ポグバ豪快ボレー弾でバーンリー撃破のユナイテッドが3年4カ月ぶりの首位浮上! 最下位ブレイズが待望の今季初勝利!《プレミアリーグ》

2021.01.13 07:35 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第1節延期分、バーンリーvsマンチェスター・ユナイテッドが12日にターフ・ムーアで行われ、アウェイのユナイテッドが0-1で勝利した。リーグ戦10戦無敗で首位のリバプールと同勝ち点の2位に浮上したユナイテッドが、今季初の首位浮上を懸けて臨んだ16位バーンリーとの第1節の延期分。

EFLカップ準決勝で宿敵マンチェスター・シティに敗戦も、直近のFAカップでは格下ワトフォードを退けてバウンスバックを達成したスールシャール率いるアウェイチームは、その試合で温存したGKデ・ヘア、ブルーノ・フェルナンデスやポグバを復帰させたほか、SNSの人種差別的投稿で3試合の出場停止を強いられたカバーニ、ワトフォード戦で頭部を打って負傷交代したバイリーがスタメンに名を連ねた。

今季アウェイゲームで圧倒的な強さを見せるユナイテッドだが、試合の入りはインテンシティで勝るバーンリーに押し込まれる状況が続く。

それでも、15分を過ぎて相手を押し返したホームチームは17分にB・フェルナンデスがファーストシュートを放つと、20分過ぎにはマルシャルがアクロバティックなボレー、ボックス手前左の得意の角度からミドルシュートと際どい場面を作り出した。

その後も拮抗した展開が続く中、前半半ばを過ぎると、微妙な判定が試合の流れに影響を与える。

28分、バーンリーのCKの流れからショーとグズムンドソンが交錯もそのままプレーが流されると、その流れからユナイテッドのロングカウンターが発動。ボックス付近に抜け出したカバーニがブレイディからアフターチャージを見舞われ、このファウルでブレイディにイエローカードが掲示される。

だが、VARでショーとグズムンドソンの交錯場面までプレーが遡ると、足裏を見せたショーのチャレンジがファウルと判断され、ブレイディのイエローカードが取り消され、逆にショーにイエローカードが掲示される。

さらに、36分にはユナイテッドのCKの二次攻撃からボックス手前左でショーが上げたクロスをファーで競り勝ったマグワイアが頭でゴール左隅に流し込むが、ここはマグワイアのDFピーテルスへのファウルが取られてゴールは認められず。その後はユナイテッドが押し込む展開となったが、45分にボックス手前左でマルシャルが放った決定的なシュートはGKポープのビッグセーブに遭い、試合はゴールレスで折り返すことになった。

迎えた後半、立ち上がりから攻撃のギアを上げたユナイテッドが完全に試合の主導権を掴む。52分にはポグバの豪快な中央突破からボックス左のマルシャルにパスが繋がり、そこからゴール前のカバーニを狙った折り返しが入るも、ここはウルグアイ代表FWがうまくミートできず。さらに、56分、60分と相手を押し込んだ状態でB・フェルナンデスが鋭いミドルシュートを続けて放つが、いずれもGKポープの守備範囲。

押し込みながらも最後のところで相手の堅守をこじ開けられないユナイテッドだったが、個の力でゴールをこじ開ける。71分、中盤でルーズボールを回収したB・フェルナンデスから右サイドのラッシュフォードにパスが繋がる。ここでタメを作って味方の攻め上がりを促したラッシュフォードがペナルティアーク付近へ浮き球のパスを入れると、ポグバが右足のダイレクトボレー。ゴール前でDFロートンにディフレクトしたボールがGKの反応の逆を突く形でゴールネットに突き刺さった。

ポグバの見事なダイレクトボレーで均衡を破ったユナイテッドはリスクを冒して2点目を奪いに行くことはせず、ゲームコントロールを優先しつつ逃げ切り態勢に入る。

試合終盤にかけてはバーンリーのパワープレー気味の攻撃に押し下げられる中、B・フェルナンデスを下げてマクトミネイをピッチに送り込むなど、割り切った戦い方で虎の子の1点を守り抜く選択を取る。

85分を過ぎると、完全に自陣深くに押し込められた中、ブラウンヒル、ヴィドラとボックス内で再三のシュートを浴びる。さらに、89分にはバーンリーのCKの場面で競り合ったマグワイアの上げた腕にボールが当たってあわやPK献上という場面もあったが、ここはVARのレビューの結果お咎めなしに。

その後、マルシャルが絶好のカウンターチャンスを逃したことで最後まで冷や冷やの展開が続いたものの、何とか逃げ切りに成功したユナイテッドがリーグ3連勝を達成。

この結果、リバプールを抜きモウリーニョ体制以来、3年4カ月ぶりの首位に立った。そして、次節はリバプールとの首位攻防戦に臨む。

また、同日行われたプレミアリーグ第18節、ウォルバーハンプトンvsエバートンは、アウェイのエバートンが1-2で勝利した。

試合は開始直後にイウォビのミドルシュートでエバートンが先制も、ウルブスも直後の14分にセットプレーの流れからネヴェスが鮮烈なボレーシュートを叩き込み、両者譲らず1-1のスコアで試合を折り返す。

後半も一進一退の攻防が続いたが、エバートンは77分にセットプレーの二次攻撃からアンドレ・ゴメスの左クロスをキーンが豪快なヘディングで合わせ、勝ち越しに成功。その後、ホームチームの反撃を凌ぎ切ったエバートンが4位に浮上している。

同じくシェフィールド・ユナイテッドvsニューカッスルは、ホームのシェフィールド・ユナイテッドが1-0で競り勝ち、今季18戦目にして待望の今季初白星を手にした。

開幕から15敗2分けと大不振に陥っていたブレイズだが、この試合では前半終了間際に続けて2枚の警告を受けた相手MFフレイザーが退場となり数的優位を手にした。

そして、後半半ばにはボックス内での競り合いの際に微妙な判定ながら相手DFフェルナンデスのハンドでPKを獲得。これをシャープがきっちり決めてブレイズでのリーグ通算100点目とした。

その後、1人少ないニューカッスルの反撃を凌ぎ切ったブレイズが待望の今季初勝利を手にした。なお、開幕18試合目での初勝利はイングランドのトップカテゴリーにおいて1902-03シーズンのボルトン(22試合目)に次ぐワースト2位の記録だ。
コメント
関連ニュース
thumb

ポグバ、リバプールとの首位攻防戦へ 「彼らと同じレベルだと言い張れるのは僕らが勝ったとき」

マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバがリバプールとのプレミアリーグ首位攻防戦を前にチャレンジャーとしての姿勢を強調した。 ユナイテッドは序盤こそスロースタートを切ったが、ここ11戦で9勝2分け無敗を記録。ミッドウィークに行われたプレミアリーグ第1節延期分のバーンリー戦を制して3連勝を飾ると、勝ち点同数で並ぶリバプールに3ポイント差をつけ、サー・アレックス・ファーガソン体制最終年の2012-13シーズン以来となる3年4カ月ぶりの首位浮上に成功した。 そんなユナイテッドは17日に敵地で予定する第19節でリバプールと直接対決。優勝争いを占う一戦に先駆け、イギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューに応じたポグバはチームが好調を続けるものの、「僕らはすごく良くなり、良くなり続けてもいる。でも、まだ若いチームなんだ」と力の差を認め、自分たちの現在地を正した。 「現段階で彼らと同じレベルだとは言い難いよね。彼らはプレミアリーグを制してみせ、今も勝ち続けている。だから、同じレベルだと言い張れるのは僕らが勝ったときだ」 「ベストになりたければ、ベストな相手を倒さないと。プレミアリーグ王者をやっつけたい。ここ数年の彼らがどれだけ良い状態なのかは承知済み。クオリティやプレースタイルもね。常にタフな試合だ」 「どれだけ難しい試合になるのかも予想している。とにかく集中して、首位の座を守れるよう頑張らないと。集中できれば、優勝できると思う。でも、その可能性があるチームは他にもある」 「僕らはまだそのレベルに届いていない。まだまだはるか遠くだ」 2021.01.16 14:40 Sat
twitterfacebook
thumb

ブルーノ・フェルナンデスが12月のプレミア月間MVPに! 2カ月連続4度目の受賞!

プレミアリーグは15日、2020年12月の月間MVPにマンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスが選ばれたことを発表した。 昨年11月から2カ月連続の受賞となるブルーノ・フェルナンデス。2020年1月に加入し、今回で早くも4度目。暦通りに数えた場合、1年で4度受賞したのは史上初めてのことだ。 先月のポルトガル代表MFの成績は、6試合で3ゴール4アシスト。チームも4勝2分け無敗で乗り切っており、そんな成績を自賛したブルーノ・フェルナンデスは、歴史に名を残すこととなった今回の受賞への喜びを語っている。 「3ゴール4アシストなんて完璧な1カ月となったね。得点もして仲間にアシストもできて最高だよ。まだ他にもトロフィーや賞を獲得したい。でも今回みたいに歴史に名を刻むことができて本当に嬉しいよ」 12月の好調を維持し、先日のバーンリー戦の勝利で首位に浮上したユナイテッド。2位リバプールとは3ポイントの差があるが、次戦はそのリバプールとの直接対決。ブルーノ・フェルナンデスはまだ長い道のりがあると、気を引き締めなおしている。 「チャンピオンになることについて話し始めるのはまだ先のことだ。僕たちは努力し続けなければならない。これからイングランドで最高のチームのひとつと対戦する。ファンにとってそれが何を意味するか理解しているよ。でも要点は同じ、勝ち点3だ」 なお12月の最優秀候補には、アストン・ビラのFWアンワル・エル・ガジにGKエミリアーノ・マルティネス、バーンリーDFベン・ミー、リバプールFWモハメド・サラー、ウェストハムMFトマシュ・スーチェク、マンチェスター・シティDFジョン・ストーンズ、そしてユナイテッドのFWマーカス・ラッシュフォードが選ばれていた。 2021.01.15 21:15 Fri
twitterfacebook
thumb

リバプールとの首位決戦を心待ちにするラッシュフォード「これほど甘美な試合はない」

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードが、リバプールとの試合を心待ちにしている。イギリス『ミラー』が伝えた。 開幕から低調なパフォーマンスが続き、オーレ・グンナー・スールシャール監督への批判も高まっていたユナイテッドだが、11月のプレミアリーグ第8節エバートン戦で勝利を挙げると、急激な復調を果たす。順調に白星を積み重ねると、12日に行われたバーンリー戦に勝利したことで、ついにプレミアリーグ首位に立った。 絶好調のユナイテッドは、17日に行われるプレミアリーグ第19節で、2位のリバプールと対戦。アンフィールドで開催されるライバルとの首位決戦には、非常に高い注目が集まっている。 伝統的なライバル関係にあるリバプールとの対戦は、ファンだけでなく選手にとっても特別な一戦のようだ。チームの好調を支えているアカデミー出身のラッシュフォードも、リバプール戦への特別な思いを語っている。 「リバプールやマンチェスター・シティとの対戦よりも良い試合はないよ。マンチェスターで生まれ育った僕にとって、これほど甘美な試合はない」 「週末のリバプール戦は間違いなく楽しみにしている試合だし、うまくいけばアンフィールドであっても勝つことができるだろう」 また、ラッシュフォードは現在のチームの好調についても言及。2位や3位で満足せず、リーグタイトルを目指すと意気込んだ。 「もし今シーズンが2位か3位で終わってしまったら、僕らにとって良いシーズンにはならないね。それは、今年の初めに定めた目標ではないんだ」 「このチームはいつでもゴールを決められるが、より良くなることもできると思う。今はまだ、信じられないほどのことを成し遂げられる何かの始まりに過ぎないと信じているよ」 「僕たちは、さまざまな選手がさまざまな方法でプレーできるチームだ。もしトロフィーの獲得やリーグ優勝を望むのであれば、多様性が必要になる。そして僕たちは、プレミアリーグの中でも最も多才なチームの一つだと信じているよ」 2021.01.15 16:12 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドOBが挙げるPL首位攻防戦の古巣キーマンにカバーニ 「大きな武器になるはず」

