“ハゲワシ”ことレアルの英雄ブトラゲーニョが魅せたボックス内4人抜きの離れ業【スーパーゴール図鑑/レアル・マドリー編】

2021.01.13 20:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
【得点者プロフィール】
エミリオ・ブトラゲーニョ(当時24歳)
国籍:スペイン
所属:レアル・マドリー
ポジション:FW
身長:168cm

168cmとFWとしては小柄ながらその体格の弱点を補って有り余る抜群の得点感覚と素早い動きを兼ね備えたストライカーであったブトラゲーニョ氏。元メキシコ代表FWウーゴ・サンチェス氏らとともに、「キンタ・デル・ブイトレ」と呼ばれた1980年代後半のレアル・マドリーを支え、自身も「エル・ブイトレ(ハゲワシ)」の異名を持った。

【試合詳細】
日程:2014年1月18日
大会:ラ・リーガ第20節
対戦相手:レアル・ベティス
時間:前半10分(0-0)

◆マドリーの英雄ブトラゲーニョが魅せた4人抜き!

1-0とマドリーリードの65分、味方のシュートのこぼれ球を、ボックス内左で拾ったブトラゲーニョは、持ち前のテクニックで簡単に1人を抜くと、カバーに来たもう1人も繊細なタッチでかわす。ゴール横でGKと1対1になったブトラゲーニョは、中へパスを出す素振りをみせ相手GKを騙すと、ゴールラインぎりぎりのところでGKも抜き、無人のゴールに流し込んだ。

ブトラゲーニョ氏ら擁するレアル・マドリーは絶大な攻撃力を誇り、1985-86シーズンより破竹の5連覇を達成するなど、クラブの黄金期を築いた。


コメント
関連ニュース
thumb

ヴァラン、移籍か…新たな挑戦求む?

レアル・マドリーのフランス代表DFラファエル・ヴァラン(27)が、新たな挑戦を求めて移籍を考慮しているようだ。 2011年夏に17歳で加入し、ここまで公式戦通算353試合に出場し、18個ものタイトルを獲得してきたヴァラン。誰もが認めるマドリーの中心的選手だが、現行契約が残り1年半を切ったこのタイミングで移籍を検討しているようだ。 スペインメディアによると、どうやらヴァランは新たな挑戦を求めているようで、30歳になる前のこの時期が最適だと考えているという。 そのためか契約延長の交渉も進んでおらず、マドリーも現金化できるうちに売却したいというのが本音だろう。クラブは水面下でバイエルンのオーストリア代表DFダビド・アラバの獲得に動いていると噂されており、来たる退団に備えているのかもしれない。 また、ヴァランだけでなく、クラブの顔とも言えるスペイン代表DFセルヒオ・ラモスにも退団の噂が浮上しているマドリー。近いうちに守備の刷新が行われるかもしれない。 2021.01.23 21:15 Sat
twitterfacebook
thumb

【ラ・リーガ第20節プレビュー】後半戦スタート! 6連勝で首位ターンのアトレティコはバレンシアと対戦!

今週ミッドウィークに開催された第19節ではスーペル・コパ参戦組がコパ・デル・レイを戦った中、上位陣で唯一試合があった首位のアトレティコ・マドリーがエイバルを相手に2-1の逆転勝利を飾り、6連勝で首位固めに成功した。また、ヘタフェでスタメンデビューを飾ったMF久保建英が持ち味のテクニックを遺憾なく発揮し、FW岡崎慎司との日本人対決を制している。 後半戦最初の一節となる今節では首位のアトレティコ(勝ち点44)と、14位のバレンシア(勝ち点20)による名門対決に注目したい。 前節、エイバル相手にGKドミトロビッチの珍しいPKゴールで先制を許したアトレティコだったが、FWスアレスが前後半の終盤に1ゴールずつを挙げるドブレーテの活躍をみせ、見事な逆転勝利を飾った。厳しい展開だったこともあり、注目の新戦力ムサ・デンベレのデビューはお預けになったものの、良い形で前半戦を締めくくることができた。7連勝での後半戦スタートを目指す中、前回対戦では終盤のオウンゴールによって辛勝したバレンシアを相手にきっちり勝ち切ることが求められる。 そのアトレティコを勝ち点7差で追う2位のレアル・マドリー(勝ち点37)は、ミッドウィークに行われたコパ・デル・レイ3回戦で3部のアルコヤーノと対戦。格下に延長戦まで持ち込まれた挙句、延長後半には退場者を出した相手に逆転ゴールを決められて敗退する屈辱を味わった。これにより、公式戦3戦未勝利となったチームでは進退問題が騒がしくなったジダン監督が新型コロナウイルスの陽性反応が出て今節ので指揮が不可に。さらに、DFセルヒオ・ラモスやMFバルベルデと新たな負傷者も出ており、17位のアラベス(勝ち点18)のホームに乗り込む一戦では勝ち点3奪取が必須だ。 マドリーと同じくミッドウィークにコパ・デル・レイを戦い3部のコルネジャに延長戦まで持ち込まれた3位のバルセロナ(勝ち点34)だが、こちらはFWデンベレ、FWブラースヴァイトの2ゴールで勝ち切り、スーペル・コパ敗戦のショックを何とか払しょくした。ただ、18位のエルチェ(勝ち点17)との今節では引き続きエースのFWメッシを出場停止で欠くため、徐々に調子を上げるFWグリーズマンら代役の活躍に期待したい。 また、加入後2試合で連勝に貢献し、ヘタフェをトップハーフの10位(勝ち点23)に押し上げた久保は、スーペル・コパ覇者で13位のアスレティック・ビルバオ(勝ち点21)との一戦で2試合連続スタメンを狙う。ウエスカとの前節では右ウイングのポジションにおいて攻撃面で違いを生むと、課題の守備でも奮闘。ボルダラス監督の評価も高い。今節ではより球際を強調する相手に対して巧さと共に強さが求められる。 MF乾貴士とFW武藤嘉紀を擁する15位のエイバル(勝ち点19)と、岡崎擁する最下位のウエスカ(勝ち点12)は、それぞれ11位のセルタ(勝ち点23)と、4位のビジャレアル(勝ち点33)と対戦する。前々節は乾がゴール、前節は武藤がPK奪取と共に結果を残しているものの、チーム自体は連敗中と苦戦が続くだけに個人、チームの結果を求めたいところ。一方、リーグ戦では3試合連続途中出場が続く岡崎は引き続きベンチスタートが濃厚も、新体制初白星に絡む仕事でポジション再奪取といきたい。 《ラ・リーガ第20節》 ▽1/22(土) レバンテ 2-2 バジャドリー ▽1/23(土) 《22:00》 ウエスカ vs ビジャレアル 《24:15》 セビージャ vs カディス 《26:30》 レアル・ソシエダ vs ベティス 《29:00》 アラベス vs レアル・マドリー ▽1/24(日) 《22:00》 オサスナ vs グラナダ 《24:15》 エルチェ vs バルセロナ 《26:30》 セルタ vs エイバル 《29:00》 アトレティコ・マドリー vs バレンシア ▽1/25(月) 《29:00》 アスレティック・ビルバオ vs ヘタフェ 2021.01.23 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

アシスタントコーチがジダン監督の容態を明かす「今朝彼と話したが、とても元気だ」

レアル・マドリーのアシスタントコーチを務めるダビド・ベットーニ氏が、新型コロナウイルスに感染したジネディーヌ・ジダン監督の容態を明かした。クラブ公式サイトが伝えた。 22日に新型コロナウイルス感染が判明したジダン監督。23日に敵地で行われるラ・リーガ第23節のアラベス戦ではベットーニ氏が代理で指揮を執る。 その一戦に先駆けた前日会見に出席したベットーニ氏が、症状の有無が不明だったジダン監督の容態について明かした。 「ジダン監督がいないのは悲しいね。今朝彼と話したが、とても元気そうだった。彼は物理的に一緒にいれないが、応援してくれている。重要なのは共に戦っているということを全員が理解することだ。これからどうするかを決めていくつもりだ」 「監督はフットボールが好きで、それが彼の情熱だ。私は毎朝笑顔で彼に会い、トレーニングをし、継続して戦いたいと思っている。この素晴らしいクラブでコーチを務めることは幸せなこと。ここの選手と一緒にいられることを楽しんでいるよ」 マドリーは直近のコパ・デル・レイ3回戦で3部のアルコヤーノ相手に屈辱の敗退をしいられるなど、苦境に立たされている。立て直しに向けて勝利が絶対条件のアラベス戦に向けてベットーニ氏はチームであることを証明したいと意気込んだ。 「明日の試合に向けて、皆エネルギーに満ちた非常に良いトレーニングができた。全員がベストを尽くすためにプロジェクトに参加している。我々がチームであることを証明し、団結し、3ポイントを獲得するチャンスだ。アラベス戦を良い試合にするための準備とエネルギーの補充はもうできているよ」 「レアル・マドリーは負ければ多くの批判を浴びるが、我々は、アラベス戦が我々が団結していることを証明するチャンスであるということを理解するための経験値を備えている。全員で3ポイントを獲得するためにベストを尽くす。我々は目標を持って、毎日一生懸命ハードワークをしている。明日はそれを証明する機会でもある」 2021.01.23 15:10 Sat
twitterfacebook
thumb

指揮官離脱のレアル・マドリー、バルベルデまでも右足長内転筋損傷

レアル・マドリーは22日、ウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデの負傷を発表した。 20日に行われたコパ・デル・レイ3回戦のアルコヤーノ(スペイン3部)戦にフル出場したバルベルデだが、22日に受けた検査で右足長内転筋損傷が明らかになったという。 クラブは現時点で経過観察の方針を打ち出すにとどまっているが、スペイン『マルカ』の見立てによれば、トレーニング復帰まで10日〜2週間程度を要する模様だ。 今季はここまで昨年11月の右足骨折を乗り越え、公式戦20試合の出場で3得点1アシストを記録。ダイナモ、あるいは中盤のバランサーとして存在感を示している。 次戦は23日に行われるラ・リーガ第20節のアラベス戦だが、ジネディーヌ・ジダン監督が新型コロナウイルス陽性で離脱。DFセルヒオ・ラモスら数選手の欠場も決まっている。 アラベス戦は先のアルコヤーノ戦で延長戦の末に格下相手に敗れ、屈辱を味わったレアル・マドリーとして是が非でも勝利したい一戦だが、逆境を跳ねのけられるだろうか。 2021.01.23 08:45 Sat
twitterfacebook
thumb

指揮官コロナで不在のマドリー、主将セルヒオ・ラモスもアラベス戦欠場…

レアル・マドリーは次節アラベス戦で指揮官に加え、頼れるカピタンを欠くことになった。 現在、ラ・リーガで2位に位置するマドリーは、23日に敵地で開催される第20節で17位のアラベスと対戦する。 直近のコパ・デル・レイ3回戦で3部のコルネジャ相手に屈辱の敗退を強いられたチームにとって是が非でも勝ち点3を持ち帰りたい一戦となる。しかし、試合前日の22日にはジネディーヌ・ジダン監督に新型コロナウイルスの陽性判定が出たことが明らかになり、アラベス戦で指揮を執ることが不可能となった。 さらに、同日発表された遠征メンバーには長期離脱中のFWロドリゴ・ゴエス、DFダニエル・カルバハルと共にDFセルヒオ・ラモスと、MFフェデリコ・バルベルデがケガの影響で招集メンバー外となった。 ジダン監督に代わってアラベス戦で指揮を執るアシスタントコーチのダビド・ベットーニ氏は、カピタンのメンバー外の理由をヒザの問題であると説明している。 「セルヒオは回復の過程にあり、明日は我々と一緒にはいない」 なお、アーセナルへのレンタル移籍が決定的と報じられ、今回メンバー外となったMFマルティン・ウーデゴールに関しては、「今後数日で彼に何が起こるかを見てみようじゃないか」と、明言を避けている。 2021.01.23 02:08 Sat
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly