インテルが今季最多6発で8連勝達成! ラウタロのトリプレッタにルカクがチャンスメークで躍動!《セリエA》

2021.01.03 22:33 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第15節、インテルvsクロトーネが3日にジュゼッペ・メアッツァで行われ、ホームのインテルが6-2で勝利した。首位のミランを勝ち点1差で追走する2位のインテル。前節のヴェローナ戦では2-1と競り勝って7連勝を達成し、2020年を最高の形で締めくくった。新年初戦で8連勝を目指すコンテ率いるチームは、19位に沈むクロトーネとのホームゲームで現状のベストメンバーを起用。2トップにはルカクとラウタロ・マルティネスが並んだ。


同じ[3-5-2]の布陣を採用するアウェイチームを押し込むインテルは開始5分に波状攻撃からブロゾビッチが際どいシュートを放つなど、優勢な入りを見せる。しかし、10分を過ぎてカウンターから引っくり返される場面が目立ち始め、メシアスに続けてフィニッシュまで持ち込まれると、まさかの先制を許す。

12分、相手の右CKの場面でショートコーナーからメシアスに左足インスウィングのクロスを簡単に入れられると、ゴール前で完全にフリーにしたザネラートにヘディングシュートを左隅に流し込まれた。

年内初戦でいきなりビハインドを負ったホームチームはすぐさま反撃を開始。16分にシュクリニアルの縦パスに抜け出したラウタロが最初の枠内シュートを放つと、続く20分には味方からのクサビを前線で収めたルカクの絶妙なスルーパスに抜け出したラウタロがDFを振り切ってボックス中央まで運んで右足の鋭いシュートをゴール左隅に突き刺し、早い時間帯にスコアをタイに戻した。

同点に追いついたことでようやく落ち着きを取り戻したインテルは、前線で圧倒的な強さを見せるルカクがことごとくクサビのボールを収めてラウタロや2列目の選手に前向きの仕掛けを促す。そして、31分には中盤でのビダルのボール奪取からショートカウンターを発動。ルカクのスルーパスに抜け出したバレッラがボックス左ライン際でマイナスに折り返したボールをニアに飛び込んだラウタロが競ると、DFマッローネのオウンゴールを誘う形で逆転ゴールが生まれた。

これで一気にインテルのゲームかに思われたが、今度はすぐさま追いつかれる。36分、ボックス内でレカの対応にあたってビダルが遅れて足を踏んでしまう。一度はプレーが流されるが、オンフィールドレビューの結果、クロトーネにPKが与えられる。これをキッカーのゴレミッチに決められた。その後、ルカクとラウタロの連携から3点目に迫ったインテルだったが、ここは相手GKコルダスのセーブに阻まれた。

格下相手のホームゲームを2-2の慌ただしい形で折り返すことになったインテルは、ビダルに代えてセンシをハーフタイム明けに投入。後半はなかなかリズムを掴み切れずにいたが、頼れる2トップが三度仕事を果たす。

57分、ボックス手前でDFを背負ったルカクのヒールパスを引き取ったブロゾビッチがボックス左でフリーのラウタロに繋ぐと、アルゼンチン代表FWの左足シュートがゴール右隅に決まって勝ち越しに成功した。さらに、64分には最後尾のバストーニのロングフィードに抜け出したルカクがDFルペルトを強靭なフィジカルで振り切ってゴール前に侵入すると、最後は冷静にGKとの一対一を制し、瞬く間に点差を広げた。

その後、右内転筋あたりに違和感を訴えたルカクが負傷交代するアクシデントに見舞われたインテルだったが、78分にはそのルカクに代わって入ったペリシッチがボックス左で放ったシュートのこぼれ球をラウタロが押し込んでトリプレッタ達成。さらに、試合終了間際の87分にはカウンターから同じく途中出場のダルミアンが左サイドを突破して折り返したボールをハキミがミドルシュートで突き刺し、大量6ゴールを奪取。

そして、今季最多の6ゴールを奪って快勝のインテルが新年初戦を8連勝で飾り、ミランを抜いて暫定首位に浮上した。
関連ニュース
thumb

“怪物”ルカクの真骨頂!強靭なフィジカルで相手DFを寄せ付けずに決めた豪快弾/2019-20【スーパーゴール図鑑/インテル編】

【得点者プロフィール】 ロメル・ルカク(当時27歳) 国籍:ベルギー 所属:インテル ポジション:FW 身長:191cm 母国の強豪アンデルレヒトで頭角を現したルカクは2011年夏にチェルシーに加入。WBAやエバートンでの活躍を経てマンチェスター・ユナイテッドでプレーした後、2019年夏からはインテルに活躍の場を移している。 【試合詳細】 日程:2020年8月5日 大会:ヨーロッパリーグ ラウンド16 対戦相手:ヘタフェ 時間:前半33分(0-0) <div id="cws_ad">◆ルカクの真骨頂<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJnNGVQYjdNZCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 0-0で迎えた33分、最終ラインのDFアレッサンドロ・バストーニからのロングフィードに対し、スピードを活かして上手く相手ディフェンスの裏で受けたルカク。相手からのプレスを受けるも、持ち前のフィジカルの強さで跳ね返すと、DFの股を抜く技ありのシュート。ボックス左からファーポストのネットに突き刺し、見事な先制点を決めた。 ルカクのスピード、パワー、テクニックの詰まったゴールで先制したインテルは、後半にも1点を加え2-0で勝利。準々決勝進出を果たしていた。 2021.03.06 12:00 Sat
twitterfacebook
thumb

1分以内にビッグセーブ3連発!インテルの守護神がズラタンの猛攻をシャットアウト!/2020-21【アンビリーバブル・セーブス】

たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。 しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。 <div id="cws_ad">◆ハンダノビッチがミランの猛攻をシャットアウト!<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ1U3ZKTklvbiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 今回は、インテルの元スロベニア代表GKサミル・ハンダノビッチが見せたスーパーセーブだ。 ウディネーゼでブレイクした2012年にインテルに加入して以来、絶対的守護神としてゴールマウスを守り続けているハンダノビッチ。長い手足と抜群の反射神経で、幾度となくチームのピンチを救っている。 2021年2月21日に行われたセリエA第23節、ミランとの“ミラノ・ダービー”では、相手のエースを抑える素晴らしいセーブをみせている。 1-0とインテルリードの47分、ミランが左サイドでコーナーキックのチャンスを得ると、ゴール左の位置からFWズラタン・イブラヒモビッチが強烈なヘディングシュート。素早い反応でハンダノビッチがボールを弾きだし、何とか右サイドからのスローインに逃げる。 すると、このスローインからミランが中央にクロスを上げ、ファーポストでイブラヒモビッチが再び強烈なヘディングシュート。しかしこれもハンダノビッチが絶妙なポジション取りで体をシュートに当ててブロックする。 最後はその直後、三度ミランがチャンスを作ると、シュートのこぼれ球に対し、MFサンドロ・トナーリが拾ってミドルシュート。ゴール左上への鋭いシュートだったが、ハンダノビッチが驚異的な反応で右手でシュートを枠外に弾き、事なきを得た。 ビッグセーブ3連発でリードを守ったハンダノビッチ。最初のセーブから3本目のセーブまでその間なんと52秒と、1分以内に立て続けにピンチを救っている。なお、試合はインテルが3-0でライバルに勝利している。 <span data-sg-movie-id="897" data-sg-movie-title="【1分以内にビッグセーブ3連発!】インテルの守護神がズラタンの猛攻をシャットアウト!"></span> 2021.03.06 08:00 Sat
twitterfacebook
thumb

熱血漢コンテが試合中の選手に“強めビンタ”で闘魂注入「パッション・レベル100だ!」

セリエA首位を走るインテルのアントニオ・コンテ監督のアツ過ぎる姿が注目を浴びている。 インテルは4日にアウェイで行われたセリエA第25節でパルマと対戦。2点をリードしてから反撃を許すも、1-2で勝利を収めリーグ6連勝を成し遂げた。 “熱血漢”で知られるコンテ監督だが、パルマ戦の終了間際には“らしい”場面があった。後半アディショナルタイムの93分、パルマの反撃に遭ったインテルは、自陣からのクリアボールを相手DFマキシム・ブシとインテルDFアクラフ・ハキミが競り合う。 ハキミが猛烈にプレッシャーをかけると、ブシのタッチがやや大きくなり、コンテ監督の近くのタッチラインを割り、インテルボールでのスローインとなる。 値千金のハキミのプレーに、コンテ監督は思わずハキミの顔面を両手でつかむと、至近距離で檄を飛ばし、最後にはちょっと強めのビンタで闘魂を注入し、ピッチに送り返すと、現地の実況も思わず笑ってしまっていた。 このシーンを『ESPN』の公式ツイッターが「ハキミのハードワークを褒めるコンテ、パッション・レベル100だ」と伝えると、「このビンタは絶対痛いでしょ(笑)」「情熱がすごい」「コンテらしい」と闘将らしい姿に好意的な声が多く寄せられている。 その実直な性格で時には選手やフロントと対立することもありコンテ監督だが、スクデット獲得のために全力を注いでいる。 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Conte congratulating Hakimi for his work rate <br><br>Passion level <a href="https://t.co/zqflFIMPVg">pic.twitter.com/zqflFIMPVg</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1367625966915366912?ref_src=twsrc%5Etfw">March 5, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.03.05 19:40 Fri
twitterfacebook
thumb

6連勝で首位快走のインテル、コンテは「13回の決勝戦が残っている」と油断せず

インテルのアントニオ・コンテ監督が首位を快走するチームを称えた。イタリア『スカイ』が伝えている。 セリエA5連勝で首位の座を固めつつあるなか、4日に行われたセリエA第25節でパルマと対戦したインテル。降格圏に沈む相手に対して、後半にFWアレクシス・サンチェスが2ゴールを記録した後、1点を返されたものの、リードを守り抜いて2-1のスコアで勝利した。 この結果、インテルはリーグ6連勝を記録。2位ミランとの差は「6」まで広がっており、スクデット獲得に向けて順調な成績を残し続けている。コンテ監督も現在の状況には満足しつつ、まだ油断はできないと強調した。 「昨年と比較して、我々は非常に良い順位にいる。重要な改善も見られているが、リーグはまだ13試合残っているんだ。今夜を見てもわかるように、このリーグではすべての試合が戦いであり、ポイントを落とす可能性はある」 「だからこそ、我々はどのチームも過小評価してはいけないんだ。13回の決勝戦が残っており、皆で頑張っていきたい。最終的に、我々が1位になれば短期間で信じられないステップを踏んだことになる。きっと幸せで、誇らしく思うだろう」 また、コンテ監督はこの日2ゴールのサンチェスや、好プレーを見せたDFアクラフ・ハキミを称賛。その上で、チームで出場機会を得るためには組織第一の姿勢を示す必要があると語っている。 「アレクシス(・サンチェス)は今までになく良い精神状態だ。彼が働けているのは良いことだし、我々が忍耐強く待ったのも良いことだと思う。アレクシスはハードワークだけが自分を一定のレベルに戻したと分かっているはずだ。(ロメル・)ルカクやラウタロ(・マルティネス)にとっての競争相手になるし、そうした環境を作ることが大事だろう」 「私は(アクラフ・)ハキミの頭を掴んで『ブラボー!』と言ったよ。彼のリカバリーは非常に良かった。序盤は守備を怠りがちで、苦労した部分もあった。しかし、彼は成長している。もちろん、(マッテオ・)ダルミアンは前回ハキミの代わりにプレーして、ピッチ上で最高の選手の1人だったことを忘れてはならない」 「私は非常に民主的な監督だ。そして選手たちはチーム強化のため、個人は後回しにして組織を重視する必要があると知っている。自分のことではなく、皆のことを考えなければならないんだ。私に評価されたいなら、彼らはそうした姿勢を見せる必要がある」 2021.03.05 12:54 Fri
twitterfacebook
thumb

殊勲のサンチェス、調子上向く自身は「プレーしたがるライオンのよう」

インテルのチリ代表FWアレクシス・サンチェスは調子がチームとともに良好のようだ。クラブ公式サイトが伝えている。 セリエA首位を走るインテルは4日に行われた第25節でパルマとアウェイで対戦。2点をリードしてから反撃を許したが、逃げ切り、2-1の勝利を収め、リーグ6連勝を成し遂げた。 2得点の活躍を披露したサンチェスは試合後、イタリア『スカイ』のマイクを通じて、チームに対する自信とともに、ターニングポイントにも言及した。 「タフなゲームだったが、このリーグはそういうものさ。勝ちたいなら戦わないとね。今は良い方向に向いている。ミスしないようにすることじゃなく、自分たちのことだけを考えれば良い」 「(セビージャと対戦した昨季の)ヨーロッパリーグ(EL)決勝で負けてから、グループ全体、特に若手が大きく変わった。監督の素晴らしい仕事ぶりのおかげで、次のステップに進んだのさ」 2試合連続ゴールを記録した殊勲のチリ人アタッカーはまた、自身の調子にもコメント。充実ぶりを口にしている。 「僕はいつだってプレーしたい。プレーしたがるライオンのようだが、自分の経験を監督に還元しようともしている」 「このスポーツが好きで、プレーがしたいという気持ちをピッチ上で表現できているとも思う」 「今日の試合に関しては満足だ。誰もが犠牲を払い、コーチングスタッフたちとともによく準備してきた」 2021.03.05 10:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly