オーストラリア人DFゲリアが千葉を退団「僕の事を温かく受け入れてくれて本当にありがとう」

2021.01.13 19:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ジェフユナイテッド千葉は13日、DFゲリア(27)が契約満了で退団することを発表した。オーストラリア代表歴もあるジェイソン・ゲリアは、2013年にプロデビューしたメルボルン・ビクトリーで5年過ごした後、2018年に千葉へ加入した。

1年目はJ2リーグ14試合、2年目は21試合、そして3年目の昨季は22試合に出場し、第16節のアビスパ福岡戦ではJ初ゴールも記録した。

3シーズンでJリーグ通算57試合2ゴールの成績を残したゲリア。退団に際し、クラブ公式サイトを通じて別れの言葉を残した。

「まず初めに、サポーターの皆さん、スタッフ、チームメイト、このクラブの存在が人生の一部である全ての方々に感謝の気持ちを伝えたいです。僕の事を温かく受け入れてくれて、本当にありがとう。1人のプレーヤーとしてチームの力に充分になれず、昇格という目標を達成出来なかった事は、申し訳ございませんでした」

「ジェフで過ごしたこの3年、思い返すと一瞬です。決して順風満帆とは言えない時間でした。しかしどんな時期、どんな瞬間を切り取っても私自身にとってかけがえのない経験をした事に間違いはありません」

「この退団をもって、僕は同じ1人のジェフサポーターとなります。信じる事だけは、何があっても辞めちゃいけません。来シーズンもその先も、僕は皆さんと一緒の気持ちでジェフを応援していきます」

「3年間本当にありがとうございました。WIN BY ALL.!Jason」
コメント
関連ニュース
thumb

岩手、FWガオ・テンイウとDFファン・シンポンの両中国人と契約満了…共に在籍2年で出場なし

いわてグルージャ盛岡は23日、中国人FWガオ・テンイウ(20)、同人DFファン・シンポン(19)との契約満了を発表した。 世代別の中国代表にも選出された経験を持つガオ・テンイウは、2019年に杭州緑城(中国)から岩手入り。しかし、在籍2年間での公式戦出場はなかった。 ガオ・テンイウと同じく2019年に杭州緑城から岩手に加わったファン・シンポン。だが、こちらも在籍2年間での出場はなかった。 ◆ガオ・テンイウ 「いわてグルージャ盛岡での貴重な二年間ありがとうございます。たくさんのことを勉強させていただき、成長することができました。いわてグルージャ盛岡のことを決して忘れません。自分のサッカー人生も頑張っていきたいと思います」 ◆ファン・シンポン 「岩手で素晴らしい経験をさせてもらいましたが、結果としては悔しいシーズンでした。自分は今後に向けてがんばります!1年半本当にありがとうございました!」 2021.01.23 17:54 Sat
twitterfacebook
thumb

鹿児島、ニウドと契約更新せず 「これからの人生で忘れる事はない」

鹿児島ユナイテッドFCは23日、ブラジル人MFニウド(27)の契約満了による退団を発表した。 ニウドは母国クラブのアヴァイでプロキャリアをスタート後、東京ヴェルディ、コンサドーレ札幌(現・北海道コンサドーレ札幌)、ECタウバテ(ブラジル)、福島ユナイテッドFCでプレー。2019年4月から鹿児島に加わり、昨季は明治安田生命J3リーグ20試合に出場した。 新シーズンの契約を更新せず、2年間を過ごした鹿児島を去ることが決まったニウドはクラブを通じて、別れの挨拶を行った。 「まず、2年共に戦ったチームの全てのスタッフ、選手、そしてサポーターの皆様に感謝します。皆さんと一緒に過ごしたこの2年間、多くのことを学ばせてもらいました。そして、鹿児島で学んだ事はこれからの人生で忘れる事はないでしょう。これからも、鹿児島の事をずっと応援し続けます。本当にありがとうございました」 2021.01.23 17:15 Sat
twitterfacebook
thumb

町田、昨季10ゴールのFWドゥドゥを甲府から獲得!「新しい挑戦を行うためのモチベーションは非常に高い」

FC町田ゼルビアは23日、ヴァンフォーレ甲府を退団したブラジル人FWドゥドゥ(30)の完全移籍加入内定を発表した。背番号は「11」に決定している。 なお、日本政府による新型コロナウイルス感染症に関する新規入国制限措置を受け、入国可能になり次第来日し、メディカルチェックを経て、正式契約を結ぶという。 ドゥドゥはブラジルの複数クラブを渡り歩いた後、2014年に柏レイソルへ加入。翌年にフィゲイレンセに移籍し母国に戻るも、2016年に甲府への完全移籍を機に再来日を果たした。 2018年のアビスパ福岡への期限付き移籍挟んで、甲府で通算在籍4年目を迎えた昨シーズンは、明治安田生命J2リーグ27試合でチームトップの10ゴールをマーク。しかし、シーズン終了後に契約満了で甲府を退団していた。 今季から活躍の場を移すドゥドゥは町田の公式サイトで以下のように意気込んでいる。 「FC町田ゼルビアの皆さん、初めましてドゥドゥです。ゼルビアのユニフォームを着ることを非常に光栄に思います。この新しい挑戦を行うために私のモチベーションは非常に高いです。FC町田ゼルビア関係者の皆様の信頼に大変感謝します」 「フィールドでは責任とコミットメントをもってプレーします。そして、私と家族をいつも歓迎してくれたこの素晴らしい国である日本の為にも最善を尽くし、ファン・サポーターにはたくさんのゴールプレゼントしたいと思います。私は準備ができているので、ファン・サポーターの皆様とお会いすることをとても楽しみにしています」 2021.01.23 16:38 Sat
twitterfacebook
thumb

清水退団のFW平墳迅、鈴鹿ポイントゲッターズへ完全移籍! 「練習から全力で頑張ります」

清水エスパルスは22日、FW平墳迅(21)がJFLの鈴鹿ポイントゲッターズへ加入することを発表した。 清水の下部組織出身で、2018年にトップチーム昇格を果たした平墳は、昨年8月から育成型期限付き移籍で藤枝に移籍。しかし、出場機会がないまま藤枝を退団すると、昨年12月13日に清水からの契約満了を発表されていた。 新天地が決まった平墳は、鈴鹿ポイントゲッターズの公式サイトを通じて、以下のようにコメントしている。 「このたび、清水エスパルスより加入することになりました平墳迅です。少しでもチームに貢献できるように練習から全力で頑張ります。チーム関係者の皆様、サポーターの皆様、よろしくお願いします!」 2021.01.23 15:53 Sat
twitterfacebook
thumb

岡山退団の三村真、J3参入の宮崎加入が決定

テゲバジャーロ宮崎は23日、FW三村真(31)の獲得を発表した。 三村は拓殖大学を卒業後、ファジアーノ岡山に2011年入団。ファジアーノ岡山ネクストでプレーする時期もありつつ、これまで岡山一筋のキャリアを歩み、昨季も明治安田生命J2リーグ14試合の出場で1得点を記録したが、シーズン終了後の退団が決定した。 新シーズンからJ3リーグ参入の宮崎が新天地となる三村は両クラブを通じて、次のようにコメントしている。 ◆テゲバジャーロ宮崎 「はじめまして。今シーズンから加入することになりした、三村真です。まず新たな挑戦をできるチャンスをくださったことに感謝しています。1日でも早くチームの一員になり、チームに貢献できるように頑張ります。J3参戦初年度を最高のシーズンにしましょう。熱い応援よろしくお願いします」 ◆ファジアーノ岡山 「ファジアーノ岡山に関わる全ての皆さま、熱い応援、そしてサポートをしていただき、本当に感謝しています。J1昇格という目標は達成できませんでしたが、岡山で過ごした日々や経験は僕の財産です。どこへ行っても「子どもたちに夢を!」という言葉を胸に頑張ります! 長い間ありがとうございました」 2021.01.23 14:15 Sat
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly