低調マドリー、ホームでアラベスに金星献上…直近2敗1分けと低迷続く…《ラ・リーガ》

2020.11.29 07:04 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第11節、レアル・マドリーvsアラベスが28日にアルフレド・ディ・ステファノで行われ、アウェイのアラベスが1-2で勝利した。直近1敗1分けと2試合勝利から遠ざかる4位のマドリーは、15位のアラベスとのホームゲームで3戦ぶりのリーグ戦白星を目指した。直近のチャンピオンズリーグ(CL)でインテルを2-0で破り、復調気配を漂わせるジダン監督率いるチームは、そのインテル戦から先発3人を変更。メンディとウーデゴール、負傷のカルバハルに代わってマルセロ、アセンシオ、カゼミロを起用。ルーカス・バスケスを右サイドバックに置く[4-3-3]の布陣で臨んだ。

直近のラ・リーガで2試合連続PKを与えているマドリーはこの試合でも早々にPKを献上することに。4分、セットプレーの場面でアグアルディアのヘディングがDFナチョの腕に当たってアラベスにPKが与えられると、これをキッカーのルーカス・ペレスが冷静に流し込んだ。

開始5分で先制を許したマドリーはすぐさま反撃を開始。クロース、モドリッチを起点にボールを動かしながら引いた相手の守備の攻略を図る。20分には見事な仕掛けから中央突破したアザールが強烈なシュートを放つが、これはややコースが甘くGKパチェコに弾き出される。

すると、直後の24分にはアザールの不用意なパスをカットされてジョタのフィードに反応したL・ペレスに裏抜けを許す。だが、ボックス内での一対一の場面でL・ペレスが放ったループシュートはGKクルトワが圧巻の反応で叩き落し、絶体絶命のピンチを救った。

守護神のビッグプレーで流れを引き寄せたいマドリーだが、直後に足を痛めたアザールがプレー続行不可能となり、28分にロドリゴを緊急投入。この交代に伴い、アセンシオがアザールのいた左ウイングのポジションを移した。

前半のうちに追いつきたいマドリーは終盤にかけて攻勢を強めると、39分にはボックス内に攻め上がったクロースがゴール至近距離から続けてシュートを放つが、GKパチェコのビッグセーブに遭う。さらに、良いポジショニングで制空権を握ったマリアーノが幾度か惜しいヘディングシュートを放ったが、ゴールをこじ開けられないまま45分間の戦いを終えた。

迎えた後半、勢いを持って入りたいマドリーだったが、ミスから点差を広げられてしまう。49分、ヴァランのバックパスを受けたGKクルトワがカゼミロへのパスをホセルに完璧に読まれてカットされると、無人のゴールへ左足のシュートを流し込まれた。

前半同様に拙い入りから自分たちを苦しくしたホームチームはリスクを冒して攻勢に出ていくが、中央をしっかりと固めるアラベスの守備を前にベンゼマ、アザールらの不在を色濃く感じさせる攻め手不足が顕著となった。

逆に、ハーフウェイライン付近でハイラインの背後を狙う相手2トップに引っくり返されてあわや3失点目という場面が2度も続くが、63分の場面はGKクルトワがL・ペレスの決定的なシュートをファインセーブで止め、69分のホセルの決定機は相手のシュートミスに救われた。

流れを変えたいジダン監督は70分、すでに投入していたヴィニシウスに続いてメンディ、イスコ、ウーデゴールの3枚替えを敢行し、試合終了まで20分余りを残してすべての交代カードを切る。

専守防衛のアラベスに対して猛攻を仕掛けていくマドリーは83分、ルーカス・バスケスの右クロスをゴール前のマリアーノがドンピシャのヘディングで合わせるが、ここはDFのゴールライン上でのクリアに阻まれる。

それでも、昨季王者の意地を見せるマドリーは86分、ウーデゴールの右CKの流れからヴィニシウスのシュートのこぼれ球をカゼミロが押し込み、1点を返す。さらに、5分が与えられた後半アディショナルタイムのラストプレーではボックス手前でフリーのイスコが狙いすました右足のコントロールシュートを放つが、ゴール右上隅を射抜いたかに思われたシュートはクロスバーを叩く。

そして、この直後に試合はタイムアップを迎え、前後半の入りで喫した失点が最後まで響いたマドリーはホームで痛恨の1-2の敗戦。直近3試合で2敗1分けと低迷が続く。
コメント
関連ニュース
thumb

独特なリズムとタッチでマクマナマンが敵陣をドリブル突破! 最後は華麗なループを決める【スーパーゴール図鑑/レアル・マドリー編】

【得点者プロフィール】 スティーブ・マクマナマン(当時27歳) 国籍:イングランド 所属:レアル・マドリー ポジション:MF 身長:185cm リバプールでドリブラーとして活躍したマクマナマン氏は、1999〜2003年にかけてマドリーでプレー。在籍4年で14ゴールと得点は多くなかったものの、2度のチャンピオンズリーグ(CL)制覇や2度のリーグ制覇に貢献した。 【試合詳細】 日程:1999年9月12日 大会:ラ・リーガ第3節 対戦相手:アスレティック・ビルバオ 時間:前半20分(0-1) <div id="cws_ad">◆マクマナマンが魅せた圧巻のドリブル突破<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJQb1JqeUlWYyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 1点ビハインドのマドリーは20分、ハーフウェイライン付近右サイドでボールを受けたマクマナマンがドリブルを開始。独特の間合いとタイミングでマークを剥がすと、寄せてきたもう1人も切り返しでかわす。前を向いたマクマナマンは、MFサビオとのワンツーで一気にボックスへと侵入し、左足でシュート。ふわりと浮いたシュートは優しくゴールネットを揺らした。 マクマナマン氏は、マドリーでは中盤の様々なポジションでプレーし、4シーズンで2度のチャンピオンズリーグ優勝や2度のリーグ制覇に貢献した。 2021.01.20 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ウーデゴールが移籍を要求か…出場機会の少なさに不満

レアル・マドリーのノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴール(22)が移籍を求めているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 10代の頃に神童と呼ばれ、2015年1月にマドリーに引き抜かれたウーデゴール。その後は真価が発揮できずレンタルを繰り返していたが、昨シーズンにソシエダでラ・リーガ31試合4ゴール6アシストと、再びその才能が輝きを取り戻し、今季はもう一度マドリーで挑戦することになった。 しかし、実状はここまでラ・リーガ7試合、チャンピオンズリーグ2試合の出場にとどまりノーゴールノーアシスト。時間にして367分と、思うように出場機会を得られない状況に、再びレンタル移籍を考慮し始めたようだ。 スペインメディアの推測では、仮にマドリーが移籍を認めた場合、その有力候補はやはりソシエダになる可能性が高いという。マドリーとしては、レンタルで経験を積ませることに利益がある反面、中盤の選手層の薄さが指摘されており、ジネディーヌ・ジダン監督は手中に留めておきたいと考えているのではないかとも言われている。 また一方で、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、マドリーはインテルのイタリア代表MFニコロ・バレッラに関心を示しているようで、可能性は極めて低いが、新たなMFの到着はウーデゴールの出発の引き金になることは間違い無いだろう。 2021.01.20 14:13 Wed
twitterfacebook
thumb

メキシコ史上最高のストライカー、ウーゴ・サンチェスが寸分の狂いもないオーバーヘッド【スーパーゴール図鑑/レアル・マドリー編】

【得点者プロフィール】 ウーゴ・サンチェス(当時29歳) 国籍:メキシコ 所属:レアル・マドリー ポジション:FW 身長:173cm メキシコ史上最高のストライカーとして名高いサンチェス氏は、1985-86シーズンにアトレティコからレアル・マドリーに移籍すると、移籍初年度からゴールを量産。リーグ5連覇を達成した5シーズンのうち、4シーズンにわたって得点王を獲得するリーガ史上唯一の偉業を樹立したほか、1989-90シーズンは38ゴールを記録し、テルモ・サラ氏と並んで当時のリーガ年間最多得点記録者となった。 【試合詳細】 日程:1987年10月25日 大会:ラ・リーガ第8節 対戦相手:バレンシア 時間:前半21分(0-0) <div id="cws_ad">◆ウーゴ・サンチェスの華麗なオーバーヘッド<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJHN29mM3dRNCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 0-0で迎えた21分、マドリーは左サイドにボールを展開、相手守備陣を崩すと、左サイドからクロスを供給した。ボールはボックス中央で待ち構えていたウーゴ・サンチェスのもとへ。 クロスがややマイナス気味になったことからウーゴ・サンチェスはオーバーヘッドを選択。易しいボールではなかったが、ボールをしっかりと捉え、ゴールネットを揺らした。 2021.01.20 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

アラバ父、マドリー移籍合意を否定!「スペインからの情報は事実ではない」

レアル・マドリー移籍に合意したと報じられたバイエルンのオーストリア代表DFダビド・アラバだが、実父であり代理人も務めるジョージ氏がドイツ『ビルト』の取材で否定した。 今季限りでバイエルンとの契約が失効となるアラバは今月から他クラブとの交渉が解禁。スペイン『マルカ』によると、マドリーとアラバは年俸1100万ユーロ(約13億7000万円)の4年契約という条件で合意。メディカルチェックも済ませたとのことだった。 しかし、ジョージ氏はこの報道を全否定。「スペインからの情報は事実ではない。どのクラブとも署名していない」とした上で、「他にも興味を持つクラブはある。いずれにせよ、ダビドはバイエルンとの最高のパフォーマンスを提供することに集中している」とコメント。今季限りでの退団は明言しているものの、今なお複数クラブと交渉中であることを明かしている。 候補に挙げられているクラブはマドリーのほか、マンチェスターの両クラブ、パリ・サンジェルマンやチェルシー、さらにはバルセロナといった錚々たるものだが、4月や5月まで熟考する可能性もあるという。 2021.01.19 21:35 Tue
twitterfacebook
thumb

レアルが今夏のアラバ獲得決定か 年俸13.7億円の4年契約で合意

レアル・マドリーがバイエルンのオーストリア代表DFダビド・アラバ(28)を今季終了後に獲得するようだ。 今季限りでバイエルンとの契約が失効となるアラバは今月から他クラブとの交渉が解禁。スペイン『マルカ』によると、長らく興味が取り沙汰されたレアル・マドリーは迅速に動き、本人とコンタクトを図ったという。 そして、レアル・マドリーとアラバは年俸1100万ユーロ(約13億7000万円)の4年契約という条件で合意。来季加入までまだ時間があるアラバだが、すでにレアル・マドリーのメディカルチェックも済ませた模様だ。 アラバを巡ってはマンチェスター・シティ、パリ・サンジェルマン(PSG)、リバプール、チェルシーなども関心を示したが、本人のラ・リーガでプレーしてみたい思いもあり、レアル・マドリー入りが決まったようだ。 アラバはバイエルンで公式戦通算408試合38得点49アシストの数字を誇り、チームとしても25個のタイトル獲得に寄与。左サイドバック、センターバック、中盤の複数ポジションを高水準でこなせる万能型プレーヤーだ。 レアル・マドリーの守備陣はDFセルヒオ・ラモスが今季限りで契約が切れるものの、延長交渉が難航しており、DFラファエル・ヴァランとDFナチョ・フェルナンデスも2022年6月に契約満了。DFエデル・ミリトンも燻っている。 そうした状況を受け、ビジャレアルのDFパウ・トーレス、DFジュール・クンデとDFジエゴ・カルロスのセビージャ勢も候補に挙がったが、DFマルセロの衰退で手薄になりつつある左サイドバックの強化もかねてアラバに的を絞ったとみられる。 2021.01.19 10:15 Tue
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly