CL人種差別問題、被害者のウェボ氏が開口「彼は一線を越えていた」

2020.12.11 19:41 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
先日のパリ・サンジェルマン(PSG)vsイスタンブール・バシャクシェヒルで起こった人種差別問題に関して、被害者となったピエール・アシル・ウェボ氏が口を開いた。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。イスタンブールBBSKでアシスタントコーチを務めるウェボ氏は、8日に行われたPSG戦の前半序盤の13分に、相手DFプレスネル・キンペンベのハードチャージに激昂し、フォースオフィシャルを務めていたセバスティアン・コレスク氏に激しく抗議。

この時、コレスク氏は無線を使って主審に執拗な抗議を伝えたのだが、その際にカメルーン出身のウェボ氏を指す表現として、黒人に対する差別的表現である「ニグロ(Negro)」という言葉を使用したことが今回の騒動につながった。

その後中断された試合は、翌9日に行われ、キックオフ前に両選手はピッチにヒザを突き、反人種差別のジェスチャーをとった。また、退席処分となっていたウェボ氏も処分が一時凍結となり、当試合でベンチ入りしていた。

そのウェボ氏が『スカイ・スポーツ』のインタビューで事件を回想。問題発言をしたコレスク氏に対しては「一線を越えた」と非難した。

「UEFAのプロライセンス保有者として、彼は彼らの価値観において一線を越えたと思う」

「この日、12月8日に私を支えてくれた全ての人に感謝したい。『まずはありがとう会長』」

「いろいろな事が起こった1日だったが、トルコのエルドアン大統領も私をサポートしてくれた。この困難な時に最もサポートしれくれた1人だったのだ」

そのエルドアン大統領は問題発生後、直ちにツイッターを通じて「我々はピエール・ウェボに対する人種差別的発言を強く非難します」と声明を出していた。
コメント
関連ニュース
thumb

WOWOWで18年ぶりに今季のCL決勝トーナメントを独占生中継、ELも注目試合を生中継

WOWOWは14日、2020-21シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)、UEFAヨーロッパリーグ(EL)の決勝トーナメント全29試合を独占生中継することを発表した。 WOWOWでは2002-03シーズンまでCLを放送しており、18年ぶりの中継となる。 2020-21シーズンのグループステージは日本での放送がない状況が続いていたが、決勝トーナメントからは楽しむことができる。 WOWOWでは2月16日の決勝トーナメントから、5月29日の決勝まで独占生中継。WOWOWオンデマンドでも独占ライブ配信を行う。 また、ELに関しても決勝トーナメントの注目試合を独占生中継とライブ配信される。 その他、両大会の決勝トーナメント開幕に先駆け、「UEFAチャンピオンズリーグ」20-21シーズングループステージ・ベストマッチ(16試合)を1月23日(土)より、「UEFAヨーロッパリーグ」20-21シーズングループステージ・久保建英選手出場のビジャレアル戦全5試合を1月25日(月)より実況・解説付きで放送及び配信を行うことも決定。また、先行して「UEFAチャンピオンズリーグ」20-21シーズングループステージ全96試合は、本日14日(木)午後3時より順次WOWOWオンデマンドで配信を開始する(日本語での実況・解説がない試合もございます)。 さらに、決勝トーナメント開幕を直前に控えた2月14日(日)には、「チャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグWOWOW開幕SP!」の無料放送&配信も決定した。両大会のグループステージの振り返りや決勝トーナメントの見どころを、2時間で余すところなく紹介していく、必見の番組だ。 また、決勝トーナメントの開幕後には、その週に行われた試合の模様を振り返るWOWOWオリジナルダイジェスト番組「チャンピオンズリーグダイジェスト!」の放送もスタート。試合開催週金曜夜の放送予定で、初回放送は2月19日(金)を予定している。 11:17 2021.01.14 11:15 Thu
twitterfacebook
thumb

英女子代表指揮官P・ネビル、ベッカム氏オーナーのインテル・マイアミ監督就任へ

イングランド女子代表監督のフィル・ネビル氏(43)がメジャーリーグ・サッカー(MLS)を戦うインテル・マイアミの監督に就任するようだ。イギリス『BBC』が伝えている。 インテル・マイアミはP・ネビル氏にとって、現役時代の元チームメイトでもあるデイビッド・ベッカム氏が共同オーナーを務めるクラブ。7日に前任のディエゴ・アロンソ監督を解任した。 就任が決定すれば、ベッカム氏と2003年以来18年ぶりの共闘となるP・ネビル氏は昨年4月、今年9月限りでのイングランド女子代表監督からの退任を発表。しかし、残る8カ月間の契約を打ち切り、今週中にもインテル・マイアミの監督就任が正式発表される模様だ。 なお、9月からの後任はオランダ女子代表監督を務めるサリーナ・ヴィーフマン氏の就任が決定しているものの、それまでの監督は未定のまま。突然のP・ネビル氏退任により、協会は後任探しに奔走することになりそうだ。 2021.01.12 14:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ラウンド16でポルトと激突のC・ロナウド、11年前に決めたCL史上最高のゴールに脚光

チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16の組み合わせ抽選会が14日に行われた。 バルセロナvsパリ・サンジェルマンというビッグマッチに注目が集まっているが、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド擁するユベントスは、日本代表FW中島翔哉も所属するポルトとの対戦が決定。 <div id="cws_ad">◆【ベストゴール集】ユベントス100試合出場のC・ロナウドが決めたここまでのベストゴール(ポルト戦のスーパーゴールは記事下部)<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ2NXR1dUdmeiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> このカードが決まったことを受け、CLの公式ツイッター(@ChampionsLeague)はC・ロナウドがマンチェスター・ユナイテッドに在籍していた時にポルトと対戦した試合で決めたゴールの動画を公開。懐かしのスーパーゴールに多くの反響が集まった。 C・ロナウドがスーパーゴールを決めた試合は、2009年の4月15日に行われたポルトvsユナイテッドのCL準々決勝2ndレグ。ホームで行われた1stレグを2-2で終え、ポルトにアウェイゴールを2点奪われた不利な状態でこの一戦を迎えたユナイテッドだったが、C・ロナウドが試合開始早々にやってみせる。 6分、ゴールから約37メートルの位置でアンデルソンからパスを受けたC・ロナウドは、相手のマークが甘いとみるや、シュート体勢に入る。そして、そのまま迷いなく右足を振り抜くと、ボールは一直線にゴールへ。弾丸ライナー、レーザービームのように真っ直ぐにゴールネットへと向かったボールは、ゴール左隅へ突き刺さる。卓越したキック力、見事なシュート精度、常人離れした思い切りの良さが、見るもの全てを唖然とさせるゴールを生んだ。 この試合では、C・ロナウドはゴール以外でも大活躍。後方からのロングボールをダイレクトヒールで正確にチームメイトにパスしたり、得意のドリブルで相手DFのファウルを誘発したり…。結局、最後までスコアは変わらなかったものの、ユナイテッドは2戦合計3-2として、準決勝進出を果たしていた。 さらに、この得点はただスーパーゴールと評価されるにとどまらず。2009年末には、この年からFIFAが創設した、年間を通じて最も優れたゴールに贈られる賞「プスカシュ賞」が贈られるなど、CL史上最高のゴールとも言われるほど、素晴らしい評価を得ている。C・ロナウド本人も「どうやって決めたかわからない」と語るほどのゴール。奇跡としか言えない見事なゴールだった。 ラウンド16の日程は、1stレグは2月16日・17日および23日・24日、2ndレグは3月9日・10日および16日・17日とかなり先の予定だが、決勝トーナメントでもスーパーゴールが生まれるのか。今から楽しみで仕方がない。 <div id="cws_ad">◆C・ロナウドのスーパーミドル<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">Ronaldo against Porto = <a href="https://twitter.com/hashtag/UCLdraw?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#UCLdraw</a> | <a href="https://twitter.com/juventusfcen?ref_src=twsrc%5Etfw">@juventusfcen</a> <a href="https://t.co/HJ4PysyDuK">pic.twitter.com/HJ4PysyDuK</a></p>&mdash; UEFA Champions League (@ChampionsLeague) <a href="https://twitter.com/ChampionsLeague/status/1338450358822195200?ref_src=twsrc%5Etfw">December 14, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.12.15 21:12 Tue
twitterfacebook
thumb

CLラウンド16屈指の好カード、バルセロナvs PSGの対戦成績は?

チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16の組み合わせ抽選会が14日に行われた。 8つのカードが決まった中、最も注目を集めているのが昨季ファイナリストのパリ・サンジェルマン(PSG)とバルセロナのカードだ。互いに国内リーグでは例年になく苦しむ両チームだが、このラウンド随一のビッグマッチ実現となった。 <div id="cws_ad">◆「カンプ・ノウの奇跡」をもう一度<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ0bWlUaVF0NiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> これまで両者が公式戦で相まみえたのは11回。通算ではバルセロナが5勝3分け3敗と勝ち越している。 初対戦は1994-95シーズンのCL準々決勝。当時のバルセロナはヨハン・クライフ氏に率いられた“エル・ドリーム・チーム”として知られていたが、前シーズン程の輝きを見せられず、FWロマーリオも冬に退団するなど、苦しいシーズンだった。 一方のPSGは、FWジョージ・ウェアやMFライーといったスター選手を擁しクラブの黄金期を迎えていた。 この時はカンプ・ノウでの1stレグを1-1で引き分けると、2ndレグではライーが1ゴール1アシストの活躍を見せ、PSGが準決勝に駒を進めていた。ちなみに、カンプ・ノウで行われた1stレグは約115,000人もの観客を集め、CLになってからの最多観客動員試合とされている。 その後、1996-97シーズンのカップウィナーズカップ決勝でも対戦、その時は当時バルセロナの“怪物”ロナウドの活躍でバルセロナが勝利している。 PSGは2000年代に入ると低迷。ヨーロッパの舞台から離れたが、2012年にナセル・アル=ケライフィ会長が就任して以降は一変。CLの常連となり、バルセロナとの対戦機会も大きく増えた。 まずはその2012-13シーズン、ジョゼップ・グアルディオラ監督が退団して初めてのシーズンのバルセロナに対し、FWズラタン・イブラヒモビッチらが奮闘するも、2戦合計3-3、アウェイゴール差でバルセロナが準決勝へと駒を進める。 そして、2014-15シーズンにはグループステージで同居。そこでは1勝1敗と両者譲らずの結果となると、準々決勝で再戦。FWリオネル・メッシ、FWルイス・スアレス、FWネイマールという強力3トップを形成したバルセロナが違いを見せつけ、アウェイでの1stレグを1-3で勝利。カンプ・ノウでも2-0で勝利し、盤石な戦いを見せていた。 両者の直近の戦いは2016-17シーズン。その激戦は記憶している方も多いのではないか。ラウンド16でぶつかると、まずはパルク・デ・プランスで行われた1stレグで、PSGが4-0の大勝。まさかのワンサイドゲームに、多くの人がバルセロナの敗退を予想した。 しかし、カンプ・ノウで行われた2ndレグでバルセロナの攻撃陣が爆発。後半序盤までに3点を返すと、PSGに1点を返されるも、87分、ボックス左からのFKをネイマールが直接決めて点差を縮め、その2分後にはスアレスが倒されて得たPKを沈めて1点差に詰め寄る。そしてアディショナルタイム、ラストプレーでネイマールが相手守備陣とGKの間にロングパスを送ると、途中出場のMFセルジ・ロベルトがボレーで合わせ、大逆転勝利を収めた。 この試合は「カンプ・ノウの奇跡」とも称されており、実際に1stレグを4-0で落としながらも逆転に成功したのはCL史上初だった。 「カンプ・ノウの奇跡」から4年、当時のバルセロナの救世主となったネイマールはPSGのエースだ。バルセロナサポーターのみならず、世界中のファンからみても興味深い試合になるだろう。 ラウンド16は、1stレグは2月16日、17日および23日、24日、2ndレグは3月9日、10日および16日、17日とまだまだ先の話だが、今から楽しみだ。 2020.12.15 20:01 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプール戦に自信を見せるライプツィヒSD「大きな相手に勝てることは示している」

RBライプツィヒでスポーツ・ディレクター(SD)を務めるマルクス・クレシェ氏が、チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16で行われるリバプール戦に向け、意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 ライプツィヒはパリ・サンジェルマン(PSG)、マンチェスター・ユナイテッドと同居した厳しいグループステージだったにもかかわらず、8日に行われたCL最終節でユナイテッドに勝利し、2位で決勝トーナメント進出を決めた。 そして、14日に開催されたCLラウンド16の組み合わせ抽選会の結果、ライプツィヒの相手ははイングランド王者であるリバプールに決定した。 2018-19シーズンにはCL優勝を果たしているリバプール相手に、ライプツィヒは劣勢が予想されているが、抽選会後のインタビューに応じたクレシェ氏は勝ち進む自信を見せた。 「もちろん、非常に難しい組分けになったと思う。リバプールは強いチームであり、特にCLでは多くの経験を積んでいるチームだ」 「ビッククラブと対戦するのは明らかだったし、リバプール相手でも準々決勝に進出するため、自分たちのサッカーをピッチ上で展開できるよう全力を尽くしたい。大きな相手に勝てることは示しているしね。特に今季のグループステージでは、見事にやってのけた」 また、クレシェ氏はインタビューのなかで、ライプツィヒが欧州で着実に結果を残していることに言及。チームの成長が順調であると、喜びを示している。 「CLでは特別なシーズンを過ごせていると思う。昨季はトッテナムやアトレティコのようなクラブを非常に若いチームで倒し、準決勝に進出できた。そして今シーズン、我々は困難なグループで順調に進歩してきたね。素晴らしいことだと思う。おかげで昨季のパフォーマンスが偶然ではなかったと確認できたよ。我々にとって、非常に大きな成功だ」 2020.12.15 17:33 Tue
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly