J1昇格決定の福岡にまつわる世にも奇妙な“5年周期”の良いジンクス、悪いジンクス

2020.12.17 07:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
アビスパ福岡が世にも奇妙な記録をまた更新した。16日、明治安田生命J2リーグ第41節の全11試合が一斉に開催された。

首位の徳島ヴォルティスのJ2優勝、J1昇格、さらに福岡のJ1昇格の可能性があった今節。徳島はホームに大宮アルディージャを迎え、1-0で勝利し昇格を決めた。

◆5年ぶりの昇格に選手たちが歓喜

自力で昇格を決められる徳島に対し、福岡は3位のV・ファーレン長崎の結果次第に。愛媛FCとの試合は、前半に山岸祐也、遠野大弥がゴールを決めて0-2で勝利を収めた。

この結果、長崎が引き分け以下の結果に終われば福岡のJ1昇格が決定する流れだが、長崎は前半にカイオ・セザールが強烈なミドルシュートを決めて先制する。

しかし、後半にヴァンフォーレ甲府が追いつくとそのまま1-1で終了。この結果、福岡のJ1昇格も決定した。

福岡は2015年以来5年ぶりのJ1昇格となったが、実は福岡には“5年周期”という奇妙なジンクスがある。

福岡は、1995年に福岡ブルックスとしてJFLで優勝。これによりJリーグ加盟が決まり、アビスパ福岡へと名称が変更となる。

当時は1リーグ制だったものの、2001年にJ2へと降格してしまう。

J2を戦う福岡が初めてJ1に昇格したのは、2005年。松田浩が監督に就任し3シーズン目を迎えたシーズンは、中村北斗や田中佑昌ら若手の台頭もありJ2を2位で終えて昇格を果たした。

しかし、2006年に挑戦したJ1では序盤から結果が出ずに松田監督が解任。川勝良一監督が就任するも、最後まで立て直せずに1年で降格となってしまう。

再びJ2を戦うこととなった福岡だが、次に昇格したのは2010年だった。篠田善之監督3年目となったシーズンは、日本人選手を中心としたチーム作りで結果を残し、3位でフィニッシュ。J1昇格を決める。

2011年は残留を目指して戦ったJ1の舞台だったが、またしても苦しむことに。しかし17位でシーズンを終え、また1年で降格となる。

その福岡は、またJ2を戦うが、2015年に昇格。井原正巳監督の下で昇格争いを繰り広げると、3位でJ1昇格プレーオフに。そのプレーオフではV・ファーレン長崎、セレッソ大阪を退けて、3度目のJ1昇格を決めた。

2016年のJ1は再び苦しみ、またしても1年で降格。それでもまた5年後の2020年にJ1昇格を決めることに。5の倍数の年にJ1昇格するという福岡のジンクスは4回連続で起こっている。

来シーズンはJ1から4チームが降格するというルールがすでに決定。これまで昇格後1年で降格の憂き目にあっている福岡だが、2021シーズンは悪いジンクスを払拭できるだろうか。
《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》
コメント
関連ニュース
thumb

5年ぶりのJ1を戦う福岡が背番号発表!新加入のクルークスは「14」、ブルーノ・メンデスは「27」

アビスパ福岡は13日、2021シーズンの選手背番号を発表した。 2020シーズンは明治安田J2を戦い2位でフィニッシュ。5年ぶりにJ1復帰を果たしていた。 その福岡は、セレッソ大阪でプレーしていたFWブルーノ・メンデスをウルグアイのデポルティーボ・マルドナドから期限付き移籍で獲得。また、元U-19ベルギー代表MFジョルディ・クルークスをオランダ2部のローダから獲得していた。 また、大分トリニータからFW渡大生、横浜FCからDF志知孝明、サガン鳥栖からDF宮大樹、松本山がFCからMF杉本太郎、V・ファーレン長崎からMF吉岡雅和、セレッソ大阪からGK永石拓海を期限付き移籍で補強していた。 ◆アビスパ福岡 登録選手一覧 GK 21.山ノ井拓己 23.杉山力裕 31.村上昌謙 41.永石拓海←セレッソ大阪/期限付き移籍 DF 2.湯澤聖人 3.エミル・サロモンソン←サンフレッチェ広島/完全移籍 4.カルロス・グティエレス 5.宮大樹←サガン鳥栖/完全移籍 13.志知孝明←横浜FC/完全移籍 20.三國ケネディエブス 22.輪湖直樹 24.桑原海人 33.ドウグラス・グローリ 44.森山公弥←アビスパ福岡U-18/昇格 MF 6.前寛之 7.重廣卓也 8.杉本太郎←松本山雅FC/完全移籍 14.ジョルディ・クルークス←ローダ(オランダ)/完全移籍 19.田邉草民 25.北島祐二 29.吉岡雅和←V・ファーレン長崎/完全移籍 FW 9.フアンマ・デルガド 10.城後寿 11.山岸祐也 16.石津大介 17.渡大生←大分トリニータ/完全移籍 27.ブルーノ・メンデス←デポルティボ・マルドナド(ウルグアイ)/期限付き移籍 監督 長谷部茂利 2021.01.13 18:25 Wed
twitterfacebook
thumb

福岡でトップチームの選手1名がコロナ感染…症状はなし

アビスパ福岡は13日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルスに感染したことを報告した。 同日からトップチームの活動がスタート予定だった福岡は、前日の12日に全関係者を対象にPCR検査を実施。その結果、トップチームの中から選手1名の感染が判明したという。 感染経路は不明であるものの、当該選手は1週間前から無症状。クラブハウスやロッカールーム等への立ち入りもなく、その他選手、スタッフについても、発熱などの症状を呈している者はいないとのこと。 クラブは今後も改めて選手およびチーム関係者全員に感染症対策の周知と徹底をはかり、手指消毒をはじめ、選手スタッフの体調管理や施設の消毒等、万全の対策を講じてチーム活動を行っていくと伝えている。 2021.01.13 17:50 Wed
twitterfacebook
thumb

C大阪でプレーしたFWブルーノ・メンデスがJ1復帰の福岡へ期限付き移籍

アビスパ福岡は13日、ウルグアイのデポルティーボ・マルドナドがFWブルーノ・メンデス(26)が期限付き移籍で加入することを発表した。 ブルーノ・メンデスはグアラニやボタフォゴ、アトレチコ・パラナエンセなどでプレー。2019年にセレッソ大阪へ期限付き移籍で加入した。 2019シーズンは明治安田J1で24試合に出場し6得点を記録。2020シーズンは明治安田J1で24試合に出場し9得点を記録していた。 通算成績では、J1で48試合15得点、リーグカップで9試合5得点を記録していた。 ブルーノ・メンデスはクラブを通じてコメントしている。 「初めまして、ブルーノ・メンデスです。アビスパ福岡のユニホームを着てプレーすることを誇り高く嬉しく思います」 「今季アビスパ福岡にとって素晴らしい一年になる為に、自分の戦う姿勢を全面に出してチームの力になります。必ずチームが目指す目標を達成しましょう」 「Vamos Juntos Avispa Fukuoka!(共に行こうアビスパ福岡!)」 2021.01.13 17:24 Wed
twitterfacebook
thumb

J1挑戦の福岡が生え抜きDF桑原海人と契約更新

アビスパ福岡は12日、DF桑原海人(20)との契約更新を発表した。 桑原は福岡の下部組織出身で、U-15、U-18と昇格し、2019シーズンにトップチーム昇格していた。 1年目の2019シーズンは天皇杯で1試合に出場すると、2年目の2020シーズンは明治安田J2で2試合に出場していた。 2021.01.12 20:19 Tue
twitterfacebook
thumb

J1昇格の福岡、三國ケネディエブスと契約更新

アビスパ福岡は12日、DF三國ケネディエブス(20)との契約更新を発表した。 世代別代表歴を持つ三國は2019年に青森山田高校から入団。初年度から明治安田生命J2リーグ11試合にした。 2020年はチームが2位フィニッシュでJ1復帰を果たすなか、自身も前年を上回る19試合に出場。プロ初ゴールも記録した。 2021.01.12 19:10 Tue
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly