バイエルン、お得意様ブレーメンに痛いドロー、大迫は出場せず《ブンデスリーガ》

2020.11.22 01:40 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブンデスリーガ第8節、バイエルンvsブレーメンが21日に行われ、1-1で引き分けた。ブレーメンのFW大迫勇也はベンチ入りも出場機会はなかった。バイエルンは前節、ドルトムントとのデア・クラシカーを逆転勝利し、単独首位に躍り出た。この試合でキミッヒを長期離脱で失った中、代表戦を戦ってきたゴレツカやニャブリ、サネらドイツ代表組がベンチスタートとなり、ミュージアラやドグラス・コスタが先発となった。

一方、前節ケルン戦では途中出場した中、自身が与えたFKから先制ゴールを献上してしまった大迫。攻撃面でもアピールに失敗した中、代表に合流せずコンディションは万全の中、引き続きベンチスタートとなった。

[4-3-3]で臨んだバイエルンは3トップに右からコマン、レヴァンドフスキ、ドグラス・コスタと並べ、ミュージアラは左インサイドに入った。

6分にCKからミュラーが決定的なヘディングシュートを浴びせたバイエルンが押し込む時間を増やす展開で立ち上がっていくも、ブレーメンが16分に決定機。左クロスに合わせたサージェントのダイレクトシュートはGKノイアーのファインセーブに阻まれ、ルーズボールを押し込みにかかったアウグスティンソンのシュートもGKノイアーの好守に阻止された。

バイエルンは19分、リュカが空中戦の際に腰をピッチに強く打ち付けてプレー続行不可能となり、ゴレツカが中盤に投入され、ハビ・マルティネスがセンターバックに下がった。

ハーフタイムにかけてはブレーメンが集中した守備でバイエルンの攻撃を凌ぐと、45分に先制する。サージェントがボックス右へ侵入してマイナスに折り返すと、M・エッゲシュタインが合わせてネットを揺らした。

迎えた後半、1点を追うバイエルンが前がかる中、52分にドグラス・コスタのミドルシュートがバーに直撃する。そして62分、試合を振り出しに戻した。ボックス手前右からのゴレツカのクロスをファーサイドのコマンがヘッドで押し込んだ。

同点後、3枚替えを敢行したバイエルンはニャブリやサネを投入。引き続き押し込む展開が続くも、水際で守るブレーメンを崩しきれない。

終盤にかけてはカウンターでサージェントがバイエルンを脅かしたブレーメンが勝ち越しゴールに迫った中、1-1でタイムアップ。ブレーメンはバイエルン相手の連敗を22で止めている。
コメント
関連ニュース
thumb

相手をすり抜けた?チアゴがバイエルンで見せた超絶ドリブル突破【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はリバプールのスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラがバイエルン時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆チアゴが決めた極上のスキルが光るゴラッソ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJwa0xJbjRndCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> バルセロナの下部組織で育ったチアゴは、2013年夏に名将ジョゼップ・グアルディオラ監督を追ってバイエルンに加入。中盤から試合をコントロールし、主力として活躍した。 抜群のパスセンスで攻撃を組み立てることに長けたチアゴだが、2020年2月1日に行われたブンデスリーガ第20節のマインツ戦では、自らのドリブル突破から見事なゴールを決めている。 2-0とバイエルンリードの26分、ボックスの外でボールを受けたチアゴはドリブルで仕掛けてボックスの中に侵入。DF2人に進路をふさがれながらも、足裏でのボールタッチとシザースフェイントのコンビネーションで、相手の間をするりと抜けると、ゴール左の位置から強烈なシュートを放つ。左足のシュートは角度の厳しいところからゴール右のサイドネットに突き刺さり、見事な追加点を決めた。 試合は、チアゴのゴールなどで前半だけで3点を奪ったバイエルンが3-1で勝利している。 2020.11.27 15:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ロッベンが得意の位置から決めたアンストッパブルな強烈ミドル【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はフローニンヘンの元オランダ代表FWアリエン・ロッベンがバイエルン時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ロッベンが得意の位置から叩き込んだゴラッソ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI1UUIyQ1FsbiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2009年夏にレアル・マドリーからバイエルンに加入したロッベンは、世界屈指のウインガーとしてバイエルン攻撃陣の一角を長年に渡り担い、チームを多くのタイトル獲得に導いた。 絶対的な縦への速さと、分かっていても止められない切れ味抜群のカットインとミドルシュートで得点を量産したロッベンだが、2018年2月6日に行われたDFBポカール準々決勝のパーダーボルン戦では、得意の位置からゴールを決めている。 4-0とバイエルン大量リードで迎えた86分、ロッベンが右サイドにドリブルで攻め入ると、相手からのタックルを受けながらも大外のMFコランタン・トリソにパスを送る。トリソがドリブルでボールを運び、中央のMFセバスティアン・ルディにパスを送ると、ルディがダイレクトでボールをロッベンに落とす。 このパスをペナルティーアーク内の絶好の位置で受けたロッベンが左足で強烈なシュートを放つと、左上の完璧なコースに美しいゴールが決まった。 試合を決めたバイエルンはさらに1点を加え、6-0の大勝を収めている。 2020.11.26 19:00 Thu
twitterfacebook
thumb

4連勝で決勝T進出のフリック監督「効率的で非常に満足している」

バイエルンのハンジ・フリック監督が、チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ突破を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。 25日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループA第4節でザルツブルクと対戦したバイエルン。43分にFWロベルト・レヴァンドフスキが先制点を記録すると、後半にMFマルク・ロカの退場がありながらも、FWレロイ・サネのゴールなどで3-1の勝利を収めた。 グループステージ4連勝で決勝トーナメント進出を決めたバイエルン。試合を振り返ったフリック監督は、前半のミスを反省をしながらも、目標を達成した選手たちを評価した。 「今日の試合でグループステージを突破することが我々の目標だった。しかし、前半は簡単にボールを失うことが多く、自分たちで試合を難しくしてしまった」 「後半は良くなって、退場者が出ても問題なかった。私は満足している」 「4戦4勝。今日は効率的で非常に満足していて、最後尾は世界クラブのゴールキーパーが守っている」 2020.11.26 13:20 Thu
twitterfacebook
thumb

4連勝のバイエルンが決勝T進出! アトレティコは2戦連続ドローで足踏み《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)・グループA第4節、バイエルンvsレッドブル・ザルツブルクが25日に行われ、3-1で勝利したバイエルンが決勝トーナメント進出を決めた。なお、ザルツブルクMF奥川雅也はケガのため招集外となった。 グループステージ3連勝で決勝トーナメント進出に王手をかけた昨季王者のバイエルンは、1-1で引き分けた直近のブレーメン戦から先発4人を変更。クリス・リチャーズ、ロカがCL初出場を飾った。 試合はホームチームが押し込む展開が予想された中、以外にもアウェイチームが押し込む入りに。開始3分にはカマラがいきなり枠内シュートを放つが、これはGKノイアーにセーブされる。 その後はバイエルンもすぐさま盛り返した互いにフィニッシュまで持ち込むオープンな展開がしばらく続く。そういった流れの中で35分にはボックスないでショボスライにGKと一対一の絶好機が訪れるが、ここは世界屈指の守護神のプレッシャーかシュートを大きくふかしてしまった。 すると、前半終了間際の42分にバイエルンが先制点を奪う。ボックス手前でレヴァンドフスキのヒールパスに反応したミュラーが強烈なシュートを枠に飛ばす。これはGKの好守に阻まれるも、こぼれ球に詰めたレヴァンドフスキが冷静に流し込んだ。 レヴァンドフスキのラウール・ゴンサレスに並ぶCL歴代3位の通算71点目でリードを奪ったバイエルンは、後半も早い時間帯に追加点を挙げる。ボックス手前でコマンが放ったミドルシュートが相手DFのオウンゴールを誘った。 この2点目で余裕の展開となったホームチームだが、65分過ぎにアクシデントが発生。五分五分のボールに反応したロカがアフターの形で相手の足をスパイクしてしまい、この試合2枚目のイエローカードで退場に。 しかし、このアクシデントにも動じない王者は直後の69分にコマンの左クロスをゴール前のサネが頭で合わせ、試合を決定づける3点目とした。 その後、数的優位のザルツブルクの猛攻に晒されて73分にはベリシャに一矢報いるゴールを決められたものの、これ以上の失点は許さず。ホームで3-1の完勝を収めたバイエルンが4連勝で2節を残しての決勝トーナメント進出を決めた。 また、同日行われたアトレティコ・マドリーvsロコモティフ・モスクワは0-0のドローに終わった。 前回対戦を1-1のドローで終えた両チームによるリターンマッチは、その一戦を再現するかのような展開に。ホームのアトレティコが終始主導権を握って20本を超えるシュートを浴びせかけたものの、コケのゴールがVARによるオフサイド判定で取り消されるなど、決め手を欠いた。 そして、試合はこのまま0-0のドローに終わり、アトレティコは2位キープに成功したものの、もったいない勝ち点逸となった。 バイエルン 3-1 ザルツブルク 【バイエルン】 レヴァンドフスキ(前42) OG(後7) サネ(後23) 【ザルツブルク】 メルギム・ベリシャ(後38) アトレティコ・マドリー 0-0 ロコモティフ・モスクワ 2020.11.26 07:27 Thu
twitterfacebook
thumb

FIFA年間最優秀監督賞候補にフリックやクロップら5人の名将が選出

国際サッカー連盟(FIFA)は25日、2020年の『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ』の年間最優秀監督賞候補5名を発表した。 今回有識者によって選出された年間最優秀監督賞候補には、昨シーズンのバイエルンでチャンピオンズリーグ(CL)、ブンデスリーガ、DFBポカールのシーズントレブルを達成したハンジ・フリック監督を筆頭に錚々たる名将が選出された。 本命のフリック監督以外ではリバプールに史上初のプレミアリーグのタイトルをもたらしたユルゲン・クロップ監督、セビージャでヨーロッパリーグ(EL)制覇を成し遂げたフレン・ロペテギ監督、レアル・マドリーに3シーズンぶりのラ・リーガのタイトルをもたらしたジネディーヌ・ジダン監督が順当に選出。 その中でやや意外な選考となったのが、フットボール界の鬼才と評されるリーズ・ユナイテッドのマルセロ・ビエルサ監督。フットボール界で多くの尊敬を集めるアルゼンチン人指揮官は、昨シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部)を制してリーズを16年ぶりのプレミアリーグに復帰させたが、トップディビジョン以外でのリーグタイトルでの候補入りは異例と言える。 なお、FIFAの公式サイトでは3名の最終候補を選出するファン投票を実施中で、ここに全世界200以上のメディア、FIFA加盟国の代表監督とキャプテンの投票が加わり、12月17日にチューリヒで行われるセレモニーの場で受賞者が発表される予定だ。 2020.11.26 02:25 Thu
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly