遠藤航フル出場のシュツットガルト善戦もバイエルンが逆転勝利で首位キープ《ブンデスリーガ》

2020.11.29 01:41 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブンデスリーガ第9節、シュツットガルトvsバイエルンが28日に行われ、1-3でバイエルンが勝利した。シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場している。前節ホッフェンハイム戦を土壇場で3-3の引き分けに持ち込んだ8位シュツットガルト(勝ち点11)は、遠藤が開幕から9試合連続スタメンとなった。

対する首位バイエルン(勝ち点19)は前節ブレーメンに引き分け、2位ドルトムントに1ポイント差と迫られたが、3日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ではザルツブルク相手に3-1と快勝し、決勝トーナメント進出を決めた。リーグ戦に集中できる状況となった中、ザルツブルク戦のスタメンから2選手を変更。ロカとクリス・リチャーズに代えてトリソとリュカを起用した。

3トップに右からニャブリ、レヴァンドフスキ、コマンと並べ、トップ下にミュラーを据える[4-2-1-3]で臨んだバイエルンは開始3分、レヴァンドフスキのヘディングシュートが左ポストに直撃した。

一方、クリバリを最前線起用としたシュツットガルトは11分、カストロの直接FKでゴールに迫った。互角の攻防で立ち上がった中、シュツットガルトが20分に先制する。カウンターの流れから右サイドのワマンギトゥカの折り返しをクリバリが押し込んだ。

先制したシュツットガルトは35分、高い位置でボールを奪った流れからフェルスターが決定的なシュートを浴びせれば、その1分後にも決定機。フェルスターがボックス右に侵入してシュートに持ち込んだが、GKノイアーの好守に阻まれた。

すると38分、バイエルンが同点とする。ニャブリの見事なダイレクトパスを起点に、ミュラーのパスを受けたコマンがボックス左に侵入。カットインからゴール左にシュートを蹴り込んだ。

追いついたバイエルンは42分にニャブリがボックス右からGK強襲のシュートを浴びせると、追加タイム1分に逆転した。コマンのパスをバイタルエリア中央で受けたレヴァンドフスキがゴール右に強烈なミドルシュートを突き刺した。

迎えた後半、いなすバイエルンがリードを保つ中、69分にコマンとニャブリの両ウイングをお役御免とし、サネとドグラス・コスタを投入。

追うシュツットガルトは72分にようやく決定機。カマラがワマンギドゥカのマイナスクロスに合わせたが、DFに阻止された。

そして88分、ボックス右でパスを受けたドグラス・コスタがカットインから左足のシュートでネットを揺らし、バイエルンが3-1で逆転勝利。首位キープに成功している。
コメント
関連ニュース
thumb

2部相手に2回戦敗退のバイエルン、フリック監督も「ショックを受けている」と落胆

バイエルンのハンジ・フリック監督が、DFBポカール敗退を悔やんだ。クラブ公式サイトが伝えている。 バイエルンは13日に行われたDFBポカール2回戦で、ホルシュタイン・キールと対戦。昨シーズンに続く3冠達成を目指すバイエルンにとって、2部リーグに所属する相手への勝利は絶対であるかに思われた。 しかし、試合は1-1で前半を終えると、後半バイエルンは追加点を挙げたものの終了間際に同点とされる。延長戦でスコアは動かずPK戦に突入すると、6番手のキッカーを務めたMFマルク・ロカが外してしまい、5-6で敗戦。この結果、バイエルンはDFBポカール2回戦での敗退が決定し、昨シーズンに続く3冠の目標は早くも潰えることになった。 試合後のインタビューに応じたフリック監督も、この結果には失望を隠せない様子だ。 「もちろんショックを受けている。我々は非常にがっかりしているよ。3冠を達成したかったからね。試合全体を見てみると、チームは細部にまでこだわりを持ち、素晴らしい精神を見せてくれたと思う。我々の目標であった試合の支配もできていた」 「最後の1秒で同点に追いつかれてしまったことは、非常に悔しいよ。キールを祝福する必要があるね。彼らはこのカップ戦を、真の意味で戦っていた」 「我々はこの試合を過去のものにして、より良いプレーを目指す必要がある。自陣ではよりコンパクトになる必要があるし、もっとプレッシャーをかけて、ロングボールにもしっかり対応しなければならない」 また、フリック監督はインタビューのなかで、カップ戦ではこうしたジャイアントキリングが起こるものだと語りつつ、PKを外したロカを責めるつもりはないと強調した。 「驚くべき結果になってしまったが、カップ戦とはそういうものだよ。キールは守備が良く、GKも素晴らしいパフォーマンスだったと思う。PK戦になればこういうことは起こり得るし、ロカを責めるつもりは全くないさ」 2021.01.14 12:35 Thu
twitterfacebook
thumb

前回王者バイエルン、2部のキールにPK戦負けでまさかの敗退《DFBポカール》

バイエルンは13日、DFBポカール2回戦でホルシュタイン・キールとのアウェイ戦に臨み、2-2で120分を終えた後のPK戦で5-6とされ敗退が決まった。 2部で3位に付けるホルシュタイン・キールに対し、レヴァンドフスキやアラバをベンチスタートとしたバイエルンはミュラーを最前線に、右にサネ、左にニャブリを配した。 そのバイエルンが立ち上がりから圧力をかけると、14分に先制する。ミュラーのヘッドでの落としに反応したゴールエリア右のニャブリがネットを揺らした。 その後も一方的に押し込んだバイエルンは26分、ニャブリのコントロールシュートで追加点に迫るも、37分にワンチャンスで同点とされる。ロングボールに抜け出したバルテルスにGKとの一対一を制された。 追いつかれたバイエルンはミュラーのミドルシュートやミュージアラの枠内シュートで勝ち越しを目指すも、1-1で前半を終えた。 それでも迎えた後半開始3分、ボックス手前右で得たFKをサネが直接狙うと、見事ゴール右に吸い込まれ、バイエルンが勝ち越しに成功する。 その後もバイエルンが主導権を握る中、74分にはレヴァンドフスキを投入。後半終盤にかけては流し気味にプレーし、そのまま勝ち切るかと思われた。 しかし後半終了間際の追加タイム5分、左クロスからウォールにヘディングシュートを決められ、土壇場で同点とされて延長戦にもつれ込んでしまった。 その延長戦では決定機を生み出しきれずPK戦にもつれ込んでしまう。するとそのPK戦では6番手のキッカーを務めたロカがGKグリオスにシュートを止められた中、キールは6人全員が成功。前回王者バイエルンが2回戦で姿を消すことになった。 2021.01.14 07:33 Thu
twitterfacebook
thumb

デンマークが誇るレジェンドMFレアビーがバイエルンで決めた、弾丸シュート3連発による圧巻のハットトリック【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、元デンマーク代表MFセーレン・レアビー氏がバイエルンで決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆デンマークの名手レアビーが決めた圧巻のハットトリック<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJyeUZLNjZ3YyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 母国デンマークでのデビューを経て、名門アヤックスでブレイクを果たしたレアビー氏は、代表チームでも当時世界を席巻した“ダニッシュ・ダイナマイト“の一員として活躍した。 1983年から1986年までの3シーズンはバイエルンで過ごし、公式戦126試合に出場し、27ゴール18アシストを記録したレアビー氏だが、1984年8月29日に行われたブンデスリーガ第2節のブレーメン戦では、圧巻のハットトリックを決めている。 まずは1-0とバイエルンリードの39分、相手陣内中央でバイエルンがFKを得ると、キッカーはレアビー。ゴールからの距離を感じさせない強烈な左足のシュートは、浮き上がるような弾道で一直線に飛んでいき、ゴール左上に突き刺さった。 続いて2-1と1点差に詰め寄られて迎えた53分、味方のロングフィードから裏に抜け出したレアビーは、胸トラップでボールを収めると、ボックス内左から強烈なボレーシュートを叩き込み、これで2点目。再びリードを広げるゴールを決めてみせた。 最後は3-2と再び1点差で迎えた87分、ボックス手前右からのFKをレアビーが蹴ると、意表を突く強烈なグラウンダーのシュートをゴール右に決め、圧巻のハットトリックを達成した。 試合はレアビーのハットトリックで打ち合いを制したバイエルンが、4-2でブレーメンに勝利している。 2021.01.13 14:00 Wed
twitterfacebook
thumb

バイエルン、前節決勝点献上のノイハウスに強い関心! ボルシアMGは安売りの意思なし

バイエルンがボルシアMGに所属するドイツ代表MFフロリアン・ノイハウス(23)の獲得に本腰を入れ始めたようだ。ドイツ『スカイ』が報じている。 1860ミュンヘンの下部組織出身であるノイハウスは、2017年夏にボルシアMGに完全移籍。移籍後即デュッセルドルフにレンタル移籍し、ブンデスリーガ2部優勝に貢献していた。その後、2018-19シーズンに復帰を果たすと、以降セントラルMFの絶対的な主力に君臨。昨年10月にはドイツ代表デビューも飾っている。 高精度の右足とパスセンスに加え、マルコ・ローゼ監督の下で運動量、プレー強度にも磨きをかける23歳は、憧れの選手に挙げる同胞MFトニ・クロースの後継者としてドイツ国内でも高い評価を集める大器だ。 そして、先日の直接対決で決勝点を決められたバイエルンは、スペイン代表MFチアゴ・アルカンタラのリバプール移籍で手薄となった中盤の補強候補の一人としてノイハウスの獲得に強い関心を示しているようだ。 なお、2019年11月にボルシアMGと2024年までの新契約を結んだノイハウスには4000万ユーロ(約50億7000万円)の契約解除金が設定されている。また、ボルシアMG側はその金額を下回る金額で主力を売却する意向はなく、現時点でバイエルンは4000万ユーロを全額支払うしか獲得の可能性がないようだ。 2021.01.13 00:30 Wed
twitterfacebook
thumb

バイエルンが抱える問題点を指摘するマガト氏「足ではなく頭が疲れ果てている」

かつてバイエルンやヴォルフスブルクで指揮をとったフェリックス・マガト氏が、現在のバイエルンが抱える問題点を指摘している。ドイツ『シュポルト・ビルト』が伝えた。 バイエルンは昨シーズン、ブンデスリーガやチャンピオンズリーグ(CL)、DFBポカールを制し、三冠の偉業を達成。今季もリーグ戦で首位に立ち、順調な歩みを見せているが、年明けからは不安定な試合が連続している。 3日に行われたブンデスリーガ第14節のマインツ戦では、後半5点を奪い勝利したものの、前半に2点を先取されたことが問題視されていた。続く8日の第15節ボルシアMG戦では、逆に2点を先取しながら後半に逆転され、今シーズン2敗目を喫してしまっている。 こうした状況を受け、ドイツ『BR』に出演したマガト氏は、現在のチームが抱える問題点は疲労にあると語った。 「バイエルンが疲れているのは足ではなく、頭だと思う。昨シーズンから多くの大会をこなしている彼らは、疲れ果てているはずだ」 「理論的に考えて、彼らならCLもDFBポカールもブンデスリーガも勝ち取れる力がある。とはいえ今の状態では、それも難しいだろうね」 マガト氏はインタビューのなかで、10月以来リーグ戦クリーンシートがないバイエルンの守備に言及しつつ、13日のDFBポカールで対戦するホルシュタイン・キール戦についても、油断は禁物だと忠告している。 「夏までの間、バイエルンの守備陣は常に安定感あるプレーを披露していたと思う。しかし、今はそれを失ってしまっている」 「キールの方がバイエルンに比べてフレッシュな状態だし、前線でより自由にプレーができるだろう」 2021.01.12 17:47 Tue
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly