【ルヴァンカップ決勝プレビュー|柏vsFC東京】共に3度目の頂点へ、シーズン締めくくりの決戦!

2021.01.04 11:11 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
【YBCルヴァンカップ決勝】
2021年1月4日(月)
14:35キックオフ
柏レイソル vs FC東京
[国立競技場]◆7年ぶり3度目の戴冠へ【柏レイソル】

チーム内での新型コロナウイルス感染者が出た影響で、11月から延期。シーズン最後のゲームとなったルヴァンカップ。柏は3度目の優勝に向けて調整を進めた。


過密日程の最中に行う予定だった決勝だったが、リーグ戦終了から2週間後の開催とあり、選手たちも疲労は取れているはずだ。

柏としては2013年以来3度目の優勝を目指す今大会。当時はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)参戦のため、グループステージなしでの戴冠となった。

2020シーズンの柏はグループステージからの参戦。ガンバ大阪、湘南ベルマーレ、大分トリニータと同居したグループDを3連勝で突破。プライムステージでは、セレッソ大阪、横浜F・マリノスを下し、決勝へと駒を進めた。

シーズン終盤は3バックと4バックを併用し、FC東京相手にどの布陣で臨むのかは不明。明治安田J1の最終節では王者の川崎フロンターレ相手に2-3と渡り合ったこともあり、自信を持ってこの決勝に臨んでくるだろう。

ポイントはやはりFWオルンガ。リーグ得点王だけでなく、MVPまで受賞。この男を止めることができるか。

★予想スタメン[4-2-3-1]
GK:キム・スンギュ
DF:北爪健吾、大南拓磨、山下達也、古賀太陽
MF:三原雅俊、大谷秀和
MF:クリスティアーノ、江坂任、瀬川祐輔
FW:オルンガ
監督:ネルシーニョ

◆11年ぶり3度目の戴冠へ【FC東京】

対するFC東京は、2009年以来11年ぶりの戴冠を目指す。決勝進出も優勝した時以来。柏と同様に、決勝進出時は2度とも優勝しているため、今年も期待が高まる。

リーグ戦の過密日程に加え、ACLも戦ったFC東京としてはとても厳しいシーズンとなった。特に10月は4連敗を喫するなどチーム状態が最悪。その中で迎えるはずだった決勝だっただけに、この時期に延期されたことは不幸中の幸いかもしれない。

ACL参戦もあったため、プライムステージからの登場となったFC東京。準々決勝では名古屋グランパスを下すと、準決勝では川崎フロンターレを下しての決勝進出。圧倒的な強さを誇った川崎Fを下しての決勝進出は大きなものとなった。

その後ACLの戦いを挟み、リーグ戦のラスト2試合はともに1-0で連勝。悪くない形でシーズンを終えていた。

こちらもどのような布陣で臨むのかが読めない状況。ACLで試した森重真人をアンカーに置くスタイルは、リーグ戦でも継続していた。果たしてその形を継続するのかどうか。勝負師・長谷川健太監督が選ぶ策が気になるところだ。

★予想スタメン[4-3-3]
GK:波多野豪
DF:中村拓海、渡辺剛、ジョアン・オマリ、小川諒也
MF:東慶悟、森重真人、安部柊斗
FW:三田啓貴、永井謙佑、レアンドロ
監督:長谷川健太
関連ニュース
thumb

鹿島、札幌、横浜FMのPOステージ進出が決定!!B、Cグループは大混戦に《ルヴァンカップ》

5日、YBCルヴァンカップ・グループステージ第5節が各地で行われた。 Aグループでは、札幌がホームで鳥栖と対戦。26分、小柏が倒されてPKを得ると、キッカーはドウグラス・オリベイラ。GK守田に阻まれるも、こぼれ球を自ら押し込んでリードを奪う。59分にはカットンから青木が加入後初ゴールとなるミドルを突き刺して鳥栖を突き放す。終盤に湯澤に1点を返されながらも逃げ切って見せた。 一方、引き分け以上でプレーオフステージ進出が決まる鹿島は、ホームで福岡と対戦。ディエゴ・ピトゥカが初先発を飾った。24分に速攻からジョン・マリに先制を許す嫌な展開となるも、31分、テンポの良い華麗なパスワークで右サイドを崩し、遠藤のヒールパスから白崎が同点弾をゲット。試合を振り出しに戻す。後半は互いにゴール前のシーンが増えるが、両チームの守備陣が奮闘。以降、ゴールは生まれず引き分けに終わった。 上記の結果、鹿島と札幌がグループステージ突破を決めた。 Bグループは2位以下が混戦に。すでにグループステージ突破を決めているFC東京は神戸と対戦。互いに得点は奪えず、ゴールレスドローに終わった。大分とのアウェイゲームに臨んだ徳島は、11分、セットプレーから高澤に決められ、ビハインドで前半を折り返す。後半はロングボールと選手交代で状況の打開を図ると、84分に途中出場カカの初ゴールで同点に。引き分けに終わり、3チームが勝ち点5で並ぶ結果となった。 Cグループの首位対決は、開始早々に横浜FCにアクシデント。キャプテンの田代が腕を痛め、高木との交代を余儀なくされる。さらに、10分、26分とピンチを迎えるが、湘南のジュニアユース出身で古巣対決となったGK市川が好セーブを連発。しかし、先にゲームを動かしたのは湘南だった。28分にオリベイラが中盤でボールを奪い、左に展開。受けた平岡は左45度から巻いたシュートを右上隅に沈め、鮮やかなプロ初ゴールを記録した。追加点が欲しい湘南は、56分に3枚替えを行い、ウェリントン・ジュニオールがJ初出場を果たす。 追い付きたい横浜FCは、66分に三浦をピッチに送り込む。自身の持つ同大会の最年長出場記録を54歳2カ月9日に更新し、チームに活力を与えると、その気迫にチームメイトが応え、78分にはクレーベが強烈なヘディングを叩き込んで試合を振り出しに戻す。以降は互いにゴールを奪えず、1-1で決着した。 三協フロンテア柏スタジアムでは、Cグループのもう1試合、柏vs浦和が行われた。浦和はユンカーをスタメンで起用。すると、日本でのデビュー戦で早速見せた。9分、汰木のスルーパスでボックス左に抜け出すと、左足で冷静に沈めてノルウェーリーグ得点王の実績にたがわぬ実力を発揮。その後、チームはアンジェロッティの2ゴールなど3失点を喫して逆転を許す苦しい展開となるが、後半アディショナルタイムに、伊藤と関根が立て続けにゴールを奪い、劇的ドロー決着。未だ突破チームが決まらず、Bグループ以上の混戦模様となっている。 Dグループでは、グループステージ突破がかかる横浜FMがアウェイで広島と対戦。序盤は広島にペースを握られ、広島ユース所属の棚田にあわやの場面を作られるも、28分にレオ・セアラが天野のクロスに頭で合わせ、流れを引き寄せる。対する広島は、古巣対戦となるジュニオール・サントスの投入から主導権を握り返し、迎えた後半のアディショナルタイムには、切り返しざまに上げた藤井のクロスに鮎川が頭で合わせ、土壇場で同点に。ドロー決着により、横浜FMはグループステージ突破が確定。広島は最終節に望みをつなげた。 もう一方では、清水が仙台に快勝。36分に先制を許すも、41分にはこぼれ球を福森が、前半のアディショナルタイムには金子がPKを沈めて逆転。48分にはディサロの移籍後初ゴールで突き放すと、終盤には途中出場の中山がダメ押しのゴールを奪って4-1。この結果、仙台のグループステージ敗退が決定した。 ◆第5節 ▽5/5 【Aグループ】 北海道コンサドーレ札幌 2-1 サガン鳥栖 鹿島アントラーズ 1-1 アビスパ福岡 【Bグループ】 大分トリニータ 1-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 0-0 FC東京 【Cグループ】 横浜FC 1-1 湘南ベルマーレ 柏レイソル 3-3 浦和レッズ 【Dグループ】 清水エスパルス 4-1 ベガルタ仙台 サンフレッチェ広島 1-1 横浜F・マリノス 2021.05.05 18:16 Wed
twitterfacebook
thumb

ルヴァンカップを取ってチームステップアップの第1歩にしちゃおうぜ!! え!? の巻/倉井史也のJリーグ

ゴールデンウィークどこにも遊びに行けないの? じゃあ食べるしかないじゃん!! って食べまくって急性胃炎で病院に行く衝撃の連休スタートを切った私が言うのもなんですが。みなさん、お元気ですか? ってことでフラフラしながら今回はルヴァンカップについて調べたよ!! そもそもルヴァンカップって、3大タイトルの中では一番取りやすそうでしょ? じゃあこのルヴァンカップからステップアップして、リーグも制覇しておかしくない感じしませんか。 だったらタイトルを獲ったチームがその年とその後の2年間でどんな成績だったか? ちなみに、1998年までは年間順位ってJ2降格なかったからあんまり重要視されてなかった(Jリーグイヤーブックにも掲載がなかった)から、1999年から調べときます。あ〜今回もしんどいデーターだな〜。 1999年優勝 柏 :3位→3位→6位 2000年優勝 鹿 島 :1位→1位→4位 2001年優勝 横浜FM :13位→2位→1位 2002年優勝 鹿 島 :4位→5位→6位 2003年優勝 浦 和 :6位→2位→2位 2004年優勝 FC東京 :8位→10位→13位 2005年優勝 千 葉 :4位→11位→13位 2006年優勝 千 葉 :11位→13位→15位 2007年優勝 G大阪 :3位→8位→3位 2008年優勝 大 分 :4位→17位→J2 2009年優勝 FC東京 :5位→16位→J2 2010年優勝 磐 田 :11位→8位→12位 2011年優勝 鹿 島 :6位→11位→5位 2012年優勝 鹿 島 :11位→5位→3位 2013年優勝 柏 :10位→4位→10位 2014年優勝 G大阪 :1位→2位→4位 2015年優勝 鹿 島 :5位→1位→2位 2016年優勝 浦 和 :2位→7位→5位 2017年優勝 C大阪 :3位→7位→5位 2018年優勝 湘 南 :13位→16位→J2 2019年優勝 川 崎 :4位→1位→? 2020年優勝 FC東京 :6位→?位 あれ? タイトルを獲得した年よりも翌年のほうがよかったのって、21チームのうち7チーム、同じだったのが2チーム、下がったのは12チーム。ってことは33.3パーセントだけが上昇で半分以上のチームはリーグカップに優勝したら翌年は順位下げてるってこと? で、優勝した年よりも翌々年度の順位が上がったチームは20チームのうち5チーム、同じなのは2チーム、下がったのは13チーム。上昇したのって25パーセントなワケですね。これってルヴァンカップを取って息切れした感じ? ということで訂正します。やっぱりルヴァンカップが取りやすいってことはないんですよ。翌年、翌々年度に響くくらい消耗してる。どうです? そう考えるとルヴァンカップ、応援したくなるでしょ? え? 取りたいけど怖い? <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】</br>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2021.05.05 14:00 Wed
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】ルヴァンカップで5名が出場停止、J2では東京VのMF梶川諒太が出場停止

Jリーグは3日、出場停止情報を発表した。 5日に行われるYBCルヴァンカップ第5節で5名、また明治安田生命J2リーグ第12節で1名が出場停止となる。 ルヴァンカップで出場停止となるのは、北海道コンサドーレ札幌のFW菅大輝、柏レイソルのMFヒシャルジソン、ヴィッセル神戸のMF増山朝陽、アビスパ福岡のFWフアンマ・デルガド、サガン鳥栖のDF田代雅也の5名となる。 また、J2では東京ヴェルディのMF梶川諒太が出場停止となる。 【明治安田生命J2リーグ】 MF梶川諒太(東京ヴェルディ) 第12節 vsザスパクサツ群馬(5/5) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【YBCルヴァンカップ】 FW菅大輝(北海道コンサドーレ札幌) 第5節 vsサガン鳥栖(5/5) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MFヒシャルジソン(柏レイソル) 第5節 vs浦和レッズ(5/5) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF増山朝陽(ヴィッセル神戸) 第5節 vsFC東京(5/5) 今回の停止:1試合停止 FWフアンマ・デルガド(アビスパ福岡) 第5節 vs鹿島アントラーズ(5/5) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF田代雅也(サガン鳥栖) 第5節 vs北海道コンサドーレ札幌(5/5) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 2021.05.03 16:00 Mon
twitterfacebook
thumb

カズがルヴァン杯で最年長出場記録を更新/六川亨の日本サッカー見聞録

ルヴァンカップのグループステージ8試合が28日に行われ、横浜FCの三浦知良(カズ)が54歳2カ月2日の最年長出場記録を更新した。 とはいっても、それほど大きな話題にならなかったのは、横浜FCが2-0とリードした後半45分からの出場だったからだろう。カズ自身の衰えぬ現役へのこだわりと、そのための厳しい修練には頭の下がる思いだが、それでも“引退のタイミング”を逃してしまった印象を拭えないのは私だけだろうか。 カズが横浜FCに加入したのは2005年のことだった。東京プリンスホテルで開催された入団会見で、「サントスでプロデビューし、イタリアのジェノアや神戸でプレーし、不思議と港町のクラブに縁があります」と話したことをいまでも覚えている。 この05年はカズにとってもクラブにとってもターニングポイントだった。学校や病院の給食、企業の社内食堂を展開するLEOCが筆頭株主になり、カズだけでなく山口素弘、望月重良ら元日本代表を補強。監督には元JAPANサッカーカレッジの足達勇輔を招聘した。 ところが翌06年3月4日のJ2リーグ開幕戦で愛媛に0-1で敗れると、足達監督はわずか1試合で解任される。これはいまでも最短記録である。そして後任にはコーチだった高木琢也が就任した。 高木監督は第2節から第18節まで15戦無敗(9勝6分け)などの記録で勝点を積み上げ、念願のJ2リーグ優勝とJ1昇格を勝ち取った。初めてのJ1リーグ開幕戦はアウェーの浦和戦。埼玉スタジアムでの試合は、この年から加入した“ドラゴン”こと久保竜彦の超ロングシュートで一時は1-1の同点に追いついたが、浦和の永井雄一郎に決勝点を決められた。 そして高木監督は8月の横浜ダービーで1-8と大敗後に解任され、チームも最下位に終わりJ2へと降格した。 その後、チームの指揮官はジュリオ・レアル、都並敏史、樋口靖洋、岸野晴之、山口素弘、ミロシュ・ルス、中田仁司、タヴァレス、下平隆宏と9人が務め、今シーズン途中で成績不振から下平監督は解任され、ユースチーム監督の早川知伸が指揮を執ることになった。 この間、カズは一選手として黙々とトレーニングに励み、出場に向けて準備をするだけだった。10年前は両親や叔父さんなどが試合観戦によく訪れたものの、近年はその回数もだいぶ減った。 LEOCのグループ会社の代表取締役社長である小野寺氏はカズの大ファンのため、「何歳になってもカズに引退を勧めることはない」とか、「カズを試合に起用しない監督は解任される」といった憶測も流布されているが、それはカズに失礼な話だろう。 いつ訪れるかわからない出場機会に備えてトレーニングを積むことほど、精神的に苦しいことはないと思うからだ。それでもカズが引退を決意するとしたら、それはゴールを決めた時ではないだろうか。ストライカーの矜持として、J1リーグでのゴールでサッカー人生を締めくくる。ダンスを踊るかどうかは別にして、その瞬間に立ち会いたいと思うのは私だけではないだろう。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.04.29 19:25 Thu
twitterfacebook
thumb

三浦知良が大会最年長出場記録更新の横浜FC、柏を下して首位浮上! FC東京ではブルーノ・ウヴィニが初出場初得点《ルヴァンカップ》

28日、YBCルヴァンカップ・グループステージ第4節が各地で行われた。 全チームが1勝ずつで拮抗しているCグループでは、横浜FCがホームのニッパツ三ツ沢球技場が柏を迎え撃った。ベンチには三浦知良が控える中、前半からサイドを使った攻撃で何度もゴールに迫る。すると後半へ折り返した58分、センターサークル付近の安永から前線へ鋭い縦パスが入ると、オフサイドラインぎりぎりで飛び出したジャーメイン良が受け、ボックス手前からGKとの一対一を制してゴールに流し込んだ。 パス、トラップ、シュートの三拍子揃った見事なゴールで先制した横浜FCは、72分にはこぼれ球を直接狙った手塚のミドルシュートがクロスバーを叩くなど、なおも押し込んでいく。リードを保ったまま迎えた85分に、その手塚の右サイド深い位置からのFKを岩武が頭で合わせて追加点。プロ3年目にしてこれが初ゴールとなった。 これで勝利を決定づけたホームチームは90分に三浦を投入。自身の持つ同大会の最年長出場記録を54歳2カ月2日に更新した。そのまま勝利を収めた中で、Cグループもう一方の試合で浦和と湘南がゴールレスドローに終わったため、横浜FCが首位に浮上している。 Bグループでは、結果次第で突破が決まるFC東京が徳島とのアウェイ戦に臨んだ。しかし開始12分、センタリングから浜下に今季初ゴールとなるヘディングシュートを許し、先制されてしまう。18分には河田の決定的なシュートがクロスバーに救われるなど、押され気味の展開となる。 それでも後半立ち上がりの47分、左CKのチャンスでレアンドロが右足で上げると、デビュー戦のブルーノ・ウヴィニが頭で合わせて来日後初ゴールを挙げた。だが、試合はこのまま終了。しかし、同グループのヴィッセル神戸vs大分トリニータが引き分けに終わったため、FC東京は今節でプレーオフステージ進出を決めた。 その他、Dグループでは横浜FMが仙台に5発圧勝。直近の横浜FC戦でも5ゴールを挙げていた横浜FMは、8分に天野のゴールで幸先よく先制すると、33分にはルーキーの樺山がボックス左で華麗なフェイントから相手を躱し、右足でゴール右隅に流し込む技ありゴールで追加点。大器を予感させる一連のプレーでプロ初ゴールを決めた。 その直後に自陣でのパスミスから皆川のゴールを許したが、後半立ち上がりに天野と水沼が立て続けに決めたゴールで3点差に。後半アディショナルタイムにはさらに1点ずつ奪い合ったが、アウェイのトリコロールが2-5で試合を制し、グループステージ突破へ王手をかけている。 ◆第3節 ▽4/28 【Aグループ】 サガン鳥栖 2-2 鹿島アントラーズ 北海道コンサドーレ札幌 1-1 アビスパ福岡 【Bグループ】 ヴィッセル神戸 0-0 大分トリニータ 徳島ヴォルティス 1-1 FC東京 【Cグループ】 浦和レッズ 0-0 湘南ベルマーレ 横浜FC 2-0 柏レイソル 【Dグループ】 ベガルタ仙台 2-5 横浜F・マリノス 清水エスパルス 1-2 サンフレッチェ広島 2021.04.28 22:18 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly