元ユナイテッドのラヴェル・モリソンがADOと契約解除

2021.01.10 03:44 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ADOデンハーグは9日、イングランド人MFラヴェル・モリソン(27)との契約を双方合意の下で解除したことを発表した。2009年にマンチェスター・ユナイテッドの下部組織に加入したモリソンは、同世代のフランス代表MFポール・ポグバやイングランド代表MFジェシー・リンガードよりも先んじて才能を認められた逸材。しかし、素行が悪く、暴行事件などのピッチ外トラブルもしばしばあり、ユナイテッドのトップチーム入りからわずか2シーズンで放出された。

その後はイングランドやイタリアだけでなく、メキシコやスウェーデンでもプレーし、2020年8月にフリーでADOに加入。しかし、これまで出場機会に恵まれず、公式戦5試合の出場にとどまっていた。
コメント
関連ニュース
thumb

フリーの元蘭代表DFヤンマートが古巣ADOに復帰 「家に帰ったような気分」

ADOデン・ハーグは29日、元オランダ代表DFダリル・ヤンマート(31)の加入を発表した。契約期間は2023年までとなる。 ヤンマートは2007年10月にADOでプロデビュー。ヘーレンフェーン、フェイエノールトといった母国クラブを経て、2014年夏のニューカッスル・ユナイテッド移籍を機に海外挑戦を果たした。 2016年夏からワトフォードでプレー。在籍4年間で公式戦通算85試合6得点4アシストを記録したが、今季はヒザの大ケガを負った影響もあり、出番がなく、今年10月に契約を解消して退団した。 主力守備陣に故障者が相次ぐプレミアリーグ王者リバプールの緊急的な補強候補にも名がにわかに挙がるなかで、12年半ぶりとなる古巣復帰が実現した形だ。 代表通算34キャップのヤンマートはクラブを通じて「全てが始まったクラブに戻るのは素晴らしいこと。家に帰ったような気分だ」と感無量の思いを明かしている。 2020.12.31 08:45 Thu
twitterfacebook
thumb

元ユナイテッドのラヴェル・モリソン、ADO加入が決定! キャリア11クラブ目

ADOデンハーグは21日、イングランド人MFラヴェル・モリソン(27)の加入を発表した。契約は今季終了までとなる。 モリソンは2009年からユナイテッドの下部組織に加わり、翌年にトップチームデビュー。フランス代表MFポール・ポグバやイングランド代表MFジェシー・リンガードが同世代にいたが、先んじて才能を認められ、将来を嘱望されたのがモリソンだった。 しかし、素行が悪く、暴行事件などのピッチ外トラブルもしばしばあり、ユナイテッドのトップチーム入りからわずか2シーズンで放出。イングランドやイタリアだけでなく、メキシコやスウェーデンでプレーするなど、キャリアが暗転してしまった。 そんな元神童は昨夏にトライアルを経て、1年契約でシェフィールド・ユナイテッド入団を果たしたが、出場機会に恵まれず、今年1月からミドルズブラにレンタル。今夏にシェフィールド・ユナイテッドとの契約満了を受け、フリーの状況だった。 プロキャリアを通じて11クラブ目となるモリソンはクラブ公式サイトで「ここでたくさんプレーしたい。昨季はかなり我慢を強いられたが、フットボールは僕の情熱だ。それをファンにも披露したい」と意気込みを語っている。 2020.09.22 09:05 Tue
twitterfacebook
thumb

ビジャレアル生え抜きDFラティウがADOデン・ハーグへ買取OP付きのレンタル移籍

オランダのADOデン・ハーグは4日、ビジャレアルから元U-21ルーマニア代表DFアンドレイ・ラティウ(22)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。なお、買い取りオプションもついているとのこと。 ラティウはルーマニア出身ながら、6歳でスペインへ移住。ビジャレアルの下部組織で育ってきた。 右サイドバックを主戦場とするが、まだファーストチームに昇格しておらず、今シーズンはBチームでセグンダ・ディビシオンB(スペイン3部)で21試合に出場していた。 なお、2018-19シーズンのヨーロッパリーグ準々決勝2ndレグのバレンシア戦にフル出場し、ファーストチームデビューを果たしていた。 「ADOデン・ハーグに加入でき、とても満足している。これは一歩前進だと思う」 「スペインでキャリアを続けるチャンスはたくさんあったが、現時点ではオランダのエールディビジに移籍することが最良の選択だと思っている」 「僕はこのクラブに全てを捧げます。クラブの信頼と努力に報いたいからだ。このユニフォームを着て、戦えることができて光栄だ」 「カーズ・ジーンズ・スタディオンでファンの方と会えることを楽しみにしている。素晴らしい夜をたくさん過ごしたいと思う」 2020.08.05 10:55 Wed
twitterfacebook
thumb

セードルフの甥っ子がADOとプロ契約!ポジションは右ウイング

エールディビジのADOデンハーグは19日、オランダ人FWカイン・セードルフ(20)とプロ契約を結んだことを発表した。契約期間は2021年夏までとなる。 セードルフは、2015年にヘーレンフェーンのユースに加入。2019年からはADOデンハーグのU-21チームでプレーし、今シーズンは主に右ウイングとしてリーグ戦16試合に出場し3得点を記録していた。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIyc01TdFRsViIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> また、カインは、現役時代にアヤックスやレアル・マドリー、ミランなどで活躍し、5度のチャンピオンズリーグ優勝などタイトルホルダーとして知られる元オランダ代表MFクラレンス・セードルフ氏の甥でもある。カインはクラブを通じてコメントしている。 「僕は幸せだ。このために一生懸命働いてきた。これは素晴らしい瞬間だよ。僕は自分のサッカーのやり方を持っている。僕は攻撃的でゴールを目指し、行動を起こしてサッカーをプレーするのが好きだ」 2020.05.20 19:40 Wed
twitterfacebook
thumb

ADOがパーデュー監督との契約終了を発表…

ADOテンハーグは28日、アラン・パーデュー監督(58)との契約を終了することを発表した。クラブ公式サイトが伝えた。 ウェストハムやサウサンプトン、ニューカッスルなどを指揮したパーデュー監督は、昨年末にアルフォンス・フルネンダデイク前監督の後任としてADOの指揮官に就任。しかし、低迷するチームを立て直すことが出来ず、8試合でわずか1勝に留まっていた。 残留ラインのフォルトゥナ・シッタートとは勝ち点差「7」でほとんど降格待ったなしの状況だったADOだが、新型コロナウイルスの影響でリーグ戦が中断すると、24日に正式に中止が決定。その際、優勝チームや昇格・降格チームを決めない方針であることも伝えられ、命からがらエールディビジ残留を決めていた。 契約満了での退任となるパーデュー監督は、クラブの公式サイトで「数カ月間だったが、ADOテンハーグにはとても感謝している。ADOでの時間が終わることは残念だが、私は今後もクラブの成功を祈っているよ」 2020.04.29 08:30 Wed
twitterfacebook