マンチェスター・ユナイテッドOBであり、元ブルガリア代表FWのディミタール・ベルバトフ氏が今週末の大一番に向けた古巣のキーマンを指名した。イギリス『メトロ』が報じている。 ユナイテッドはミッドウィークに行われたプレミアリーグ第1節延期分のバーンリー戦を制して3連勝。勝ち点同数で並ぶリバプールに3ポイント差をつけて、サー・アレックス・ファーガソン体制最終年の2012-13シーズン以来となる3年4カ月ぶりの首位浮上に成功した。 しかし、17日に敵地で行われる第19節はリバプールとの首位攻防戦。戴冠に向けても首位を堅持したいユナイテッドだが、昨季王者に対する勝機はあるのだろうか。ベルバトフ氏は『betfair』の定期コラム内で、今季のプレミアリーグ覇権争いを占う大一番を展望した。 ベルバトフ氏は「拮抗した試合になると思う。両軍ともに(モハメド・)サラーや(サディオ・)マネ、(アントニー・)マルシャル、(マーカス・)ラッシュフォードといった非常に素早い選手を擁した強力なアタッカー陣がいる」と綴ると、古巣の武器になり得る選手を挙げた。 「リバプールのようなディフェンスをこじ開ける経験と知性を持ったカバーニが出場するとなれば、大きな武器になるはず。(ポール・)ポグバも前節のように上下動を心がけたプレーを継続できたら、彼もまた問題を引き起こし得る」 また、ユナイテッドの守備、そして試合に向けたスタンスにも言及。ユナイテッドが勝利したとしても大きな差とはならないとした上で、勝利が復活をアピールするものになると主張した。 「守備陣で言うと、ユナイテッドは複雑になりすぎず、シンプルにプレーすべきだ。ボールを奪って、1、2回のタッチで誰かに繋げていけたら、大丈夫だと思う。私の考えとして、ユナイテッドは負けないことの方が大事だ」 「ユナイテッドが勝ったら、リバプールにとって心理的にも大きな打撃になるだろうね。しかも、プレミアリーグに対する大きな声明にもなり得る。ユナイテッドからすれば、復活のメッセージを発信するものになるはずだ」 「とはいえ、勝ったとしても、6ポイント差だ。プレミアリーグという舞台において、それは差がないのに等しく、これまでも目にしたことがあるように座って楽めるようなものじゃない」 2021.01.15 12:30 Fri
twitterfacebook
thumb

イガロが今月末でのユナイテッド退団の可能性認める…求める新天地はMLS

マンチェスター・ユナイテッドに所属する元ナイジェリア代表FWオディオン・イガロ(31)が、今月末でのクラブ退団の可能性を認めている。 イガロは昨年1月、上海申花からシーズン終了までのレンタルでユナイテッドへ加入。長期離脱中だったイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードらの代役として、主にヨーロッパリーグ(EL)とFAカップで起用され、すべて途中出場だったプレミアリーグでは11試合でノーゴールに終わるも、カップ戦8試合で5ゴール1アシストの数字を残した。 その後、上海申花とのクラブ間の交渉によって今年1月末までのレンタル期間延長が決定した。 ただ、加入2年目となった今シーズンは前線の主力に目立った離脱者が出ていないうえ、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニの加入によって公式戦4試合の出場にとどまっている。とりわけ、プレミアリーグとチャンピオンズリーグ(CL)合わせてのプレータイムはわずかに10分と、ほぼ構想外の扱いとなっている。 そのため、ユナイテッドは更なるレンタル期間の延長や完全移籍での買い取りを見送ることが決定的で、今月末の退団が既定路線となっている。 そのイガロは今回、『ESPN』のインタビューを通じて自身の去就について言及。愛するユナイテッドでの時間が終焉に向かっていることを認めつつ、新天地としてメジャーリーグ・サッカー(MLS)でのプレーに関心があることを明かした。 「今はマンチェスターにいるけど、今月末に自分がどこにいるかはわからないよ。可能であれば、ここに居続けたいけど、そうでなければ出ていかなければならない」 「僕には幾つかの選択肢がある。今はエージェントからの情報を待っているところさ。彼は自分のすべき仕事をしているし、僕も自分の仕事をしている。月末には何がベストなのかを判断し、それに従うつもりだ」 「可能であればMLSでプレーしたいけど、それが可能かどうかは待たなければならない。リーグはうまくいっているし、プレーするチャンスがあるのであれば、両手で掴みに行くつもりだよ」 2021.01.15 00:10 Fri
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly