突然の轟音に試合中断!しかし、美しさに思わず主審と選手も空を見上げる

2021.01.12 19:31 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
11日に行われたFAカップ3回戦のストックポート・カウンティ(5部) vs ウェストハムの一戦で、思わぬハプニングが起きた。ストックポートのホームスタジアムであるエッジリー・パークで行われた一戦だったが、16分ごろ、突如として花火が打ちあがり、マイク・ディーン主審は思わず試合を中断させた。

◆ウェストハム美女スタッフによるロンドン・スタジアムツアー! (花火のシーンは記事下部)

イギリス『talkSPORT』によると、花火は2020年末にストックポートの路地でパトカーとの交通事故に遭い、入院している15歳の少年へのサポートとして行われたとのことだ。

コロナ禍で花火大会なども延期となる中、試合中に思わぬイベントの発生となったが、花火が打ちあがっている数分間は敵味方、そして審判関係なく、空を見上げる場面もあった。

試合は、5部ストックポートが粘りの守備を見せたものの、試合終盤のゴールでウェストハムが勝利。ドンカスター・ローバーズ(3部)との4回戦に駒を進めている。

◆試合中に突如花火が
Getty Images


◆花火の美しさに主審とウェストハム主将が思わずシンクロ(動画はご覧いただけません)
コメント
関連ニュース
thumb

ロンドンは離れたくない? ビッグクラブ関心のライスが友人に告白か

ビッグクラブから関心が集まるウェストハムのイングランド代表MFデクラン・ライス(21)だが、イギリス『ミラー』が伝えるところによると、去就に関する条件は決まっているようだ。 元々チェルシーの下部組織出身のライスはプロデビューしたウェストハムで才能が開花。広大な守備範囲、豊富な運動量、対人守備力の高さを武器に2019年5月にはイングランド代表デビューするまでに至った。 現在では古巣チェルシーを含め多くのビッグクラブが関心を寄せる逸材で、市場価値は8000万ポンド(約112億円)に上ると言われている。 将来的なステップアップは確実視されているライスだが、同選手は最近、ロンドンを離れたくないと話していたようだ。マンチェスター・ユナイテッドも注目しているようだが、ライスに近い情報筋は「マンチェスターに引っ越すとは思えない。彼が次にどこに行きたいかは明らかだ」とコメントしたという。 これが真実であるならば、ライスはチェルシー復帰に前向きであると考えられるが、果たして真意はどうなのだろうか。チェルシーのフランク・ランパード監督はその関心を明らかにしていたが…。 2021.01.11 17:33 Mon
twitterfacebook
thumb

ジョシュア・キングがプレミア復帰か…エバートンら多くのクラブが関心

ボーンマスのノルウェー代表FWジョシュア・キング(28)にプレミアリーグの複数のクラブが関心を示しているようだ。イギリス『サン』が伝えている。 マンチェスター・ユナイテッドのアカデミー出身のキングは、2015年夏にボーンマスに加入し、プレミアリーグで通算161試合に出場し48ゴール15アシストの数字を残していた。 しかし、今季はチャンピオンシップ(イングランド2部相当)に降格し、ここまで8試合の出場で無得点。シーズン序盤のケガや、今季限りで契約切れとなるモチベーションの低下が影響しているのかもしれない。 それでもプレミアリーグからは引く手あまたで、ウェストハムやWBAは1500万ポンド(約22億円)の移籍金を支払うこともやぶさかではない様子。一方で、ニューカッスルは契約満了を迎える今夏の獲得を狙っているという。 その中で、最新の動きを見せているのがエバートンだ。今冬での獲得を目論むエバートンは移籍金を抑えるためトレードを提案している模様。これに対し、ボーンマスはキングを現金化したい意向のようだが、MFジャラッド・ブランスウェイトかDFジョンジョ・ケニーとのトレードであれば検討する姿勢とのことだ。 なお、今冬の移籍市場でFWセバスティアン・アラーをアヤックスに売却したウェストハムが補強のために本格的に動くと予想されており、売却により2000ポンド(約28億5000万円)の利益を得ている。 2021.01.11 14:59 Mon
twitterfacebook
thumb

WBA、ハマーズからスノッドグラスを完全移籍で獲得! ビッグ・サムもその経験と左足に期待

WBAは8日、ウェストハムから元スコットランド代表MFロバート・スノッドグラス(33)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの1年半となる。 これまでリーズ・ユナイテッド、ノリッジ、ハル・シティを渡り歩いてきたスノッドグラスは、2017年1月にウェストハムに加入。2017-18シーズンは当時チャンピオンシップ(イングランド2部)のアストン・ビラに1年間のレンタルに出されたものの、ハマーズでの在籍期間に公式戦85試合11ゴール17アシストの数字を残していた。 今シーズンはEFLカップ3試合で2ゴール1アシストの活躍を見せた一方、プレミアリーグでは出場3試合でわずか2分のプレータイムとポジション争いに苦しんでいた。 それでも、屈強なフィジカルを生かした縦への推進力、高精度の左足のプレースキックに加え、豊富な運動量と攻守にわたる献身性を高く評価するサム・アラダイス率いるバギーズが、プレミア残留に導く切り札の一人として33歳のベテランMFを獲得することになった。 アラダイス監督はクラブ公式サイトを通じてスノッドグラスへの大きな期待を口にしている。 「彼が我々と共に挑戦することを選んだことを、心から喜んでいる」 「彼はプレミアリーグでの経験とクオリティを我々のチームに加えてくれるはずだ。その能力に加えて、ロッカールームの中でも並外れて優れていると、多くの人から聞いている」 2021.01.09 01:14 Sat
twitterfacebook
thumb

アヤックス、ウェストハムFWアラーを28.5億円で獲得! ハマーズ最高額加入者も輝き切れず

アヤックスが8日、コートジボワール代表FWセバスティアン・アラー(26)の獲得合意を発表した。契約期間は2025年6月30日までの4年半で、移籍金額は2250万ユーロ(約28億5000万円)。背番号は「22」を着用する。 190cmの長身ストライカーであるアラーは母国クラブのオセールでプロキャリアをスタートさせ、ユトレヒトでの活躍を経て、2017年夏にフランクフルト入り。そのフランクフルトでクロアチア代表FWアンテ・レビッチ(現ミラン)や、セルビア代表FWルカ・ヨビッチ(現レアル・マドリー)から成る強力攻撃陣の一角を担い、在籍2季の公式戦通算77試合で33得点19アシストを記録するとともに、2017-18シーズンにDFBポカールのタイトルにも貢献した。 そうしたドイツでの活躍も認められ、2019年夏の移籍市場で1年間の延長オプションが付随した5年契約でウェストハム加入が決定。ウェストハムがクラブレコードの移籍金4500万ポンド(現レートで約63億5000万円)を投じた期待の新戦力として注目を集めた。1年目のプレミアリーグで7得点2アシスト(32試合出場)の数字を収め、2年目の今季はさらなる活躍が期待されたが、16試合の出場で3ゴール。移籍金額通りの働きを披露するに至っていなかった。 なお、アラーは代表キャリアにおいて、ウェストハム加入時までフランスの世代別代表でのプレーを最後に遠ざかっていたが、2020年11月の代表ウィークでコートジボワール代表デビュー。2試合に出場して、1ゴールを記録している。 2021.01.08 19:55 Fri
twitterfacebook
thumb

スパーズ3選手とランシーニが大人数でパーティー! ロンドンのクラブでプレーする一部選手がロックダウン規則違反…

ロンドンのクラブでプレーする一部選手たちが新型コロナウイルスの感染再拡大が続く中、大人数でのクリスマスパーティーに参加するロックダウンの規則違反を犯した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 現在、イギリス国内ではコロナウイルスの深刻な感染拡大が続いており、プレミアリーグでもニューカッスル、マンチェスター・シティ、フルアムの3クラブのチーム内クラスター発生の影響で合計4試合の開催延期を余儀なくされている。 そういった中、警戒レベルが自宅待機を意味する「ティア4」に設定されているロンドンの3クラブでプレーする選手たちが、大人数でのクリスマスパーティーに参加する愚行を犯した。 その当事者となったのが、ウェストハムのアルゼンチン代表MFマヌエル・ランシーニ、トッテナムのアルゼンチン代表MFエリク・ラメラ、同MFジオバニ・ロ・チェルソ、スペイン代表DFセルヒオ・レギロンの4選手だ。 4選手は年末年始の期間にロ・チェルソの自宅と思われる場所に家族らと共に集まり、大人15名、子供3名でクリスマスパーティーを行い、その記念写真がSNSに投稿されたことで、ロックダウンの規則違反が発覚。 そして、ウェストハムとトッテナムの両クラブは自クラブの選手たちの愚行を受けて、遺憾の意を表明している。 「クリスマスに家族や友人と一緒にいる一部のプレーヤーを示すこの画像は、特に祝祭期間中に全国のすべての人が安全を保つためにそれを犠牲にしたことを理解しているため、非常に遺憾なことです」 「ルールは明確で例外はありません。私たちは定期的にすべてのプレーヤーとスタッフに、最新のプロトコルを遵守して模範を示す責任について周知徹底しています。なお、この問題はクラブ内部で処理されます」 また、今回のルール違反が発覚したランシーニ、ラメラ、ロ・チェルソのアルゼンチン人選手3名は自身の公式SNSを通じて、自らの行いを全面的に謝罪している。 さらに、トッテナムを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は2日に行われたプレミアリーグ第17節のリーズ戦(3-0で勝利)後にベンチ外となったロ・チェルソ、ラメラ、ベンチスタートのレギロンの愚行に対して失望を口にしている。 「私は怒っているというよりも、失望していると言いたい。我々はクラブ内部で今回何が起きたかを把握している。したがって、そのことを対外的に広げていく必要はないと思っている。内々でそのネガティブなサプライズにどれだけ深く迫れるかというところだ。とにかく、私は失望している」 また、クラブ内でクラスターが発生したフルアムに所属するセルビア代表FWアレクサンダル・ミトロビッチ、クリスタル・パレスの同MFルカ・ミリボイェビッチも大晦日の夜に両家族でホームパーティーを行ったことで多くの批判を浴びている。 2021.01.03 06:30 Sun
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly