熊本が秀岳館高校のDFケンタ、MFターレスの加入内定を発表

2020.12.22 14:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ロアッソ熊本は22日、秀岳館高校のDFレオナルド・ケンタ・ホサカ・カルロス(18)、MFターレス・プロコピオ・カストロ・デ・パウラ(19)の加入内定を発表した。

ともにブラジル国籍で、PSTC(パラナ・サッカー・テクニカル・センター)から秀岳館高校に入学していた。

両選手はクラブを通じてコメントしている。

◆DFレオナルド・ケンタ・ホサカ・カルロス
「来シーズンからロアッソ熊本に加入することになりました、秀岳館高校のケンタです。ロアッソ熊本というチームでプロキャリアをスタートできることに、とても喜びを感じています」

「段原先生はじめ、この日本でプレーする機会を与えてくださった家族、友人、チームメイト、そしてこれまで私を支えてくれたすべての人に感謝しています。結果でお応えできるよう、チームの勝利を目指し、日々最善の努力をしていきます。応援よろしくお願いします」

◆MFターレス・プロコピオ・カストロ・デ・パウラ
「来シーズンからロアッソ熊本に加入することになりました、秀岳館高校のターレスです。このたび、プロ選手として、ロアッソ熊本と契約できることをとても嬉しく思います。また、ロアッソ熊本のユニフォームを着てプレーできることを誇りに思いますし、自分のプレーを信頼していただき、ありがとうございます」

「チームがJ3優勝とJ2昇格をするために毎日最善を尽くし、監督に必要とされるよう、常に最高の準備をします」

「そして、日本でプレーする機会をつくって頂いた秀岳館高校に感謝します。先生方、同級生たちやチームの仲間たち、特に段原先生に感謝します」

「ぜひ、ロアッソ熊本を応援してください!また、ロアッソサポータの皆様、私たちも応援してください!宜しくお願いします」


関連ニュース
thumb

熊本MF岡本知剛が現役引退…広島では高校生でプロ契約、U-17W杯でも注目集める

ロアッソ熊本は4日、MF岡本知剛(31)が現役を引退することを発表した。 岡本は広島県出身で、サンフレッチェ広島の下部組織出身。世代別日本代表を経験すると、2007年のU-17ワールドカップに出場。柿谷曜一朗(名古屋グランパス)、水沼宏太(横浜F・マリノス)、山田直輝(湘南ベルマーレ)と共に大会注目選手とされていた。 2008年6月には高校3年ながら広島とプロ契約を結び、髙萩洋次郎(FC東京)以来の契約となり、逸材として期待された。 しかし、ケガなどの影響で広島では3シーズンで公式戦8試合の出場に終わり、2011年にサガン鳥栖へと期限付き移籍。すると、当時J2の鳥栖では34試合に出場し1得点を記録し昇格に貢献。2012年も期限付き移籍し、2013年に広島復帰。復帰後も多くの出番は得られず、2014年に鳥栖へ期限付き移籍すると、同年6月に完全移籍へと切り替わった。 2016年途中からは湘南ベルマーレへと期限付き移籍。2017年には松本山雅FCへと完全移籍すると、2019年に熊本へと加入。2020シーズンはキャプテンを務めていた。 熊本での3シーズンでは、J3通算69試合に出場し4得点。天皇杯で1試合に出場していた。 J1通算76試合出場、J2通算51試合出場2得点、J3通算68試合出場4得点を記録。リーグカップで16試合、天皇杯で17試合、AFCチャンピオンズリーグでも7試合に出場した。 岡本はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズン限りで現役引退をすることを決めました。小学生の時にサッカーを始め、フェニックス尾道SC、サンフレッチェびんごジュニアユース、サンフレッチェ広島ユース、ここで素晴らしい指導者の方々、チームメイトに出会い、自分自身成長させてもらい、プロサッカー選手になれたこと、本当に感謝してます」 「プロとして機会を与えてくれた、サンフレッチェ広島、サガン鳥栖、湘南ベルマーレ、松本山雅FC、ロアッソ熊本のチームの皆さん、本当にありがとうございます。これまで関わってくれた全ての皆さんに心から感謝いたします。ありがとうございました」 「今シーズンも残すところ1試合、勝ってみんなで喜びを分かち合えるように、全力で頑張ります」 なお、5日のホーム最終戦後に引退セレモニーが行われる。 2021.12.04 12:18 Sat
twitterfacebook
thumb

熊本との天王山制した宮崎が“暫定”首位で今季終了! 2位浮上の岩手は最終節勝利で優勝決定【明治安田J3第29節】

明治安田生命J3リーグ第29節の7試合が28日に各地で行われた。 今節の最注目カードは、2位宮崎(勝ち点50)と首位熊本(勝ち点51)の天王山。日程の進みが早い宮崎は今節が最後の試合となるため、得失点差も加味すると引き分け以下で優勝の可能性は消滅する。 そのため試合は慎重な入りを見せた中、アウェイの熊本に押し込まれる展開に。前半に熊本の岩下に決定的なシュートを許すが、ここはGK植田がポストも味方にしたセーブで難を逃れる。 ゴールレスで迎えた後半も熊本ペース。立ち上がりの47分に右サイドから上がったクロスを髙橋が難しい体勢からボレーシュートを放つ。しかし、ここもGK植田がファインセーブ。さらに75分にも熊本はターレスがビッグチャンスを迎えるが、やはり植田が立ちはだかる。 すると84分、水際で失点を防ぎ続けていた宮崎はセットプレーの流れで左からクロスが上がると、その折り返しを前田がシュート。これは当たり損なったが、ゴール前の代がねじ込んで守勢の中で先制点を挙げた。これが決勝点となり、宮崎は首位で最後の試合を終えることに。 その一方で、3位の岩手(勝ち点49)は富山をホームに迎え1-0で勝利。こちらも3位と4位の上位対決となった中、富山は末木が2枚のイエローカードで前半で退場に。これで数的有利を得た岩手は、86分に小野田が2019年以来のゴールを決めて勝利を収めた。 この結果、岩手が熊本をかわして2位に浮上。最終節で沼津に勝利すれば、宮崎を抜いて優勝が決定する。 ◆第29節 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">いわてグルージャ盛岡 1</span>-0 カターレ富山 Y.S.C.C.横浜 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 福島ユナイテッドFC</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">FC今治 3</span>-0 ヴァンラーレ八戸 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">テゲバジャーロ宮崎 1</span>-0 ロアッソ熊本 鹿児島ユナイテッドFC 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 AC長野パルセイロ</span> FC岐阜 0-0 藤枝MYFC カマタマーレ讃岐 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 ガイナーレ鳥取</span> 2021.11.28 16:03 Sun
twitterfacebook
thumb

熊本が首位浮上! 宮崎は自力優勝の可能性が消滅【明治安田J3第28節】

明治安田生命J3リーグ第28節の6試合が、21日に各地で行われた。 今節の最注目カードは、4位の富山(勝ち点42)と首位の宮崎(勝ち点50)による上位対決。試合は4試合未勝利の富山が地の利を生かして積極的にシュートを放っていく。しかし、徐々に宮崎がペースを掴むと迎えた45分、梅田のバックパスを前田がボックス手前から右足一閃。強烈なミドルシュートが突き刺さり、アウェイチームが先制した。 1点ビハインドとなった富山は、後半も前半同様にシュートを重ねていく。その姿勢が実を結んだのは66分のことだった。右サイドからパスをつなぎ、マテウス・レイリアの短い落としに末木がボックス手前右から左足を強振。宮崎同様、見事なミドルシュートで追いついた。なお、末木は今季2ゴール目。初得点も宮崎戦だった。 以降は互いに交代カードを切りながら試合を進めるが、しばらく膠着状態に。それでも87分に動きを見せる。富山は左CKの流れから、途中出場の碓井が左サイドからグラウンダーのクロスを供給。ニアの林堂がバックヒールで巧みにコースを変えると、これがゴールに吸い込まれ、逆転に成功。 このまま5試合ぶりの勝利を挙げた富山は、優勝ないしはJ2昇格に向けて望みを繋いだ。一方の宮崎は残り1試合となった中、2位熊本(勝ち点48)の結果を待つことに。 その熊本は、ホームにYS横浜を迎え、47分の伊東の3カ月ぶりのゴールで勝利。この結果、熊本が宮崎を抜いて首位浮上。2試合を残す熊本が優勝へ向けて大きく有利となった。 その他、3位の岩手(勝ち点46)はホームで讃岐に3-1で快勝。直近4試合で3勝目を挙げ、逆転優勝も視界に捉えた。岩手も残り2試合となっている。 ◆第28節 藤枝MYFC 0-<span style=“color:#cc0000;font-weight:700;“>1 鹿児島ユナイテッドFC</span> <span style=“color:#cc0000;font-weight:700;“>ヴァンラーレ八戸 2</span>-1 FC岐阜 <span style=“color:#cc0000;font-weight:700;“>いわてグルージャ盛岡 3</span>-1 カマタマーレ讃岐 <span style=“color:#cc0000;font-weight:700;“>カターレ富山 2</span>-1 テゲバジャーロ宮崎 <span style=“color:#cc0000;font-weight:700;“>ガイナーレ鳥取 2</span>-1 FC今治 <span style=“color:#cc0000;font-weight:700;“>ロアッソ熊本 1</span>-0 Y.S.C.C横浜 AC長野パルセイロ 1-1 アスルクラロ沼津 ◆順位表 勝点(試合数/勝/分/負/得点/失点) 1位:ロアッソ熊本 51(26/14/9/3/37/19) 2位:テゲバジャーロ宮崎 50(27/15/5/7/43/31) 3位:いわてグルージャ盛岡 49(26/14/7/5/41/27) 4位:カターレ富山 45(26/13/6/7/39/32) 2021.11.21 16:53 Sun
twitterfacebook
thumb

宮崎が富山とドローの熊本をかわして首位浮上、岐阜は敗れるも辛うじて昇格の可能性を残す【明治安田J3第27節】

14日、明治安田生命J3リーグ第27節の7試合が各地で行われた。 勝てばJ2昇格へ大きく近づく首位のロアッソ熊本(勝ち点47)は、逆転昇格のために1つも落とせない4位カターレ富山(勝ち点41)をホームに迎えた。 ここ3試合は無得点かつ未勝利の熊本だったが、この日は早々にゲームを動かす。後方からのふわっとした浮き球を高橋がボックス右で収めて後方へ下げると、岡本と姫野がもつれてボールは流れる。これに反応した上村が右足を振り抜き、見事なミドルを左隅に沈めて5分でリードを奪う。 ボールを握りながら危なげのない試合運びを見せる熊本は、杉山の直接FKや竹本のフィニッシュでゴールを脅かすと、前半の終了間際にも追加点を奪取。河原のミドルがクロスバーを叩くと、ボールは大きく浮き上がり、上村と競り合った戸根の体に当たってゴールに吸い込まれた。 ビハインドで折り返した富山は後半の頭から松岡、マテウス・レイリア、63分には大野を送り出して攻勢を強める。すると、投入直後の大野が裏へ抜け出し、ボックス内で酒井のファウルを誘発してPKを獲得。これを自ら力強く蹴り込んで1点を返す。 畳みかけたい富山はカウンターからチャンスを迎え、左からのクロスに音泉が合わせるも、至近距離でのシュートは力なく終わる。78分にもゴール前での混戦から大野が左足のフィニッシュを放つが、これもGKに足で防がれた。それでもその1分後、伊東のバックパスを大野がさらうと、飛び出したGK佐藤をかわして流し込み、ついに試合を振り出しに戻した。 勝ち越しを狙う熊本は河原のFKに阿部が頭で合わせるも、GK西部がビッグセーブ。後半アディショナルタイムには菅田を前線に上げてパワープレーを仕掛けるも、新たなゴールは生まれず2-2の痛み分け。熊本は順位を1つ下げ、富山は辛うじて昇格に望みをつないでいる。 敗れればJ2昇格が潰える可能性のある6位FC岐阜(勝ち点40)は、2位テゲバジャーロ宮崎(勝ち点47)とアウェイで対戦。試合は壮絶な打ち合いとなった。 互いにポゼッションを志向するチーム同士の一戦は、岐阜がボールを保持して主導権を握る展開に。19分にハーフウェイライン付近でFKを得ると、クイックリスタートから裏を取った川西が一対一を迎えるも、左足のシュートは枠の右へ外してしまう。だが、直後に名誉挽回。代のバックパスをボックス内でカットし、冷静にGK石井をかわして今度はネットを揺らした。 反撃の糸口を見つけたい宮崎だが、思うようにボールを奪えず我慢の時間が続く。35分には高い位置でボールを奪い、渡邊、さらには千布がフィニッシュに持ち込むが、いずれもDFのブロックに。このままハーフタイムかと思われた前半のアディショナルタイム、宮崎はゴール正面でFKを獲得する。これを前田が右足で左隅に直接ねじ込み、振り出しに戻して前半を終えた。 維持でも負けられない岐阜は後半開始早々に再び前へ出る。三ッ田の縦パスに橋本が抜け出し、左の深い位置からクロスを入れると、川西がフリックして最後はファーから詰めてきた窪田。頭で押し込み、岐阜が再びリードを奪う。 対する宮崎もその5分後、綿引の右からクロスを梅田が頭で落とし、前田がダイレクトで左足を一閃。強烈な一撃がネットを揺らし、再び同点とすると、64分にはついに逆転。梅田のシュートのこぼれを拾った徳永が右の高い位置からグラウンダーの速いクロスを送ると、ゴール前で渡邊がプッシュし、ネットを揺らす。4分後にはチームトップスコアラー・梅田もGK松本の手を弾く強烈なフィニッシュを沈め、一気にリードを広げた。 追い掛ける展開となった岐阜も84分にCKから富樫がネットを揺らしたが、GK石井へのファウルを取られてゴールは認められず。5分後のFKからの甲斐のヘディングもオフサイドを取られ、刻々と時間は過ぎていく。後半アディショナルタイムに吉濱の左CKから藤谷のJ初ゴールで1点を返すも、時すでに遅し。3-4で敗れた岐阜だが、他会場の結果により辛うじて首の皮がつながった。一方の宮崎は熊本をかわして首位に浮上している。 また、3位のいわてグルージャ盛岡(勝ち点43)も4連勝と好調を維持する7位Y.S.C.C.横浜(勝ち点37)を和田の2ゴールなどで3-1と退け、3ポイントを積み上げて熊本に肉薄している。 ◆明治安田生命J3リーグ第27節 福島ユナイテッドFC 1-1 AC長野パルセイロ <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">藤枝MYFC 2</span>-0 ヴァンラーレ八戸 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アスルクラロ沼津 2</span>-1 ガイナーレ鳥取 鹿児島ユナイテッドFC 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 FC今治</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">テゲバジャーロ宮崎 4</span>-3 FC岐阜 Y.S.C.C.横浜 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 いわてグルージャ盛岡</span> ロアッソ熊本 2-2 カターレ富山 2021.11.14 16:30 Sun
twitterfacebook
thumb

逃げ切った熊本が5連勝で首位堅守、4発快勝の宮崎が昇格圏の2位浮上【明治安田J3第21節】

3日、明治安田生命J3リーグ第21節の5試合が各地で行われた。 首位のロアッソ熊本は、えがお健康スタジアムに11位藤枝MYFCを迎えた。序盤から主導権を握った熊本は、伊東やターレスのミドルで藤枝ゴールに迫る。36分には右サイドの中央でFKを獲得すると、杉山がインスイングの速いクロスをゴール前へ送る。飛び込んだ高橋は触れられないが、抜けたボールをGK杉本がパンチング。これが岩間に当たってゴールへ向かい、オウンゴールで熊本が先制に成功した。 後半の立ち上がりこそ押谷にあわやの場面を作られるが、4試合ぶりにゴールマウスに立った内山がファインセーブでチームを救うと、流れは再び熊本に。先制時と同じような位置でFKを得ると、藤枝がクリアし、攻撃に転じようとしたタイミングで上村がカット。カウンター返しのような恰好となり、ボックス右から竹本が決めて59分に追加点を挙げる。 70分には明治大学を経て今季加入した育成組織出身者にプロ初ゴールが生まれる。相手のバックパスさらった坂本が独走し、ペナルティアークから右足ループを沈めた。 藤枝は80分に大石の右ボレーで1点を返すと、3分後には中京大学在学中で特別指定選手の久保のゴールで1点差に詰め寄る。残り時間も責め立てたものの、反撃もここまで。熊本が3-2と逃げ切って首位をキープした。 山下良美氏が主審を務めた3位テゲバジャーロ宮崎と13位ガイナーレ鳥取のゲームは、ゴールレスで折り返した後半開始直後に宮崎がラッシュを掛けた。まずは47分、右サイドでスローインを得ると、徳永が素早くリスタート。青山が梅田とのワンツーでボックス右へ侵入し、左足を振り抜いてネットを揺らす。 1分後には自陣からクリアボールが流れてハーフウェイライン付近で待つ梅田の下へ。自ら長い距離を持ち合がり、先制点と同じような位置から右足のシュートを左隅に沈めて3試合連続ゴールとなった。 52分には渡邊のシュートが右のポストを叩くと、2分後に千布の展開から奥田にJ初ゴールが生まれる。左サイドでパスを受けた奥田はカットインから右足を振り抜き、古巣相手に強烈な一発をお見舞いした。 さらに68分には鈴木のコントロールミスが梅田の下へこぼれると、GKのポジションを確認してセンターサークル内から超ロングシュート。大量4得点を奪った宮崎が3連勝を飾り、試合のなかったいわてグルージャ盛岡を抜いて2位に浮上した。 とうほう・みんなのスタジアムでは勝ち点32で並ぶ5位福島ユナイテッドFCと4位カターレ富山が直接対決を迎えた。試合はゴールレスで折り返しかと思われた前半のアディショナルタイムに動く。 富山は右CKを得ると、椎名のクロスに今瀬がニアでヘディング。出場停止の柳下に代わって先発起用された期待に応え、アウェイチームのリードで折り返した。 3バックでスタートした福島は後半の頭から[4-2-3-1]に布陣を変更。途中投入の森を含めて反撃に出るが、またしてもゴールを奪ったのは富山だった。76分にはロングボールに抜け出したマテウス・レイリアが堂鼻と競り合いながらもボールを収めると、左足で冷静に沈めてリードを広げた。 後半のアディショナルタイム1分にも背後へのボールをGK山本がボックス外で処理しようと試みるも、まさかの空振り。こぼれ球を大野が拾い、無人のゴールへと流し込んだ。福島はその3分後、池高のクロスに樋口が頭で合わせて1点を返すもここでタイムアップ。富山は3位に浮上し、福島は3連敗となっている。 また、アスルクラロ沼津は14分にCKから高橋が頭でネットを揺らすと、前半終了間際にも渡邉が追加点を奪取。後半も怒涛の勢いでゴールを積み重ね、7-2と記録的な大勝でヴァンラーレ八戸を下している。その他、長野Uスタジアムで行われた9位AC長野パルセイロと15位カマタマーレ讃岐の一戦はゴールレスドローに終わっている。 ◆第21節 ▽10/3(日) 福島ユナイテッドFC 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 カターレ富山</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">アスルクラロ沼津 7</span>-2 ヴァンラーレ八戸 ガイナーレ鳥取 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">4 テゲバジャーロ宮崎</span> AC長野パルセイロ 0-0 カマタマーレ讃岐 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ロアッソ熊本 3</span>-2 藤枝MYFC ▽10/2(土) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">FC岐阜 2</span>-1 FC今治 鹿児島ユナイテッドFC 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 Y.S.C.C.横浜</span> 2021.10.03 21:05 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly