シャルケが359日ぶりのリーグ白星! 19歳FWホッペがアメリカ人初のハットトリック達成!《ブンデスリーガ》

2021.01.10 02:25 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブンデスリーガ第15節、シャルケvsホッフェンハイムが9日に行われ、4-0で快勝したシャルケが約1年ぶりとなるリーグ戦勝利を挙げた。昨年1月17日に行われたボルシアMG戦での2-0の勝利以降、ブンデスリーガで30戦未勝利(20敗10分け)と泥沼の状況が続く名門シャルケ。

今季ここまでも10敗4分けの最下位に低迷する中、クラブは今年9月にデイビッド・ワグナー、今月18日にマヌエル・バウムと2人の指揮官を解任。暫定指揮官フーブ・ステフェンスを経て、前節のヘルタ・ベルリン戦(0-3)からクリスティアン・グロス新体制がスタートしていた。

グロス新体制2戦目となった今節は13位のホッフェンハイムをホームで迎え撃った。

アーセナルから今冬にレンタルで復帰したコラシナツが早速ゲームキャプテンを務めるなど、心機一転を図ったシャルケは、この試合で新たなスターが誕生する。

そのスターの名前は19歳のアメリカ人FWマシュー・ホッペ。アリゾナにあるバルセロナのアカデミー育ちの194cmの大型ストライカーは、ブンデスリーグデビュー5戦目となったこの試合で躍動。

0-0のスコアでハーフタイム突入と思われた42分にロングカウンターからアリのスルーパスに抜け出すと、ボックス内で飛び出したGKをあざ笑うかのような左足のループシュートを流し込み、ブンデスリーガ初ゴールを記録。

さらに、後半に入った57分には再びアリのスルーパスに絶妙なタイミングで抜け出すと、ボックス内で冷静にGKをかわして左足のシュートを流し込みドッペルパック。続く63分には2点目と同じような形から三度アリのスルーパスに抜け出して、アメリカ人選手として至上初となるブンデスリーガでのドライアーパックまで達成してみせた。

その後、80分にはカウンターからオチプカの左クロスをアリが右足ダイレクトで流し込み、4点目まで奪って見せたホームチームはホッフェンハイムの反撃を無失点で凌ぎ4-0の完勝を収めた。

そして、新星ホッペと1ゴール3アシストのアリの新コンビの活躍が光った中、シャルケは今季初勝利と共に359日、31戦ぶりとなるリーグ戦での白星を挙げた。
コメント
関連ニュース
thumb

引退決断のフンテラールが古巣シャルケを憂う「僕を必要としている」

アヤックスの元オランダ代表FWクラース=ヤン・フンテラール(37)が、獲得に関心を示す古巣シャルケとの間で揺れ動いているようだ。 同選手が2010年から2017年まで在籍していたシャルケは、ここしばらく混迷を極め、昨年末に就任したクリスティアン・グロス新監督の下、先日9日のブンデスリーガ第15節のホッフェンハイム戦で、およそ1年ぶりのリーグ戦白星を挙げた。 この勝利を皮切りに、後半戦以降の巻き返しを図るシャルケは、同クラブで通算240試合126ゴール35アシストを記録した英雄フンテラールの復帰を画策していると、ドイツメディアを中心に報じられている。 14日に行われたエールディビジのトゥベンテ戦後、土壇場に2ゴールを挙げて勝利に導いたフンテラールは、『ESPN』のインタビューでシャルケからの関心に対してコメントを残した。不振にあえぐ古巣を憂いながらも、難しい問題だと葛藤しているようだ。 「それ(シャルケからの関心)についてアヤックスと話したよ。難しい問題だね。僕はアヤックスで6年半、シャルケでは7年プレーした。どちらも大好きなクラブなんだ」 「アヤックスが移籍を許可するか?マルク・オーフェルマルス(SD)に聞いてみてよ。僕は許可してくれると思うよ。(セバスティアン・)アラーを獲得したのはそういうことなんだと思う」 「でも結局は最良の決断をしなければならないのは僕なんだ。難しい問題だよ。シャルケはもっと困っている。彼らは僕を必要としてくれているんだ」 「アヤックスはリーグ戦、カップ戦、ヨーロッパリーグでタイトルを獲れる可能性が大いにある。もちろん簡単なことではないけどね。もう一晩寝て考えてみるよ」 なお、フンテラールは先月半ばに今季限りでの現役引退を表明。残されたキャリアは半年、アヤックスで有終の美を飾るのか、それとも窮境に陥るシャルケを救いに戻るのか。今後の動きに注目だ。 2021.01.15 15:37 Fri
twitterfacebook
thumb

ブンデス最年少のドライアーパックでシャルケを救ったニュースター、マシュー・ホッペが回想「ただ幸せ」

混迷を極めていたシャルケに1年ぶりのリーグ戦勝利をもたらした超新星が大きな注目を浴びている。 昨年1月17日に行われたボルシアMG戦での2-0の勝利以降、ブンデスリーガで30戦未勝利(20敗10分け)と泥沼の状況が続く名門シャルケ。今季ここまでも10敗4分けの最下位に低迷する中、クラブは今年9月にデイビッド・ワグナー、今月18日にマヌエル・バウムと2人の指揮官を解任。暫定指揮官フーブ・ステフェンスを経て、前節のヘルタ・ベルリン戦(0-3)からクリスティアン・グロス新体制がスタートしていた。 そんな中、9日に行われたブンデスリーガ第15節のホッフェンハイム戦、グロス新監督2試合目となった一戦で流星の如く救世主が現れた。アメリカはカリフォルニア出身のFWマシュー・ホッペ。2019年6月にアリゾナにあるバルセロナのアカデミーから加入した19歳はこの試合がブンデスリーガデビュー5試合目だったが、42分にブンデスリーガ初ゴールを挙げると、63分までにさらに2点を追加し、ドライアーパックまで達成してみせた。 アメリカ人選手によるブンデスリーガでの1試合3ゴールは史上初。さらには19歳という年齢もリーグ最年少記録で、シャルケはニュースターの誕生で実に359日ぶりのリーグ戦白星を挙げることに成功した。 ドイツ『キッカー』は試合後のマシュー・ホッペのコメントを伝えているが、本人は「言葉がない。ただ幸せだ」と恥ずかしながら述べるにとどまった。ドライアーパックの口火を切った先制点では見事なループシュートを沈めた同選手だが「それが最も簡単な方法だった。本能で動いていた」と大器を予感させた。 躍動したマシュー・ホッペには、この試合で3年半ぶりのシャルケ復帰を果たし、ゲームキャプテンも務めたDFセアド・コラシナツも「彼は普段は穏やかな少年だが、ピッチ上ではアクセル全開で決戦に身を投じる姿を見ることができる。今日は自分を誇りに思っていいだろう」と称賛。アメリカ人青年もこれに対し「彼はリーダーであり、尊敬できる人物だ」と答えたようだ。 2021.01.10 16:18 Sun
twitterfacebook
thumb

シャルケのウェールズ代表FWマトンドがストークにレンタル移籍!

ストーク・シティは7日、シャルケからウェールズ代表FWラビ・マトンド(20)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 マンチェスター・シティの下部組織出身のマトンドは、2019年1月にシャルケに完全移籍。爆発的なスピードを生かしたドリブル突破を武器に左右のウイング、セカンドトップを主戦場に、ここまで公式戦32試合2ゴールの数字を残していた。 ただ、今季はチームが最下位に低迷する中、度重なるケガの影響もあってリーグ戦3試合の出場にとどまっていた。 そのため、出場機会を求めるマトンド、プレミアリーグ昇格に向けて攻撃陣の強化を図るストーク、財政面の負担を減らしたいシャルケの3者の思惑が合致する形で、今回のレンタル移籍が成立した。 なお、ストークはチャンピオンシップ(イングランド2部)第23節終了時点で自動昇格圏の2位スウォンジー・シティと勝ち点8差の8位に位置している。 2021.01.08 22:25 Fri
twitterfacebook
thumb

シャルケが若手MFタイターグと早期契約終了

シャルケは2日、アメリカ人MFニック・タイターグ(21)との契約解消を発表した。 タイターグはアメリカ出身で、2017年2月にFCリッチモンドからシャルケの下部組織に加入。今シーズンからファーストチームに正式に昇格していた。 世代別のアメリカ代表としてもプレーしたタイターグだったが、ケガなどの影響もありファーストチームでプレーすることができず。今回契約解除となった。 タイターグとシャルケの契約は、2021年6月30日まであったものの、双方合意の下で半年早く終了することとなった。 2021.01.02 20:55 Sat
twitterfacebook
thumb

コラシナツがシャルケに復帰、今季終了までのレンタル

アーセナルは12月31日、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFセアド・コラシナツ(27)が今季終了までのレンタルでシャルケに復帰することを発表した。 シャルケでプロデビューを飾ったコラシナツはシャルケでの活躍を受け、2017年夏にアーセナルに完全移籍。昨季までの3シーズンは準主力としての起用が続いていたものの、今季はミケル・アルテタ監督の構想外となり、プレミアリーグでは1試合の出場に終わっていた。 移籍先のシャルケは13試合を消化したブンデスリーガで未勝利の最下位に沈んでおり、コラシナツの加入によって残留への望みを託すこととなった。 2021.01.01 01:30 Fri
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly