ACLに臨む横浜FM、スタッフ1名がPCR検査でReactive判定

2020.11.22 21:15 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©Y.F.M.
横浜F・マリノスは22日、トップチームスタッフの1名が新型コロナウイルスのPCR検査でReactive判定を受けたと発表した。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)に臨むためにカタールへ遠征している横浜FM。21日にドーハ・ハマド国際空港に到着後PCR検査を実施。そこでReactive判定を受けたとのことだ。なおこの1名を除いた選手やスタッフ56名は陰性となっている。

大会主催者(アジアサッカー連盟)の取りまとめで行われるPCR検査の判定結果には、Negative(陰性), Inconclusive(ウイルスの断片検出), Reactive(Ct値が30を超えるケース), Positive(Ct値30以下, 陽性)の4種類があるとのこと。Reactive判定とは、陽性に近い状態に当たるものとなる。

当該スタッフは体調に異常はなく、18日に実施したPCR検査の結果は陰性。Reactive判定を受けてからは、チーム滞在ホテルとは別のホテルにて隔離されているとのことだ。

なお、今後については「大会の運営ルールに基づき、Reactive判定を受けた当該スタッフは現在、別のホテルにて隔離中です。今後、体調の経過を観察のうえ数回実施するPCR検査にてNegative(陰性)が認められ、またReactive判定から7日間隔離後に、大会主催者ならびにCovid19 Compliance Officerの許可の下、チームへ合流することとなっております」とクラブ発表している。

またチームとしては「当該スタッフのReactive判定後、カタール保健省によるヒアリングが実施され、濃厚接触者はなしとの判断を受けました。また、該当スタッフ以外のNegative(陰性)判定をもとに、大会主催者とCovid19 Compliance Officerの許可を受け、遠征メンバー56名は21日(土)19時よりトレーニングを実施いたしました」と発表。チームの活動は問題なく行えているようだ。

横浜FMは25日に上海上港との再開初戦を行う。
コメント
関連ニュース
thumb

【ACLプレビュー】アジア王者を目指す再開初戦、2連勝の上海上港と対峙《上海上港vs横浜F・マリノス》

25日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020の第3節の上海上港(中国)vs横浜F・マリノスが行われる。 新型コロナウイルス感染拡大の影響によって今年3月以降、長期に渡って中断が続いたACL。東地区では紆余曲折を経て18日からカタールにて集中開催の形で再開となっていた。 ◆J王者としての意地を見せるか <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/marinos20201125_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©Y.F.M<hr></div> 2月のACLで2連勝を飾った横浜FM。最後の試合はシドニーFCとホームで対戦し、4-0で快勝を収めていた。 そこから9カ月、Jリーグでは33節を消化。チーム内には選手の移籍などもあり変化がありながら、横浜FMらしさを生かした戦いを続けてきた。 前日会見でアンジェ・ポステコグルー監督は「ケガ人がいない」とコメント。チームとしてはしっかりとメンバーを揃えられることは大きいだろう。 ケガ人も出たことから、スクランブルな体制を敷いていた直近のリーグ戦だったが、ACLでアジアタイトルを獲得するためにベストな布陣で臨めることになりそうだ。 ◆カタールで連勝 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/marinos20201125_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 対する上海上港は、新型コロナウイルスの影響で今回の集中開催まで今季のACLではプレーなし。しかし、すでにカタールで2試合を戦っている。 19日にはシドニーFC(オーストラリア)と戦い1-2で勝利。22日には全北現代モータース(韓国)と戦い、こちらも1-2で勝利を収めていた。 メンバーにはかつてJリーグでもプレーした元ブラジル代表FWフッキやチェルシーでもプレーした元ブラジル代表MFオスカル、またオーストラリア代表MFアーロン・ムーイと強力な選手が揃っている。 直近の全北現代戦では3人ともベンチスタートとなり、連戦を考えれば横浜FM戦では揃ってスタメンの可能性もあるだろう。3連勝で一気にグループステージ突破を掴みに来るはずだ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:オビ・パウエル・オビンナ DF:小池龍太、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、ティーラトン MF:喜田拓也、マルコス・ジュニオール、扇原貴宏 FW:水沼宏太、オナイウ阿道、エリキ 監督:アンジェ・ポステコグルー ◆注目選手 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/marinos20201125_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©J.LEAGUE<hr></div> 注目選手はエリキをピックアップしたい。 今シーズンは明治安田J1で29試合に出場しチーム最多タイの13ゴールを記録。要所でゴールを決めてチームを助けていた。 一時はチームのシステム変更に伴いシャドーを務めることもあったが、ウィングに入ってもゴールへの嗅覚は衰えず。チームに勢いをもたらすことができるだろう。 リーグ戦で連戦にも慣れており、再開初戦でゴールを決めて勢いに乗れば今大会で爆発の可能性もある。エリキのパフォーマンスに注目だ。 2020.11.25 19:15 Wed
twitterfacebook
thumb

「勝てる自信がある」カタールで2連勝中の上海上港と戦う横浜FM、扇原貴宏は「自分たちのサッカーができれば」

24日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の再開初戦を前に、横浜F・マリノスのキャプテンを務めるMF扇原貴宏が記者会見に出席した。 新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響によって今年3月以降、長期にわたって中断が続いたACL。東地区では紆余曲折を経て18日からカタールにて集中開催の形で再開となっていた。 Jリーグ王者として大会に参加している横浜FMは、25日に再開初戦で上海上港と対戦。約8カ月ぶりにACLの試合を戦うこととなる。 試合に先立ち会見に出席したMF扇原貴宏はACL再開について「監督も言ったように、選手たちもこの大会に懸ける思いが強く、カタールにやってきました」と強い思いを持って臨むとコメント。「カタールに来てからも良い練習ができていますし、明日の初戦に向けてしっかりと今日も含めて良い準備をしたいと思います」とし、良い準備ができていると手応えを語った。 上海上港はすでにカタールで2試合を行っており、19日にシドニーFC(オーストラリア)に1-2で勝利。22日には全北現代モータース(韓国)と対戦し、1-2で勝利を収めており、連勝中と波に乗っている。 その上海上港と再開初戦で戦う横浜FMだが、扇原は「僕たちは相手どうこうというより、マリノスのサッカーをすることが一番重要だと思っています」とコメント。「明日の再開初戦で自分たちのサッカーができれば、相手関係なく勝てる自信があるので、そこに集中したいなと思っています」とし、自分たちのサッカーを出すことに集中すると意気込んだ。 チームのコンディションについても「最初来た時は時差がありましたが、3日経ってコンディションもすごく良くなりました」とコンディションが問題ないとコメント。「マリノスのチームの一体感は強く、良い雰囲気で練習ができている。明日の試合に向けて良い準備ができていると思います」と語り、再開初戦にも良い雰囲気で臨めると語った。 2020.11.24 21:15 Tue
twitterfacebook
thumb

「最高のメンバーで臨める」ACL再開初戦に向けて横浜FMのポステコグルー監督が意気込む

24日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の再開初戦を前に、横浜F・マリノスのアンジェ・ポステコグルー監督が記者会見に出席した。 新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響によって今年3月以降、長期にわたって中断が続いたACL。東地区では紆余曲折を経て18日からカタールにて集中開催の形で再開となっていた。 Jリーグ王者として大会に参加している横浜FMは、25日に再開初戦で上海上港と対戦。約8カ月ぶりにACLの試合を戦うこととなる。 試合に先立ち会見に出席したポステコグルー監督はACLについて「数日前にこちらに到着したが、良い環境で練習もなんとかこなして、良い形で良い準備ができている」とコメント。また、試合会場となるアル・ジャヌーブ・スタジアムについても「スタジアムも見させてもらったが、本当に良いスタジアムで、明日からの試合が楽しみだ」と語り、「この大会を楽しみにしており、しっかりやっていきたいと思う」と大会再開に意気込みを語った。 今大会は変則的にカタールでの集中開催となり、中2日での連戦となる。この点については「3日おきの試合についてだが、Jリーグでも短期間で32試合をこなしてきた。そういう部分でも今シーズンはチャレンジングなシーズンだった」と変則日程には慣れているとコメントした。 また、マリノスのサッカーについても「自分たちのサッカーは運動量が多く、強度も高いサッカーをやってきて、休みなくやってくるのは難しかった」とコメント。それでも「チームでしっかり最高のメンバーで臨めると思う。ケガ人がないことでこの大会に臨めることは良いことだ」と語り、ケガ人が現状は居ないことを明かした。 また「日本のJリーグではケガ人があって難しい部分もあったが、そういう部分を除いて、ACLはケガ人もないので、しっかりと戦っていければと思う」と語り、チーム総力戦でアジアのタイトルを獲得しに行くことに意気込んだ。 明日の上海上港戦については「まずは自分たちが集中しなければいけないのは、やるべきことをしっかりやっていこう。そういうところだし、やるべきことをやることが大事」とコメント。自分たちの良さを出せるかがカギだという。 一方でカタールの準備状況については「こちらに来て2日しか経っていないが、オーガナイズという部分でもしっかりできていると思うし、今大会は難しいと思うが、スタッフの皆さんが一生懸命やってくれているのが見える」と準備状況にも満足。「みんなでこの状況を柔軟性を持ってやっていかなければいけない」と参加するチーム全ての協力が必要だとした。 2020.11.24 20:54 Tue
twitterfacebook
thumb

川崎Fが2季ぶり優勝に王手! 三笘の1G1Aで横浜FMとのダービー制す《J1》

明治安田生命J1リーグ第30節の川崎フロンターレvs横浜F・マリノスが18日に等々力陸上競技場で行われ、3-1で川崎Fが勝利した。 首位を独走している川崎Fだが、2試合未勝利と足踏み。3試合ぶりの勝利を目指す今節は負傷していた長谷川が第6節以来のスタメンとなったほか、約1カ月ぶりに小林がベンチ入りを果たした。一方、直近の浦和レッズ戦で6-2と自慢の攻撃陣が爆発して連敗をストップさせた横浜FMは、その試合から7名変更のターンオーバーを行った。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=uoawka9dxwl01wli8glygoxom" async></script></div> 1位vs7位の神奈川ダービーはアウェイの横浜FMペースで進んでいく。10分、自陣からマルコス・ジュニオールがスルーパスを供給。抜け出したエリキがクロスを送ったが、ジェジエウの対応に遭い、シュートまで持ち込めない。 優勝に向けてあと2勝している川崎Fだが、昨季王者の前に良さを消されてしまい劣勢のまま推移。拮抗した展開になった40分、田中のパスに抜け出した齋藤がボックス中央手前でGK高丘のハンドを誘発。このプレーで獲得したFKを脇坂が直接狙ったが、退場処分となったGK高丘に代わってゴールマウスに立ったGKオビ・パウエル・オビンナの好守に遭った。 数的優位となった川崎Fはハーフタイム明けに投入した三笘にボールを集めていく。53分、ボックス右を突破した齋藤のクロスをファーサイドの三笘が足元に収めてからマイナスにクロス。これは繋がらなかったものの、こぼれ球に自ら反応して右足シュートをニアサイドに突き刺した。 後半に入り防戦一方だった横浜FMも59分にワンチャンスをモノにする。右CKを獲得すると、ティーラトンがインスイングのクロスを供給。ファーサイドの畠中が打点の高いヘディングシュートを叩き込み、タイスコアに戻した。 だが、その後も三笘を中心に川崎Fが攻撃を組み立てていく。74分にその三笘のパスを受けた大島が敵陣中央手前から右足シュート。その直後にも三笘が個人技から左足シュートを放ったが、立て続けにGKオビ・パウエル・オビンナのファインセーブに阻まれた。 勝ち越しゴールが遠い川崎Fだったが90分、中村のパスを受けた旗手がボックス右手前から鋭いクロス。相手DFのクリアボールがゴール前のジェジエウの下にこぼれると、倒れ込みながら執念で押し込んでリードを手にした。 川崎Fは93分に三笘がチアゴ・マルチンスに倒されて獲得したPKを小林が決めきれなかったものの、その2分後に三笘のアシストから小林が汚名返上の3点目。その直後に終了の笛が鳴り、3-1で勝利を収めた。 3試合ぶりの勝利を収めた川崎Fは21日に行われる大分トリニータ戦に勝利すれば2シーズンぶりの優勝が決まる状況となった。 川崎フロンターレ 3-1 横浜F・マリノス 【川崎F】 三笘薫(後8) ジェジエウ(後45) 小林悠(後50) 【横浜FM】 畠中槙之輔(後14) 2020.11.18 21:25 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第30節:川崎Fvs横浜FM】白熱の“神奈川ダービー”、優勝に王手か、アジア制覇へ弾みをつけるか

【明治安田生命J1リーグ第30節】 2020年11月18日(水) 19:00キックオフ 川崎フロンターレ(1位/69pt) vs 横浜F・マリノス(7位/47pt) [等々力陸上競技場] ◆勝てば優勝に王手の“神奈川ダービー”【川崎フロンターレ】 前節は鹿島アントラーズと対戦し、1-1のドローに終わった。前々節に北海道コンサドーレ札幌に敗れて連勝が「12」でストップしていた川崎Fだが、2試合連続の勝利なし。しかし、これは8月に10連勝でストップした時と同じ流れだ。 アウェイゲームでの勝ち点1、さらに、試合直前で開催が危ぶまれるという異例の事態の中での勝ち点1は、貴重な勝ち点となった。 今節の相手は昨シーズン王者の横浜F・マリノス。この試合で川崎Fが勝利すれば、2年ぶりの優勝に王手をかけることとなる。 前回はホームで札幌に敗れているだけに、今節はしっかりと勝利し、優勝に王手をかけたいところ。1週間後には現在2位のガンバ大阪戦が待っているだけに、勝利を重ねて優勝を決めておきたい。 気負い過ぎずにこれまで通りのサッカーを披露できるかが勝利のポイント。“神奈川ダービー”で盛り上がる中、しっかりと地に足をつけて戦えるかが注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:チョン・ソンリョン DF:山根視来、ジェジエウ、谷口彰悟、登里享平 MF:田中碧、守田英正、脇坂泰斗 FW:家長昭博、レアンドロ・ダミアン、三笘薫 監督:鬼木達 ◆アジア制覇に向けて弾みとなる連勝を【横浜F・マリノス】 前節はホーム最終戦で浦和レッズと対戦し、6-2と圧勝。ホームサポーターに4試合ぶりの勝利を届けることに成功した。 3連敗と一気に調子を落とした中での試合は、前半から圧力をかけて戦い、攻撃陣が躍動。横浜FMらしい試合を披露することに成功した。 今節が終わればカタールへと渡りAFCチャンピオンズリーグ(ACL)を戦うことになる横浜FM。前節はGKオビ・パウエル・オビンナがデビューを果たすなどしている中、今節もメンバーを入れ替えて臨むことになるようだ。 昨年王者として王者まであと数歩の川崎Fとの“神奈川ダービー”は負けるわけにはいかない。しっかりと勝利し、アジア王者へ向けた弾みにしたいところだ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:オビ・パウエル・オビンナ DF:松原健、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、高野遼 MF:渡辺皓太、喜田拓也、天野純 FW:仲川輝人、オナイウ阿道、大津祐樹 監督:アンジェ・ポステコグルー 2020.11.18 15:05 Wed
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly