リールvsミランはドロー! S・プラハ勝利で三つ巴の様相《EL》

2020.11.27 06:06 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヨーロッパリーグ(EL)・グループH第4節、リールvsミランが26日に行われ、1-1のドローに終わった。

グループHで首位のリールと、2位のミランによる首位攻防戦。


前回対戦で0-3の完敗を喫して今季公式戦初黒星となったミランだが、セリエAでは直近のナポリ戦を3-1で快勝し、首位と無敗をキープ。だが、その試合ではイブラヒモビッチ、サレマーカーズと2人の主力が負傷離脱となった。そういった中、リーグ戦から若干のメンバー変更に踏み切ったチームはレビッチを最前線に置き、2列目にカスティジェホ、チャルハノール、ハウゲを並べた。

立ち上がりから中盤での潰し合いが目立つ状況の中、互いに前から圧力をかけてショートカウンターから相手ゴールを目指す。11分にはボックス付近でアンドレがトナーリのキープしたボールを突っついてこぼれを拾ったヤズジュがミドルシュートを狙うが、これは枠の左に外れた。

一方、なかなかリズム良くボールを動かせないミランは遅攻の場面ではなかなかチャンスを作れない。ただ、ハウゲとレビッチが長い距離を持ち上がってのロングカウンターで幾度か決定機を創出した。

前半終盤にかけてもリールが主導権を握るが、アラウージョの決定機はGKドンナルンマが好守で阻み、前半は0-0で終了した。

後半も拮抗した展開が予想されたが、開始早々にミランがスコアを動かす。46分、中盤から出た縦パスに完璧なタイミングで抜け出したレビッチがボックス左まで持ち込み、GKとDFを引き付けて中央に走り込んだカスティジェホにプレゼントパス。これをスペイン人FWが難なく流し込んだ。

敵地で先制に成功したミランはここからうまく試合を落ち着けることに成功。だが、リールも一瞬の隙を突いてゴールをこじ開ける。65分、右サイドからのスローイングを素早くスタートさせてボックス右のアラウージョがすかさず折り返すと、ボックス内でジョナタン・デイビッドが丁寧にマイナスへ落としたボールをバンバがダイレクトで流し込んだ。

1-1のイーブンに戻った試合はここから膠着状態に陥る。互いに交代カードを切って流れに変化を加えようとするが、なかなか決定機まで持ち込めない睨み合いの形が続く。

その後はリールがセットプレーを軸に幾度かチャンスを作りかけたが、結局1-1のままタイムアップを迎えた。

また、同日行われたスパルタ・プラハvsセルティックはホームのスパルタ・プラハが4-1で快勝した。

この結果、グループHは首位にリール(勝ち点8)、以下ミラン(勝ち点7)、スパルタ・プラハ(勝ち点6)、セルティック(勝ち点1)と三つ巴の混戦模様となっている。

リール 1-1 ミラン
【リール】
バンバ(後20)
【ミラン】
カスティジェホ(後1)

スパルタ・プラハ 4-1 セルティック
【スパルタ・プラハ】
ハンコ(前27)
ユリシュ(前38)
ユリシュ(後35)
プラブシッチ(後49)
【セルティック】
エドゥアール(前15)

関連ニュース
thumb

ミランがヴェローナの2選手を狙う? ナポリ、ローマと争奪戦か

ミランが、エラス・ヴェローナに所属する2人の選手の獲得を狙っているようだ。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、ミランが狙うのは、U-21イタリア代表DFマッテオ・ロヴァト(21)とイタリア代表MFマッティア・ザッカーニ(25)とのことだ。 しかし、ザッカーニに関してはナポリも興味を持っているとのこと。ザッカーニ本人は2022年にヴェローナとの契約が満了を迎えるが、延長する意思はないとのこと。今シーズン終了後にも移籍するとみられている。 一方でロヴァトに関しては、ローマが獲得を狙っており、1300万ユーロ(約16億8000万円)のオファーを出しているとされている。なお、ロヴァトとヴェローナは2024年6月まで契約を残している。 ロヴァトは今シーズンのセリエAでセンターバックとして20試合に出場。ザッカーニは中盤で出場しており、今シーズンはセリエAで24試合に出場し5ゴール7アシストとチームの攻撃を牽引している。 ミランは7日にヴェローナと対戦。パオロ・マルディーニら幹部は、両選手のプレーぶりをしっかりとチェックすることになるようだ。 2021.03.06 21:45 Sat
twitterfacebook
thumb

大砲のような弾丸シュート!豪快なミドルに相手GKもマジギレ/2016-17【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はパルマのスロバキア代表MFユライ・クツカがミラン時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆豪快なゴールにGKマジギレ!<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ6elRyc1I3NyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 母国スロバキアでプロデビューしたクツカは、チェコの強豪スパルタ・プラハやジェノアで活躍し、2015年夏にミランに加入。2シーズンに渡り、主力選手としてプレーした。 豊富な運動量で攻守に存在感を発揮することができるクツカだが、2016年10月16日に行われたセリエA第8節のキエーボ戦では、豪快なゴールを決めている。 0-0のまま前半が終わろうかという45分、相手陣内中央でボールを持ったクツカは、ドリブルで中央突破を敢行し、ペナルティーアーク手前まで進むと左足を一閃。物凄いパワーのシュートはゴール左に一直線に飛んでいき、ゴールネットに突き刺さった。 アンストッパブルな一撃に、相手GKは簡単にシュートを許してしまった味方への怒りを露わにしていた。試合はこのゴールで主導権を握ったミランが後半も試合を優位に進め、3-1で勝利している。 <span data-sg-movie-id="901" data-sg-movie-title="【大砲のような弾丸シュート!】豪快なミドルに相手GKもマジギレ"></span> 2021.03.06 20:00 Sat
twitterfacebook
thumb

これぞ“神”対応? 通行止めに巻き込まれたイブラヒモビッチがヒッチハイク! ミラニスタのバイクに2人乗り

やはり自身を“神”と称する男は、ピッチ外でも次元が違うようだ。 ミランに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチだが、想定外のピンチを思わぬ方法で切り抜けた。 イブラヒモビッチは、イタリアのサンレモで行われているポピュラー音楽の音楽祭である「サンレモ音楽祭2021」で、ゲスト出演していた。 この音楽祭は1955年よりイタリア『Rai 1』で全国的に放送されている人気のイベント。1週間にわたって行われる。 しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響もあり試合が過密日程になっていることから、イブラヒモビッチはイベント期間中に試合が組まれており、3日のウディネーゼ戦に参加するために一度イベントを離れていた。 ウディネーゼ戦ではメンバー外となったイブラヒモビッチだが、翌日にはチームメイトとトレーニングを実施。その後、サンレモに向けて車で出発していた。 しかし、イブラヒモビッチの前に立ちはだかったのは交通事故による道路の封鎖だった。 これでは音楽祭に間に合わない状況となったイブラヒモビッチだが、無事に会場に到着。その際に明かした移動手段が流石だった。 「車の中で3時間座っていたが、俺は運転手に降りなければならないと言った。俺は通りすがりのバイカーを止めて、サンレモに連れて行ってくれないかと尋ねたんだ」 「幸いなことに、彼はミラニスタだった。彼は俺をバイクで60km運んでくれ、俺は到着した。本当に寒かったよ。高速道路に降り立ったのは初めてだった」 イブラヒモビッチはヘルメットをかぶった姿でバイクの後部に乗り、トンネルを走り抜ける動画を共有。機転を利かせたこともさすがだが、そうまでしてイベントに間に合おうとしたところが“神”対応と言えるだろう。 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr">60 km in moto per raggiungere <a href="https://twitter.com/SanremoRai?ref_src=twsrc%5Etfw">@SanremoRai</a>: la clip è su <a href="https://twitter.com/hashtag/RaiPlay?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#RaiPlay</a> <a href="https://t.co/YmmduZpfTp">https://t.co/YmmduZpfTp</a> <br>Il video di <a href="https://twitter.com/Ibra_official?ref_src=twsrc%5Etfw">@Ibra_official</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Sanremo2021?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Sanremo2021</a> <a href="https://twitter.com/RaiUno?ref_src=twsrc%5Etfw">@RaiUno</a> <a href="https://t.co/l1HHkJ4Fq1">pic.twitter.com/l1HHkJ4Fq1</a></p>&mdash; Ufficio Stampa Rai (@Raiofficialnews) <a href="https://twitter.com/Raiofficialnews/status/1367603881904119811?ref_src=twsrc%5Etfw">March 4, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.03.05 14:45 Fri
twitterfacebook
thumb

イタリアが誇るスーパースター、バッジョがミラン時代に見せたピンポイントアシスト/1996-97【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回は元イタリア代表FWロベルト・バッジョ氏がミラン時代に記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆バッジョのピンポイントクロス<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIwSllrUW9WWSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ユベントスでスーパースターとしての地位を確固たるものとしたバッジョ氏は、1995年夏にミランに移籍。1997年夏に退団するまでの2シーズンで公式戦67試合に出場し、19ゴール25アシストを記録した。 創造性あふれるプレーで観客を魅了するファンタジスタとして知られたバッジョ氏だが、1997年3月2日に行われたセリエA第22節のローマ戦では、見事なアシストを記録している。 0-0のまま迎えた65分、相手陣内中央右でミランがFKを得ると、キッカーのバッジョが右足のクロスをボックス内に入れる。ふわりとしたボールながら、絶妙の軌道を描いたバッジョのボールは、GKとDFのちょうど間を通り、ファーポストで待つDFピエトロ・ヴィエルコウッドの下へ。ヴィエルコウッドはややオフサイドにも見えたが、このパスに頭で合わせ、見事な先制ゴールとなった。 先制したミランだったが、その後失点。強豪同士の試合は1-1のドローに終わった。 <span data-sg-movie-id="885" data-sg-movie-title="【イタリアが誇るスーパースター】バッジョがミラン時代に見せたピンポイントアシスト"></span> 2021.03.04 14:00 Thu
twitterfacebook
thumb

劇的ドローもスクデットが遠のくミラン、ピオリはパフォーマンスに不満「がっかりしている」

ミランのステファノ・ピオリ監督が、ドローに終わった試合に不満を示している。イタリア『スカイ』が伝えた。 ミランは3日に行われたセリエA第25節で、ウディネーゼと対戦。首位インテルとのタイトル争いを続けていくため白星を掴みたいところだったが、後半先制点を許す苦しい展開に。それでも後半アディショナルタイムに得たPKで追い付き、1-1のドローとなった。 この結果、敗戦こそ免れたミランだったが、インテルの結果次第ではポイント差が「6」にまで広がる可能性があり、スクデット争いは厳しい状況になっている。 試合後のインタビューに応じたピオリ監督もこの結果には不満を示しており、チームのパフォーマンスが不十分だったことも認めた。 「当然、もっと良い結果を期待していた。だが、試合の難しさについては理解している。相手が非常に守備的なチームだった以上、デュエルでもっと上回る必要があり、もっと良い何かが求められていた」 「我々は上手く特徴が出せていなかったと思う。攻撃のスペースがあれば輝く選手はいたが、(負傷中の)イブラ(ズラタン・イブラヒモビッチ)や、(ハカン・)チャルハノールがいれば良かったかもしれない。我々のアイデンティティははっきりしているが、相手に合わせて試合を展開する必要もあるんだ。今日は1対1の場面もあまり良くなかった」 「上手く機能しているチームに対して、最高のパフォーマンスができなかったこと自体は失望するべきではない。しかし、失点シーンについては非常に残念だ。今日のパフォーマンスにはがっかりしているが、我々は勝利を目指す野心的なチームであり、成功しなければ満足はできない。だから今は、次の試合について考えている」 また、ピオリ監督は2018年3月4日に亡くなった元イタリア代表DFダビデ・アストーリについて言及。3周忌を迎えたフィオレンティーナ時代の教え子を、忘れることはないと語った。 「全ては過ぎ去っていくものだと人々は言うが ダビデ(・アストーリ)を知っていた者にとって、それは真実ではない。彼はいつも、我々と一緒にいるのだから」 2021.03.04 11:36 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly