あなたはこのコースが見えるか!レスター戦極上アシストのロバートソンの目線を再現した映像が公開

2020.11.24 20:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールの公式ツイッター(@LFC)が、プロ選手の凄さが分かる映像を共有している。

リバプールは22日、プレミアリーグ第9節でレスター・シティと対戦。3-0で完勝を収め、リーグ2位に順位を上げた。

◆レッズの両SBによるリフティングチャレンジ

この試合に先発出場したDFアンドリュー・ロバートソンは、1-0とリバプールリードの41分、左サイドでボールを持つと、中央へ走り込むFWジオゴ・ジョタの走路へ完璧なクロスを上げ、ジョタの追加点をアシスト。攻守に躍動し、チームの勝利に貢献した。

トレードマークとも言える正確無比なキックに加え、走り込むジョタの1秒後の動きを予想するような優れたビジョンを披露したロバートソンだが、試合後にリバプールの公式ツイッターが、クロスを上げる直前のロバートソンの視点をCGで再現した映像を公開。

視界を遮る相手DFや走り出す味方選手の位置の把握など、常人にとって、一瞬で判断するのは到底不可能な状況の中で、正確にボックス内へとクロスを上げたロバートソンの凄さが改めて分かる映像となった。

代表ウィークでの疲労に加え、ケガの疑いから、レスター戦の出場すら危ぶまれていたものの、素晴らしいパフォーマンスを見せたロバートソン。両SBとしてコンビを組むDFトレント・アレクサンダー=アーノルドを欠く今、リバプールにとって益々欠かせない存在となっている。

◆あなたはパスコースが見える?ロバートソンの目線がこれ


コメント
関連ニュース
thumb

ユナイテッド戦はターニングポイント? クロップは冷静にあしらう

リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督が直面する不調について自論を述べている。クラブ公式サイトが伝えた。 リーグ戦では直近5試合未勝利で前半戦を折り返した王者リバプール。後半戦に臨む前に、FAカップ4回戦でマンチェスター・ユナイテッドと対戦したが2-3で惜敗し、大会から姿を消した。 だが、リーグ戦5試合でわずか1ゴールだったチームが2得点を挙げたことをポジティブに捉える声もあり、28日の第20節トッテナム戦に向けて「ターニングポイントになったのでは」と、試合前会見で記者から質問が及んだ。 しかし、クロップ監督はターニングポイントになったかどうかにかかわらず、いつも通り試合に向けて準備し、勝利のために一生懸命戦うだけであることを強調した。 「質問の意図は分かっているよ。皆、私に『あれがターニングポイントだった』と言わせたいのだろう。私だってあれをターニングポイントにしたかった。だが、ターニングポイントは良い結果でなければならない」 「(ユナイテッド戦は)ポジティブな点がたくさんあった。だがもちろん、3失点は良い結果ではないし、望んでいたものではない。私は常に『これがターニングポイントだったとか、あれがターニングポイントだった』などど言えるわけではない。通常はチャレンジばかりで、私もそれが良いと思っている」 「私は座したまま、人生は完璧でなければならないとか、全ての試合に勝たなければならないと考える人間ではない。何か悪いことが起これば、人はその上で努力しなければならないし、我々が取り組んでいることがまさにそれだ」 「我々はその状況に直面しており、次の試合はトッテナム戦だ。もし私が『(ユナイテッド戦が)ターニングポイントだった』と言ったとして、トッテナム戦で良いプレーができなければ、誰かは『またここからだ』と言うのだろう」 「全く一から始めるなんてできるはずがない。我々は少し前から物事を変化させ、向上させる努力を始めている。これをひたすら続けていくつもりだ」 「本当にイライラさせることもあるだろうが、我々は一生懸命戦う。ポジティブなことがあればポジティブになるだろうし、そうでなければ危機的な状況に陥る可能性もあるかもしれない。だがそれが我々の仕事だ」 2021.01.28 18:55 Thu
twitterfacebook
thumb

【プレミア注目プレビュー】後半戦初戦でスパーズとリバプール激突! 絶好調マンチェスター勢を追走するのは?

プレミアリーグ第20節、トッテナムvsリバプールが日本時間28日29:00にトッテナムホットスパー・スタジアムでキックオフされる。絶好調マンチェスター勢を追走する強豪2チームによる、後半戦初戦のビッグマッチだ。 現在、1試合未消化ながら5位に位置するトッテナム(勝ち点33)は、前節のシェフィールド・ユナイテッド戦の3-1の勝利によってリーグ4戦無敗。ただ、ここまで連勝がわずかに1度(4連勝)と、上位浮上、リーグタイトル獲得に向けては後半戦での連勝が必須だ。 そういった中、今季2度目の連勝を目指す後半戦初戦では昨季王者をホームで迎え撃つ。直近の公式戦6連敗中とここ数年で最も苦手とする天敵だが、絶好調のマンチェスター勢追走に向けては不振にあえぐ相手にきっちり勝ち切りたい。 一方、首位で2021年を迎えたものの、直近5戦未勝利で4位に転落したリバプール(勝ち点34)。前節は格下バーンリーに競り負けてアンフィールドでのリーグ無敗記録が68試合でストップ。さらに、主力を起用した直近のFAカップではマンチェスター・ユナイテッドに競り負けて公式戦2連敗となった。そのユナイテッド戦では2ゴールを奪うも、リーグ戦では4戦連続無得点と得点力不足にあえいでおり、リーグ2位の堅守を誇るトッテナムとのアウェイゲームでは攻撃陣の奮起で5戦ぶりのゴール、6戦ぶりの白星を目指す。 なお、昨年12月にアンフィールドで行われた前回対戦はリバプールが2-1で勝利している。立ち上がりから押し込んだホームチームが前半半ばにFWサラーのゴールで先制に成功も、トッテナムが得意のカウンターからFWソン・フンミンのゴールですぐさま同点に追いついた。以降は攻めあぐねるホームチームに対してトッテナムがカウンターから幾度かゴールに迫るが、1-1で終了かに思われた試合最終盤にセットプレーからFWフィルミノが決めた渾身のヘディングシュートが劇的決勝点となった。 ◆トッテナム◆ 【4-2-3-1】 ▽トッテナム予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20210127_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:ロリス DF:オーリエ、アルデルヴァイレルト、ダイアー、レギロン MF:ムサ・シソコ、ホイビュルク MF:ベルフワイン、エンドンベレ、ソン・フンミン FW:ケイン 負傷者:DFドハーティ、ベン・デイビス、MFデレ・アリ、ロ・チェルソ 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関してはいずれも軽傷を抱えるドハーティ、デレ・アリ、ロ・チェルソが引き続き起用できない。さらに、直近のウィコム戦でふくらはぎを痛めたベン・デイビスに関しても欠場の可能性がある。 前節のブレイズ戦では相手のスタイルに合わせて[3-4-3]の布陣を採用したが、今回の試合では本来の[4-2-3-1]に戻す可能性が高い。スタメンに関してはダイアー、ホイビュルクの相棒、右ウイングの人選に注目したい。通常であれば、アルデルヴァイレルトとムサ・シソコ、ベルフワインの起用が濃厚だが、ロドンとウィンクス、ベイル辺りにも起用の可能性がありそうだ。 ◆リバプール◆ 【4-3-3】 ▽リバプール予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20210127_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:アリソン DF:アレクサンダー=アーノルド、マティプ、ファビーニョ、ロバートソン MF:チアゴ、ヘンダーソン、ワイナルドゥム FW:サラー、フィルミノ、マネ 負傷者:DFファン・ダイク、ジョー・ゴメス、MFナビ・ケイタ、ヘンダーソン、FWジョタ 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者の顔ぶれに大きな変化はないが、直近の公式戦2試合を欠場していたヘンダーソンがチームトレーニングに復帰しており、今回の試合で復帰できる見込みだ。 スタメンに関してはヘンダーソンの状態次第だが、直近のユナイテッド戦のメンバーをベースに、リース・ウィリアムズ、カーティス・ジョーンズに代わってマティプとマネのスタメン復帰が濃厚だ。ヘンダーソンが間に合わない場合、カーティス・ジョーンズかシャキリが代役を担う。 ★注目選手 ◆トッテナム:MFタンギ・エンドンベレ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20210127_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> トッテナムの注目プレーヤーは絶好調のエンドンベレ。鳴り物入りでの加入も、どん底を味わったデビューシーズンを経て、加入2シーズン目でようやく真価を発揮し始めた24歳。ここまではトップ下を主戦場に前線と中盤のリンクマンとしてアシストやゴールの一歩手前の仕事を担ってきた。しかし、前節のブレイズ戦では圧巻の個人技から右足アウトを使ったループシュートで今季リーグ3点目を挙げると、直近のウィコム戦では途中出場から2ゴールを奪って公式戦2試合連続ゴールを達成。より決定的な仕事を見せている。 そして、自身初出場が見込まれるリバプール戦ではベルフワインやベイルらと共にケイン、ソン・フンミンに続く新たな攻撃の刃としてリバプールの守備陣を脅かす役割が期待される。 ◆リバプール:FWモハメド・サラー <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20210127_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> リバプールの注目プレーヤーは得点力不足解消に向け奮起が期待されるエース。今季開幕戦でハットトリックを記録し、昨年12月初旬から4試合連続ゴールを挙げたサラーは、目下得点ランクトップの13ゴールと2シーズンぶりの得点王獲得に向けて好位置につける。ただ、現在は5戦連続無得点とスランプに陥っており、エースの不振がそのまま未勝利というチームの結果に繋がってしまっている。それでも、直近のFAカップではリーグの対戦で封じ込まれたユナイテッドを相手に2ゴールを挙げる活躍をみせ、スランプ脱出のキッカケを掴んだ印象だ。 リーグ6戦ぶりのゴールを狙う今回の対戦相手は、リバプール加入後の公式戦8試合で6ゴールを挙げている相性の良い相手だ。マッチアップが予想されるレギロン、ダイアーに対して強さ、速さを見せつけてチームを勝利に導くゴールを決めたい。 2021.01.28 18:00 Thu
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、絶不調のリバプールにもメリット感じず「大きな違いはない」

トッテナムを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、28日に控えるリバプールとの大一番を前に相手の印象について語っている。クラブ公式サイトが伝えた。 折り返しとなるプレミアリーグ第20節でリバプールと対戦するトッテナム。ここまで9勝6分け3敗で暫定6位に位置し、なんとか上位陣に食らいついているといった印象だ。一方、昨季王者であるリバプールは、順位表でこそトッテナムより上位にいるものの、リーグ戦では直近5試合未勝利で、連覇に向けて暗雲が立ち込めている。 そんな状況で迎えるリバプール戦だが、モウリーニョ監督は相手の不調がメリットになるとは微塵も思っていないようだ。 「今だろうが後だろうが大きな違いはない。開幕から19試合でリバプールと2回対戦するのに、アストン・ビラとは一度も対戦していないのが少し奇妙なだけだ。だが、リバプールとの対戦はいつだって熱がこもるものだ。特にここ数年は彼らがリーグを支配していたわけだからね。ヨーロッパも制覇したアメージングなチームだ」 また、この5試合で1得点にとどまっているリバプールだが、ポルトガル人指揮官は「チャンスは作っていた」と警戒。直近のマンチェスター・ユナイテッド戦を引き合いにして、素晴らしいチームであることを強調した。 「(第14節の)クリスタル・パレス戦では7得点を挙げている。その後の数試合はゴールを挙げられていないが、チャンスは作っていた。チームが決定機を作っていない時にゴールがないのは当然の結果だ。だが、チャンスを演出している時は、いつでも得点できると思っておかなければならない」 「実際に、彼らは前回のマンチェスター・ユナイテッド戦(FAカップ4回戦)ではリスクを犯さず、ジョーダン・ヘンダーソンやジョエル・ マティプ、サディオ・マネと何人かの選手を温存し、少しリラックスした状態で臨んでいた。明らかに次の試合に備えていたよ。次の我々との試合に向けてね」 「リバプールは素晴らしいチームだ。マンチェスターに行って2ゴールを決めてきているのだからね。3、4ゴールも奪えた可能性もある。私にとって彼らはトップチームだ」 2021.01.28 15:49 Thu
twitterfacebook
thumb

大不振リバプール、アレクサンダー=アーノルドは復調信じる「僕たちのリズムを取り戻したい」

リバプールのイングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドが、チームは不振からの脱却に必死で取り組んでいると明かしている。クラブ公式サイトが伝えた。 12月にはプレミアリーグ首位に立っていたリバプールだが、クリスマス後から絶不調に陥り、現在はリーグ5試合未勝利。順位は5位にまで転落し、タイトルどころか来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権すら逃しかねない状況だ。 また、24日に行われたFAカップ4回戦でもマンチェスター・ユナイテッドに敗れており、明るい兆しはなかなか見えてこない。こうした状況に、アレクサンダー=アーノルドも危機感を覚えていると語りつつ、チームは復調に向け必死に取り組んでいると強調した。 「僕たちは多くのことに取り組んでいるよ。この2、3年、高い基準を設定してきたから、周囲の人も自分たちも、それを維持して当たり前のようになっていると思う。だから、思うようにいかないときは他チームより目立ち、多くのことに目を向けられる」 「でも、それが僕らの担う責任だ。自分たちでも望んでいる勝ち点、必要としている勝ち点が得られていないのは理解しているよ。だから、なるべく早く自分たちのリズムを取り戻す必要がある。考え過ぎないようにしつつ、改善していきたいね。ここ数年続いたベストに戻りたいんだ」 「責めなければならないのは自分たちだけさ。結局のところ、僕たちは試合で勝ち点3を獲得し、勝利を手にするしかない。ここ数試合それができていない以上、自分たちのせいにするしかないね」 「あまり批判的になるのも良くないと思う。チャンスがあった試合は何度もあり、そこでもう少し点を取るべきだった。でも、それがフットボールだ。あまり深く考えず、自分たちを落ち込ませないようにしてきたが、やるべき必要があることは分かっているよ」 また、アレクサンダー=アーノルドは、28日に行われるプレミアリーグ第20節のトッテナム戦について言及。前回の対戦で勝利した相手に再び勝つことで、勢いを取り戻したいと意気込んだ。 「(前回のトッテナム戦は)今シーズンのベストゲームの1つだったね。タフな相手だが、対戦するときはいつも良い試合になっていると思う。勝ち点3を目標にしているし、自分たちが立てたプランを実行できれば、必ず成し遂げられると信じている」 「昨シーズンはゴールを決め、クリーンシートを達成し、1-0で勝利した場所だ。それをまた達成したい。スコアは気にしないし、4-3だろうと1-0だろうと構わないさ。僕たちは確実に、勝ち点3を獲得したいんだ。正しいメンタリティとパフォーマンスを発揮出来れば、そのチャンスは十分あるよ」 2021.01.27 15:25 Wed
twitterfacebook
thumb

急失速のリバプール、副将ミルナーはチームを鼓舞「ハードワークを続けるしかない」

リバプールで副キャプテンを務める元イングランド代表MFジェームズ・ミルナーが、不振に陥るチームを鼓舞している。クラブ公式サイトが伝えた。 リバプールは12月にプレミアリーグ首位に立ったものの、そこから急失速。現在はリーグ戦5試合未勝利の状況が続いており、順位も4位に転落している。また、24日に行われたFAカップ4回戦では、ライバルのマンチェスター・ユナイテッドに敗れており、なかなか浮上のきっかけをつかめない状態だ。 こうしたチーム状況に対して、ユナイテッド戦フル出場を果たしたミルナーは、結果が出ない現状へのもどかしさを語りつつも、着実に調子は上向いていると強調している。 「(FAカップからの敗退には)失望している。これはカップ戦であり、重要なのは結果だけだからね。誇りに思えるプレーもあったが、防げたはずのゴールを与えてしまったことにはがっかりしているよ」 「ただ、今回の失望は、最近の試合に比べれば小さかったと思う。それは、今後の僕たちにとってプラスになると考えたいね」 また、ミルナーはチームが上手く機能していないと、さまざまな面で悪影響が生じることに言及。不調の時こそ、自分たちを見失わないようにしたいと語った。 「ここ数年のように連戦連勝を続けてきた時でも、なかには勝つに値しない試合がある。でも、思った通りに物事が進んでいる時は、何事も簡単に思えるものなんだ」 「そして、結果が思うように出ていない時は、以前できていたことが上手くいかなくなる。だからこそ、僕たちは意欲的にハードワークを続け、失望しても正しい反応をとり続ける必要がある」 「(ユナイテッド戦は)攻撃陣が懸命に働いて、いくつかの良いチャンスを作ってくれた。それに、アタッキングサードでのプレーはとても良かったと思う。今回はカップ戦だったけど、これがリーグ戦での調子を取り戻す第一歩になって欲しい」 2021.01.26 11:52 Tue
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly