ミラン、ドゥアルチのイスタンブールBBへのレンタル移籍を発表

2021.01.12 06:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランは11日、ブラジル人DFレオ・ドゥアルチ(24)がトルコのイスタンブール・バシャクシェヒルへレンタル移籍したことを発表した。ミランによれば、移籍期間は2022年6月30日までのレンタル移籍となり、買取オプションが付随しているとのことだ。


2016年にフラメンゴでプロキャリアをスタートしたドゥアルチは183cmのセンターバック。2018シーズンにキャリアハイとなる公式戦37試合に出場し、ブラジル屈指の名門でレギュラーポジションを掴むと、2019年の夏にミランへ完全移籍。

しかし、ミランでは左足アキレス腱の手術を受けるなど、度重なるケガの影響もあって1年半で公式戦9試合の出場にとどまっており、今シーズンもセリエA1試合とヨーロッパリーグ2試合のみの出場となっていた。
関連ニュース
thumb

「一生ここで過ごしたい」 イブラヒモビッチがミランとの契約延長に喜び

ミランのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(39)が契約延長の喜びを語った。イタリア『スカイ』が伝えている。 イブラヒモビッチは2020年1月、ミランに7年半ぶりの復帰を果たすと、そこからセリエAの18試合で10ゴールを記録。チームをヨーロッパリーグ(EL)出場圏内である6位に導く活躍を見せた。 今シーズンは負傷や新型コロナウイルス(COVID-19)感染に苦しみながらリーグ戦17試合に出場し、15ゴール2アシストをマーク。影響力に衰えはなく、今シーズン限りで満了となる契約の延長が期待されていた。 そして22日、ミランはイブラヒモビッチとの契約延長を公式発表。契約期間は明らかとされていないが、『スカイ』によれば2022年6月30日までとなっている。 契約延長後にクラブ公式サイトのインタビューに応じたイブラヒモビッチはクラブへの愛情をはっきりと語った。 「俺は今とても幸せだ。いつも言っていることだが、ここは俺の家なんだ。クラブが俺に感じさせてくれるもの、そこで働くすべての人々、同僚、監督、とても懐かしく感じるファン、そしてスタジアムにとても満足している。できることなら、一生をここで過ごしたい」 また、イブラヒモビッチはミランで指揮をとるステファノ・ピオリ監督についても言及。チームにポジティブなものをもたらしたと称賛している。 「監督との仕事は簡単さ。彼は正しいメンタリティを持っている。毎日、チームを変えるエネルギーを持っているんだ」 2021.04.23 11:54 Fri
twitterfacebook
thumb

ミランがイブラヒモビッチとの契約更新を正式発表!

ミランは22日、スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(39)との契約延長を発表した。なお、詳細な契約期間は明かしていないが、イタリア『スカイ』は2022年6月30日までと報じている。 2020年1月に7年半ぶりのミラン復帰を果たしたイブラヒモビッチは、半シーズンだけのプレーながらセリエA18試合で10得点を挙げ、チームをヨーロッパリーグ(EL)出場圏内の6位フィニッシュに導くと、39歳を迎えた今シーズンもその得点力は衰えることなく、ここまでセリエA17試合に出場し15ゴール2アシストを記録している。 また、3月には2016年のユーロ以来となるスウェーデン代表復帰を果たすと、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選ではジョージア代表戦、コソボ代表戦で1アシストずつを記録するなど、国際舞台でもしっかりと結果を残していた。 2021.04.23 05:00 Fri
twitterfacebook
thumb

伊サッカー協会、ユーベ、ミラン、インテルへの処分はなし「実現していない計画を罰することはできない」

イタリアサッカー協会(FIGC)のガブリエレ・グラビナ会長が、欧州スーパーリーグ構想への参加を表明していたユベントス、ミラン、インテルに対する制裁はできないと話している。『TRANSFER market WEB』が伝えた。 18日に12クラブが一斉に参加を表明し、明るみになったESL構想。これまでのサッカー界を覆す世紀の大計画だったが、ファンやサポーター、選手や多くの有識者からの反発を受け、プレミアリーグのクラブを筆頭に次々と離脱。21日には、イタリア勢3クラブもほぼ時を同じくして、白紙に戻すことを発表していた。 これほど早く瓦解した理由の一つに、セリエAをはじめとした各国リーグやサッカー協会が、参加クラブをリーグから除名する意思を示していたことが挙げられる。FIFAやUEFAもまた、ワールドカップやチャンピオンズリーグなどの管轄下にある国際大会への参加を拒否する旨のコメントを発しており、クラブだけでなく選手にまで影響が及ぶ恐れがあった。 ほとんどのクラブが離脱を表明したが、一度は裏切ったことへの罰を与えるべきという意見もあり、今後の展開が注目されている。その中でグラビナ会長は「実現していないアイデアに対して制裁を受けることはできない」とし、上記3クラブへの処分は検討していないことを伝えた。 「我々はサッカー界の価値観とルールの境界を強く守ってきた。すべてが正常に戻ったように見えるが、何かが上手くいっていないという事実に向き合わなければならない」 「これは刺激になる。今後さらなる脱退を防ぐため、改善策や提案が必要だ」 「3クラブの上層部との会議は予定されていない。月曜日には連邦評議会が開かれるが、裁判や処罰といった議題はない。実現していないアイデアに制裁を加えることはできない。将来的に、法令に反するプロジェクトが実現した場合は、司法機関が評価することになるだろう」 2021.04.22 18:23 Thu
twitterfacebook
thumb

ミランのESL参加を謝罪するマルディーニSD「私自身は関与していなかったが…」

ミランでスポーツ・ディレクターを務めるパオロ・マルディーニ氏が、ヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)にクラブが参加したことを謝罪した。イタリア『スカイ』が報じている。 欧州のビッグクラブにより構成される予定だったESLに対して、18日に参加を正式表明したミランだが、欧州サッカー連盟(UEFA)やイタリアサッカー連盟(FIGC)、セリエAと対立。ファンからも強い反発を受けたことで、21日にESL構想からの撤退を公式サイトで発表しており、わずか48時間であっさり決断を覆すことになった。 こうしたクラブの動きを振り返ったマルディーニSDは、ファンに対して謝罪。ESLに参加すること自体は知らなかったとしつつ、自身にも責任はあると語っている。 「私はESLに関する議論には一切関与していなかった。だから、皆と同じく日曜日に発表された共同リリースでその事実を知ったのだ。この構想は、私よりも上の人物たちで決定されたことだ。ただその前提があるとはいえ、常に尊重してきたスポーツの基本原則を我々が裏切ったと感じているファンに対して、謝罪する責任からは免れられない」 「2021年にビッグチームの監督であるなら、収益と持続可能性がクラブにとって重要なコンセプトであることを知らないはずはないと思う。とはいえ、スポーツは実力主義であり、誰にでも保証されなければならない夢で構成されている。このスポーツの原則を変えることはできない」 「ここからどうやって前に進むか? 第一に、我々はこのリーグにいる。今さら言うのもおかしいかもしれないが、トップ4に入って7年ぶりのチャンピオンズリーグ(CL)復帰を目指したいね」 2021.04.22 17:45 Thu
twitterfacebook
thumb

手痛い黒星を喫したミラン、指揮官は「大きな違いをもたらせるクオリティ不足」を嘆く

ミランのステファノ・ピオリ監督が、パフォーマンスに見合った結果が得られなかったことを嘆いている。イタリア『スカイ』が伝えた。 ミランは21日に行われたセリエA第32節において、サッスオーロと対戦。2位を死守するためにも勝利が欲しい一戦では主導権を握り先制点を奪ったものの、その後は追加点を奪えない展開に。するとFWジャコモ・ラスパドーリに2ゴールを許してしまい、1-2で敗れた。 この結果、ミランはリーグ2位をキープしているものの、22日に行われる4位アタランタの結果次第では3位転落の可能性があり、手痛い黒星となった。 試合後のインタビューに応じたピオリ監督は、パフォーマンス自体は悪くなかったと強調。そのうえで、試合を決め切るクオリティ不足を嘆いた。 「何が起こったかを説明するなら、フットボールでは1つでも多くゴールを決めた方が正しいということだ。もう少し精度が高ければ、得点チャンスになるような場面はたくさんあったと思う」 「パフォーマンス自体はポジティブだった。強度とスペースの確保という点においては、私が最も満足しているパフォーマンスの一つだったと思う。しかし、このような試合で大きな違いをもたらせるクオリティには少々欠けていた。チームが息切れしているか? いや、これは長く厳しいシーズンの一部に過ぎない」 「我々はただちにページをめくり、失望を決意に変え直接対決に備える必要がある。2位の確保は直接対決を制すれば可能だ。我々はまだ、偉大なチームが持っているような明晰さを持ってはいない。それでも、1年前はヨーロッパリーグ(EL)のため戦っていたが、今はチャンピオンズリーグ(CL)のため戦っている」 また、ピオリ監督はクラブが21日に撤退を表明したヨーロッパ・スーパーリーグ構想についてコメント。スポーツディレクター(SD)を務めるパオロ・マルディーニ氏が謝罪したことに触れつつ、チームは影響を受けていないと断言した。 「マルディーニの謝罪について、彼のモラルに疑問を持った人はいないだろう。彼は多くの価値観を持った人だ。我々は目的に集中しており、何かに気を取られることはなかった」 「決断を下したわけでも話し合ったわけでもないことで、エネルギーを失ったりはしない。私は言論や思想の自由を愛している。ただ、だからこそ時には考えるだけで言わないほうがいいこともあると思う」 2021.04.22 12:45 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly