無所属になって1カ月半、日本代表の“元10番”香川真司は1月の市場を目指す?

2020.11.22 16:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©Real Zaragoza
戦力外になり無所属になってから1カ月半以上が経過した元日本代表MF香川真司。どうやら来年1月の移籍市場が開くまではプレーするつもりがないようだ。スペイン『エル・ペリオディコ』が報じた。昨シーズン、レアル・サラゴサに加入した香川。チームはセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)を戦いラ・リーガ昇格を目指していた中、プレーオフで敗れ2部に残留することとなった。

香川は今シーズンもサラゴサでプレーするつもりだったが、高額な給与がネックに。また、EU圏外枠の問題もありクラブと交渉が上手くいかないと、10月2日に戦力外が決定。リーグ戦のメンバーに登録されず、退団となった。

スペイン国内でのプレーを望んでいた香川には、1部や2部のクラブからオファーがあったとされる中、どのオファーも断る状況に。また、ブンデスリーガやセリエAのほか、ギリシャ、トルコ、ブラジルなどスペイン国外からのオファーも届いたが、一切受け付けないことを決めていた。

『エル・ペリオディコ』によると、香川は退団後もサラゴサの自宅に滞在。決まった日に施設を利用してトレーニングを行なっているものの、大半が自宅でフィジカルトレーニングを行なっているとのことだ。

フリーのため、EU圏外枠が空いていればクラブと契約が可能だが、スペインクラブからのオファーも断っている状況では、何を求めているのかはわからない状況。条件面の問題なのかは不明だが、1月に何らかのオファーが届くことを待つしかないようだ。

日本人選手では今年2月にチームの登録から外れた日本代表DF長友佑都がガラタサライに残り半年間試合出場なしを経験。今夏マルセイユからオファーがあり加入したが、香川にも長友と同じようなオファーが来るだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

ハキミのドッピエッタでインテルが快勝!冨安が2失点に関与のボローニャは完敗《セリエA》

セリエA第10節、インテルvsボローニャが5日に行われ、3-1でインテルが快勝した。 前節サッスオーロ戦を快勝とし、2位浮上としたインテル(勝ち点18)。首位ミランを5ポイント差で追う中、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ではボルシアMG相手に3-2と逃げ切り勝利を飾り、最終節にわずかながら突破の可能性を残した。公式戦連勝とした中、ボルシアMG戦のスタメンから4選手を変更。L・マルティネスやバレッラらに代えてサンチェスやビダル、ペリシッチらを起用した。 対する10位ボローニャ(勝ち点12)は前節クロトーネ戦をウノゼロの勝利で飾った。実にセリエAにおいて42試合ぶりの無失点試合として5大リーグ連続失点のワースト記録のストップに貢献した冨安が開幕から10試合連続スタメンとなった。 ルカクとサンチェスの2トップで臨んだインテルに対し、ボローニャはインテルに合わせて3バックを採用。冨安は左センターバックに入った。 自陣に引いて守備ブロックを形成するボローニャに対し、立ち上がりから攻勢に出たインテルは10分、左CKからデ・フライのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKスコルプスキにセーブされた。 それでも16分、インテルが押し切る。左サイドからのクロスを受けたルカクが対応していた冨安を弾き飛ばしてフィニッシュに持ち込み、シュートを蹴り込んだ。 その後は一進一退の攻防が続いた中、33分にインテルに追加点のチャンス。ルカクが独走してGKと一対一に。しかし、スコルプスキに防がれた。 それでも45分、インテルが突き放す。ブロゾビッチの浮き球パスを冨安がカットしきれずハキミに通ると、ボックス中央に侵入したハキミは冷静にGKとの一対一を制した。 迎えた後半もインテルが押し込む流れが続くと、56分にサンチェスがGK強襲のシュートを浴びせる。 劣勢のボローニャは63分に3枚替えを敢行。4バックに変更とすると、67分に代わって入った選手たちがゴールに絡む。左クロスのルーズボールをゴールエリア左のドミンゲスが折り返し、ファーサイドのヴィニャートが押し込んだ。 しかし3分後、インテルが突き放す。右サイドでボールを受けたハキミがカットインから中央に切れ込み、左足でゴール左へシュートを蹴り込んだ。 ハキミのドッピエッタでリードを広げたインテルは3枚替えを敢行。ルカクやハキミらに代えてL・マルティネスやバレッラを投入した。 終盤にかけては流し気味に試合を進めたインテルが余裕を持って時間を消化。リーグ戦3連勝として首位ミランにプレッシャーをかけている。 2020.12.06 06:40 Sun
twitterfacebook
thumb

鎌田がドルトムントからゴール!劣勢のフランクフルトが勝ち点1をもぎ取る《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第10節、フランクフルトvsドルトムントが5日に行われ、1-1で引き分けた。フランクフルトのMF鎌田大地はフル出場、DF長谷部誠はベンチ入りも出場機会はなかった。 前節ウニオン・ベルリン戦を鎌田の2アシストがあった中3-3と引き分けた9位フランクフルト(勝ち点12)。4戦連続ドロー中で6試合勝利がない中、鎌田が開幕から10試合連続スタメンとなった一方、ここ2試合出場機会のない長谷部は3試合連続ベンチスタートとなった。 対するドルトムントは前節ケルンに足をすくわれ、終盤の反撃虚しく今季3敗目を喫した。首位バイエルンとの勝ち点差を4ポイントに広げられた中、3日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ではラツィオ相手に1-1と引き分けて決勝トーナメント進出を決めた。そのラツィオ戦のスタメンから6選手を変更。ベリンガムやT・アザールらに代えてサンチョやブラント、ヴィツェルらがスタメンに戻り、負傷が心配されたフンメルスも先発となった。 共に[3-4-2-1]で臨んだ一戦。ブラントを最前線に、サンチョとレイナをシャドーに配したドルトムントに対し、フランクフルトが9分に先制する。決めたのは鎌田。ディフェンスライン裏を取った鎌田がヒンテレッガーのフィードに抜け出してボックス左に侵入。完璧なトラップから左足でゴール右にシュートを流し込んだ。 早々に追う展開となったドルトムントは20分にサンチョが右サイドからのカットインシュートでゴールに迫ると、26分にもレイナとの関係からサンチョが決定的なシュートを浴びせる。 前半半ば以降もドルトムントが押し込む流れが続いて迎えた後半、ムココを投入したドルトムントは、56分に個人技で同点とした。ボックス左でパスを受けたレイナがカットインでDFを剥がし、強烈なシュートでゴール左上を射抜いた。 その後も同点としたドルトムントの攻勢が続いたが、粘るフランクフルトが水際で凌ぎきって1-1のままタイムアップ。 劣勢のフランクフルトが鎌田のゴールで勝ち点1をもぎ取っている。 2020.12.06 01:31 Sun
twitterfacebook
thumb

堂安1G1Aのビーレフェルトが逃げ切り勝利で連敗を7でストップ!《ブンデスリーガ》

ビーレフェルトは5日、ブンデスリーガ第10節でマインツをホームに迎え、2-1で逃げ切った。ビーレフェルトのMF堂安律はフル出場している。 前節ライプツィヒ戦では終盤の反撃虚しく1-2と敗れ、7連敗となった17位ビーレフェルト(勝ち点4)は、堂安がフラットな[4-4-2]の右MFで開幕から10試合連続スタメンとなった。 16位マインツ(勝ち点5)に対し、ポゼッションする立ち上がりとなったビーレフェルトは、12分にピンチ。スルーパスに抜け出したマテタにゴールエリア左へ侵入されてシュートを打たれたが、GKオルテガがセーブした。さらに16分にもピンチ。マテタにGKと一対一の局面を作られたが、シュートミスに救われた。 すると22分、堂安のアシストからビーレフェルトが先制する。左サイドからのクロスをボックス中央の堂安が処理して後方に丁寧にパス。これを受けたプリートルが右足を振り抜くと、ミドルシュートがDFにディフレクトしてネットを揺らした。 さらに32分、ビーレフェルトに追加点が生まれる。決めたのは堂安。中央でパスを受けた堂安がDF3人に対応された中、ペナルティアーク中央から左足を一閃。コントロールされたシュートがゴール右に決まった。 2点をリードして迎えた後半、ビーレフェルトは61分に3点目のチャンス。だが、スルーパスに抜け出したボックス右のプリートルのシュートはGKの好守に阻まれた。 その後も自陣に引きながらマインツの攻撃を受け止めていたビーレフェルトだったが、82分に分厚い攻めを受けた流れからシュテーガーにゴールを許し、1点差とされる。 それでも2-1で逃げ切り、ビーレフェルトが勝利。堂安の1ゴール1アシストの活躍で連敗を7で止め、今季2勝目を挙げている。 2020.12.06 01:25 Sun
twitterfacebook
thumb

【DAZN欧州組応援部】11月度のベストプレーヤーズを選出!TOP3に選ばれたのは?

DAZNと10のスポーツメディアで構成される「DAZN欧州組応援部」。その企画として、11月度月間ベストプレーヤーズが各メディアの投票により決定した。 この企画はDAZNで配信する欧州リーグ戦を対象に、対象期間内の日本人選手のパフォーマンスを10のメディアが独自の基準で評価。投票により、上位3選手を「月間ベストプレーヤーズ」として表彰するものだ。 対象となるリーグは、プレミアリーグ、ラ・リーガ、セリエA、リーグ・アン、ジュピラー・プロ・リーグ。今回は10月28日(水)~11月24日(火)の試合を対象として、ベストプレーヤーを決定した。 ★参加10メディア ※順不同<br/>DAZN NEWS/Football ZONE WEB/サッカーキング/サッカーマガジンWEB/footballista/Qoly/Goal/MILKサッカーアカデミー/サッカーダイジェストWeb/超WORLDサッカー 「DAZN欧州組応援部」11月度のTOP3選手はこちら! <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/20-21europa_japanese.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;"><hr></div> <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;border-left: solid 5px #7db4e6;">3位:FW吉田麻也(サンプドリア)</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/202011_yoshida.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div class="desc" style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images</div> <div class="desc" style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">出場試合:3試合(先発3試合) 出場時間:270分 成績:0ゴール0アシスト チーム成績:1勝2敗 </p></div> 9・10月度の「月間ベストプレーヤーズ」で1位に輝いた吉田。引き続きチームの守備の要として試合に出続けているが、対象期間ではチームが2敗。3試合で4失点と締めることができなかった。前節は前半のみで交代となり、今後の起用が気になるところ。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;border-left: solid 5px #7db4e6;">2位:DF冨安健洋(ボローニャ)</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/202011_tomiyasu.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div class="desc" style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images</div> <div class="desc" style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">出場試合:3試合(先発3試合) 出場時間:270分 成績:0ゴール0アシスト チーム成績:2勝1敗 </p></div> 先月はトップ3に入らなかった冨安だが、今月は2位にランクイン。安定したパフォーマンスで苦しんでいたチームの守備を整え、結果が出るように。イタリア国内での評価も相変わらず高い。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;border-left: solid 5px #7db4e6;">1位:FW伊東純也(ヘンク)</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/202011_ito.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div class="desc" style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images</div> <div class="desc" style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">出場試合:3試合(先発2試合) 出場時間:189分 成績:1ゴール2アシスト チーム成績:3勝 </p></div> 11月度の1位に輝いた伊東は1ゴール2アシストと結果を残しチームの勝利に貢献。11月22日のムスクロン戦では1ゴール1アシストの活躍でチームの4-1の勝利を呼び込んだ。日本代表戦でも見せたように好調を維持している。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;border-left: solid 5px #7db4e6;">超WS的期待の選手:FW鈴木武蔵(ベールスホット)</div><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/202011_musashi.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div class="desc" style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images</div> <div class="desc" style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">出場試合:3試合(先発3試合) 出場時間:252分 成績:1ゴール0アシスト チーム成績:2勝1分け </p></div> 期間中のゴールは1だが、コンスタントに出場。チームも昇格組ながらリーグ3位につけており、直近4試合で3勝1分けと調子を上げている。好調なチームで重要な存在となるためにもさらに数字を残すことに期待だ。 2020.12.04 12:45 Fri
twitterfacebook
thumb

【EL第5節結果まとめ】三好所属のアントワープがGS突破! アーセナルやローマは首位通過を決める

2020-21シーズンのヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第5節が3日に行われた。 すでに決勝トーナメント進出を決めているローマ、アーセナル、レスター・シティ、ホッフェンハイムの4チームの加え、今節で新たにグループステージ突破を決めたのはミラン、、ビジャレアル、トッテナム、アントワープ、レバークーゼン、レンジャーズ、ベンフィカ、グラナダら14チーム。 グループJでは三好康児の所属するアントワープが、グループステージ突破かけてルドゴレツと対戦。試合が動いたのは19分、バイタルエリア中央でボールを受けたホングラが強烈なロングシュートをゴール右に突き刺し、アントワープが先制。後半序盤に同点に追いつかれたアントワープだったが、72分にデ・ラエト、87分にベンソンがゴールネットを揺らし3-1で勝利。決勝トーナメント進出を決めたアントワープは、最終節で同じく決勝トーナメント進出を決めたトッテナムとグループ首位を懸けた直接対決を行う。 また、北川航也が3試合ぶりの先発となったラピド・ウィーンは、アウェイでアーセナルと対戦し、1-4で敗戦。試合は10分にラカゼットの無回転ロングシュートでアーセナルが先制すると、18分にパブロ・マリ、44分にエンケティアがゴールネットを揺らし、3点のリードを奪う。 一矢報いたいラピド・ウィーンは、後半開始早々の47分にアラセのシュートのこぼれ球を北川がボレーシュートで流し込み、反撃の狼煙を上げる。しかし、その後は地力の差を見せつけるアーセナルの猛攻を浴びると66分、途中出場のスミス=ロウにゴールネットを揺らされ、1-4で敗戦した。この結果、EL唯一の5連勝を飾ったアーセナルがグループBを首位で通過した。 その他、グループAでは3連勝のローマが首位突破を決めた。グループCはスラビア・プラハとレバークーゼンが、グループDではレンジャーズとベンフィカが、グループEではグラナダとPSVがそれぞれ勝ち抜け。 また、レスター・シティの勝ち抜けが決まっていたグループGはブラガ、グループHではミランとリールが決勝トーナメントへ駒を進めた。グループIは久保建英の所属するビジャレアルが、グループKではディナモ・ザグレブが首位通過を決め、グループLではホッフェンハイムが首位通過、ツルヴェナ・ズヴェズダが2位通過を決めた。 ■ELグループステージ第5節結果 ◆グループA クルージュ 0-0 CSKAソフィア ローマ 3-1 ヤング・ボーイズ ◆グループB モルデ 3-1 ダンドーク アーセナル 4-1 ラピド・ウィーン ◆グループC ニース 2-3 レバークーゼン スラビア・プラハ 3-0 ハポエル・ベエルシェバ ◆グループD レンジャーズ 3-2 スタンダール・リエージュ ベンフィカ 4-0 レフ・ポズナン ◆グループE グラナダ 0-1 PSV オモニア 2-1 PAOK ◆グループF レアル・ソシエダ 2-2 リエカ AZ 1-1 ナポリ ◆グループG ゾリャ 1-0 レスター・シティ AEKアテネ 2-4 ブラガ ◆グループH リール 2-1 スパルタ・プラハ ミラン 4-2 セルティック ◆グループI スィヴァススポル 0-1 ビジャレアル カラバフ 1-1 マッカビ・テルアビブ ◆グループJ アントワープ 3-1 ルドゴレツ LASK 3-3 トッテナム ◆グループK フェイエノールト 0-2 ディナモ・ザグレブ CSKAモスクワ 0-1 ヴォルフスベルガー ◆グループL ヘント 1-2 リベレツ ツルヴェナ・ズヴェズダ 0-0 ホッフェンハイム 2020.12.04 07:16 Fri
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly