリペ・コウチーニョ(当時19歳) 国籍:ブラジル 所属:インテル ポジション:MF 身長:172cm 若くしてインテルに引き抜かれたコウチーニョは、2010年にファーストチームデビュー。高いポテンシャルを見せ、クラブから期待されていた。 【試合詳細】 日程:2011年11月19日 大会:セリエA第12節 対戦相手:カリアリ 時間:後半15分(1-0) <div id="cws_ad">◆若きコウチーニョの一撃<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJXaHBnVWJVWiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 1-0とインテルリードの60分、カウンターからMFリカルド・アルバレスのパスをコウチーニョが左サイドで受ける。ボールをコントロールしたコウチーニョは、ボックス手前までボールを運び、素早いボールタッチでシュートコースを作り右足を一閃。意表を突くシュートはGKのニアポストを抜き、見事な追加点を挙げた。 このゴールでリードを広げたインテルは、その後反撃を許したものの、2-1で勝利している。 2021.03.06 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【セリエA第26節プレビュー】月曜にインテルvsアタランタ、土曜にユーベvsラツィオ

ミッドウィークに行われた前節、首位インテルがパルマに勝利した一方、2位ミランがウディネーゼに引き分けたため、両チームの勝ち点差は6に広がった。徐々にインテルがポイント差を付けている中、今節は月曜に4位アタランタとの上位対決に臨む。また、土曜には3位ユベントスと7位ラツィオのカードも組まれている。 インテル(勝ち点59)は木曜に行われたパルマ戦では前半こそ苦戦したものの、後半にFWサンチェスの2ゴールが決まり、2-1と逃げ切った。リーグ戦6連勝とし、ミランとの勝ち点差を広げている中、今節は難敵アタランタとの対戦となるが、主力に欠場者のいない充実のインテルは7連勝となるか。 対するアタランタ(勝ち点49)は前節、最下位クロトーネ相手に前半こそ1-1で終えたが、終わってみれば5-1と圧勝した。アタランタもインテルに負けず劣らず好調でリーグ戦4連勝とした中、こちらもベストメンバーで首位インテルを止めにかかる。 続いて土曜に行われるユベントスvsラツィオ。ユベントス(勝ち点49)は前節、スペツィア相手に後半半ばまでゴールレスで終える苦しい展開を強いられたが、途中出場のMFベルナルデスキとFWモラタの活躍で終わってみれば3-0の勝利とした。ケガ人を多数抱える厳しい台所事情ではあるものの低調な試合が続く中、強豪ラツィオを下して火曜に行われるチャンピオンズリーグ(CL)のポルト戦に向かえるか。 一方のラツィオ(勝ち点43)は火曜に行われる予定だったトリノ戦がコロナによって延期となり、万全の状態でユベントス戦に臨める状態。バイエルン戦惨敗の後、ボローニャにも完敗を喫したラツィオはここでバウンスバックとなるか。 ウディネーゼ相手に試合終了間際のPK弾で辛くも敗戦を免れたミラン(勝ち点53)は、8位ヴェローナ(勝ち点38)とのアウェイ戦に臨む。ウディネーゼ戦ではFWイブラヒモビッチを欠いたことがダイレクトに影響し、攻撃の形を作れなかったミラン。引き続き大黒柱を欠くが、前々節にはユベントスに引き分けた曲者ヴェローナを下してインテルにプレッシャーをかけることはできるか。 フィオレンティーナに競り勝った5位ローマ(勝ち点47)は、13位ジェノア(勝ち点27)とのホーム戦に臨む。フィオレンティーナ戦ではチームの心臓であるMFヴェレトゥが負傷したローマ。バックラインのケガ人が戻ってきたのは幸いだが、新たに中盤のファイターを失った中、元ローマのMFストロートマン所属のジェノアに勝利してCL圏内浮上となるか。 6位ナポリ(勝ち点44)は日曜にDF冨安の欠場が続く12位ボローニャ(勝ち点28)をホームに迎える。ナポリは前節、サッスオーロ相手にラストプレーのPK被弾で3-3の引き分けに持ち込まれてしまった。勝ち点2を取りこぼした中、ここは必勝としてCL権争いに留まりたい。 最後に前節ジェノヴァ・ダービーを引き分けた10位サンプドリア(勝ち点31)は、2連勝で残留圏内に浮上した17位カリアリ(勝ち点21)とのホーム戦に臨む。DF吉田は前節、先発を外れた中、ライバルのDFトネッリ弾でチームは引き分けに持ち込んだが、スタメン予想となっている。ライバルのアピールがあった中、調子を上げているカリアリを封じることはできるか。 ◆セリエA第26節 ▽3/6(土) 《23:00》 スペツィアvsベネヴェント 《26:00》 ウディネーゼvsサッスオーロ 《28:45》 ユベントスvsラツィオ ▽3/7(日) 《20:30》 ローマvsジェノア 《23:00》 ヴェローナvsミラン フィオレンティーナvsパルマ クロトーネvsトリノ 《26:00》 サンプドリアvsカリアリ 《28:45》 ナポリvsボローニャ ▽3/8(月) 《28:45》 インテルvsアタランタ 2021.03.06 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

“怪物”ルカクの真骨頂!強靭なフィジカルで相手DFを寄せ付けずに決めた豪快弾/2019-20【スーパーゴール図鑑/インテル編】

【得点者プロフィール】 ロメル・ルカク(当時27歳) 国籍:ベルギー 所属:インテル ポジション:FW 身長:191cm 母国の強豪アンデルレヒトで頭角を現したルカクは2011年夏にチェルシーに加入。WBAやエバートンでの活躍を経てマンチェスター・ユナイテッドでプレーした後、2019年夏からはインテルに活躍の場を移している。 【試合詳細】 日程:2020年8月5日 大会:ヨーロッパリーグ ラウンド16 対戦相手:ヘタフェ 時間:前半33分(0-0) <div id="cws_ad">◆ルカクの真骨頂<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJnNGVQYjdNZCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 0-0で迎えた33分、最終ラインのDFアレッサンドロ・バストーニからのロングフィードに対し、スピードを活かして上手く相手ディフェンスの裏で受けたルカク。相手からのプレスを受けるも、持ち前のフィジカルの強さで跳ね返すと、DFの股を抜く技ありのシュート。ボックス左からファーポストのネットに突き刺し、見事な先制点を決めた。 ルカクのスピード、パワー、テクニックの詰まったゴールで先制したインテルは、後半にも1点を加え2-0で勝利。準々決勝進出を果たしていた。 2021.03.06 12:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly