途中出場カバーニが2G1Aと躍動! 後半猛追のユナイテッドがセインツに劇的逆転勝利!!《プレミアリーグ》

2020.11.30 01:10 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第10節のサウサンプトンvsマンチェスター・ユナイテッドが29日に行われ、2-3でユナイテッドが勝利した。

前節のウォルバーハンプトン戦で連勝がストップするも7戦無敗中の5位セインツ(勝ち点17)は、前節と同じ先発メンバーを採用。2トップにウォルコットとアダムスを据えた[4-4-2]の布陣で試合に臨んだ。

一方、リーグ戦3連勝を目指す13位のユナイテッド(勝ち点13)は、ミッドウィークに快勝したチャンピオンズリーグ(CL)グループH第4節のイスタンブールBBSK戦から先発を2人変更。カバーニとマルシャルに代えてグリーンウッドとマティッチを起用。中盤ダイヤモンド型の[4-4-2]を採用し、2トップにラッシュフォードとグリーンウッド、中盤はトップ下にブルーノ・フェルナンデス、右にフレッジ、左にファン・デ・ベーク、アンカーにマティッチが入った。

開始早々の7分にチャンスを迎えたユナイテッドは、テレスのスルーパスをボックス左手前で受けたグリーンウッドがボックス左から侵入。縦への突破で飛び出したGKをかわしたが、角度の厳しいところから放ったシュートは左サイドネットに外れた。

さらにユナイテッドは、16分にもバイタルエリア中央でパスを受けたブルーノ・フェルナンデスが強烈なロングシュートでゴールを脅かしたが、これはわずかにゴール左に外れた。

やや劣勢の時間が続いたセインツだったが、ファーストチャンスで先制する。23分、ウォード=プラウズの右CKをニアサイドのベドナレクが頭で合わせると、これがそのままゴールに突き刺さった。

先制を許したユナイテッドは、30分に相手のミスからチャンスを迎える。GKマッカーシーのパスを敵陣でカットしたグリーンウッドがボックス手前まで持ち上がりシュート。さらに相手GKの弾いたボールをブルーノ・フェルナンデスが詰めたが、これもGKマッカーシーの好セーブに阻まれた。

ピンチを凌いだセインツは33分、ボックス左手前でジェネポがブルーノ・フェルナンデスに倒されFKを獲得すると、ウォード=プラウズの直接FKがゴール左に突き刺さった。

迎えた後半、2点を追うユナイテッドは2失点目のシーンでポストに左ヒザを殴打したデ・ヘアとグリーンウッドを下げてGKディーン・ヘンダーソンとカバーニを投入。すると59分、ボックス右横まで持ち上がったカバーニがクロスを供給すると、ボックス中央のブルーノ・フェルナンデスがワントラップからシュートをゴール左に突き刺した。

1点を返したユナイテッドは、74分にも左CKのセカンドボールをボックス手前のフレッジが落としたボールをブルーノ・フェルナンデスがミドルシュート。これをゴール前のカバーニがダイビングヘッドで合わせると、コースの変わったボールがゴールに突き刺さり試合を振り出しに戻した。

このまま試合終了かと思われたが、アディショナルタイムにドラマが待っていた。ユナイテッドは92分、中盤で獲得したFKを18が左に展開するとラッシュフォードが供給した速いクロスをカバーニが頭で流し込み、土壇場で逆転に成功。このまま逃げ切ったユナイテッドが公式戦4連勝。一方のセインツは8試合ぶりの黒星となった。

コメント
関連ニュース
thumb

疲労の蓄積を否定するB・フェルナンデス「まだ26歳で、疲れてなんていられない」

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスが、自身の疲労について否定している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 2020年1月にユナイテッドへ加入したB・フェルナンデスは、瞬く間にチームにフィット。今シーズンは絶対的な主力として公式戦26試合に出場し、16ゴール10アシストをマークしている。 24日に行われたFAカップ4回戦のリバプールでも、MFドニー・ファン・デ・ベークに代わり66分に出場したB・フェルナンデスは、ライバルを破る決勝弾を記録した。 加入以降、目覚ましい活躍を続ける一方で、ここまでリーグ戦とチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ全試合に出場しているB・フェルナンデスには、休養が必要だという声も挙がっている。しかし、B・フェルナンデス本人は疲労の蓄積を否定。オーレ・グンナー・スールシャール監督の起用方法を尊重するとしつつ、なるべく多くの試合に出場したいと語った。 「疲れたかって? 僕はまだ26歳だよ。疲れているはずがない。もし今から疲れていたら、30歳や32歳になった時にプレーなんてできないさ。5試合に1試合だけプレーするとかになるかもね。だから、特に疲れてはいないよ」 「もちろん、監督はチームに何が必要か知っている。FAカップではドニー(・ファン・デ・べーク)を選び、チームにフレッシュさを与えたんだ。ドニーは本当に良いトレーニングを積んでおり、今後僕らにとってますます重要な存在になるはずだから、公平な判断だったと思うよ」 また、B・フェルナンデスは、ユナイテッドへはタイトルを勝ち取るためにやってきたことを強調。同時に、自身を支えるメンタリティについても明かしている。 「僕がここへやってきたのは、クラブにすべてを勝ち取る意欲があると知ったからだ。僕のメンタリティや、僕の人生とフットボールにおける自身のあり方は、勝つことにこそあるからね」 「チームメイトを信頼し、自分自身を信じなければならない。自分にできることがなくなるまでね。誰かが僕より先にトロフィーを手にする姿を見たら、信念を失ってしまうだろう」 「僕はいつもそうだった。負けず嫌いで、試合に負けるのが普通だなんて思っていない。友達や兄弟、近所の人と遊んでいた時も、負けるのが嫌で毎回勝ちたいと思っていた。このメンタリティは、僕のこれからの人生でもずっと変わらないはずさ」 2021.01.26 17:54 Tue
twitterfacebook
thumb

FA杯リバプール戦で途中交代のラッシュフォード、ヒザの検査へ

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードがヒザの検査を受けるようだ。クラブ公式サイトが伝えている。 今季もユナイテッドのエースとして輝き続けるラッシュフォードは24日に本拠地で行われたFAカップ4回戦のリバプール戦に先発。自身にとって、今季の公式戦31試合目となる一戦でシーズン15得点目を含む1得点1アシストの活躍を披露して、リバプール撃破に大きく貢献した。 とりわけ、カウンター時の旗手として大きな存在感を解き放ったラッシュフォードだが、86分に途中交代を告げられると、ベンチに戻らず、そのままドレッシングルームに。試合後のオーレ・グンナー・スールシャール監督によると、ヒザに違和感を覚えての交代だったという。 ノルウェー人指揮官は試合後、ラッシュフォードの次戦出場可否を問われると、ヒザの負傷と検査予定を明らかにした。 「そう願う。ヒザを痛めてしまったみたいだ。明日、検査で程度がわかるだろう」 FAカップで16強入りを果たしたユナイテッドはプレミアリーグでも首位に位置。27日に行われる次戦はプレミアリーグ第20節となり、最下位のシェフィールド・ユナイテッドをホームに迎え撃つ。 2021.01.26 14:25 Tue
twitterfacebook
thumb

明暗くっきりのユナイテッドとリバプール、オーウェン氏は「2つチームの違い」に言及

かつてリバプールとマンチェスター・ユナイテッドでプレーした経験を持つ元イングランド代表FWマイケル・オーウェン氏が、明暗分かれる2つの古巣クラブを比較している。イギリス『ミラー』が伝えた。 リバプールはクリスマス直後から不調に陥り、現在リーグ5試合勝ちがない状況だ。加えて、その間のゴール数はわずか「1」と、深刻な得点力不足に悩まされている。一方、そのリバプールから首位を奪取したユナイテッドは、現在リーグ13試合負けなしと絶好調だ。 ここまで正反対の状態となっている両者は、24日に行われたFAカップ4回戦で対戦。点の取り合いとなった一戦は、MFブルーノ・フェルナンデスの決勝弾によって、ユナイテッドが3-2のスコアで勝利している。 両チームのOBであるオーウェン氏は、イギリス『BTスポーツ』でこの試合を振り返り、「オープンな試合だった」と評価。そのうえで、現在の両者の違いについてコメントした。 「リバプールの視点から見れば、残念な結果だったね。ただ、モハメド・サラーがユルゲン・クロップを喜ばせるような2ゴールを決めることはできた」 「私は今日、2つチームの違いが見られたと思う。一方(ユナイテッド)は非常に自信を持っており、現時点で素晴らしい形を見せている。もう一方(リバプール)は、ほんの少しの不調を抱えているね。今日はそれが、ほとんどの場面で影響を及ぼした」 また、オーウェン氏はこの試合で決勝ゴールを決めたB・フェルナンデスについて言及。途中交代で試合に入ったにもかかわらず、決定的な働きをした同選手を称賛している。 「サラーは2ゴールを決めたにもかかわらず、勝利を手にできなかったことを残念に思うだろう。スーパーサブとして、B・フェルナンデスが入ってきてしまったからね」 「B・フェルナンデスは普段はサブではないが、この試合では見事にゲームチェンジャーになってくれた。本当に素晴らしいフリーキックだったよ」 2021.01.25 15:44 Mon
twitterfacebook
thumb

“叫び声”でシュート直前のグリーンウッドを威嚇 リバプールDFロバートソンが必死の妨害も実らず

リバプールは24日に行われたFAカップ4回戦で、マンチェスター・ユナイテッドと対戦。プレミアリーグではアンフィールドで69試合ぶりの敗戦を喫するなど、不振に陥るリバプール。この試合でもFWモハメド・サラーが2ゴールをマークしたものの、守備のミスがあり最終的に2-3で敗れた。 プレミアリーグでもここ5試合勝ちがなく、浮上のきっかけがつかめないリバプールだが、26分に同点に追いつかれたシーンでの、スコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンのある行為が反響を呼んでいる。 ユナイテッド陣内でボールを奪われ、カウンターを発動されたリバプール。選手たちが必死に自陣に戻るも、FWマーカス・ラッシュフォードのロングパスでFWメイソン・グリーンウッドが右サイドを抜け出す。 グリーンウッドとGKアリソン・ベッカーとの1対1の場面になるが、シュートブロックに間に合わないと判断したロバートソンは後ろから思い切り叫び、大声でグリーンウッドを威嚇。集中力を逸らしてミスを誘おうとしていた。 しかし、19歳の逸材FWは冷静にゴール左へとシュートを流し込み、見事な同点ゴールを決めていた。 ロバートソンが後ろから叫んでいる姿には、イギリス『talkSPORT』も「ロバートソンの生意気な試み」と評した他、イギリス『ミラー』も「恥ずかしい試み」だとそのやや幼稚な妨害策に批判的に述べている。 <div id="cws_ad">◆ロバートソンがグリーンウッドを威嚇<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Andy Robertson tried to put Mason Greenwood off <a href="https://twitter.com/hashtag/MUNLIV?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MUNLIV</a> <a href="https://t.co/ye4JXba0wq">pic.twitter.com/ye4JXba0wq</a></p>&mdash; Amazon Prime Video Sport (@primevideosport) <a href="https://twitter.com/primevideosport/status/1353396505584017409?ref_src=twsrc%5Etfw">January 24, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.01.25 12:06 Mon
twitterfacebook
thumb

リバプール撃破のユナイテッド、スールシャールはチーム絶賛「皆がこの試合を楽しんだはず」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が、FAカップでライバルを撃破したことを喜んでいる。クラブ公式サイトが伝えた。 ユナイテッドは24日に行われたFAカップ4回戦で、リバプールと対戦。1週間前にはプレミアリーグで対戦し、ゴールレスドローに終わった両者だが、この日は点の奪い合いに。最終的にMFブルーノ・フェルナンデスのFK弾が決勝点となり、3-2で勝利した。 この結果、ユナイテッドはFAカップ5回戦進出が決定。現在リーグ戦でも首位に立っており、チームは絶好調だが、試合後のインタビューに応じたスールシャール監督も、チームのパフォーマンスに自信を深めている。 「我々は良いプレーができており、素晴らしいゴールをいくつも決められた。リバプールを相手にしっかり守る必要があったが、うまく対応できたと思う。試合のラストにはいつも何かが起きる瞬間があるものだが、我々は彼らをゴールから遠ざけられた」 「皆がこの試合を楽しんでくれたことを願っているよ。監督としては、細かい部分に集中している。この試合では2失点を喫してしまったが、多くのポジティブな点を見ることができた」 また、スールシャール監督は、この試合で決勝弾を決めたB・フェルナンデスや、1ゴール1アシストを記録したFWマーカス・ラッシュフォードを称賛。加えて、ベンチに座る選手たちが、先制点の場面で重要な貢献を果たしたことについても称えている。 「(B・フェルナンデスの得点は)素晴らしいゴールであり、FKだった。昨日のトレーニング後、彼は45分ほどFKの練習をしていたんだ。だから、私は彼が得点すると確信していたよ」 「マーカス(・ラッシュフォード)は少し前に出て、左右のサイドでプレーしていた。早い段階でどちらかのサイドにボールを切り替えることができれば、相手に打撃を与えられると感じていたんだ」 「(先制点の場面は)マーカスに、ベンチの選手たちのことを聞いてもいいと思うよ。もし観客がいたら、彼が逆サイドを見ることはなかったかもね。ベンチが『スイッチ、スイッチ、スイッチ!』と叫んでいたんだ。素晴らしい貢献をしてくれたよ」 2021.01.25 11:47 Mon
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly