コロナから復帰のインモービレが1G1Aのラツィオが最下位に快勝《セリエA》

2020.11.22 00:59 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラツィオは21日、セリエA第8節でクロトーネとのアウェイ戦に臨み、2-0で快勝した。

前節ユベントス戦をラストプレー弾で引き分けに持ち込んだ9位ラツィオ(勝ち点11)は、ミリンコビッチ=サビッチとルイス・フェリペが新たにコロナ陽性となった中、コロナ陰性となったインモービレが先発で復帰した。

ピッチに雨を多く含んだ中でキックオフとなった一戦。最下位クロトーネ(勝ち点2)に対し、インモービレとコレアの2トップで臨んだラツィオは、13分にピンチ。しかし、シミーのボレーシュートはわずかに枠の右に外れた。

押し込まれる入りとなったラツィオだったが、21分に先制する。右サイドからパローロの上げたアーリークロスにインモービレがダイビングヘッドで合わせた。

エースの一発でリードしたラツィオは37分、コレアのパスをボックス中央で受けたパローロのシュートはGKコルダスの好守に阻まれ、1点のリードで前半を終えた。

それでも迎えた後半、58分にラツィオが突き放す。インモービレのパスを受けたコレアがボックス左から左足でシュートをねじ込んで追加点を奪った。

2点をリードしたラツィオはクロトーネにポゼッションを譲って時間を消化していく。そして終盤にかけてもクロトーネに反撃のチャンスを許さず、快勝でリーグ戦4試合負けなし(3勝1分け)とした。


コメント
関連ニュース
thumb

10人のアタランタがミランチュク弾でラツィオとの打ち合いを制す!《コッパ・イタリア》

コッパ・イタリア準々決勝のアタランタvsラツィオが27日に行われ、3-2でアタランタが勝利した。 5回戦でカリアリに勝利したアタランタは、直近のミラン戦から先発を5人変更。D・サパタやイリチッチ、ハテブールらに代えてムリエルやミランチュク、マリノフスキーらを先発を起用した。 一方、5回戦でパルマに辛勝したラツィオは、直近のサッスオーロ戦から先発を5人変更。インモービレやコレア、ルーカス・レイバらに代えてムリキやアンドレアス・ペレイラ、エスカランテらを先発を起用した。 今週末のリーグ戦でも対戦する両者の一戦は、開始早々にスコアが動く。7分、マリノフスキーの左CKがニアのディムスティに当たると、こぼれ球をパロミーノがシュート。これはGKレイナに弾かれたが、相手DFのクリアがディムスティに当たるとそのままゴールネットを揺らし、アタランタが先制した。 先制を許したラツィオだが、すぐさま反撃に転じる。すると17分、ミリンコビッチ=サビッチのロングパスで左サイドのスペースに抜け出したアチェルビが滞空時間の長いクロスをゴール前に入れると、ムリキがパロミーノの寄せをものともしない打点の高いヘディングシュートをゴール左隅に流し込んだ。 さらにラツィオは、34分にも敵陣中盤でボールをカットしたアチェルビがカウンター。ドリブルでゴール前まで持ち上がると冷静にシュートを沈めた。 逆転をされたアタランタだったが、すぐに試合を振り出しに戻す。37分、ディムスティのロングパスで右サイドを抜け出したムリエルがボックス右から侵入。切り返しで相手DFをかわし折り返しを供給すると、これを受けたマリノフスキーのシュートがゴールネットを揺らした。 同点で迎えた後半、ラツィオは53分に数的優位となる。ミリンコビッチ=サビッチのロングパスでDFの裏に抜け出したラッツァーリを後方から倒したパロミーノがレッドカードで一発退場となった。 数的不利となったアタランタだったが、57分に後半最初の決定機を迎える。敵陣中盤での浮き球をミランチュクが頭で繋ぐと、これを拾ったロメロがボックス右手前まで持ち上がりラストパス。これをボックス中央で受けたミランチュクが寄せてきた相手GKの股下を右足シュートで射抜き、ゴールネットを揺らした。 勝ち越しに成功したアタランタは、65分にもボックス左深くまで侵入したD・サパタがホードに倒されPKを獲得。しかし、D・サパタのPKはGKレイナの完璧なPKストップに防がれた。 1点を追うラツィオは、62分にコレア、71分にインモービレ、81分にルリッチを投入。すると89分、バイタルエリア右で獲得したFKからコレアがクロスを上げるとニアでアチェルビがヘディングシュート。しかし、これはGKゴッリーニのファインセーブに阻まれた。 結局、試合はそのまま3-2でタイムアップ。数的不利ながらラツィオとの打ち合いを制したアタランタが、準決勝進出を決めた。 2021.01.28 03:41 Thu
twitterfacebook
thumb

ラツィオ、アルゼンチン代表DFムサッキオを獲得を正式発表!

ラツィオは27日、ミランからアルゼンチン代表DFマテオ・ムサッキオ(30)を獲得したことを発表した。 なお、契約期間など詳細は明かされていないが、イタリア『フットボールイタリア』によれば、2年間の延長オプションが付随した半年契約とのことだ。 母国の強豪、リーベル・プレートの下部組織出身のムサッキオは、2006年に16歳でトップチームデビュー。その後2008年夏にはビジャレアルへと移籍し、8シーズンにわたってプレーした。 2017年夏には、長年在籍したビジャレアルを離れミランへと加入した。しかし、負傷などもありコンスタントに出場機会を得られず、3シーズン半で公式戦通算75試合出場し2ゴール。今シーズンに至っては、ここまで公式戦2試合のみの出場に留まっていた。 ラツィオでは、15日に行われたセリエA第18節のローマ戦(3-0で勝利)で負傷交代したブラジル人DFルイス・フェリペが、以前から問題を抱えていた足首の手術を実施。約2カ月の長期離脱となるため最終ラインの補強が急務となっていた。 2021.01.28 02:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ムサッキオがラツィオのツイッターに登場!加入へ残すはメディカルチェックのみか

ミランに所属するアルゼンチン代表DFマテオ・ムサッキオ(30)のラツィオ移籍が迫っているようだ。 ラツィオは26日、クラブの公式ツイッター(@OfficialSSLazio)を更新。そこには「ムサッキオが首都(ローマ)に到着しました!」という文とともに、ラツィオのマフラーを巻くムサッキオの写真が掲載されていた。 イタリア『カルチョ・メルカート』によると、ムサッキオの移籍取引はほぼ完了し、移籍金は100万ユーロ(約1億2600万円)とのこと。契約期間は6カ月となっているものの、2シーズンの延長オプションが付く模様だ。 また、年俸は70万ユーロ(約8800万円)が支払われる条件に。ムサッキオは、メディカルチェックを受け、27日には正式に契約する運びだ。 母国の強豪、リーベル・プレートの下部組織出身のムサッキオは、2006年に16歳でトップチームデビュー。その後2008年夏にはビジャレアルへと移籍し、8シーズンにわたってプレーした。 2017年夏には、長年在籍したビジャレアルを離れミランへと加入した。しかし、負傷などもありコンスタントに出場機会を得られず、3シーズン半で公式戦通算75試合出場し2ゴール。今シーズンに至っては、ここまで公式戦2試合のみの出場に留まっている。なお、ムサッキオとミランとの契約は今年6月までとなっていた。 2021.01.27 15:44 Wed
twitterfacebook
thumb

公式戦5連勝のラツィオ、S・インザーギ監督は「並外れた選手たちがいる」と称賛

ラツィオのシモーネ・インザーギ監督が、絶好調のチームを称えている。イタリア『スカイ』が伝えた。 ラツィオは24日に行われたセリエA第19節で、サッスオーロと対戦。前節ローマ・ダービーで完勝したラツィオは、3日前にコッパ・イタリアを戦う厳しい日程だったが、FWチーロ・インモービレの決勝弾もあり、2-1で勝利している。 この結果、ラツィオは順位こそ7位のままだが、4位との差を「2」に縮めている。シーズン序盤こそ波に乗れなかったものの、現在公式戦5連勝中のチームに対しては、S・インザーギ監督も手応えを感じているようだ。 「サッスオーロとの試合は、彼らが良いフットボールをしており、我々は48時間前に試合をしていることから、難しい試練になると分かっていた。それでも、素晴らしい試合ができたと思う」 「5連勝は嬉しいね。難しいリーグであり、今夜はケガ人も多く緊急事態だったが、我々には何事にも打ち勝つことができる並外れた選手たちがいるんだ」 「ダービーでの勝利がここで何を意味するか、誰もが知っている。我々はとても幸せだったよ。とはいえ、48時間後にはパルマとのコッパ・イタリアがあり、そしてサッスオーロ戦があった。ダービーは重要な試合だったが、すでに2試合が迫っていた。今後も忙しいスケジュールが続くが、ベストを尽くしていきたい」 また、S・インザーギ監督は、クラブとの契約延長が噂されている自身の去就についても言及。時期についての明言は避けたが、契約に向かって進んでいると明かした。 「いつ契約するかは分からない。だが、ロティート会長からは契約の準備ができていると言われているよ。私も準備はできているから、自信を持って契約を待ちたいね」 2021.01.25 13:02 Mon
twitterfacebook
thumb

インモービレ決勝弾でサッスオーロに逆転勝利のラツィオが4連勝《セリエA》

ラツィオは24日、セリエA第19節でサッスオーロをホームに迎え、2-1で逆転勝利した。 前節ローマとのダービーに完勝した7位ラツィオ(勝ち点31)は、インモービレとコレアの2トップで臨んだ。 8位サッスオーロ(勝ち点30)に対し、オープンな展開で入った中、6分に失点する。縦パスを2本入れられ、ボックス左のジュリチッチのクロスを受けたカプートにシュートを決められた。 失点を受けて前がかるラツィオは25分に追いつく。コレアの右CKからミリンコビッチ=サビッチの強烈なヘディングシュートが決まった。 1-1となって以降もラツィオが押し込む展開が続いた中、迎えた後半、膠着状態が続いていたが、72分にラツィオが勝ち越す。 ボックス左深くまでマルシッチがえぐって送ったクロスをインモービレが左足ダイレクトで蹴り込んだ。 終盤にかけてもラツィオが試合をコントロール。90分の決定機をエスカランテは決めきれなかったものの、2-1で逆転勝利とし、上位陣を追走している。 2021.01.25 03:54 Mon
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly